2017年01月01日

ありがとうございました

2016年の仕事は終わり。

正確に言うと31日の夜22時過ぎ、まだまだやり残していることがあるのだけど、もう、とりあえず終了。

今年中今年中と思っていたものばかりだけど、どう考えても2時間でやりきれない。

今年はカウンセラーやりつつ特養や有料やらの老人ホームに手を伸ばしその世界を学んだ。

病院へ居た頃は病院の中でのその人のことに終始していたけれど、その先退院した後の人々の生活を、かつては訪問入浴やカウンセリングで、そして今はホームという場所で少しづつ学ぶことが出来ている。そして年々色んな職種の人々に出会うようになった。

そして、その傍らにはいつも心理学やカウンセリングがベースとして役に立ってくれた。

どうでも良いけど、最終日に至っては思い切り寝坊したのよね。もうダメかと思ったけれど間に合ったんだな、これが。(レイキってやっぱ、凄いな。何で間に合ったんだろ。)

ホームの入り口に入るなり先日の青年が立ってニコニコしていた。泣き顔が晴れて良かったね。

「あ!おはよう!」

「おはようございます。」

多分一階のフロアで仕事していて偶然通りかかったのだろうなあ。

私はと言うと無事にいつも通りの時間に着いたのでそのまま裏手にある喫煙所へ行き、その日二度と来れないかも知れない場所で一服を。

もう蓋を開ける前からどんな一日になるか分かるの。
何せ、年末だってのに回診がある忙しい日だもの。

すると、すぐにオートロックの扉が開いて先ほどの青年がやって来た。

「今日は夜勤明けでまた今晩来るんですよ。ここで新年を迎えるんです。最後の夜勤です。」

それはお疲れさまです。最後っていうか、来年にまたいじゃうね。

「いや、そういう意味の最後じゃなくてもう夜勤をやらなくなるんです。」

えー?辞めるの?

「いや、日勤には来ます。でも、生活を変えて本腰入れて勉強することにしました。」

確か前、塾の講師をやっているとか、フランス語が得意だとか言っていたけど、何かそちらの仕事を本腰入れてやるということかな?

「いえ、家庭裁判所調査官を目指しているんです。ずっと前からだったんだけど、何となく忙殺されて日々が過ぎていたけれど、生活を改めて今度こそ頑張ろうと思ったんです。」

おっつ、凄いねー。そんな職業があるってことすら忘れていたわ。何だか入居者さんの中にぐいぐい入って行くし語彙が豊でコミュニケーションに長けているし、てっきり語学とか教師の路線かと思っていた。っていうか、介護の世界一本でも日々ちゃんとしているのに。

でも、そういう職業を選ぶ背景って、色々あるんだろうな。

あと、日勤には来てくれるなら良かったー。居てくれるとほんとに助かるもん。

「あの、今度、日本酒飲みに連れて行って下さいよ。」

その辺で時間が迫って来たので「いやあ、私、もうそんなに飲めないのよー。」と言いつつ火を消して館内へ戻ると彼も戻って来た。

それから慌ただしい一日が始まった。

一階から三階まで仕事で走りまわっていると、ところどころにその子がいるので「早く帰らないと!今晩も夜勤なんでしょ?」と言っていたのだが、他の人にも同じことを言われてた。

「わかりましたよ。帰りますよ。」と言うので笑っていたのだが、それからまたしばらくしてとある人の手の傷に包帯を巻いていたら、その近くで一階からエレベーターを押しているのが目に入った。だって、真ん前なんだもん。

帰るって言ってたのに、なんで上にあがろうとしてんの?!

「だははは。はい、はい。帰りますよ。」

そして手の処置が終わって移動していると廊下の一番端っこ、先ほどの喫煙所側の出口の前から大声で叫ぶのが聞えた。「ほーーんとーーに帰ります!」

はいー!お疲れさまでした!良いお年を!

大御所ナースさんが「友達なの?もう、友達になったの?」と怪訝そうに言う。

・・・。友達。良い響きですね。
友達になれていたら光栄ですけどね。

私も若い人を見習って頑張ろう。

******

帰宅してからも色々仕事していたが、いい加減ダメだ、こりゃ!と思って仕事は止めて掃除を始めた。

昨日観たかったのにやっぱり観れなかったボクシング、井上VS河野戦を流しながら。

しかし、やっぱり私、馬鹿だった。そんなもん流したら手が止まって釘付けになってしまう。

昨日から今日までの間、もしも誰かがボクシングのボの字でも言おうものなら「今夜見るんだから、絶対結果を言わないで!」と怒号するつもりでいたが、この考えもやっぱり馬鹿だった。だって、ボクシングの話題をする人なんてカウンセリングの世界にも介護や看護の世界にも居ないもん。(/_;)

おっと、年末だと言うのにボクシングの話をすべきじゃない。延々終わらなくなるから。

なので、ご挨拶。

今年も沢山のセッションの機会をありがとうございました。

大切なエピソードを聴かせて下さりありがとうございました。大切な心、自分探しや問題解決や、癒しや、何かを極めることや、色んな場面に関わらせて下さってありがとうございました。

何かに気が付いていく表情から私も一緒に気が付いたり一緒に学ばせていただくことが出来ました。

微力ではありますが、来年も日々精進して行きます。

本当にありがとうございました。
*****
2016年も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一年でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする