2017年03月14日

ダム決壊の朝

とある出来事のオンコールの夜が担当だった課長に、今朝一番にお疲れさまでしたと挨拶をすると、まさかのさらに悲しいお知らせが。

人の命はいつか燃え尽きる。

分かってはいるのだけどなかなか割り切れない。

それでも気を取り直して目の前のことを頑張っていたら、まさかのご家族がわざわざ三階まで挨拶にお見えになったものだから大変。

一番身近な介護の方々だけにで良かったのですよ。私のところまで来なくとも。

「いえいえ、二回も受診に連れて行って下さって・・・」

ダムが決壊してその場で涙が怒涛のように溢れた。やばいです。色んな意味で。

本当に可愛い人だった。

エレベーターの場所まで廊下を一緒に歩きながら見送るのだけど、二人とも同じくらい涙がポタポタ溢れる。

この娘さんがまたお母さんにそっくりな可愛い人なものだから余計に止まらない。

問題はまだ午前中だということ。

それで一旦喫煙所にいってしばらくしゃくりあげていた。自分を落ち着かさせることを頑張った。

Iさんに貰った手巻きのタバコを最後に吸って、急いで医務課に戻るとお薬を作りつつ、大御所様がわざと笑わせて来るので、それが余計に優しく感じて一分だけまた奥に引っ込んだ。

泣くということも疲れるのよね。

おかげでむくむくパンパンなまま一日の仕事をこなした日だった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする