2017年06月07日

可愛い人(たち)

先日久しぶりにIちゃんとキャッチボールが出来た昼休み。

いつものように55分になったところで腕時計を観つつ「はい、終了です。」と声をかけて手を止めた私。

そして一服してそれぞれに仕事に戻ってしばらくすると入浴係のメンバー二人組が全員のバイタル表を持って私のところへ来る。

ここまではいつものことだが。

Iちゃんの相棒のHさんが「〇月〇日のバイタル表!まだここにありますか?」と訊いて来る。

え?ありますよ。ちょっと待ってねと答えつつ探しながら「何、何?何で怒ってんの?」と思っていたら、「ちゃんと記入されてなかったの!」と隣のIちゃんに向かって強めに言っている。

「え?あたしかよ。」と答えたIちゃんはざっと表に目を落として「土曜日だった♪あたしじゃない。あたし、居なかった。」と顔をあげたのだが、それが火に油を注いだらしく、Hさんが「〇×●○△っっっ!」と声にならない怒り声。

今までに見たことがないIちゃんの肩をすくめる姿。

まるで古女房に叱られているダンナみたいで思わず爆笑した。

怒っているHさんのド迫力にも笑ったのだけど、そんなIちゃんの様相が可愛くて。

お、怒ってるーーと爆笑するとHさんもほころんで笑顔が出た。「怒ってないですよ!」と笑い崩れていた。

要するに、バイタルが抜けている云々じゃなくてキャッチボールから帰って来るのがおせーーよっ!ということでHさんが怒っているのが分かった。
ついでに私にも注意喚起するべく目の前で怒ってみせているのだろう。

”長い付き合いだけど、こんなこと今までなかったのよ。あなたのせいでもあるんだよ。”ということらしい。

数日後、その次にキャッチボールが出来る機会には、終了後の55分、一服もせずまっすぐ入浴場に戻ると言って走り去って行った。

そうね。でないとまた怒られるもんね。

後から聴いたところによると、Iちゃん曰く「ぶん殴られた。」とのことで、これにも大笑いしてしまった。仲良いなあ。

さらにそれから数日後、Iちゃんが居る日なのにも関わらずキャッチボールが出来なかった忙しい日の夕暮れのこと。

一日の終わりに屋上へ行くと雨がざんざん降りだった。

いつもこの時間は一人で一服してから帰るのだけど、珍しいことにこの二人が居て雨を避けながらタバコを吸っていた。

二人は長年一緒にいた夫婦みたいに一服していたのだが。

雷が光ったり鳴ったりする度にIちゃんが震えていることに気が付いた。

・・・・・・・・・。可愛いなあ。怖いもの、あるんだね。Hさんと雷か。

そう言うと「雷もHさんも怖くないよ!」と怒るのだけど、「怒ってんの?」と言うと「怒ってないよ!」と。

それがまた可愛い。でも、多分この雨があがったらクールに戻るのね。

その夜、野球のチケットを取った。

どの席を取ったら良いのか分からなくて「私は一緒に行ければどこでも良いんだけど、どこの席が良いですか?」とラインを送ったら「外野席にしましょう。スワローズ側の。お手数かけてすみません。」と返って来た。

いえいえ、はじめてのお手数ですよ。

ああ、この次Iさんが来るときは私、休みなんだよなー、またキャッチボールできないなーと一人で思っていたら「金曜日、キャッチボールしましょうね。」と来た。

ああ、水曜日に出来ないこと知ってたんだ。いちいち「次はいません。」と伝える際、それがどうした?という雰囲気だったから、休みでいませんとかなんとか言わないようにしていたのに。

チケットは二枚でいいの?誰か誘う?と訊いたらkyoneちゃんの名前があがったので三枚ゲット。

暑いのかな、雨が降るのかな?ずっと先のことで、その手前に乗り越えなければならないことが沢山あるものの、とにかく楽しみ。

震えたりクールになったりおちゃらけたり。人に興味がないようでいて本当はよく観ていて、強そうで実際に本当に強いのだけど、凄くデリケートで、誰よりも優しい。極め付け優しさをひけらかさない。

そんな人の姿が見える日も話せる日も少ないが、一日一日を大切にして行こう。


キャッチボールは・・・50分でやめよう、Iちゃん。少し残念だけど。あなたの相方も大切故に。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする