2017年03月04日

そうそう。今年二回目のトレーニングの会もまだ二回目とは思えないほど内容が濃かった。

出だしからしてワークを入れる時間はないなあーと思っていたのだけど、途中ある方のエピソードとそれに対するシェアをする人の身体言語を観たときのこと。

どうしたいのか?ということを質問すると即答が返って来たので「はい、じゃやろう。今すぐやろう。」と人垣を飛び越えワークが始まった。

これで良い。この瞬間は二度とは返って来ないのだから。

また別の手が伸びて来たり優しい胸を痛めた視線が飛んで来たり。

実はこの日カウンセラーズトレーニングの会の前に一件カウンセリングが入っていて、そこで大切なエピソードを聴かせて下さった方がメンバーの中に居た。

まだ知られていないそのエピソードを彼女はここで話すのか?

結論から言うと信頼の元に話してくれた。

そして分かち合う受容どころが私一人のときよりも何倍にも膨らんだ。

もしも私が先のセッションで思い切り一人で共感を表現してしまっていたら満足していたかも知れないこと。

しかし決してこの人だけにしか話せないという狭い世界ではなくなって良かった。

話した人も聴いた人も多くのギフトを貰った。

全てに感謝した日でもあった。まあ、いつもか。

***********

もう一つの職場へ行くと何やら殺伐としていて夕方頃になると力尽きているのを感じる日々。

皆心に何かがあるのだろう。

私の中にもあるように。

ただ、何かのパズルが解けそうな気がする今日この頃。

へとへとなのに、おかしな感覚。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする