2017年07月07日

マジなこと

上司不在の折、ハプニングが二つ三つと起こる。

名前を呼ばれることの連続。

インカムで応答中に固定電話の外線が入るので優先させていると、その固定電話で話している最中にピッチが鳴る。

口頭で何か言おうと順番待ちのスタッフの顔を見ながらそれらに対応しているわけだが。

インカムにピッチに電話に口頭に、入り口がそんなに幾つあっても応答する脳は一つしかないわけですから意味無いっすよ。

「どうしましょ?」と言われるので、えーと、あーしてこうして、あれをこうすれば良いと思うの・・・と言っている時間が惜しいので現場まで歩いて自分がやっている。その方が早いから。

それでもやろうと思っていたことがまた先延ばしになっている。

ダメだなあー、キリがないから今日は帰るかーと、とある利用者さんの熱を測りつつ、ぼーっと思う一日の終わり。

それにしても、今日は以前にもちらほら感じていたことを色濃く感じた。

「これこれしかじかだってよ。もう聴いた?」と介護の主任に訊く私は多少早口でてんぱっていると思う。

が、「はい。聴きましたよ。」という彼の口調はいつもと変わらない。目も泳がない。こんな状況なのに。

その彼のさらに上司の介護の課長も表情一つ変えない。

そう言えば、いつも慌てない。

職種が違っていて着眼点が違っているとか、看護サイドの人間として何が怖いかということを知っているからだ・・・というふうに思っていたのだが。

ちょっと違うみたいだ。

さすがにそこまではやっていないけれど、まるで両手を頭の後ろで組んでプラプラ歩いているような気楽さ。

けれどもやることは成されている。

とある科のドクターが来て物品の場所を尋ねられたので初めてインカム使って名指しで彼の名前を呼ぶと「はいーっ。●○です。」と返って来る。

〇〇先生がいらしているのだけど、〇〇はどこに置いてありますか?!と訊くと「今持って行きます!」

いや、持って来なくて良い。今先生がそっちに降りて来るから。そこで使うものだから。と、これもまたてんぱってしまったのだが。

「はーい。了解です。」と落ち着いた返事。

それからしばらくして、今度はこちらが名指しで呼ばれたので「何?!」と応答すると「今ナースステーションに居るんですけど、これこれしかじかを僕が持って降ります。(ついでだから。)」と聴こえる。

え?う、それ、こちらの仕事なのに。

てんぱっているのが分かるのね。

でも、”ありがとう。助かります。”と返事した後に、チェック前の物品だったことに気が付いて結局は彼らの介護ステーションに降りて行くという何という要領の悪さ。

案の定揃って無かったし。

が、余裕があって、しかもこちらを助けようとしてくれているその空気に少し目を覚まされた。

何か、器が大きいのね。ごめん。あほなのか?なんて思っていた時期があった。実は、慌てずともどうにか出来るという構えだったのか。

これは若さとか性別の差じゃないな。脳の差なんだろうな。

傾向的に看護の課長と私はいつもどこかカッカッしていて、介護の課長と主任である彼らは一定のペースで落ちついている。(ええ、色んな意味で何があっても。)

で、看護の課長と私はどちらかがキレていると客観的に自分を見るかのような気がして押さえに回っているような。

そして彼らは無条件に互いを尊重し合っている。

別にどちらも悪くはないがエッセンスは貰いたい。

どうにかしようと思うと本気で考えるものだ。そして変わって行くものだ。

出来ないとき、人は何かを考える。

******

それとは別に私の頭を占める比率が高いことがあって。

それは強烈なインパクトを持っていて。

とかく、そのことだけに心を奪われがちでどうしようもない。

けれども、それだけではないなあとうっすら分かっている。徐々に。

かと言って頭から離れるわけではないが。

今日も噛み合わないメッセージのやり取りで、最初のイメージと私の中身が違うことに違和感を感じらているんじゃないかなと思った。

かと言って合わせられないんだよね。

合わせたところでそんなメッキは長続きしない。

それはとても悲しいことだけど、変えられるものと変えられないものがあるんだよね。

自分であるということは、リアルな哀しみだ。

変えられない。

全てを捨てて好かれよう、期待に応えようと、なりふり構わずなれたなら、それはさぞかし可愛い人間だろうに。

残念。

風呂入ろ。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする