2017年07月01日

タフ

ごく私的な感情表現で、言わなくとも態度で察して欲しいと思うことがある。

そういったことって日本人には多いのだろうけど、個人的にはあるプライベートな分野で多々ある。

例えポジティブなことでも言うのが恥ずかしかったり照れてしまったり。

そういう人間なのでいつも、その分野に関してだけだけど、相手に努力させてしまっていることが多いなー。

そうしなければこいつは何もしないだろうし続かないとある種のタイプ・・・いや、かなり多くの人が貴重な手を貸してくれているのだろうと思う。

そんな中で、どうしても私の方に素直な気持ちを言わせようとする人が現れる。

どうしても言葉にさせようと同じ質問をして来る。

ごく稀にそういう人が居ないでもないのだけど、私の反応が薄く見えてあきらめてくれるという状況になっていたのに。

何だか精神的にタフな人だなあと思う。

「こうでいいんですね?こうしたいんですね?」と、言え、言え、言葉にしろと、向かって来る。

思い切りへこむ人の素直さに以前ビックリしたことがあるのだけど、全くへこまない人のタフさに唖然とする。時にはドキドキ。

いや、もしかしたらへこんでいるのかも知れないが立ち上がるのが早いのだろうな。こちらから見ると一瞬にも満たないスピードで立ち上がっているんだろうな。

通常だったら少しでもこんな傾向の人が居ると、うざいと思ったり怒りがわいて来たり、気持ちが悪いと思ったりするのに、何故だかこの人にだけは感動してしまう。

そして、いつの間にかストーリーに乗せられているかのような。

温度が高い。

その温度の高さがやがてこちら側の心身までもを温め尽くして行く。

生きるって凄いことだなあと思い出す。

******

カウンセリングという現場で出会った方々のある種の人が人生にどんどん目覚めて行くのを見て来た。

それはまさに段々血が通って来て生きることに目覚めていくかのようなペース。

もうこれ以上は・・・と思ってもそこから先は季節の到来と共にさらにどんどん目覚めて行く。

それはカウンセリングという現場が日常を凝縮したものだから分かりやすいというだけで。

普通の日々の中にもそれは普通に起こり得るのだなと思う。

極端な人々の個性にビックリしたり面白いと感じたり、戸惑ったり。

そして中でもあの人の裸の心に。

思い込みを現実に換えて行ってしまうほどのパワーに。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする