2017年10月31日

カウンセラーズトレーニングの会

毎月この日が来るとこう思う。

一月って早いのね。

そして特にこの時期。

一年って早いのねということと、人生って早いのねということも。

何もしなくても時はアッと言う間に過行くので、それならば何かしていた方が良い。

思えば若い頃、看護学校に行きはじめた頃も、30代後半になって心理学に手をつけた頃にも、「ああ、先が長いなあ、あっという間だなあ。」と思った時、傍らに必ずこういうふうに言う目上の人が居た。「でも、何もしないでも3年くらいあっという間に過ぎるよ。」と。

あれから何年も何年も経った。

毎日同じことの繰り返しだと思っていた時期も長かった。

ところが年単位で見てみると、同じことの繰り返しのはずだった全てが、とんでもなく大きく変わっていたりする。

遠くへ来たな、色々学んだし変わったな。

そう思えるのは実は同じことを繰り返しているつもりでも、それを繰り返すことによって自分自身が考えるようになるし少しづつ変わって行ったからなのだろう。

そして時は2017年の11月。カウンセラーズトレーニングの会。

そんなプロセスを辿って来た自分だからこそ目の前の人々の凄さが分かる。

同一視でもなく投影でもなく、その人独自が歩んで来た道や、その選択の素晴らしさを思う。

今月は先月からの続きとなるテーマが幾度となく話題にされていた。

それはある人とある人の対話だった。

本心から”私とは本気で付き合って良いんだよ”というやり取り。

喜怒哀楽そのままに。

何も恰好をつけることなく。

不思議なことにそれを出来るようになったとき、人はいつ間にか心が大人になっている。

今日もテーマが深いだけでなく笑いが絶えない日だった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 21:52| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

一つのストーリー

カウンセリングできる時間数が限られているものの、今月も有意義に頑張れたと思う。

懐かしい方とのレイキ講座も急遽入ったり、親御さんを紹介して下さった方、お子さんを紹介して下さった方。

古きも新しきもみんなみんな良い出会いだった。

皆それぞれの人生を、色んな年代の人々が一生懸命生きているなあと思う。

話して欲しい。私だけでなく誰かと。

聴いて欲しい。私だけでなく近くにいる人々とも。

皆こんなことを考えるのは自分だけとか、普通はこうだとか色々言うけれど、本当はそうじゃない。

色んな人が色んなことを考えていて、中にはあなたとそっくりな悩みを抱えている人もいる。

全く違う人間だと思う人ですら、一度話してみて欲しい。

一度聞いてみて欲しい。

ただ、心が開いていないと意味がないけれど。

きっと世界は変わる。

世界に目覚める。

そして気が付いたら願いは必ず叶っている。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 17:14| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

固いホールドにはまっている

ああー。また台風。そしてまた雨の週末。

****

ここ一年くらい周辺に情熱家が多くて何かと触発される。

その情熱にあふれた人というのは普段何かを声高に言うこともないのだけど、ここぞと言うときに絶対的な力を持って助けてくれたり主張したり、しかもぶれずに同じことを言い続ける。

地味でもあり派手でもあり、結果それは例えばキャッチボールで言えばズシン!と重いボールのように受け止めているうちにジンジンとする。どっしりと心に残る。

強いということ、優しいということってどういうことなのかを知った。

それに比べると何と私の軽いことか。

と思っていたのだけど、ごくわずか2〜3人の人を除くと皆に「怖いわ。強烈だわ。威圧感あるわ。」と思われていたことが判明。

どこがだよ。KやTに比べれば私なんて恐れるに足らず。

なので、ほんとにたまたま味方で良かったなと思う。

そういうと「たまたまじゃないよ。じゃ、もう一度あなたの素晴らしいところを言うね。」と野生動物のように鋭い目つきで褒め始めるので受け止めきれなくて中座する。それでも追いかけて来る。

いかんせん辛いことやうまく行かないことが多い世の中で、自分の能力不足を思い知らされることも多いので、落ち込んでいるときにそれをやられると泣きたくなるときがある。

「自分が手放しであなたを支持していることが?それとも能力不足だと勘違いしていることが?」

えーと。前者。

「指示されたりあなたのために何でもするって人間がいるのはやって来たことの結果でしょ?受け止めて。」

そんな念押しを聞くと、余計に緊迫してしまう。恥ずかしくない生き方をしなければと余計に思うわけだが。

どう考えても出来ていないことが多すぎてへたれで恥ずかしい。

何に動揺しているのか?というと、多分自分が凄いなと惹かれている人にそんな扱いを受けるからなのだと思う。

かと言って、あんなふうにいつも頑として逞しくはいられないので、やはり自分は自分らしく出来ることをやって行くことしかできない。

神様。色んな願いを叶えてくれてありがとう。

もしもこれを耳にしたとしたら、多分「だから。叶えたのは神じゃねえ。」って怒られる。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

こころの話 / 我儘 VS 我儘

兄弟姉妹のどちらかがカウンセリングへいらしていてその後もう片方の方が顧客になる。

そんな不思議でありがたいご縁がいくつかあったのだけど、今日は親御さんが何年も前のお客様で娘さんをご紹介して下さるというご縁あり。これも結構あったパターンだなあ。

それにしてもこんなに綺麗で大きく成長した娘さんがいたのねと改めて思う。

その他一時間のコースがあったのだけれど、こうして3時間一人の人とカウンセリングのみで過ごすというのは久しぶり。

が、思いのほかあっという間の3時間だった。

初回とは思えないくらい沢山話して下さった。

そしてその10分の1にも満たないものの私の説も聴いていただけでも嬉しかった。

若いと言えども既に成人なさっている立派な大人。

こちらから見えている景色の状況説明をしっかり理解して下さっているなあと話しながら思う。

*****

カウンセリングでは情緒あるままでどちらかというとロジカルな頭でいられるのだけど。

昨日ある人と喧嘩をした。いや、一昨日か。

謝り倒されているのに、そして分かっているのに許せない。

しかしよくもまあ、なりふり構わず向き合って来る。前からのことだけど。

もう分かったからクールダウンしたい。放っておいてくれと言っても無駄。

終いには「もう!遅刻するぞ!」というのだけど「知らん。自分にとってはこっちの方が大事。遅刻はダメなことだけど、今は世間の常識、知らん!」と返って来る。

そのうちとうとう始業時刻になってしまい「ほんとに良いのか。やばいよ。ほんとにもうやめよう。」とさすがに私も折れるのだけど。

「だから今はそれ知らん!」と話しの続きを始めるのだが、ふと静かな声で「ちなみに長年勤めていて遅刻するの初めてだけどね。」と呟く。

謝ることこそしなかったのだけど、そのやんちゃぶりにまた驚く。ここで言うやんちゃってのは自分の気持ちと相手の気持ちを一番大切にすること。

やっと互いに一つの結論に落ち着いてそれぞれの場所へと分かれることが出来たのだが。

あんなに胸くそ悪かったのに、気づけば何だか子供の頃のように幸せな時間を過ごしたのだと後から思う。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 22:14| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

大切な今日という1ページ

カウンセリングの翌日。

ホームではまた新しいナースさんの面接。

色んな人に出会うものだ。

それぞれ良いところがある。

そして皆色んなことに悩みつつ仕事に向き合っている。

で、私が会議やら面接やらで抜けると通常業務が終わらない。

戻ってみると相方のナースさんがハアハア言っていた。

そこで巻き返しをはかろうとするものの、何せ疲労困憊。

利用者様のお薬が大量に届けられる日でもあり「ああ、これはもう終わらない。」と覚悟を決めていたのだが。

自分の勤務をあがって来たKがいつの間にかナースステーションに入って来ていて黙っていても手伝ってくれている。

介護士なのによくこうして手伝ってくれる。

しかも「ここはやっておくから吸引して来て良いよ。」

いや、戦地に置き去りにしては行けない!という気持ちになるのだが「良いから行って!」と。

この後この人は保育園に子供を迎えに行ったりするんだよなあ。まったく持ってタフだ。

*****

心で語った。

心で聴いた。

カウンセリングとは違う世界なのに、色んな人と心で関わった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

時間軸

今日も色んな人のエピソードを聴いたけれど。

一生懸命生きている人のエピソードにふるふると心が震える。

感情を溜め込んで症状が身体に出てしまう人。

自分への手紙というワークがあるけれど、ここではまず物申したい相手への手紙。

それは出されない手紙。でも自分で自分が感じていることを知る手紙。

人はどうでも良いんですよ という言葉が口をついて出る。

一番大事なことはいつも自分の中にある自分の気持ち。

*****

家族に傷つけられた少女はやがて自分の居場所を作った。

お引越しの手伝いに行ったのがつい昨日のよう。

今回は自分自身がいくら時間があっても心と身体が追いつけていない状況なのでそれに携われないが違う形でのお願いごとをされた。

面白い人生だね とこれも口をついて出る。

*****

心の中には独特の時間軸がある。

何年かぶりのお申込みの名前を観て懐かしいなあと思う。

でも、それもまたつい昨日のことのよう。

*****

過去のことは確かに起こって来たことでそれは変えられない。

けれどもそこに今現在の大切な出来事が積み重なっていく。

一番忘れられない言葉が次々に重ねられていく。

「嘘かと思ってたんだ。でも、この間の話を聴いて全部つながった。今は信じる。」

実は私も嘘をつかない。少なくともあなたには。

そして何より自分にも。

真実というのはいつでも都合が悪い。

でももう正直にしか生きられない。

そしてそんな人生が好きだったんだ、結局。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

展開

もうあれから二か月も経ったのか。

本当に怒涛のように駆け巡った。

慣れない仕事も沢山した。

初めての分野のミーティングなのだからオブザーバー的な立場で隅っこに居ようと思ったのに、何回どれに出席しても気が付いたら延々と物申しているという。

いや「どうですか?」と訊くから答えているとこうなるわけで。

外部の会議にも行った。行けと言われるものは全部。

で、変わらないものと変わるものを見つけた。

変わらないものは本当に変わらないのだなということを特に。

それは自分は自分でしかないということ。

あともう一つの法則として、嫌なものを嫌だと意思表示してカットすると、必ずそこに良いものが入って来る。

それは仕事でもあらゆる人間関係においても言えることかも知れない。

見渡せば看護もカウンセリングの世界でも、本当に見渡す限りに自分がある人々ばかりだ。
*****

あ!今日お仕事だった方。朝ひやひやした方もいるかも知れませんね。

台風が落ち着き無事に出勤出来て良かったですね。

お疲れさまでした。

***
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

野生の王国

スタートは遅かったのだけど、終わるのも遅し。

カウンセリングと心理学三昧の日。外は大雨。

台風が明日にはピークと聴いたのだけど果たしてどうなるのやら。本当に雨続き。

****

前の日はKが泊まって行った。数日前からの約束なのだけど看護の仕事が終わったら一緒に帰ろうと。

いつもとは違う路線を使って、これまた雨の中事務所へと向かいスーパーで買い物をして沢山喋って眠くなれば寝て。

「何だか、よく食べれるしよく眠れるんだよね。」と。

強い女だけど、出会い立ての頃はもうちょっと野生の獣みたいだった。

仕事もプライベートも勝ちに行く その小さな身体で。

寡黙な闘いに明け暮れて不眠不休の小さな猛獣のようだった。

ある意味今もそれは変わらないけれど。

寝坊してそれぞれ背負ったものとの闘いに出かけて行く。

今は男女ともこういう方々との交流が多いなあ。度外視して強く逞しく優しい。

****

話は戻るのだけど、心理学でもカウンセリングでもとある感動を隠し切れない。溢れ出る。

互いに歴史を知っているから。

皆強くなったのだなあ。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

悲喜こもごも

今月やらなければならないことが終わっていないのに早く来い来い11月と思ってしまうのは、来月になれば新しいナースさんが入って来るからだ。

とは言うものの、入って来てすぐ戦力になるわけではない。

それでも少しでも早くそれにとっかかりたいなあ。

で、何考えているのか?というと楽したいとまでは言わないが多少なりとも尋常な程度の忙しさに戻れれば看護とカウンセリングに専念できるのではないだろうか?と。

と書いて思うのだけど。

専念というのは専門的なことを集中的に考えて取り組むことらしい。

でも、今迄を振り返ってみれば、ものすごい回り道をしていても、必要なことって手元に残り、その回り道の道すがらで体験したことや目にしたことが”専念”という世界で役に立って来たのだった。

そう言えば、本当に関係のないプライベートなことですら。

私、何やってるんだろうなあ?と思うことがこの人生で何度もあったのだけど、後々になって”なるほど、あれはここに繋がってたのか?”と後から答えが分かることも何度もあったっけ。

とかく最近は力一杯の愛と優しさに包まれていること。

そしてそのたゆみなさに驚くこと。

愛することは優しくなくては出来ないしタフでなければ続かない。

タフで強くなければ愛し続けることは出来ない。

でも、そーーんなに強い愛じゃなくて良いじゃん。と思う。出来る限りで良いんじゃない?と。

それでも互いにずいぶん励まされるのだからとも思って来たし、実際それは真実だと思う。

だから、そういった基準を度外視したスケールの人々を目の当たりにすると日々驚くばかり。

沢山傷ついて来た人。沢山考えて来た人。

真似は出来ないけれど、影響を受けて少しづつ引っ張られる。

***
白菜が美味しい季節になりました。

よく色んなところに載っているレシピで白菜と豚バラ肉のミルフィーユってのがありますが。

今日は深めのフライパンで簡単に作ってみました。

豚肉と白菜をミルフィーユ状に敷き詰めるのが定番だけど、今日はその間にとろろ昆布とキノコをいれて良い出汁になりました。

しっかり食べて下さいね。
****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

実りの秋

雨天続きでおまけに台風までやって来るという。

仕事は忙しさの度を越えているような・・・・。

そんな最中先月から約束していた人と昭和記念公園へ。

見事に人が居なかった。

平日だからというだけでなくお天気が思わしくないからだろう。

しかし、奇跡的に雨が止んでいた。

ほとんど言って良いくらい人の姿が見えないこの公園を初めて見た。

秋に色づいた木の葉やコスモス。濡れた植物に当たる柔らかな日差し。

しーーんとしていてカラーと秋の匂いだけが存在するので、まるで異次元に来たかのようだった。

一駅以上もの距離をゆっくり散歩したり喫煙所で立ち止まったり。

ブランコに乗って思い切り漕いだり。

その数時間後、その人は仕事の話に限らずごくプライベートな話に至るまで、「覚悟は良い?」と私に訊いた。「覚悟は良い?」

それは全てが変わる覚悟であり、願いが叶うということへの覚悟でもあり、ありのままの自分でいるという覚悟。

いつもながらよくそんな言葉が出て来るなあと驚いた。

そうだね。願いが叶うには、それを受け入れる覚悟が必要だよね。

あらゆる努力とあらゆる逃避の果てに、あたかも貸し切ったかのような公園を歩き続け、そうかと思えばあられ混じりの雨を被り、改めて思った。

人を疑ったり不安になったりするのは、自分が信じるに値しない人間だからだ。

いつでも周りは、そして大切な誰かはいつでもドストレートに本当のことを告げて来てくれた。

あなたを信じるとこれまでも言ってくれて来た。

それならば私は私をもっと信じられるように頑張らなきゃならないなと思った。

もう自分を裏切らない。自分にウソをつかない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

生きる力

今日少しお久しぶりの方とのカウンセリングで到着なさるなり「あれ?!髪切りました?」と言われる。

いや、もう7切ったのなんて7月だか8月だよ。

という会話で初めてずいぶん間が空いたのだということに気づく。

「色々あったのでそろそろ頭を(心を)整理しないと。」ということと「伝えなければならないことがあった。」というのが本題だった。

うちにカウンセリングに来て下さる方々は必ずしも具合が悪い人というわけでないが、出会い立ての彼女は最悪の体調にあった。

何せ入院中の病院から外出してカウンセリングに来たほどだったから。

でも、心は身体よりもコンディションが悪かった。

これは時間がかかるなとエピソードを聴きつつ思ったものの、心が元気になって行くと身体が元気になっていく。

少しのサポートだけで彼女は思ったよりもずっと早くお元気になって行かれた。

あれからどれくらい経ったのだろう?出会いのあの日から。

よくそれは二人の間で取り沙汰されることだけれど。

気が付けば4年の月日が経っていた。

「これこれしかじか、こういう経緯があって、ぜひともあの頃のお礼を言わなくちゃと思って。」

いやいやお礼ならばもう何回も聴いたよ。

カウンセラーというのは課題を取り上げて代わりにやり散らかすなんてことはしないんだ。

だから、全部全部、あなたの生きる力のおかげなんです。

でも、嬉しかった。

今や忙しく飛び回っている彼女がそのためだけにいらして下さったことが。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。❤
posted by かおる at 06:25| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

レイキが出てる

段々慣れて来た内科往診。

今度の先生は熱い。心の熱さと知識がセットになって走っている女医さん。

色んなことを話しているうちに雑談になったりまた仕事の話になったり。

一番最初の頃、とってもついこの間、先月あたりの話だが。

ちょっと言い合いになった後に「なるほど!正しい。」と納得するなり折れて下さったり、かと言って自分の意見を言わないか?というとそうでもない。

で、ほんの少し時が流れた後でお笑いしながら往診するようになった。

そして、ある時、ふと気づく。この人、レイキが出ている。

どこかで習ったんだろうか。

おいおい知って行こう。
*****

雨が続く。

そんな折にもIちゃんと日にちが合えばキャッチボールをしている。

軒下作戦なのだが、必ずどちらかが暴投して取りに行くので結局ずぶ濡れに。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

思い 切る

信頼と粘りを裏切られた後、他のスタッフにも迷惑をかけてしまったと気付きやむなく雇用を打ち切り。

そのことを詫びようとすると「いや、こればかりは勤めてみないと分からないことですからね。」と頭をさげる間もなく素早い返答が色んな人から返って来る。

「悪いのはあなたじゃなくてあちらですからね。」

これ、今までもよく聞いて来た言葉だけど、未だに違和感。悪いのが片方だけってこともないだろうよ。

と思いきや、いきなり常勤希望の20代男性ナースが面接へやって来たり、その他派遣ナースさんが単発派遣から長期派遣までいらして下さったり。

私が今の立場になる前から中々募集かけても来ないと言っていたのに。

いったいどんな流れなんだか。

*****

しかし、新しい方が決まっても実際に戦力になって貰えるのは少し先の話なので、こちらを慮ってボスが単発一日派遣でも・・・ということで、人が少ない日に入れて下さった。まさに至れり尽くせり。

とは言うものの、独自の作業が孤独なのよね。誰にも託すわけには行かない。

あと申し訳ないことに単発派遣の方に丁寧に指導する時間もない。

なのでベテラン派遣さんに指導を任せて自分はまた一人で往診三昧。

そして夕刻。

ベテラン派遣が先にあがった。

とても出来る人なのでもう少しは居て欲しかったので本人希望の早出の早上がり契約を結んでいたのだ。

そして直接的には何のおかまいも出来なかった単発派遣さんと二人きりになり、それでもPCから視線と手をはずすこともできないままぽつりぽつり会話し始めて観ると。

思いの他、たったの10分ほどで沢山の話を聴かせてくれた。

そして帰り際「残念です。もっとお話ししたかったです。またいつか来たいです。」と言って下さる。

おかまい出来ないと言う非礼を働いたのに何と嬉しいことか。

外は真っ暗。

けれども気が付けばいつもより早く終わっていた。

恐怖の往診中でも割と笑いながら出来て、段々楽しくなって来たような。これは新しく現れたパワフルな女医さんの力によるところが大きいのだけど。

イライラするばかりの数日から一転して、Kの言葉を思い出す。

”大丈夫。ここからはうまく回りだすよ。”と。

色んな日がある。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート

posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

筋骨隆々女

ただでさえうまくいかないことばかりのような気がするのに、その上に小さなことが重なってイライラする数日だった。

何でも自分の思い通りにいくはずないだろってのはわかってはいるのだけど、看護の世界だと命やら何やらが関わってくるせいか余計にイライラする。

でもまあうまくいかなくてイライラするのは、ものすごくうまくやろうとしているからだろうな。

そんな中で昨日はたった一日にして会議6件。

・・・・・・。6件ってやりすぎでしょ、それ。

とはいうものの、分かってよかった、出て良かったと思うことも多々あり。

なんだかわけがわからない状態なのだけど、きっと全てのことには意味がある。

そんな中今朝は電車まで遅延。なんだ、これ。

遅れるかギリギリになるかという連絡を入れたのだが無事に着いた。

でも、まだイライラ。

夜勤明けのKがとっくに帰っているはずの時間なのにわざわざ待っていてくれたようだ。

青白い顔をして。

でも、どっしり落ち着いている。

連絡を入れたのを知ってか、途中で「大丈夫だよ。電車遅れても間に合うよ。」と何度もラインをくれていた。

”タイムカードすぐ打刻出来るように画面を立ち上げておいたよ。”とも。

さらに言うと申し送りが終わるまでわざわざ待っててくれて「大丈夫だよ。この先はうまく行く。元気をあげるよ。」と。

私とそう変わらない、いや、私よりも細くて小さいのに逆三角形の背中。

何にも動じない。私が彼女の何かに対して怒っていることを察知したとき以外は。

今日も全く別種の人間だなあ、不思議だなあ、なんでそんなことするんだろ?と思いつつも感謝して一日がスタートした。

感謝しつつ一日が始まり感謝しつつ一日が終わる。

そんな日々。
****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 10:28| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

どストレートな人

こんばんわー。🌙

じゃない。この草稿がアップされる頃はいつかの朝のはず。

おはようございます。☀

お知らせです。

19日の日が急遽空きました。18時までに終わるメニューでしたらどうぞご利用下さい。<(_ _)>

***

私はだいたいのことをどうでも良いと思う性質で、もっと正確に言うと大局のことを気にするだけで精一杯・・・・というよりパワーがない人間でもある。

人には丁寧だ細かいだの言われるものの、あんまり細かいことに神経を費やすと全体的なことができなくなるのを知っているので割と大雑把。

ただ、時折カチン!と来ることもある。これだけは譲れないとか、それは無理ってこともあるわけだ。

そういうとき、どうするのか?というと、大抵は相手に明かさず一人でその感情を処理する。

もちろん心理のトレーニングにおいてはそんなことはしないできちんと表現する。その心理のトレーニングのおかげで、誰にでも喧嘩をふっかけたり怒りを見せたりする必要なくなり自分で自分の感情の管理をできるようになったと言っても良いのだが。

最近仕事とそれ以外の時間でもよく一緒に過ごす人物が滅茶苦茶敏感ですぐに「何?」と言って来る。

何って何が?と誤魔化そうとするのだが「いや、今何か不快に思ったよね?怒ったよね?」と追及して来る。

無機質な印象を与えることが多いのによくわかったなーと思う。

しかし、あなたは仕事仲間でしょう。それに自分でも好ましくない感情で自分で鎮めることが出来るものなら話したくはない。そっとしておいて欲しい。

ところが「いや、これは大事なことだから。」と迫って来る。

嫌いな人間だったり、親しさや好感が今より少しでも低かったらしつこいと思っただろう。

段々私も意地になって来てある日は振り切って違う道、違う駅へ行こうとしたら、おそるべし力技で自白(?)するまで離してくれなかった。

ある日は凄い勢いで走って追いかけて来たこともあったし、またある日は痛くはないが力強く手を掴んで話が出来るところまで連れて行かれた。

はたまたある日は電車をベンチで待っていたらいきなり隣に座ったのが彼女だったのでビックリ仰天した。電車に乗る必要がない距離なのに。わざわざ改札入って来たんだ。

別の日は駅の喫煙所でイラつきを一人で鎮めようとしたら喫煙所の内側からスッと出て来て「で、何?」と言うのでこの時もワーー!と悲鳴をあげた。

そして表現したのが”確かに怒ったりむっとしたりすることがある。あなたは毒舌だから。でも悪気はないのは知っているし、それを変えさせようとは思わない。だから数時間だか数日、もしくは翌日までには一人で立て直して来るからこういうときは放っておいて欲しい。”ということ。

ところが「いや、それは違う。立て直して来ない。そういうのは一番大事なこと。立て直して来ないでいつかそれっきりになるよ。何でかと言うとそういうのは積もり積もって違う感情になるから。例えば嫌いになるとか、理解し合えないという決断になるとか。」と言って来る。

「どんなに小さなことでも大切なことだよ、それ。今すぐ私が知りたいことでもあるから。今だよ、今。今が大切だよ。そりゃ煙に巻かれて忽然と消えたとかなら追いかけようがないけど、その日に出来る精一杯をしたいの、あたしは。」

過去しつこい人は嫌いだったはず。なのに嫌な感情というよりは、その激しさに何度も驚くばかりだったり、その考えに乗ってみて結局最後は「ほら、話し合って良かったでしょ?」ということになる。

それでも、”私も心や感情の大切さを心理で勉強しているけれど、誰にでもそんなことしてたら疲れちゃうじゃん。TPOってものがあるでしょ?”と言ってみるのだが。

「誰とでもは話し合わなくて良い。あたしらについて言ってんでしょ?」

そう言いつつ彼女はこの夜私を自宅に招いた。

自転車に乗っている彼女は「家は駅の向こう側だからかおるちゃんはこの階段を下りて行って。」と反対方向に去って行った。

はいはいと答えながら”回り道でもして来るのかな?”と思いつつ駅構内の階段を下りていた私。その先でまた昇って反対口に出るわけだが。

ふと横を観ると、私が降りている広い広い階段の両端がスロープになっているようだった。

そこを自転車に乗った彼女が猛スピードで降りて行くのが見えた。

え?

降りるときも危ないくらいのスピードだけど・・・。その先の登りが無理なんじゃないか?

観るとダウンベストを着てショートヘアを針のように後ろになびかせた彼女が失踪しつつ登り坂をグングン登って行くのが見えた。

・・・・・。Iちゃんと互角にスポーツ出来る人だということを忘れていた。私と体格似てて、決してそうは見えないタイプだから。

坂を疾走しては登って行く彼女はかっこよかった。

私が徒歩で階段を登り切ったところ、道路向こうから自転車のハンドルを握って「こっち、こっち!」と言っている彼女が見えた。「違うよ!こっちだよ!」と。
****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

軌跡の奇跡

久々のレイキの講座をフルでやって、自分自身もおさらいになるというこの流れ。

講座をやりながら「なるほど こういうことか」と新たに分かることがたくさんあった。

ファーストから通しで最後まで受講希望の方もお疲れだろうけど、疲れない言えばウソになるこちらの状況もあるものの。

過去から現在に渡るまでその時は”なんでこんなことやらなければならないんだう?””なんでこんな思いしなければならないんだろう?”ということが全部無駄ではなかったのだなあということを感じた。

いや、感じるというよりは分かった。理解した。

世の中にはいくら考えてもわからないことがあるけれど、やっぱり分かるって面白いし嬉しい。

そしてもしかしたらレイキだけだと言葉を持たず抽象的だったかも知れないし、心理学だけだったら感じることを忘れて理論的になりすぎていたのかも知れない。

どちらも始めるときはまっさらで気軽に手をつけたことだけど、やって来て良かったなあとつくづく思う。

そして、目の前に色んな人々がいる。

そして私がいる。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

原因帰属の法則

昨日は奮闘する割に何をやってもうまくいかない一日だった。

とはいうものの、そんなときに頭をかすめる。

心理学で原因帰属の法則というのがあって、簡単に言うとそれは何か物事がうまくいかなかったとき、あるいはうまくいったときに、その原因をどこに求めるか?ということ。

例えば試験に落ちたとき、実力不足で自分はダメな人間だと考える人と試験が難しすぎたのと自分の調子が悪かったからだというふうに受け止める人とでは、まずはそのときの気分が変わって来る。

そして今後次に出る行動にも影響を及ぼす。

でも、その大元の受け止め方や考え方というのが自分自身の体験によるところが大きいのかな?と一瞬思うのだけど、実は様々な人がいろんな体験をして来ているので、体験によるところというよりは、自分がその体験をどう受け止めて来たか?ということが重要だったりする。

幼い頃に一発目の挫折があって、その後、同じように自分がダメなことにする小さな積み重ねが今を形成しているとなるとなかなか修正が効かないような気もするが。

でも、それはそんな気がするだけ。

それが思い込みだと分かればいつでも修正できる。

それを言うと多くの人が「それは分かっているんですけどね。」と言う。

そして、”分かっているですけどね・・・”というときと言うのは大抵変えるのが嫌な人なのだ。

ネガティブでも長年自分が大事にして来た思い込みだし、何故に長年大事にしてきたのか?というと、実はそのネガティブな思い込みが好きだから。

無意識レベルでやっていることなので、この部分についても「いや、そんなことはない。自分は幸せになりたいのだ。」としか言わないと思うけど。

変わらない頑固さを持ち人と相対しているとどうなるのか?というと、簡単に言うと愛想をつかされる。

特に心理などやっていない一般の人ともなれば自分が言った言葉や働きかけたことが全部無駄でこの人は変わる気がないのだと分かれば「必要ないんだな。」と普通に思うからだ。

そして自分の力で繰り返し孤独になって嘆くというループ。

そこに付き合ってくれる人はその人の前に今まで幾人も現れたと思うがおそらくは全部を無駄にした。

そしてこれを書いている私も身に覚えのあることで今でも100%ポジティブなわけじゃない。

というか、100%の肯定感を持つ人などむしろ気持ち悪いし危険かも知れない。(笑)

でも、昨日みたいな日にはこう思う。

やるべきことをその時のコンディションで頑張ったけれどうまくいかない日もある。

うまくいかない時期もあると。

少しづつで良いんだよ。

それは自分なんて・・・と変わらない頑固さを持ち続けるよりははるかに楽な作業だ。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 10:53| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

看護プロジェクトからのカウンセリング

前の日の勤務でそこそこへとへとになり、その翌日は看護PJというものに参加するため遠方へ行かなければならなかった。

その遠方である本社的なところへ行くとほんとに疲れるのよね。遠いというだけでなく空気が違い過ぎて。

案の定この日もさんざんな一日だった。

色んなナースさんの偉い方々が集まっているのだけど、何を聴いていてもうちのホームにそのやり方は適応しないなあ。環境的に無理だもん。

というか、うちの施設の人員不足な上に大きな行事のために死に物狂いで走り回っているであろう仲間を置いて何故これに出なければならないんだ?

そんな課題山積みな事実を改めてあきらかにされて前途を憂いた。

とは言うものの、ぐっとこらえてさらに傾聴し続けていると2〜3勉強になることを聴けた。結果、行ってみて良かった。
*******

今日は事務所にてカウンセリングと教育分析という名のカウンセリング、そして電話カウンセリング一件。

月日と共にこのカウンセリングや心理学を共にした方々。

しみじみ、皆変わったなあ、成長して行かれているのだなあと感じ入る。

心のことなので急ぐことは禁物。

けれども何もしなくとも人は自分で答えを見つけるのだなあと思う。

軽いサポートや誘導の繰り返しなのだけど、ギリギリのところで神経使う。

やはり一生懸命生きている人、悩むべき時にきちんと悩み、答えを見つけて柔軟に変わって行くような。そんな人が私は好きなのだなと思う。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

内緒だよ とよく言われる

心理ではなく、看護の職場の方で私はよく一対一でスタッフと会話することがある。

喫煙所でたまたま一緒になった人もあれば、一人の利用者さんについて指示を求められたリ、その利用者さんを二人で一緒に眺めつつ考えたりするときなど、その他諸々。

あるいは記録している傍らに来て何かを話し始めてくれる人とか。

そういうときの人は、複数で居るときとどこか何かが違う。素は知らないけれど少なくとも素の一部を出してくれている。

そしてその素に近い何かを仲間と一緒にいるときには微塵も見せず共に働いている人がほとんどだ。

この職場に来て後の方になって親しくなった数人の人も例外ではなく、よく知っているようでいて互いのことを知らない。

「あの人ってどうしてこれこれしかじかなんですか?!大嫌い。」と一人の介護職の女の子が言っているのは何年も共に働いて来た同じ介護職の青年のことだった。

はたまたある時は言われている男性の方が「あの人は真面目過ぎる。だからキレやすいんですよね。」と言う。

でも、あなたがた二人はとてもよく似ている。

人に合わせることが得意だけれど中々人に心を開かないところや秘密主義なところ。声を張らないところ。寂しがり屋なところ。
静かだけれど、何か計り知れないものを持っていて人を恐れさせるところや、それなのに子供のようなところ。

真面目なところもガチだけど、性根がやんちゃで思い切りが良い。

冷静でやきもち焼き。大人で我慢強くそうそう弱音を吐かず一人で静かに耐えるところ。

そう言えば誕生日も凄く近いんだよな。

同じく声を張らずいつも冷静で、でもやんちゃな人物像に近い位置にIちゃんという人も居るが。

ああ、そう言えばIちゃんも誕生日が近い。

そのせいか、三人ともどこか似ている。かといって交わることはないのだけど。

三者三様、心理学やって来たわけでもないのに、心理学的なことをよく口にしている。

沢山のことを考え、でも、人に押し付けず、一人で結論を出す。

話せば良いのに。今私に話してくれていることを。

表現が違うだけで同じことを言っているよ。二人だけのときだけだけど。

それも余計なお世話なわけなのだけど、これだけ強くて優しいと、もはや群れる必要もないのか、あるいは無意識に同種の匂いを感じているのか、この三人が交流しているところをほとんど見たことがない。

たまたま休憩中に狭いスペースで出くわすとそれぞれ別種の獣が集まったかのようにしんとして。しかし、同じ空間でタバコを吸っている。

あまりもの重厚な沈黙に何か話したいなと思ったのだけど、誰に話しかけようにも、どれもプライバシーの侵害になってしまうので戸惑ったが。

何となく口を開いて野球の話なんぞをしてみたところ、お一方が乗ってくれて、その後、沈黙の天敵みたいな関係同士が「どこ出身?じゃあ、広島ファン?」と質問を投げかけて、「いや、違います。自分はどちらかと言うと・・・etc」と語り合い出した。

私がここに来るずっと以前から居た仲間同士だろうに、出身地や野球の好みなど、今かい!というような話題が続いたが。

それがきっかけで他の話もぽつりぽつりとこぼれて来る。

私は個人的にも特に好きな人々なので何でもないこんな出来事が嬉しかった。

好きな人々どころか男女問わず親密になり過ぎてんじゃないのか?ってほどの付き合いにもなっている。どう表現したら良いのか分からないのだけど。
相手も私も沢山のことを話す。
休憩時間など短い時間や、たまに外で杯交わすこれも短い時間だけど何か月も経つ間にそうなった。

と、ここまで、私だけが知っているその人って話ってニュアンスの話だったが。

やがてそれぞれが「案外ぬけてるの、この人。この間なんかね・・・」と私の話を持ち寄り出した。

「私のときなんかこういうことがあったよ。」とか最終的にさらしものにされていたが。

笑いの中でそれぞれ自分が知っている私の話は結局三人とも「知ってる!」と一致していたようだった。

大ボケというところで共感されて心外だったが、私以外の三人がまんざらでもなさそうに親しく話しているのがただただ嬉しかった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

月が見えない夜にも

いつぞや楔や杭やら釘を打ち込むという話をしたのだけど。

で、確かその時、杭を打っても良いということを書いたような。

何故あんな言葉が出たのだろう?と今思い起こせば占いの一節がしっくりきたというのもある。

けれども、さらに言えばその文章の中に出てきた例え思い切り打ち込んでも耐えうる、しかもその打ち込みを歓迎すらするほどの強い基盤を持った人々がいるという文章のニュアンスに現状がリンクした。

どんなボールでも取るというその硬くて柔らかくて強い基盤がそのまんま人物になったかのような。

そしてそんな基盤に打ち込むのだとしたらそれはそれ相応の覚悟がいるのだという話。

半端な杭や釘なんて歯が立たないから。

スケールは違うけれど、つまらないゲーム的交流をする人たちのことが気にならなくなった自分。

それは自分にそれが刺さらないからだ。幼稚な意地悪を受け取らないということ。

けれども、あの人は、そしてこの人は、私が向かって自分自身に杭を打ち込むことを手伝ってまでくれる。

もっと来い、もっと思い切り向かって来て欲しいと。

ネガティブなものもポジティブなものもみんな愛として受け止めてくれる。

今日はその凄さをうっかり忘れて失敗した日でもあった。

何せ思い切り突き飛ばしたら跳ね返って来て気がついたらどっぷりはまっているという。

放った力の分だけこうなるのだということをすっかり忘れていた。

あの人もこの人も私よりも一回りほどは若い。

それなのに恐るべし包容力。

いったいどんな人生を送って来たのだろう?とびっくりするのだけど。

こんな感動に気が付けるのは、30代のある日、自分の小ささを知り、素直に人の素晴らしさを感じられるようになってからだった。

*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。



ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする