2017年03月17日

私の成分

一連の出来事が起こる中で、関連したエピソードを聴いた午後一番。

聴いていて思ったのだけど、軸がしっかりなさって来たのね。

軸がしっかりしているとか丹田が落ちているとか、地に足が着いているとか。

その状態になると全ての悩みが消えるというわけではないし、辛いことがあれば普通に辛いのだけど。

一旦逃げないことを選んだ脳は自己対処できる部分が沢山あるということを知る。

そうして、強くなる人ばかりが強くなるのだなあと思う。強いにも色々な意味があるけれど。

そして自己対処や自己効力感が備わったということは決して人に頼らないということではない。それを知っている人は強さを持ちながらも人として可愛い。

頑張ったねえ。ゆっくり休めますように。休み上手になりますように。

******

今日は親しいお仲間続きだった気がするのだけど。

その後のセッションで久々な機会がある。

それは絵に描いたような積極療法。

大抵の場合、そっとしておいた方が良いのか、それとも触った方が良いのか?その他色んな選択肢を傾聴しつつも潜り抜けて、そっとしておく方を選ぶか、あるいは小さな種のようなコメントを残して終わるかである場合が多い。

でも、じっと見てじっと聴いていると、これはあまり長引かせない方が良いなと言う感覚に陥った。

その後もしばし傾聴しながら選択肢の色んな分岐点を行ったり来たりする。

その人の強さとか元々の力とか、信頼とか。

さらに、これは投影ではないか?と自分の精神状態もチェックした後、「いや、どうやらそうじゃないらしい。」と判断した結果、沢山触れさせていただくセッションになった。

こんなにしつこい私はあまり見たことがないと思うので引かれたかも知れないのだけど、幼い頃から頑張って来てへとへとのギリギリになったいるその方の諸々を長引かせない方が良いと判断した。

その方がカウンセラーであったということも大きい。

そして傍には頼もしい別のカウンセラーが居た。

とても辛い。でも、とても辛いときほど、乗り越える過程で笑っているのがこの二人でもあった。

大切な人たちとの大切な時間。言葉にすればするほどシンプルにこうとしか言えない。

*******

そんなカウンセリングの職場とはうって変わって、ホームでのナース業の最中にぶんぶん振り回される出来事が続いていた。

色んなことを冷静に見つめて「あんたは子供だなあ。」とそのままに思う。それが悪いわけではないのだけど。

ということは、私は私であるしかないということ。

ってか、そうでしかあり得ないらしい。あたりまえか。

よくわかった。

そう思って軸が元に戻る。

この軸の成分は伊達に年を取っただけでない。色々な人からの学びと愛が、その軸の成分を構成している。

そりゃまっすぐだし、ぶれないからこそぶつかるわけだ。

これは仕方ない。

聴く耳は持ったまま、観る目はそのままに、これからも変わるかも知れないけれど、その時々の私でいよう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする