2018年02月20日

やばい

9度代から下がらなかったのは初日の6〜7時間だけだったのだけど、何せ症状が出るまでがじわじわと何日もかかっていた。

ヘトヘトだったのと、頭痛が辛かったのとで体温を測るたびにイライラしていた。

これだけ熱発すればもっとぼーーっとして過ごせるのかと思っていた。

「そんな。イナビル吸入したからってそんなに早く治るわけないでしょ。いいからあきらめて寝てて!」とkにも怒られる。

だって辛いんだもん。

「普段滅多に寝込まないからほんとに慣れてないんだね。」

そうかも知れない。だいいち、保険証使うこと自体が10年ぶり以上かも。もう覚えてない。

「あとね。ほんと、せっかちなんだよ!やることが多いのは知ってるけどお願いだからこの一週間だけはあきらめて!」

もう動く度に次々と色んなネタで叱られるのであきらめてじっと耐えている間に解熱したのだが。

3日目に至る本日ですらまだだるい。

何でかな?トイレ行ったり、ちょっと何か食べるだけでクラクラしたり、ある時は汗びっしょりになる。

「何でかな?じゃなーーいっっ!インフルだからって何回言えば分かるの?!動くな!何で他の人にだけ良いナースなの?自分を救命しろ、自分を!」

いやあ、仰る通り。慣れないもんですみません。介護士さん。

これだけ連日怒られればもう怒られるネタはないだろうと思っていたのだが。

汗をかいたので着替えていたところ、またしても「何で?!」と怒られる。

え?今度は何ですか?

「何でインフルで臥せてたのにシックスパックが出来てるんだよ!!!」

え?シックスパックって何ですか?

「腹筋。それも完璧なシックスパック。それ、筋トレするだけではそうそう出来ないの。」

あ、ああ。。。数年前にもありました。

咳のし過ぎで割れてしまうんです。

知らなかった。インフルと闘うことでも筋肉出来るのね。

****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 18:19| Comment(0) | 美容&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

何事も経験(?)

微熱が時折「え?」というくらいの高熱になることがあり、またしてもインフルチェックをするものの、結果が陰性だった日々。

しかし一昨日の夜中生涯で一番じゃないかと思うような悪寒戦慄。

Kがいてくれてほんとに良かった。

翌日がたまたま休みだたのだけどカウンセリングは立て込んでいた。

でも39.8とかお風呂みたいな体温。(汗)

「今度こそインフルだよ。病院へ行こう!」

いや…勘弁して下さい。起き上がれません。水にも触らないし外気にも触れたくない。ゾクゾクする!

そっとしておいて欲しくて激しく抵抗。まじ無理だから。

もちろんインフルだったら抗生剤飲もうが寝てようが治らないってのは分かるけどほんとに辛かったから。

しかも隣の駅の病院まで連れて行こうとしている。何で!?

「かおるちゃん。今日は日曜日だよ。」

な、なるほど。

「日曜日でも治療してくれるところでネット予約出来るところ見つけたんだよ。あと20人待ち。あと3人くらいになったら起こすから寝てて。」

……。あと3人の時点でこんなに離れたところから出発してどうやって間に合うんだろ。

疑問に思いつつも眠りに落ちたのだけど「もし起きれなかったら予約取り消すまでだよ。」という声は捉えていた。

そして2時間後、立つのがやっとの私はショールやらダウンやらでぐるぐる巻きにされ、Kのチャリの後ろにくくりつけられ疾走されていた。ぎゃああああー!

「許せ!この辺は一通が多いからタクシー呼ぶとあほみたいに時間がかかるんだ!」

着いたクリニックの先生はテレビで見たことある人だった。

そんなことはどうでも良いけど結果はインフルB陽性。

出たよ。生涯初めてだ。

今までどんな感染症の中でナースやって来ても免れていたのに。

処方が出るなりあっという間に自宅へ連れ去られすぐに臥床。薬局で吸入薬を貰って来てくれたK。

娘さんの卒園式前。謝恩会の打ち合わせがある大事な日だったというのに私のせいで1日振り回されていた。

現場はくしくも最後の感染者である利用者様がめでたく隔離解除された日だった。

まさか自分が最後の感染者になるなんて。

でも良かった。あらゆる手を打ってみんなが治ったり罹患してない人たちを守れたその後だったから。

「良くないよ。あんなに感染部屋の人たちの世話をして…。ほとんど殉死だよ!」

いいえ。死にません。

吸入後1日で解熱したし、まだ身体がガクガクするから隔離期間守って5日間は静養するけど。
****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 14:49| Comment(0) | 美容&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

浄化

謎の発熱、またしても。

高熱ではない丁度嫌な感じの微熱なのよね。37,7くらいか。

再びインフルテストを連日やってみるものの、陰性だし。

単なる感冒疑って抗生剤使っても今一なので、花粉症が酷くなっているのでそちらの炎症かも知れない。

と、そんな折、人が仕事をしている間にKが引っ越しをたった一人で終わらせたと言う事態にビックリ仰天した。

冷蔵庫は?!洗濯機は?!

・・・・・。そか。一人でか。あなたならあり得る。

私と体格がそうそう変わらないのに何たるパワー。そんで普通に翌日出勤しているし。

「照明だけ二つ選んでくれる?」とつれて行かれた家電。

オーブンだとか空気清浄機だとか暖房だとか。

他にも色々あるけれど「疲れたでしょ?先に帰っていて。」と。

確かに体調よろしくないので疲れはするが・・・。一人で引っ越しした人のセリフとは思えない。

しかし、言葉に甘えて臥していると、家電で台車を借りて来たらしく大きな荷物と一緒にKが帰って来た。

またたく間にテーブルの上に足台を重ね、照明を設置していた。

あー、なんだこの役に立たず感は。

それに引き替えKは仕事にすら穴を開けず普通に働いている。しかも、あの仕事内容。

まあ、とりあえずは早く治そう。
****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(1) | 美容&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

開通工事

生きていると色々と面倒だったり大変だったりすることがあるもので。

面倒臭がりな私は変化が嫌い。

けれどもそんな夜、私が新しいスタートを切るために必要な書類を夫が全部用意してやって来てくれた。

あいかわらず几帳面で丁寧な段取りで、下書きまでしてくれていた。

強く強く握手をした。

あとはそんなことはしなくても良いという心尽くしもあり驚いている私に「いやあ、もうこれを持っていても仕方がないから。」と。

しかも今後してくれようとしてくれていることについても予告して「それが終わったらまた教えるね。」と。

****

長いこと固い山にトンネルを掘っていたらしい。

途中で「なんでこんなことをしているんだっけ?」と目標を忘れてしまうくらい長かった。

けれども今は過去の自分にお礼を言いたい。

トンネルを掘ってくれたおかげでとても楽だよ。見渡しが良くなったよ。好きなところへ行けるよと。

その経過には色んなことがあった。

それは私にだけ分かる苦労と喜び。

今思えば全てが素晴らしい出来事。

だから、このトンネルは自分だけでなく皆に使って欲しい。

もっとも誰もが一つ以上は自分で掘るしかないトンネルを持ってはいるものだけど。
****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

凍りついた類型論

プライベートなことについて誰かに話しておきたいなーと気軽に思っていたのだけど月日は過ぎた。

というのも、プライベートなことだからできれば親しい人や信頼おける人に話したいと思ったわけだが、そういう親しい人々というのは先方からも色んな話を聞くわけで。

そうするといつもいっぱいいっぱいで隙間がありそうにない。ついつい聴く側に回って終わってしまう。

けれども、とあるセッションが終わったそのあとで「もう少しいい?」と二度三度となくステイしてくれている人がいて私もその時間を楽しんでいた。

この人に話しておきたいなと思ったのはその人だった。

が、失敗だった。

その方が悪いわけではない。

私の分かって貰いたい欲が失敗だった。

それよりずっと以前に仕事仲間の素晴らしさを話した際に「体育会系の人ってそうなんだよね。」と、”体育会系の人”の話に持ってかれたことを思い出す。

いや、その人が体育会系とは一言も言っていないし、第一その人の素晴らしさはそんなところに治まらないと慌てて説明しようとしたのは何だか言い知れぬ窮屈さを感じたから。何かに閉じ込められているような。

それを思い出したのは約一年前のその時とほとんど同じことが起こっていたから。

「わかる、わかる。」と言われる。いつも「あー、わかる、わかる。」。

「私も先生も親にゆがんだ愛情をぶつけられていたから・・・etc」

いや、その人の素晴らしさや私がその人のユニークさに感動しているということに関して、大昔の親の愛情の向けられ方は関係していない。

それだからその人に好感を持っているわけではない。

どう言ったら良いのかなあ?と思っているうちに「今はまだそういう早い時期だから云々」とまとめられてしまった。

わかった、わかったと言う言葉と「私はこうなると思っていたよ。」の繰り返し。

こうなると思っていたの”こう”というのが・・・それ以前に手前の人物像も話の趣旨も違うのでどういう”こう”なのかも分からないが。

”知っている知ってる、そういう人はパワフルなんだよね”とご自身が知っている人物像の中に収めようとしているけれど、あの人に限らずおそらく多くの人があなたにとって知らない人、初めての人。

誰にとっても私にとっても初めての人。

けれども人は分析と類型論が大好きだ。

そして切り取ったりまとめたりする。安心したいから。

あー、ダメだったなー。普通に聞いてもらえるとたかをくくってしまった。相手にとって辛い時期で、普段よりもずっと考え方に緊張が走る時期だったのに。

「もう一本良いですか?」と言うときはもちろん自分がお話ししたいから。

一転してばたばたと慌てて身支度をする彼女に悪いことしたなー、ごめんね、向こう見ずな期待をしちゃってと心でお詫び。

****

誰にも知っておいて貰わなくて良かった。

ただちょっと話したかっただけ。

愛することと愛されることを教えてくれた人たちのこと。

そして受容のなんたるかを、やって見せてくれた人たちのこと。

ただ、この素晴らしさと敬意を大事に胸に抱いていれば良かった。

同時に自分は何も教えて来なかったのだなあという力不足も感じた。

あの人ならばもっと情熱的に訴えているだろう。私のようにがっかりしたりせずに。

****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

平等なもの

前日の続きであるかも知れないけれど。

日本人女性には弱いのが可愛い信仰があったりする。

実際に自分よりも劣る女性が好きだという男性が多いのかも知れないけれど、そういうふうに優越感に浸れる相手を探すやつってどうせろくなやつはいないんだよね。

でも、若い頃はそれが可愛いなあと思う。

ところがその延長で40、50になっても何かができないことや弱さを売りにしている人がいると周辺が多大な迷惑。

なんたってその人の代わりに全部のことをやらなければならないのだから。

病気や怪我で注意を引こうとする人、自分が一番不幸だということを説明したがる人。

もしかしたら多少なりとも誰にでもあるのかも知れないが、そこだけを頑張り力を注ぐのだとしたら、それはもはや病的だなと思う。

その頑張りを他に向ければその人はずいぶんのことが出来るようになるというのに。

何だかありえない声を出して「女子会をしましょうよ!」とか「でも、だって。。。女の子としてはね・・・」と言ってくる50代の人に鳥肌が立ったりとか。
*****

とは言うものの発達不全的なことは例外なく私にもあり。

例えば人間関係でうんざりして大人げなくむっとしたりすること。

でも、そういったことをこらえてしばし一緒に仕事をしていると、その人にしかない良いところが山ほど見えて来たりする。

かつて、いやーーーな思いをしたことがある相手と、今日心から笑い合えたとき、自分の嫌なところも見えて来た。

そう、笑顔って大切。

そして自分だけが辛いという考え方も禁物。

成長するチャンスは誰にでもある。

私は多分、その成長を拒否することに力を注いでいる人が嫌いなのだろう。

時間だけは誰にでも平等に訪れる。

問題はその時間をどう過ごすか?ということ。
****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

幼い は 醜い

インフルにかかっていない人でも何となく具合が悪くなってしまうこの時期。

私も突然熱を出したが連日テストはマイナスだった。

そして施設では最初に感染した方々が軽快して行く。

そんな最中、下痢・嘔吐をする方が現れて真っ青になる。

何せ特養での管理職一年目。何もかも初体験の中のインフル騒ぎでギリギリいっぱい。

まあそれは私に限ったことではなく職員皆がギリギリ精一杯なのだけど。

でも、とにかくこの上でノロが発生したら目も当てられない。

焦るのだけど感染対応だけは行った後、落ち着いて観察すれば大丈夫ということが分かった。

で、一番悲しいのはこういうときに一番困らせてくれるのは同職の方。

人生の先輩でもあるのだけど、一般人レベルですぐに救急車を呼ぼうとしたり、嘔吐しただけで誤嚥もしていない人の吸引をしようとするので刺激を与えられてまた吐くとか。

「かわいそうだから吸引する!」という根拠なく苦しめる行為。

ナースが焦ると皆が巻き添えを食らうのよね。

仕事は全てのことがおぜん立てされていなければやろうとしないし、すぐに誰かに責任を押し付ける。

その原因も分かっている。

プライベートも仕事でも、何一つ自分で責任を背負ったり、成長として来なかった人というのは存外に多い。

その理由が資格というものに甘えていることが原因だということも。

正しいことを言われれば泣いて相手を悪い人に仕立て上げ、通用しなければ逃げる。

残念だけど、そういうナースさんをたくさん見て来た。

けれども悪いところばかりではないので、なるべく好意的に見ようとする私の半端な態度が良くなかった。

残念ながら、少なくとも医療とか救助とか看護の場面では正しいことは一つに絞られるから。

そこが守られないのだったらプロである意味も資格を持った意味もゼロだから。

けれども、みんな人間だから。

嫌われる勇気を持つというのはなかなか大変なことだと思う。

けれどもね。

幼いままってのは、可愛いどころか、年をとればとるほど醜くなるんだよ。

幼いまま、誰かに甘えて何事にも奉仕せず、成長もせず、何事にも向き合わずプライドだけが高いだけ。

自分のことばかり考えて、思いやりが欠如した人のおせっかいはぺらっぺら。誰が見てもいびつな人になって行く。

例えば具合が悪い人にすら「自分はもっと具合が悪いから、これをお願い。」とか。

もはや誰が見ても異常と分かるほどの人になって行く。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

オリジナリティなアファメーション

物理的にも心理的にもだけど。

対人距離というものがある。

そう。パーソナルスペースって大事。

少し話は違うけど、私は台所に立つとき、背中にスペースがないとダメだ。

あと少なくとも両手を広げた範囲内くらいは左右に動きたい。

料理しているときに関わらずそれは普段何をするにしても同じ。

例えば比較的興味深い相手や好感を持っている相手ですら距離を詰められるとしんどい。物理的にも心理的にも。

じゃあ、そういう人間は寂しいとか人と触れ合いたいという欲求が皆無なのか?というとそうでもなく、要するに時と場合なのだろう。

心理学では幼少期にその欲求が満たされていると人との距離が上手に保てるが満たされていないと大人とは思えないほど他人にぬくもりや庇護を依存的に求めてしまう的なことをよく唱えられているけれど。

私の場合はその逆で、安全ではないことに自分で対処しているうちに慣れてしまったというのがあるかも知れない。

というか、べったり寄りかかって来る人、もしくはべったり寄りかかれと言う人、両者ともろくな人がいないからだ。なんたってそうなった根源が先の理由ということでは一致しているし、何よりいい歳になるまでそれをそのままにして来たということだから。どんだけ自分を見つめないの。何が寂しいだよって話。

とは言うものの、私のそれは多少パーソナルスペースが空きすぎている。

何でこんなことを思うのか?というと相手が何もしていないのにイライラすることがあるから。それも好感を持っているのにも関わらず。夫にもそうだったよなー、ずっと。

やることが色々あるのにも関わらず半ば羽交い絞めのような距離に来たり、ほとんど数センチの距離でじっとり見つめるKにある瞬間ブチ切れてしまうとか。

ブチ切れるってことは相当我慢していたんだろうね。自分でも気が付かなかった。だって自分が言っていることがおかしいって自覚しているもんだから、ついつい我慢もしてしまうの。

「いつも我慢はしないでって言ってるでしょ?」とよく言われるのだけど、ブチ切れる瞬間まで我慢だと思っていないわけだからしてそれはなかなか難しい。

でも、一度口に出してしまったものは、最後まできちんと説明する。こうして説明するまでは、誰が興味あるの?こんな一個人の性質になんて。逆の立場だったら勝手にしろと思うだけだから。

すると、その後のKは「圧迫感ではなく優しさを与えることを誓います!」と何度も宣言している。

・・・・・・。アファメーションですか。

「アファメーションって何?それ何?まあ、いいや。とにかく!圧迫感ではなく優しさを送り続けることを誓います!本当です!いやあ、よく冷たいって人に言われて来たんだよ。」

どこが冷たいんだよ。

冷たいのは私だよ。冷たいだけでなく限りなく自己中でわがままだ。

けれどもどうにも出来ない。

「うーん、なんか難しくて分からなくてごめんね。でもとにかく物理的にも心理的にもくっつき過ぎて圧迫感を与えるのではなく!優しさを・・・」

もうわかったから!

素行のやんちゃさや度胸はともかく心根が優しかったり心が美しい人と接しているとつくづく自分の身勝手さが浮き彫りになる。

でも、今まで好感を持った人たちというのは全員もれなく、あからさまに自分の正当性を長々と説明する人ではなく、静かに静かに正しく美しく、他人に振り回されない静かな炎のように熱く強い人ばかりだった。

そして私はまた憧れている。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

全てのこと

忙しかったり、インフル騒ぎの恩恵(?)をもれなく被って体調に異変を感じたり。

そうこうしているうちに花粉も始まり。

状況としては最悪な中、Kとしては引っ越しを進めたいものだから再三私に住民票をとって来てくれ、「でもやっぱり自分が代わりに行って来る。市役所の場所は。。。マイナンバー登録は?」等色んな質問を日々して来るわけだが、上記の理由でそれが非常にうるさく感じてヒスを起こす。

「いや、いや、いや、ごめん。早く温かくて静かなところでゆっくりして貰いたいから焦っていただけ。」と詫びてくれるのだが。

私がいつも言うのは「今!今を苦しめるな。今日焦らせないで。」ということ。

ほんとに少しでも寝ないと、これ、やばい、って日々が多すぎるんだもん。

が、Kのペース、私のペース。このどちらに偏ってもダメなのだろうなあ。

保留にしていることが山ほどある。

けれども今やらなければならないこともある。

そして多分なのだけど、まだまだこの先色んなことが起こるわけであり、それは人間一人にはコントロールできない。

ただ言えるのは、何が起こっても心から信頼できる頼もしい人々が居るということだけ。

これまでも、これからも。

これは私ごときに天がくれた最大のプレゼント。

というわけで、プロセスと結果、全てを信じて休むときは休む。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 美容&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

ペースメーカー ピースメーカー

「頑張りすぎている。」とKとTによく言われる。

それは彼らに限ったことじゃなくて仕事をしているときによくよく色んな人に言われて来たことだけれど。

何十年もそうして過ぎてしまい、でも、考えてみれば各時代の自分に感謝したい。

おかげで今それなりに知識や経験が繋がっているわけだから。

とにかくやらなければそれは経験にならないわけだから。

一方で言うだけってのは本当に簡単。

KやTは私より一回りも若いのにそれが出来ている人で凄いなあと思う。

一方で他の人によく思うのは・・・・愚痴ではなく案を出せ。

何か通常でないことが起こっているときこそその人の性質が出る。

その本質は普段何も起こっていないときにコツコツと積み上げられて来たもの。

なので何もない人ほどよく騒ぎ、怖がることに時間を費やす。
*****

で、今回思ったのは仕事とプライベートの両方を観ているKとTに並々ならぬテンションで言われたから。

どうも普通の人が「無理するな」という場合とは様子が違う。

「今の時間帯はだらーーんとして!」とか「そんなことは他の人にやらせれば良い!」とか具体的に言われると、なるほど普段から力いれっぱなしだったのだなと自覚する。

ここも変えて行かなきゃか。

やること山ほどあるのに。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 美容&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

看護PJその他もろもろ

ああ、まただ。いったいどこまで広がるのか、インフル。

敗け勝負と分かっていても闘っているうちに初期にかかった方々がそれなりに治って行くので、あながち勝利と思って良い場合もある。

勝ちをとらせて救う。

それの繰り返し。

頑張ろう。でも人数が多すぎる。

そんな中外行事の看護プロジェクトにも出席しなければならない。

それは少々遠出してやる会議なのだけど。

Kが「終わる頃、その駅に居るから。」と。

・・・・。なんで?

「住民票取りにK市に行こう。」

きゃーーっと思う。や、休みたい。せっかく早く終わる予定の会議なのに。

が、私のペースで行くと、何一つプライベートのことが進まないのも分かっている。

その他にも混乱を極めること多々あり。

やらなければならないことが目白押し。

なのだけど、はい、いつものペース。

一つ一つやって行こう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

冬の新宿

また一人インフルの方が増えて、しかもそれとは別にまた職員の方にも一人発症。

困るは困るのだけど、こればかりは止められない。

予防接種もその他の予防対策も万全だったのだけど隙間からいくらでも入り込むウイルス。

****

そんな中、Tとの約束の日はやって来る。

私は大抵いつも、そう幼い頃からとりあえずは今のこと、今日を生き延びることを考える習慣がついている。

それは当時それは一番重要で命に関わることだったからだろう。

けれども大人になって、その日にどうにかなるという心配が無くなってからもその傾向が抜けなくて。

今はそれほどでもないが、ずっと生き急いで来た気がする。

で、それほどでもない今も「9月には」とか「次の自分の誕生日には」とか「来月は・・」とか話されると頭が真っ白になるとまではいかないが。

少なくとも「なんだってそんな先のことを・・・」と思う。

そんな先のことなんて分からないよ。今が大事だよと思う。

「先が見えない。」という人がいると「何をあたりまえのことを言ってるんだ。誰だって先のことなんて見えないよ。だから生きてみるんだよ。ばーか。」と思う。

どうして先に答えが欲しいと思ったり、先に保障がないと何も行動できないなどと甘えたことを言うのか。怠け者め。

その時々で頭と体を使って対処するというワークが生きることじゃないか。

と、そんな感じなので、約束の日が来ると少々ほけっとする。

この人は約束を守るのだなあ・・・出会ってからずっとそうだなとそのまま思う。

そしてまだ約束がいくつか残っているというのに「来月はさ・・・」とまた約束を増やしていく。

「ねえ、ずっとこうしていようよ。ずーーっと。」

出会いたての頃も「は?」と思ったのだけど、何故にそんな儚いことを言うのだろうと思う。

しかし、月日が流れるごとにその人の言動を見ていると・・・「育んで行こう」という言葉は本当だったのかと知る。

なるほどこういうペースなのかと。

着実に。確実に。

大きなことばかりを言うとその他にも思うときがあるけれど。

嘘がなく、思ったことしか言わないその人との冬がある。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

もうすぐ

はい。

今だにインフルとの戦い、インフルから守る日々が続行。

そんな中、Kが引っ越しの話を持ちかけてくるので「勘弁。今日はその話、無理。」ともなるわけで。

毎日頭痛がしていっぱいいっぱいなのだ。気持ちだけは明るいけど。

けれども、そういっていると仕事で一年中動けないので、どこかで少々頑張らなくては。

仕事で疲れていても鞭打って基本的な生活を整えなくては。

しかも、引っ越すと言ってもKにとってはすぐそこのマンションだしな。下手すると自力で運べる。

****

寒い日が続くが少しづつ日が長くなり空気に春の匂いも混じっている。

何もかもが大きく変わって行く。

私はわずか一年前の桜をよく覚えている。

綺麗で豪華だけれどとても悲しい桜だったことを。

その前の年の桜も美しく悲しかった。

でも、経験と共に全ての景色や色や思い。変わり無きものがあきらかに違って移る。

とある本の背表紙。

”ごらん。世界は美しい。”

本当だ。世界はとても美しい。

心がクリアになったらば。

*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

インフル戦争 その2

で、数日が経過したがインフルまだまだ流行中。

新たにかかる人が増えて行く中、治療薬としてタミフルを飲んでいる人と、希望で予防薬として飲んでいる人がどんどん増えて行く。

毎日自作のリストを作り変えて管理しているという。

同じ薬だけど投与回数が違うだけ。

けれども介護の世界なので、朝昼夜のどのタイミングで薬を飲むかというのも一人一人違う。

さすが特養。

が、一つ良いことが。

初期にかかっていた人たちが段々良くなって行っている。

あたりまえと言えばあたりまえのことなのだけど、死者が出る病院や施設もあるわけだから、やはり治ってくださって嬉しい。

最初はインフルエンザの方を出さないという目標があったのに、次は一日も早く治癒して貰うことになり、しまいには死者を出すもんかになっている。

目標が下がっているとは言えまだまだ長期戦。気をひきしめて頑張ろう。

*****

ご家族や利用者様や医師や薬剤師さんとのやり取りと、ナースさんたちとのやり取りと。

肩がバリバリ頭がパンパン。

そしてカウンセリングでもインフルにかかられたとのことでお会いできなかった人もあり。

私にとってインフルの実害とは会いたい人に会えなくなることと、実質仕事が滅茶苦茶忙しくなるということ。

が、眼に見えないものと闘っているのはいつものこと。

今回も頑張ろう。

そして勝つ。

*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

心にも新居

自分でも思うのだけど、ふと気が付いてみれば複雑な人と親しく関係が深くなるものだなあと思う。

その人々は皆普通の人々に混じって普通の人々に合わせてうまく生きている。

けれども過去の話を聞くと『ああ、なるほど。どこか肝が据わっているはずだ。』という経歴の持ち主ばかり。

「普通ひくよな?」と言いつつも私に話してくれるのは何故だか私がその手のことでひかないと感じとっているからだろう。

Kもそんなうちの一人。

つくづく変わった人だなと思う。

よくお住まいに呼ばれ出入りするようになって久しい。と言ってもその出入りするようになった理由が非常に強引な場面が沢山あり、「何?!その情熱?!」とさすがに私も引くような出来事が何度もあったあとだけど。

水の出が今一だけど、それでも一人暮らしなさるには不便がなかったそのお住まいを「ねえ、引っ越したいんだ。」と定期的に何度も言うので「いやいや、自分の家なんだから引っ越したいと思ったら引越せば良いやんか。」と答えていたのだが。

ちょいちょい「いや、そういうことじゃなくて・・・」と言われ続けて来た。

しかし、この忙しい最中、とうとう「ちょっとそこまで付き合って。」と自宅のごくごく近所に案内された引っ越し物件。

綺麗なところだった。

私がもし一人暮らしをしていたならば前のところで充分だと思ったのだけど。

そして今回の物件も数字的には前のところと変わらない間取りのはずなのだけど、ゆったりして感じる。水回りも良い。エネルギーも良い。

何よりキッチンでのびのび動ける。

いいんじゃない?と答えているのに「そうじゃなくて。かおるちゃんは自分が住むとしたらどう考える?」と言葉をさえぎって来る。

「一緒に暮らそう。」と。「好きに使って欲しいんだ。」と。

ちょっと待って。

半分分かってはいたものの、受け入れられない急変。

ただでさえ変化が多い時期が続いているので頭が真っ白になる。仕事も忙しい。

ちょっと待ってと言いつつも、多分事態はまた動いていくのだろうなあ。

スーパーが真隣にあるところ。

すぐそこにあるところ。

いきなり話はぶっ飛ぶのだけど、人にどう思われようと自分が最高だと思う幸せならばいとわないと思う私。

それでも、まだ私の人生脚本の中の不幸信仰の部分は抵抗するのだろうか?

幸か不幸か、今はそれを考える暇すらない。

物凄く大変なのだけど、やはりよく出来ているのかも知れない。全てが。

私は悪人です。そして善人でもあります。

私は明るくて、同時にダークな部分を持っています。

これからもその世界は広がって行く。多分。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

インフルエンザと闘う人々

世の中でインフルが蔓延しているので病院や施設でも比例して増殖するのは仕方がないが。

施設では初体験の対応なので色々事情が違っていて大変。

なのだけど頭をフル回転させて頑張る。

そうするとあくまで副産物なのだけど、普段はこの部分はどういうふうにしているのか?とか色々なことが分かって来た。

ついでに慣習崩しみたいなことも自然に起こすしかない場合もある。あくまで自然に。

職員の安全も大きな問題なのだけど看護も介護も危険手当なんてものはないのよね。

一名だけ罹患したのだけど、これは施設内かどうかは分からない。

TもKも戦々恐々として色んなところで発生する問題に取り組んでいるので昨日は軽く口論に。

けれども「言ってくれてありがとう。言ってくれる人がいなかった。」と最終的に言われたり仲直りしたり。

それはこちらも思うことなのだけど、要するにお互い様。言われるの嫌いでしょうに。(笑)

それでも耳が開いているので最終的には分かりあえるし自分のこだわりに固執しない。

とても大変だ。へとへとだ。

けれども、強まる絆というものもある。

この辺りで壊れるものがあるとしたら、それはおそらく最初からダメなものだったのだろう。

それで思い出したのだけど。

今回に限ったことではないけれど、自分に正義があると思うとすぐ他の人々に切り口上になってしまうT。

それに対して「これが分からないならもう良い。私に人を見る目がなかったと思ってスッパリあきらめる。」と私が切れる場面もあった。

するとすんなり詫びてくれた。頑固だけれど一旦納得すると早い。

その態度を観てこちらも感じ入るところがあり、”こちらこそごめんなさい。あんまり言うとあなたの良いところが損なわれるから余計な口出しをしないようにする”と伝えたら、T曰く「それで損なわれるの良さなら俺には必要ないから何でもハッキリ言ってくれ。」と。

それに対しても曖昧な返事をしていたのは本心ではぶつかるのが嫌だったからなのだけど。

「言ってね。誰も言ってくれる人がいないから助かってるって言ってるでしょ。」と何度も確認して来るので。

そんなふうに周りを怯えさせてるのは自分でしょと言って笑った。

***

ところで・・・。罹患する可能性、今度の今度こそゼロではない。いくら私でも。

その時は色々とごめんなさい。

お会いできませんです。

皆さんが健やかにお過ごしになっていますように。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 15:13| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

大好きだよ その10くらい

そうして翌日Kは夜勤明けだというのにわざわざ立川という遠方まで私の財布を取りに行ってくれた。

今日びよく本人以外の人に渡してくれたものだと思うのだが、同じ職場だということで保険証を見せて押しの一手で貰って来てくれたそうだ。

中身も本体も無事に丸ごと返って来た。

しかも、人の勤務中にタバコと頭痛薬まで買って再び現れた。

お願いだから寝て。

もううかつに愚痴をこぼせない。

何故ならば雪が降れば徒歩で最短距離の道案内だと称してこれまた夜勤明けで施設まで送ってくれたり。(今夜勤から帰って来たばかりでまた行くんかいっ!)

昼ごろに「調子どう?」というので仕事の調子だろうなー?と思い、インフルエンザが蔓延しているのでこれから○○医院にタミフルを大量に貰いに行くのだけど道に迷うだろうなー的なことを言えば15分後に施設の玄関に居るのでビックリする。ただ施設から医院に行くまでの道を伴走してくれる。

「あとは?」

・・・。ない!何もない!ほんとに何もしなくていい・・・。

と言っている途中でくるりと背中を返して去って行くので「自転車は?!」とその背中に叫ぶと『帰りに乗って来な。』と聞こえるか聞こえないかの声で言う。前を向いたまま。

そう。朝はびしゃびしゃの雪が降っていたので徒歩で来たのだが、その時には晴れていたので乗って帰って来いということだろう。自分は徒歩で20分ほど歩いて。

今日も色んなことがあって色んな山を越えなければならなかったのだけど、節目節目で驚かせつつ全てを頑張れた。

そういうと『何言ってんの。いつも同じようなことしてくれた人が居たでしょう。』と微かに口の端をあげて笑う。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

LOST & GET

皆に会えたトレ会の帰り道。

この日も皆でピザを少々食べて解散。

そして前日にビーフシチューを煮込んで合ったので帰ってから作る必要もない。

意気揚々と帰路に着こうと思ったのだがイチゴ&レモンのジャムを作ろうとずっと考えていたことを思い出す。

あ、そういえばバターが無かったんだとか。

なので紀伊国屋に寄ってバターとパンを買う。なんでここか?というと改札から近かったからだ。

そしてその真ん前にあるハピマルシェという八百屋に寄りレモンを買う。

私がその時ガラガラと引っ張って歩いていた可愛いトランクは、Kさんがコーディネイトしてくれた古着が沢山入っている。

そりゃあもうウキウキの夜だった。

ところが。

ハピマルシェを出たあと、荷物が多いので今しがた買い物したものをそのトランクに入れてしまおうと考えた私。

往来でトランクを横にしてオープンにしたのは良いが。

・・・・。ダメだ。入らない。可愛い服やトートバッグでいっぱいだ。

残念だけどウキウキして閉める。

その後モノレールと西武線に揺られてしばらく。

使命を果たして来たKが帰って来たのでその嬉しいトランクを自慢したそのあとだった。

Kが私が行っている美容室の名前を教えてというので財布からカードを出そうとしたのだが。

財布がない!

いったいどこから?!

もう、人生で一体何回これやるの?私!あほか!

どこで?どこで?いったいどこで?

バター買って、レモン買って、そのあとは出していない。

家の中をウロウロして、下げて来た紙袋やトランクや、しまいには冷蔵庫や。

わーん!どうしよう。

あの財布はKがプレゼントしてくれたオロビアンコだよ。外側だけでも返って来て欲しい。

そのパニックの私の横で「大丈夫。大丈夫。きっと返って来るよ。」と言ってくれ、自己嫌悪にさいなまされ「ほんと同じようなことくり返すよなー。」と呟けば「大丈夫。自分はラーメン食って鞄を丸ごと置いて来たことがある。」と言ってくれる。

Kが言うことは全部聞こえている。朦朧としていたけど。

そして結局はハピマルシェにрオた。

22時過ぎに通じるわけないよなーと思いきや、働き者の店長さんが出て『お財布の特徴を教えて下さい。』と。

そして『ああ、間違いないです。自分がこの駅ビルの事務に届けました。事務室に直接かけて下さい。』と。

凄く嬉しかった。感謝した。

「ね?大丈夫でしょ?」というK。

仕事があるので明日の夜にでも取りに行こうと思いきや、「いや、私が明日の夜勤明け午前中のうちに取りに行ってやる。早く安心したいでしょ?」。

他の人でも良いのか?と思いきや、私のパスポートを持ってくれば引き渡してくれるそうだ。

そんな出来事がありの一夜が明けたが。

私が出勤するのと入れ替わりに夜勤明けのKが立川へと出かけて行った。

あの。。。やっぱり良いよ。夜に行くから・・・という声かけはむなしい。

決めたことはやるし言ったことを絶対覆さないんだよな。

寝てないのに、ケラケラ笑いながら「待っててね。勤務中に届けてやるよ。」と。

些細な出来事だったのだけど、色んなことが見えた出来事でもあった。

Kは何があっても落ち着いている。

ハードな夜勤への出勤前に私がそんなに騒いでいても。

いつでも”大丈夫大丈夫”と静なハスキーボイスで、けれども、内に秘めるものは熱く、大丈夫と言っている。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

カウンセラーズトレーニングの会

唯一の休み希望が取れなくなるとは。

しかし、致し方ない。そのまま皆さんにご相談しよう。ご相談してどうにかなることでもないけれど。

そんな思いを抱えての今年最初のカウンセラーズトレーニングの会。会いたかったよ、みんな。

昨年の振り返りと今年やって行くことをシェアリングしていただいた。

皆濃い一年、濃い昨今を過ごされたのですね。

本当はマインドマップを書いて色を塗り塗りして幕を開けようと思ったのだけど一名の方がやんごとなき理由で欠席だったので延期。

それでも、その時々の状況なりにテーマが柔軟に変わり柔軟に使っていただけるのがこの会でもある。

そしてもちろん人それぞれ状況は違うのだけどみんなに共通するグループのテーマみたいなものもある。

何故なのだろう。ソウルメイトという言葉は個人的にあまり使いたくないのだけど、その類なのか、あるいは現実に取り組む人たち共通の特徴なのか。

結局のところ、みなさん、さらなるステップに向かっての開拓中なのだった。

しかし、無理はなくナチュラルに。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
   ↑
ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります♥
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする