2017年06月02日

アホだった

6月の空き枠、左サイドバーに書きました。

遅くなってすみません。

しかも今月は勉強会や研修に行くため、いつもよりさらに少ないです。

ご迷惑おかけしますがどうぞよろしくお願いします。

*****

ホームでも事務所でも固い仕事をさらに固く続けている。

その甲斐あってか、段々利用者様も落ち着いて来たし大雑把なシステムは出来上がりつつある。まだ出来上がってはいないけれど少し先が見えて来た。

心理学関連は誰でもというわけにはいかないが、ある意味的が絞れて来た。

全体的に自分の役目やら使命やらが少しづつ見えて来た。

”つもり”というのではなくて、人々の反応や現実がそれを教えてくれる。短所も長所もここにある。

****

そんな固い仕事の合間にも時々楽しいことがあって、それが真剣に遊ぶ昼休みとか。

Iちゃんは自分のいつもの身体能力が発揮できない日にはあいかわらず自分の右手に怒っている。でも、それが可愛い。

毒舌だけど決して人には怒らないんだよなあ。毒舌吐いているときもどこか寛容で許している。

で、そんなIちゃんに褒められると嬉しい。

「ナイスボール!凄く良くなった。それに引き換え!」と右手を叩いているのだけどIちゃんの絶不調で私が絶好調の時ですら叶わない。

そんな折、K姉さんの暴投をジャンプしてキャッチしようとしたのだが、車の輪留めに躓いて転んだ。

し、素面なのに転んだ。しかもアスファルトの上で。

後から聴いたところによると、二人から見て私は飛んで消えてしまったそうだ。まるでバイクの事故かのように。

肘と膝を強打してめっちゃ痛い。

Iちゃんですら「だ、大丈夫?」と真剣な顔になっていた。K姉さんは「上にあがろう。もうやめよう。」

いや、やると言いつつ時計を見ると55分だった。ジャストですか。転んだところで終わりですか。

それから一日が経過。

どうなることかと思ったがもはや治りつつある。

Iちゃんが午後の仕事の途中、エレーベーターの前で「膝。」と言う。

ああ、膝を観てみたか?ということね。

大丈夫。肘と同じくらいの擦過傷だったよ。

「ふっ。」と吹き出し、笑って去って行った。

そうですか。面白かったですか。不可抗力だけど何か面白かったならそれで良いですよ。

真面目に仕事している最中「どしたの!?」と肘を観た人が叫ぶことがあったが、理由を聴くと「ええっ!?キャッチボールで?」とこれまた叫んでそれっきり「・・・・。」。

いいんですよ。仕方ないんですよ。お婆ちゃんになったというのにあいかわらずですよ。

でも、今度から上ばかりじゃなく足元にも気を付けよう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 格闘技とかスポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする