2018年08月14日

真夏の出会い

仕事終わりに新人ナースさんやインドネシア人の職員やらKたちとお出かけした日のこと。

イベント会場のトイレが非常に混んでいた。

しかし、お酒が入っているのでナースちゃんと私は何としてでもトイレに入りたかった故並んだ。

で、ナースちゃんに先をお譲りして先に入っていただいたのだが。

次に私が同じトイレに入った際、足元を見てギョッとする。

元々ばっちい公衆トイレだから仕方ないと思うんだけど、座っている足元にセミが死んでいるのだ。

セミってでかい・・・・。

そのでかかさを以てしてもGBという虫の怖さの1万分の1くらいではあるが。何せすぐ足元だもんなあ。

酔ってても怖いのでついつい凝視してしまう。

しかし、これも酔っているせいか・・・しみじみ考えちゃった。

7年間も土の中で暮らしてわずか一週間でしょ?それも生物として交尾するためってわけでしょ?

この子は誰かに出会えたのかな。それも悲しいけどたった7日で死ぬのに死に場所がこの汚いトイレの床か。次に入った人に踏まれるかも知れないな・・・・これ。

短い間に色んなことを思ったのだが「まあ、死んだら分からないか。死んでるんだもんね?」と小声が漏れたその時だった。


「み」


うわ!ビックリした。生きてるの?!

「ミミ!」

で、こちらがしーんとなって、そろのろと下着を立ち上がり出て行こうとするとあちらもしーん!としていたが。

何もできなくてごめん。と声をかけてドアを開けようとすると突如「みみみみみみみみっーーー!みーん、みーん!じじじじじーー!」

ぎゃあああ!

分かった!分かったよ!

でも、まじで怖いから本当にじっとしてて!

ティッシュを死ぬほど重ねてそっと掴むとフワフワの中でギャーギャー泣いている。

確かに約束通りじっとしてくれているけど、でけーよ!声が!

混雑しているトイレの皆さんは1秒で道をあけてくれた。ええ、あの大音量じゃあ。

「何!何!何なの!きゃー!」と叫ぶ人もあり。

そりゃそうですよね。私がなるだけ自分の身体から離して、しかも一刻も早く外にだしてあげようと思っているので自ずと水戸黄門の印籠のような感じでセミ入りティッシュを前に突き出しつつ進み、しかもそこから大絶叫のセミの声なもんですから。

トイレから出て来ると仲間が待っていてくれたのだけど大爆笑しつつ「外でも騒ぎを起こすのか!」と。

近くの木の枝に置いたけどティッシュから足を話さないままみーんみーん絶叫しているセミにKがしずかーーに言ったのは。

「落ち着け。そのティシュを離せ。」

「ミ?」

取ってあげようとするインドネシア人の手をがっと掴んで「ダメだ。無理やり取って足が取れたらどうするんだ。あとは自分でやって貰おう。お前も出来るな?」

「ミン!」

私たちの顔の高さの木の枝で、かくしてセミは無事に気の幹をその手で掴んだ。

あとどれくらい残っているか分からないけれど、使命が全うされますように。

セミと会話したのは初めてや。

しかし、あきらかに意志を持っていた。

生き物って凄い。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 動物好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

騒ぎ

Kという人は男性にも女性にもてる人間性であり、時にそれも仇を成す。

周りが分かるほど彼女にくらいついて来る彼女と同じ年齢の女性がいて名目は仕事のことなのだけど。

それは単なる口実で疑似恋愛みたいなことになっているなーってことがまわりの人にもわかってしまう異常さに達している。

そんなとき、仙人みたいな相談員の男性が「かわいそうになあ、K。疲弊しきってるよなあ。先方に男でも居れば良いのに。」と言う。

・・・・・・・・・・。いるかも知れないじゃないか。プライベートは知らないし関わりたくないので永遠に知らないままだが。

例え居たとしても本人としては無意識にやっているので仕方ないんだよな。

そんなある日、当の本人が「秋に久しぶりに友達に会う約束したんです!」と意気揚々と話している。

良かったねえ。楽しみだねえ。

「楽しみで眠れません。髪型変えたいし痩せておかなきゃ!部屋はどういうふうにしたらよいですかね?部屋にも来るんですよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。うーん。力入れすぎ。それ、友達っていうのか。

いつも誰かにどう思われているか?自分をどれだけ愛してくれるのか・大事にしてくれるのか?

評価はどうか?友達は恋人は職場は自分の理想なのだろうか?

そんな大きな期待で胸をいっぱいにしている人は現実を観れないし関わるもの全てを疲れさせる。

が・・・・。そのおかげで確かにKから意識が逸れているのは否めない。

先の彼女のタイプの人が男も女もいっぱい居て、突然現れて親しくなっている私は知らぬ間に恨まれていることもあるが。

そんなことにかまっていられないくらいすべきことがある。そのうちのいくつかはKと育んで行きたいものもある。

誰かのために自分の行動を制限することは遠い昔に止めてしまったのよね。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

看護プロジェクト

九州に住んでいた幼少から若き頃には耳にすることがなかったアナウンスがスーパーで流れている。

”とにかく自分の身を守ることだけを考えて下さい。”

”今後の台風情報にもぜひご注目下さい。”

”お買い忘れのないように是非備蓄しておいて下さい。”


うーん、なるほどいつもより物価が高いような。

それともしけのせいで仕入れが滞っているのか。

あるいは商魂たくましいってところ。

その全部なのかも知れないけれど隣のスパーが大賑わいだったは台風が関東に直撃しそうよーという一日前のこと。

そんな日にも何故だか私は特養の利用者様のことやクライアントさんのことを考えつつ買い物している。何だか不思議だ。

*****

結局翌日も台風はそれて通過すると予想されていた日中も雨の一滴も降らないまま青空が見え始めて来ていた。

台風と予想されていたので研修や各プロジェクト、具体的に言うと栄養士PJやら機能訓練PJ等が中止になったとか。

インドネシアから来た介護職員の方々の学校も休校。

いいんだか悪いんだか施設のスタッフは充足していた。

ほんとは出来たのにね、各PJ。でも、念には念をということで、皆無事で良かった。

*****

さて、一夜明けた今日は再び遠いところまで看護PJのために出発。

今度は葛飾。

あのさあ、Kちゃん。寝てれば良いのに。夜勤明けでしょうに。

私生まれて初めてなんだよなあ。

車乗らない人がこういう遠出やら職場やらに徒歩や自転車で迎えに来たり送って行ってくれるってパターン。

看護PJでは色々と複雑なことが起こっている。ええ、心理の世界でも。

私を観て落ち着くという人は大勢いてくれるのだけど、何かが起こって落ち着かない人も同じくらい存在するのよね。

それはさておきくそ暑かった。

外食しよう、その方が楽だからというKの口上はいつにもましてしつこかったが。

店に入れば入ったで美味しくない家で作ってくれる方が好き、美味しいと並べ立てるのは分かっているし、何せこの人は夜勤明けの今晩もそのまま夜勤入り。

まっすぐ帰りますよ。

そして睡眠を取るのだ!ついでに私も寝る!

元々はストイックじゃない怠け者のの私が何故こんな生活しているのか?

それは未だ持って謎である。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

でぶしょう

事務のねえさんがまたデブ話をしていた。

近い席の人が「あー、もうまた太っちゃった!」と言っていたという話からそれは始まった・

「ずーーっと座っていて太るに決まってるだろ!」

で、ずーっと座って動かないと筋肉ができないので動くのがどんどん億劫になって行くという悪循環。

先日他の青年が言っていたのはまさに心のデブ。

いつまでも自分を成長させていきたい、楽しくやっていける自分になりたいと行動することや心がけることは結構ナチュラルなダイエットかも知れない。

自分で考えたり時には人に頭さげて何か教えて貰ったりさ。

そう言えばそれが苦手な人って・・・・やっぱり心のデブ症なのかも知れない。

頑固で何一つ変わろうとしない。変わろうとたまに思えば人真似だったりとか。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 美容&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

いくつもの種をまく

そうしてまたナースとカウンセラーの日々が始まった。

これまで楽だったはずなのだけど楽しいことも苦しいことも目まぐるしかった。

そしてどれも大事な日々だった。

休んだような休めなかったような。

で、どうしても悪戦苦闘を強いられるのがナース業。

内容的に言えばカウンセリングの方が何倍も重いのだけど、いかんせんそちらはある程度自分の好きにさせていただいている。

・・・・・・・・・。と、書いてみて思ったけれど、特養の方でもずいぶん我儘で好き勝手させていただいているなあ。。。

考えてみればどこに行ってもそうだった。沢山お世話になり沢山良くして貰っている。

で、今日は皆さんにとっては、暇な日!だった。

こんなに落ち着いていて何して良いんでしょ?何かすることありますか?と何度も訊かれる。

これが困るんだよねえ。

慣れたら仕事は自分で見つけて欲しいから。

とは言うものの、そんな質問すら出やしない人よりはましか。

何か依頼すれば良いのだろうけど、実は抱え込んでいることって、全部自分でやらなければならないことばかりなのよね。

まだうちの施設ではやっていない看取りについてのマニュアルやしおりや計画書作り。この仕事を今日は自分に課した。

ずっと出来なくて困っていたことの一つだったが夕方くらいには終えることが出来て介護に食事介助に行くことも叶った。

ボスに目を通して貰ったついでに先日の研修の動画を観ましたか?と訊いたところ、彼も多忙なあまりまだ観ていないとのことだったので、いかに事務や栄養課や機能訓練課の方々の演技が素晴らしかったか?ということをお話しするとさっそく観て下さったらしい。

「あの映像、他所でも使いたいのに。」

うーん、でも、全貌が撮れていないんですよね。難しいなあ。

そんなことを言っていたら支援課の姉さんが「あれ、またやってよ。凄いよね。ああやってみんなで勉強したり教えて貰える機会がもっと欲しいと思うの。」と言って下さる。

とても嬉しい。でも一人では出来ない。

「手貸すよ。使って。」

ますます嬉しい。

けれども、看取りに事故防止に衛生委員会やら褥瘡委員会やら・・・etc。

やっぱり一つ一つ、おいおい進めて行くしかない。たまたま今日ははかどったが、何せ入居者様もスタッフもみーんな生き物だから。

ああ、そして、今月ももうすぐ看護プロジェクトの日々が近づいている。次は多分葛飾の方だろう。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする