2017年07月03日

大事な何か

忙しい日々が続く最中、色んな事件があって疲労困憊しているのは私一人じゃなくて。

何せナースがストレスに負けて体調を崩して行く。

私よりも一まわり以上若い課長は「ナースがこんなことが続いたくらいで体調崩してどうする?!」と怒っているのだけど、実はこの方も色んなところに不調が出ているのだ。

つまりは私以外の全員が持病が悪化したり新しい症状に現れたりして来ている。

そんな最中、先日大病が発覚した大御所様ではない方の大御所様が湿った咳を連発していた本日。

その音を聴いただけで「ん?!風邪ですね。やられましたね!」と声をかける。

呼吸音があきらかに普通じゃないもん。

「そう言えば昨日38度まで出たんだわ。」

そう言えばじゃないよ。

「ダメかな?と思ってたら今日になって下がったんだわ。」

いや、熱だけの問題じゃないし。しかも薬も飲んでないで民間療法に頼っていると言うし。

何か薬飲んじゃいけない宗教にでも入っていますか?

「いや。。。そんなことはないけど。」

それを確認した時点で頓用コーナーの箱をひっくり返す。

「いや、ただでさえ今の往診医は薬出してくれなくて不足しているんだから良いわよ。」と言いつつコンコン言っている。

「先方にこの間私が尋ねたでしょ?臨時で出す薬は4種類のみだったでしょ?だから他のやつ取っておいても仕方ないんですよ!」

それで総合感冒薬と抗生剤と去痰剤と咳止め、あと上がったときのための鎮痛解熱剤を二日分セットして渡す。

さっき「今日を頑張れば二連休だから。」と言っていたからとりあえず二日分にしたわけだった。

一人暮らしだから余計に心配。二日も一人でいるのだから。

それから数時間一緒に仕事をしているとまた酷い咳が始まったので「・・・・。間違ってたらすみません。私が飲めと言った薬、全部は飲んでないでしょ?おそらくは抗生剤だけ飲んだでしょ?」と問いかけてみた。

普段はスイッチ入りっぱなしで人殺しの目をした勢いで怒鳴ったり走ったりして仕事をしている方なのだが、「どしてわかるの?」ときょどっている。

わかるわいっ!!宗教かっ??!宗教なのか?!

「はいーー!飲みます!今飲みます!ほんとに飲みます!」

ってか、帰れば?それか寝てて!私一人で何とかするから。(もう慣れてるから、一人修羅場。)

「いや、薬飲んで働かせて下さい。大丈夫ですから。」

そうして一日が終わる頃、大御所様が今まで見たことがない表情で「優しいんですね。あたしは具合が悪い人にそんなふうにしたことがないですわ。ほんとに今日はありがとうございます。」と仰る。

いや、普通のことだから。それにまた大きな態度に出てしまったのに優しいだなんて。どうかしている。

早く治していつものSさんに戻って下さい。そんで避けられないときは対等にバトりましょう。

何やかんや言って頑張って下さったので思ったより遅くならずに済んだし、結果、ありがとうございますなのだった。

しかし、こんなにしんどいのに私は何故倒れない。おかしいな。へとへとなのに。

で、この疲れなんて自分にしか分からないと独自作業をしているとよく思うのだが・・・、皆もそれぞれ頑張っていて、意外にも想像力を持って理解してくれているのだなあという場面が多々あり。

でも、無理せず早く寝よう。

ああ、恐怖の往診日まであと二日。

いや、いいからとりあえず今日は早く寝よう。少しでも。

倒れたら一緒に倒れてしまうものも沢山あるので頑張るのではなくて休もう。

というメリハリ。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする