2021年01月17日

アクシデントと一件落着まで

いつぞや顎関節が脱臼したお方。

またはずれた。

顎関節脱臼防止ベルトを購入して今日はからつけようとした矢先のことだった。

週末なので困った、困った。顎がはまらないとご飯を食べれないどころか水も薬も飲めない。

それで先日お世話になった歯医者さんにお電話してみたら、何とまた受けて下さるとのこと。

施設長が日直でいたのでお願いして載せて行って貰う。

自宅の凄く近所なのよね。

また玄関先で施術して下さり無事にはまる。

文章にするとただこれだけなのだけど、なんだろ、この疲労感。

何かが起こる度に車は出せるか?引き受けて下さるところがあるか?と気をもむからなのだろう。

しかし、親切な先生で今回も高齢のご利用者様に凄く優しくして下さり、しかも今回もまたお金を取らない。「良いよ、良いよ。良かったねー。」と言って下さる。

このご時世、皆大変だと思うのに凄くありがたい。

どっと疲れはしたが、もうほんとにありがたい。ご利用者様は遅めではあるがランチをすることが出来た。

あと1日で休みだ。

がんばろー。

すかさず脱臼防止ベルトをはめさせていただいた。
もう1本要るな、
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

心があるということ

何もなかった日であっても職場のある場所が混とんとしているようにも見える。

何だかねー、ざわざわざわざわ。

何か起こっていなければ気が済まない人がいるというのもあるのだけど、一つ思うことがある。

事故報告、ヒヤリハット、業務フロー、だれだれさんが退所される時のためのフロー、ショートステイの状況報告書、なんやらかんやら。

それは必要なものなのだけど、どんどん書類が増えていくなーという疑問。

その上研修をこれだけの種類、これだけの期間にこれだけやらなければならないという縛りがあったり、はたまたその研修ですらも皆参加する時間がないから2〜3人の出席だったりと。

他にもいっぱいあるのだけど、下手するとやりましたと言いたいだけのための研修になっていて勉強にならないとか。

勉強にならないなら参加する気にならないよね。ただでさえきつきつの人数なんだから。

それで考えたんだけど、いや、考える間もない。何かあったときのための責任逃れのための研修や中身のない書類だったらいっそ無い方が良い。

書類といってももちろんPCの中で作成しているものだけど、それですら膨大な数を介護さんたちはこなしていることになる。そりゃその間にご利用者さん転びますわ。

100歩譲って、利用者さんのことを考えないで総出で書類書きましょうか?ってことになっても各フロアーに1〜2台しかないPC。パットを補助的に使っても足りない。

要するにどこをどう工夫してもダメなんじゃんって話。

人件費と経費を削っての安全が叶えられようはずがない。

おまけに残業ランキングを突き付けられて必死でやった人が責められたりボーナス減らされたり。

ああ、介護の方々の夜明けはいったいどこに?

でも、唯一の救いは、現場でリアルに接したご利用者様、ご家族様が本物をちゃんと見抜くということ。

中身のある仕事をきちんとこなしている介護士さんたちは、結局最後には勝利する。

介護さんに関わらず、色んな世界に言えること。

真実の場所には笑いがあり、嘘ばかりのきれいごとで固めた人の世界は混とんとしている。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。❤
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

「そんなことないよ」待ち がウザイ

何かを打破しなければならない。

何か打破するものが残っている。

そんな気がして焦燥感にかられることがある。

そして自分はダメだなあと繰り返し思うことがある。

時には廃人のようになってダメダメ感を味わっていたり。

その原因というのか、そんなきっかけになるものが必ず存在する。

今で言えば感染症の流行だったり、高齢の人がどんどん身体能力が落ちて行き、お話し出来ていた人が段々お話できなったり歩けなくなったりといういわゆる老化のことだけど。

そういう一つ一つの出来事が引き金になって、古い言葉で言えば郵便ポストが赤いのも私のせいですって心理になっているのよね。めちゃくちゃ簡単に言えばの話だけど。

言葉にすることって大切。

文字にするのでも良いし誰かに話してみるのでも良い。

でも、もし表出して自分の耳で聴いたり自分の目で見たりすれば、「ってか、それ、おまえのせいじゃねーじゃん。」と普通に突っ込める。

一番良くないのは「おかしいことを言っちゃいけない。思ってもいけない。」という心理が強すぎること。

自分は時折、いやー、時折っていうか、しょっちゅうおかしな思い癖に囚われることがある。

ただ一つ違うとすれば大人になるとそれが自覚出来たり、同じようなことに陥っているい人を観て「ちげーよ。」と言ってあげられること。

そんじゃ、打破しなければならないことって何だ?

今のところ、ないよ。ただ、しいて言えば自分を弱らせて流れを止めること。そういう不自然なこと止めようね。

流れに乗ろう。

悪者を作ると安心なのかも知れないけど、それ以上考えなくて済むとか、それ以上努力しなくて済む常套手段。それじゃ何も変わらないんだよね。自分を責める。それ、世界一つまんなくて退屈。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする