2017年08月11日

よくある勘違い

先日、まあ、いつものことだけど畜生とか馬鹿野郎だとかくそっ!だとか言いながら仕事をしている介護のいかつい男性。

根っこが優しいと分かっているので聞き流しつつ自分の仕事をしているわけだが、新人のまだ弱者の人に向かっての物言いがひどすぎると、ごく稀に見かねた私が「うるさいよ。」とか「普通に言っても通じるよ。」と言うことがある。

大抵口を尖らせながらも黙ってくれるわけだが。

つい最近のこと。

女性職員にたいしてまた酷いことを言っているので聞き捨てならず「謝罪しなさい。〇ちゃんに謝れ。」と叱る事件勃発。ってか起こしているのは私か。

そのときも絶句して黙っていた。

それを観ていた内気な男性職員が泣いていた。

なんで泣くの。

「Oさんが怖くないんですか。Oさんですよ。ううっ、でも、ありがとうございます。」

・・・・・・・・・・。自分も言おうよ。良くないことは良くないと。

そして本日のこと。

ふらりと喫煙所へ行くと男性職員が二人で向かい合わせで喫煙していたのだが。

片方が時折私に怒られる人。例の。(と言っても彼の方が年上なんだけどね。)

もう一人の方はもう少し違った意味合いできつい男性なのだが、いずれにせよ何やら真剣に話していた。

私が来るなり「どうして朝あいつを怒ってくれなかった?」と言う話になった。

ちゃんと申し送るべきことを申し送らなかった朝の介護職員のことを言っているわけだが。

「ここは学校じゃねーんだよ!全員の悪いところをいちいち教えてられるか?ここは仕事場。サラリーを貰ってプロとして働いてるんでしょ?学校じゃねーんだよ。何でも怒って貰えると思うな。甘えるな。」

2対1なのに絶句。しかも、男性二人対ちっちゃなおばちゃん。

階段の上の方で笑い声がしたと思ったら、Iちゃん?Hさん?そこに居たのか。

そういう私も彼らに怒っているわけだが、そうやって物申す相手というのはあくまで成長しようとしている人に限定される。

間違っているからと言って無条件に優しく教えたりしている場合じゃないことの方が多いのが現場であり仕事だから。

Kは自分から質問してどんどん看護の仕事に入って来るしKHちゃんも・・・と良い例をあげるのだが、個人的に好きだから言っているわけじゃないよと添えたのだが。

結局は一緒なんだよね。

仕事には、その人の人間性が出るから。

そしてその人の人生がどうしても出てしまうから。

首縮めてたり絶句したりだったので伝わったかどうかは分からないけれど。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする