2017年07月12日

疲れる人が疲れさせる

新しく来てくれている派遣ナースちゃんが優秀で助かる。

大抵1日2日でそれが分かる。いや、半日かな。

ちゃんとした人ならばこの初期の頃、ちゃんと疲れる。

それはやろうとするからだ。

そしてそのやり方を観ていても「あ、あたりだ。」と嬉しくなる。

ただ、この人を見る目がたまーにはずれることがあって、てんでやる気がないように見えている人がある日ドミノ倒しのように全てを理解して化けるということもある。

なので人材というのは非常に貴重で不思議な財産だ。

そんな折、大御所様がその派遣ちゃんと初対面。

「はじめまして。特別養護老人ホームは慣れていらっしゃるんでしょ?何でも分かるわよね。教えなくて良いわよね。」と人殺しの目。

あー、それ私もやられたわ。

何で新しい人を威嚇するのかね。後で山ほどの後悔することを学んだはずでしょ。

私が教えたいことと大御所様が教えたいことの価値観は著しく異なっている。

なので最初は名乗り出ているので指導を大御所様に任せていたものの。

度々、手持ちぶたさで何をして良いのか分からなくて困っている派遣ちゃん。

ああー・・・、放置しているんだ。

それで私は食事介助や吸引の散歩に行こう。利用者様を幾人か知って貰えるし。

そう声をかけるのだが、そうすると慌てて割って入り「ああ!そんなことなさらなくても私がやりますんで!」とわめきながら邪魔をして来る。本当に困ったもんだ。

マシンガントークで来るので多少強めに「今は私が行きますからね。」と言わなければ止まらないのだが、そうするとショックを受けてふてくされるようだ。自分はその100倍くらい新人さんに強い口調を浴びせているのになあ。

気が付けば往診日。

疲れたのは、外部からの権威者にではなかった。

不穏になっている身内に対してだった。

普通にしていれば望んでいる形が手に入るのに。

ありのままで居れば怒りを伴う孤独を感じなくて良いのに。

でも、それは人に教えて貰おうことじゃない。

私が今すべきことはてんぱっている人につられて自分のペースを崩さないようにすることかも知れない。

意志と石の力を借りつつ気持ちを落とし込む。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする