2017年07月22日

ありがとうがいっぱい

そのことについて沢山経験して来たけれども、何となく苦手で避けて来た人生のとある分野がある。

過去と他人はどうしようも出来ない。

自分に出来ることだけに目を向けて来たし、他人によって何かが決定したり保留になってしまうのが耐えられなかったし馬鹿らしかったのだろう。

だから不確かなことは片っ端から切り捨てて来た。

そんなの待ったり期待したりする人の気が知れないとも思って来た。

けれども、とある人の人を愛するそのやり方やあり方を目の当たりにする今日この頃。

え?何なん?と一番最初の時から思った。

いったい何を求めているのか?そしてそれは何故なのか?とか、”どっちなんだ?”とも思った。

それとこれとは同じものじゃないだろう。どうして同時に進行させるのか?

さほど月日は流れていない。

そして未だに全然分からない。

けれども、そんな中で既に伝わって来るものが増えて行く。

ただ、ただ、素直で懸命だった。

沢山人を愛して来たのだろうな。何をすれば喜ぶのか分かるほどに。

*******

とある酷暑の日に、講座の後で、カウンセリンラーの友人と雑談している折、そんなことを話して見た。

愛するのが下手だなあーという自己概念。

ところが彼女は「いや、愛いっぱいの人だよ。何を言うのかな。」と言ってくれた。

「もちろん喜ばせたくてやるってもあるだろうけど、その人はそうしたいからしているんじゃないかな?」

そんなことを聴かせてくれるテーブルに、今月も小さなブーケが存在していて、染みた。目と心に染みこんで来た。

また愛されている。

あ。正確に言うと、愛せないというよりは、表現方法が未発達なのか。

と、色んなことに気が付かせて貰って、改めて思う。さすがカウンセラーだなー。(彼女)
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

はいでもゲーム

長いこと沢山の人々の話を傾聴しているけれど、昨日は悲しい話を聴いたなあと思う。

歴史があるし、そこにつぎ込んで来た日々と時間があるので余計に悲しくなってしまう。

誰もが寂しさを感じて生きてはいるものの、暗い孤独の坂道をどこまでも落ちて行く人は、とある特徴がある。

それは自分のことしか考えていないということ。

自分のことと、他人に自分がどう見えているか?とか、どう演出していくか?ということばかり。

雇い主であったり雇用される側であったり、親だったり子供だったり、あらゆる年齢層の様々な立場にいても、空っぽの自尊心と不安を抱えている。

そんな自分を保つために、どこにいても何をしていても人を見下すことに徹している。

そうしないと自分を保てないから。

自分だけを生かすために生きているので人をおもちゃのように気に入ることもあるのだけど、おもちゃのように粗末に扱う。

それに対しての世の中からの答えが現状なのだけど、それに対しては嘆き怒るんだよな。

皆、違う。でも、皆、同じ。

世の中は結構平等でもある。

でもでも、だってだって・・・と果てしなく続く口上を放ちつつ核心の周りをグルグルと回っても、共通の答えというものはそこにある。

それを見るのは最初のうちちょっと辛いけれど、受け入れてしまえば求めていた本物になれる。

グルグル廻るには人生は短すぎるし、そのエネルギーや筋肉を何に使うか?と決めるのは本人の自由なのだろう。

廻ることで拾えるヒントもあるから。

ただ、悲しい人の前では誰もが悲しくなってしまうし、怒れる人の前では誰もがムカムカしてしまうことだろう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

アサーティブ

常日頃、度々クライアントさん相手にしてアサーショントレーニングというものをして来た。

自分の気持ちをきちんと表現して伝えるトレーニング。

とかく日本人は「言わなくても分かってくれよ。」とか「空気読んでよ。」と思うことが多い文化だと思う。

でも、やはり言わなければ分からないこともある。

特に親しい間柄でもない人同士が言わないで分かってくれと思い込んでいたとしたら、それは非常におかしなことになるだろう。余計に分かるはずないのだから。

察してくれよというのは甘えなんだよな。

と私自身もずっと学んで来たし人にそれを伝える仕事をしているというのに。

最近、自分がまだまだ「察してくれよ」派なのだなと思い知ることが何度かあった。

一番最初は、駅の改札の前の椅子に座って話し込んでいた際、「自分はあなたのことをこういうふうに思っていたんだけど、あなたは・・・」と顔を近づけて言われたとき。

「そうですよ。私もですよ。」と答えつつ、何でそんな分かり切ったことを訊くのだろう?確認するのだろう?と思った。

別段腹が立つわけでもなく、嫌な感じもせず、ただ普通に何でだろう?と思うのと同時に、ただただ素に戻っている一人の大人の横顔を見つめていた。

それからもそういう場面が幾度かあり、「こうしてね。」とか「こういうふうに思っているけど、あなたは?」とか、確認されることが多くて、「???」となることがある。

その度に「わかんないかなあ?言わないとダメかなあ?」と思うので、「はっ!この人に比べればまだまだ私も察してくれよ派なんだ。」と思った次第。

階段の下の段から見上げて、ゆっくりと強くも弱くもなく「どうしますか?」と訊かれた場面も。

驚いて黙っていると、これまたゆっくりと「どーーーしたいですか?」と訊き返された。

思わず笑ってしまった。

意志は口に出さないとなあ。でも、笑ってしまって言えなかったけれど。

それからしばらく経ってから。

別件で私が答えあぐねていると、「(あなたは)言ったでしょ?!(あの時)」と言われた。

「言ったでしょ?」と。

畳みかけるでもなく、静かに。でも、強く。

これも笑えてしまった。

そう。確かに言った。頷いた。だから了承したのと同じ。

そしてこの人は”言ったなら自分とあなたとの約束でしょ。守ってよ。”と可愛いルールを主張している。

傍から見れば可愛いどころか凄みがあるように見えるだろうその風貌と表情だけど、私はそういう素の感情が可愛いと思う。だから、頷いた。

それを見て「言わされている感、やらされてる感、バリバリだな。」と不満げなその人を見てまた笑えた。

素晴らしいよなあ。その求めているものが何か?という意志表示の様子が。

私は仕事でもプライベートでも、そんなに他人に何かを求めたことがない。そして自分が何を求めているか?何が不満なのか?ということを、そんなに冷静かつ強く表現したことがない。少なくとも大人になってからは。

そして、考えた。色んな場面を繋ぎ合わせて、その人が求めていることを。

何を言わんとしているのか?ということを。

それを言葉や行動で表現するやり方は多分私なりに留まってしまうし、まだまだ不満がられてしまうのかも知れないけれど。

熱いけれど、どこか冷静でサッパリとしている。

この人は怖くないのだな、だからこんなに素直でいられるのだなと思うのと同時に。

そうか。私は怖かったんだ。ずっと怖かったんだ。まだまだ怖がっているんだ。ということを思い知らされる。

でも、それはすがすがしいショックだった。

ああはなれないし、自分を恥じ入るわけではないけれど、少しはそのエッセンスが欲しい。貰ってしまおう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 21:39| Comment(0) | アサーショントレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

向かったり 待ったり

ナースの日にしろカウンセリングの日にしろ、最近座椅子に座ったまま寝てしまうことがある。

そんなつもりはないのだけど、いつの間にかPCの前で。

これでは疲れが取れないと慌ててベッドへ行って2時間ほど平になって2時間ほどで朝を迎えるとか。

で、座椅子に寝ているときですら寝相というものがあるらしく、自分では全く覚えていないのだが、足を前に出してピッタリ前屈していたりブリッジ的な姿勢でいたりするらしい。

「か、身体が柔らかいんだなあ・・・と思ったよ。」とよく夫に言われるのだが「なんで起こさなかった?!」と切れたところ、途中で起こすと凶暴らしい。

寝ているときまで好きにしないと気が済まないのか。困ったなあ。

******

今週の往診日は異例の速さで終わった。

権威の訪問者はすっかり大人しくなってしまわれた。

大御所様の行動や言葉に私がピキッ!となると、最初の頃厳格だった先方のナースさんがこらえていたらしい笑いを爆発させるようになった。

これ、笑うところ?と少々驚くのだけど、笑うと可愛いやん。

そんな折、そのナースさんがミスをしたわけだけど、こちらサイドのナースも悪いところがあるのでさらりと流したところ、驚きの表情で見つめられる。

「何か?」と訊くと、訊くこと自体に驚かれたようで「え?!」と珍しく大きめの声。

いや、じっと見てらっしゃるので。

「いえ、あの、私がこちらの施設のことを責めて強めに言ったことあるのに・・・」

多分その続きは何故怒らないの?なんでやり返さないの?というところなのだろう。

ミス=怒る じゃないですよね。人間はミスしますよね。で、怒ってミスが無くなるかというとそうじゃないですよね。と強くもなく弱くもなく軽めに意思表示だけしておいた。

何だか大分雰囲気が変わって来たなあ。

すんなりいったものの疲れるには疲れたので、廃人になって夜は爆睡。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 11:58| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

安心立命

とある患者さんの尿量をチェックして日替わりで利尿剤の投与量を変えるという指示が出たときのこと。

まずは一週間それで経過を見るというこの指示は非常に妥当だと思った。

病院でもよく目にしていたのが浮腫んだだの心肥大だの胸水だの、はい、利尿剤を出しましょうーで油断するとそれっきりというケースを観たことがあるから。

とは言うものの、ここまでナースが全員の内服薬の分量を考えなければならない場所も初めてで。

一日の流れ、週の流れを覚えつつ状態に対応するだけで半年が過ぎてしまった。

でも、今は分かる。一長一短が。

「Sさんが、ここまで毎日看なきゃいけないのか?って言ってましたよ。尿量が1000ml以下だったら10mg?1800以上だったら5mg?間はどうなるんです?って言ってましたよ。」

と派遣ちゃんが何度も言う。

で、その翌日、Sさんから「こんな大変なことしなきゃダメですかね?もし〇〇mlだったらどうしたら良いんです?」。

・・・・・・・・・・。利尿剤かけて絞り過ぎて脱水になるという現象がこうして起こっていたのか。

色々と異論がある先生だけど、こればかりは先生が正しい。せっかく丁寧に診てくれているのに、何を面倒臭さがっているいるのか。

それと類似したことが多すぎる。

どうしたら良いでしょうか?どうしたら良いでしょうか?居ないとき、どうしたら良いでしょうか?

時間が許す限り話を聴いて「そういうことではなくて、趣旨はこういうことなのでこれだけ気を付けて行けばいいんですよ。これやらないと余計に大変ですから・・・」と事細かに言うのだけど、話は聴いてくれないのよね。

「いえ、ちゃんと決めておいてくれないと・・・。先生にも言っていただかないと。もっと簡単に・・」

これは余計な手間ではないんだけどな。むしろ他に余計なことが沢山あるんだけどね。

昨日、”穏やかな心で”と学んだばかりなのだけど、そうはいられなかったよね、ハッキリ言って。

内心「何で考えない?!何で分かろうとしない?指示待ちばかりで不満ばかり。いったい何を頑張るんだ?いつ頑張るんだ?」と思うものの、あきれたのも手伝って口に出さないでいた。

こういうときはちょっと違うフロアに降りて他の溜まった仕事をする。

資格職に限らず、人というのは人に雇われていたとで自分の頭で考えよう、立とう、あわよくば支えて行こうという自立心が無ければ何も務まらないのだなと改めて思い直す。

隠れているプライドと同じ分量の卑屈さを持つ気持ちはとても分かる。分かるし、それは物凄く強くネガティブなエネルギーで引っ張られそうにもなる。

でも、言うことをきくわけには行かないんだよな。双方ストレスなのだろうけど。

何せそこにお預かりしている人たちの身体、命がかかわっているわけだから。

これは元々厳しくて気分の悪い職種なわけよ。

だったら少しでも笑顔でやりたい。

上目使いで機嫌を取りつつ怒りを溜め込んで行くよりも。

ストレスってのは、結局覚悟の違いによって大きく左右されるものだ。

覚悟していてもストレスが溜まるので、精一杯やったあとは寝て、また明日考えよう。

多分明日は明日の風が吹く。

心配すな。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする