2017年01月20日

ヒプノセラピスト トレーニングの会(解除)

おっつ。。。また寒いぞ。

調子悪いわ、動けないわと思っているのは同年代か少し下の女性陣ばかりかと思いきや、うちの娘も「冬はダメだわ。」と言う。

「お母さんも私も夏生まれだからだよ。」と言われて、なるほど、その効果も上乗せかもと思い当たる。てか、それ、君が子供の頃、私が言ったことじゃなかったっけ。

******

カウンセリングを終えて、昼を過ぎていたので、どうしようかな?昼めし。いや!その前に煙草吸いたい。あれ?!そう思ったら、煙草無い!どうしよ、もう次のご予約の時間なのに!

でも、ヒプノトレーニングだし、勝手知ったるメンバーだし、到着なさってからコンビニ行かせて貰おうかな?

いやいや、親しき仲にも礼儀ありだぞ、おまえ!

なんて葛藤を一人でやっていたら、ラインに「すみません、30分遅れます。」というすまなそうなメッセージ。

でかした。(何が?)

ちっともすまなくないよ。時間配分きつくしているくせに万全じゃない私にとっては神のお知らせ。

と思っていたらもうお一方から「私も5分遅れます。。」というお知らせが。

安心してほっと一息ついていたら、ほっとし過ぎた。お一人目がいらして下さる頃、まだノロノロしていた私だった。

*******

今日のヒプノセラピストトレーニングの会は、ヒプノをかけるというよりも、人生における刷り込みや不要な催眠を解いて行く作業だった。

っていうか、こちらの作業の方がメインになっていて頻度が断然多い。今までも沢山やって来たなあ。

マイノリティやらマジョリティの話にもなり、非常に面白かった。

”マイノリティは嫌だ。何だか心細い。”と思ってメジャーだと思い込んでいるものに憧れてる人もいれば、世間一般ではマイノリティと思われている生き方に憧れて”平凡なのは嫌だ。”と思う人もいる。

でも本当のところは、人は誰一人として他の人にはなれないので自分らしく生きるのが幸せの連続。(責任は伴なうけど。)

本当は皆オリジナルでマイノリティでしかないのだけど。

でも、どちらの感覚も持ち合わせていて他者と良い意味での比較が出来て、傾聴が出来る大人の人と数時間過ごすとほんとに面白い。

この会ならではの深め方を今年の一発目から楽しんだ今日だった。

時に〇ちゃんがいつぞやの私と似ている顔をしている。

どうにかしたいとカウンセラーらしからぬことを思ってしまうものの、その隣に私には無い力と技術を持った人が座っている。

しかも、その人はそれを欲している。

なるほど、そうなのか。と思う。

私は少しの時間と場所を提供するだけでそれをやっていただけるかも知れないのか。

人の人生には介入できない。

その人が頑張っていることや日々の細々には介入できない。

でも、できないながらも、目の前にそれができる人がいるのか。

お任せしよう。

私の大事な人のことを私の大事な人が癒して下さり、癒す側の大事な人もそれによってスッキリする。

何でもない静かな時間が流れる。

それを観ているだけの無力な人間なのに観ているだけで癒されて来た。

固くなるまで何かを突き詰めている人も、それを癒す人も頼もしいことだなあ。

私はごくごく内向的な人間で世界のごく一部を知るだけの人間なのに、それでもこんなに凄い人たちがいる。

ということは、やっぱりこの世界は信頼に値する世界だし、ずいぶんな可能性を秘めた時代なのだなあと思い入る。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒプノセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする