2017年09月04日

抱きしめたい

休養中の課長にラインで色んな報告をしているのだが、どうも私は携帯で文字を打つのが苦手故、Bluetoothで接続したキーボードを職場に置くことにした。

それは別に報告しなくともというような小さなことから大きなことまで日々送信している。

ちょっとの間姿を見せない・・・と言っても何十日か経つと勝手な憶測でもう課長は帰って来れなくて私がその立場につくのだろうと勘違いする人もいて、微妙に接し方が変わって来る人もいる。

そういうのは仕方がないとは思う反面個人的に相手の立場が変わることによって態度を変える人が好きじゃないだけ。

理由はそれだけではないけれど、ちょいちょい彼女の名前を出すようにしている。

忘れないでね。こういうときほど真価が問われますよ。私が全部繋いでいるから全部知っているからね。

彼女がして来てくれたことを忘れないようにして欲しい。

嫌われ役をかって出つつ守り抜いて来たことを。

***********

何で病み上がりにキャッチボールした?

うーん、過ぎたことは仕方ない。

なるべく睡眠取ろう。

***********

と言いつつも心理学の本一冊読破。

もう仕方ないよね。生きているうちにどうしてもやりたいことをやれるだけやりたいらしいから。

***********

そうして不思議な体験をしている。

愛して欲しい、愛して欲しい、愛して欲しいという率直さが重くない。

ああ、そうか。ゲーム的交流が一切無いから重くないのか。

まるで一日しか生きられないウスバカゲロウみたいに一瞬一瞬を大事にしている。

でも、思いのほか長く続く人生の細々としたリアルな責任は放棄せず耐えている。

身体と心が繋がり過ぎ。

人と人は傷つけ合ったり潤し合ったり、本当に色んな交流をするのだなあ。

成長なんかしなくて良いと思うときほど何故だか余計に鍛えられている。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする