2017年06月08日

君の名は

とあるカウンセラーさんの教育分析をしている際に常日頃思っていることが言葉になった。

野球選手を始めとするアスリートの成長の仕方や生き方と、カウンセラーなど心理学をやっている人のそれは酷似しているなあ。。。と。

野球を見たり語り合ったりしていると、心理学に携わっている人々のことを思い出すし、逆にカウンセラーの教育分析をやっていると「この人やY選手タイプだな。似てるな。」と思ったりとか。

全然違うじゃんって知らない人は思うだろうけど、そっくりなのよね。

山田も金子もすらりと細くて野球選手らしからぬ。(まあ遠目にしか見えないのであくまで印象だけど。)

で、どちらも勝つためにとことん分析している。

怪我をすれば痛いから考えるし、怪我をしないで成長して行くにはどうしたら良いか?を考える。

目の前の人も何度も心の怪我をして同じ傾向や癖を自分の中に見つけ出してはそこを脱しようとする。

時にはある選手のように何か月も怪我の治癒に時間がかかることもあるのと同じで、この世界の人々も起き上がれるまで時間がかかることもある。

そう言えば、先日のカウンセラーズトレーニングの会で感極まった一人のカウンセラーさんが泣きじゃくりながら言っていた。

例えたエピソードを私が話している途中からその涙がポロポロこぼれていたのだけど。

「K選手はたまたま有名人だけど、ここに居る人たちも凄いんだよ。」と。

そうなの、私、それが言いたかったの。

誇り高き人々は、時に自信が無くなったり挫折したり、

しかし、それより何より大切なことを次のシーズンや次の場面で取り戻す。

凄いなあと思う、

この界隈は、すあ
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする