2017年03月16日

原点

喧噪の最中、バイタル回りに出かけた一番下の階で。

本当は値を測りに来たはずなのにその人の爪の伸びキリ加減が気になり、ついでにパチパチと爪を切る。

そうすると久しぶりの感覚がどっしりと落ちて来た。

また別の日には介護の主任さんが「ちょっとお時間いただけますか?」と医務課へ駈け込んで来て遥か彼方のTVの前の車椅子に居る人を指さす。

「ちょっと私には切れないほどの巻き爪なので・・・」と案内されて言われるがままに爪を切り出す。

何と言うのか皮肉なことに、私はこういう爪切りだの食事介助だのオムツ交換が、看護処置より好きなのかも知れないと思う。凄く心が落ち着く。

けれども、「どうしたらこの褥瘡が、掻き傷や発赤疹が治るのか?」と思いつつ自作の軟膏をミックスしては塗布し、日々の経過観察をすることも同じくらい好き。

これはヘルペスに似ているけれど、違うなと思いつつ該当する薬を考えることとか。

皮膚科の先生が教えて下さった「こういう場合にはこれ」というノウハウ。

ただ、後者は慌ただしいし緊迫感がつきまとう。

それで日々息切れしているのはあれもしたいこれもしたいのエンドレスな心のせいなのだろう。

第一、一階から三階まで全ての人を毎日看れるわけでもないので、結局は積極的に言って来てくれる介護の人がフォーカスして来た人中心になってしまう。

それはともかくパチリパチリと爪を切る。

そうか。両者は繋がっているのか。でも、これは多分基本。

その基本の上の方には吸引だとか処置だとか人に嫌われるような仕事が乗っかってはいるものの。

お世話することと看護はどこか切れ目のない繋がりがある。そうそう、行きっぱなしの線ではなくてメビュースの輪みたいに繋がっている。

多分この人生で今これをやっていることもどこからか始まって、どこかへ向かっている。

なので爪をパチリパチリと切るかけがえのない時間も大切にする。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。❤
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする