2019年09月30日

分かれ道

これまで色々と便利に活躍してくれた介護関連すべてに関与した電子カルテのソフト。

それが10月から一気に別のものに変わる。

なんだってまあ、何もかもがいっぺんに来るかな。使い方が分からないのと、分かった部分があっても欲しい機能がゼロ。

ダメだわあ、これ。

しかし、そうも言ってられないので何とか今まで作成していた帳票をうまいこと作らなくては。

・・・。うまいことはいかない。何たって多くのことが自作の手作業になるだろうから。

*****

IちゃんとKと三人で飲みに行った。本当はHさんも来るはずだった。

先月末から今月初めの頃にかけてIちゃんとちょいちょい色んなことを話していた。

貴重な季節が過ぎ去った。

まだキャッチボールを始める前の時代、初めて出会った時期のことを忘れない。

初めて飲みに行った日も。

桜の花びらが舞う道をバッティングしに行った日も。

Iちゃんは笑わない子だったなあ、そういえば。

今回「一度皆で話した方が良いと思うんだ。」とIちゃんは言った。

分かれ道が見えてきているからだ。

私も実地指導前で嫌なことがたくさんあった。

しかし、Iちゃんたちの契約が真近に迫った今、突然ぶっつり一緒に仕事をしなくなるのは寂しい。

ここ数年いつものことだけど時々一緒に飲める際、Iちゃんも私も飲みすぎる。

あまり強くないKも飲みすぎる。

けれども、その分かれ道がちょっぴり先に延びた。

それがとっても嬉しかった。

一緒に働ける時期というのは本当に貴重なひと時だ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

限られた時間

小学生、いや幼稚園の頃からそうだったのだけど、誰かと親しくすると色々な理由をつけて凶弾して来る人がいる。

まさか大人になってからまでそんなことがつきまとうとは。

小学校の頃も廊下でほとんど見ず知らずの子に「あの子とばかり遊ぶのはよくないと思う!」と怒鳴られ、中学校でも「誰が一番なのかはっきりして」とか、はたまたその逆に「みんなを同じように好きにならないと平等じゃないよ!」と訳の分からないことを言われた。

高校生のときに至っては遊びたい子と遊んでいるだけで烈火のごとく怒る人。しかも私がどこにいるのか?ということを広い敷地の校内中を探している姿は半狂乱だった。

皆と仲良くという意味が違う。

それぞれ自由にしていて然るべきだと思うのだが、人の交流を縛りたがる人とそれに賛同する人の多さにびっくりして来た。

仕事で協力し合っていても「皆が良く思ってないよ。」という人の言葉を聞いて”いや、それおまえがよく思ってないだけだろ。皆って誰だよ。”と思うわけだ。

人を見張ることに費やして嫉妬ばかりの人生になっている人の言いなりになることもあった。あまりに同じことを言われているとそうなのかな?と思ってしまっていた私もアホやのう。あちらがおかしいのに。

自分に規制をかけるのは結構。

けれども決して他人様もそれに従ってもらおうなんて思わないで欲しい。それは双方疲れるし、とても醜い支配欲だから。

ちなみにそういう人に「それならもう知らない。仲間はずれだ。」という態度をとられても一向に気にならない。何故ならそういう人には仲間なんていないし、いたとしてもその交流には参加したくないから。
****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

必要な人

まだ10日と経っていないがインドネシア出身の准看さんからこちらも色々なことを学んだ。

私自身も新しい世界に飛び込む度に最初はさっぱり意味が分からなかった物事の中に色んなものを見出して来た。

まずは点を一つ一つ学ぶ。不器用である。本当に私は凡庸で不器用で同じことを何回も実際に行って覚えるタイプ。

そのうち点と点が繋がって図や絵になる。その図や絵すら何かの一部、つまりは何か大きなものの中の点に過ぎないので、やがてはまたその大きな点と点が繋がってもっと大きな絵が見える。

いつも周りの人に苦労していなくてずるいというようなことを言われるのだけど、少なくともそう言っている方々よりは苦労をしている。

ただ時間を何にあてるか?というと人をぐじぐじ羨んだりお門違いの恨みにあてるのではなくてやるべきことをする時間にあてていただけ。

それは自分が特別不器用だからだと思っていたのだけど異国からやって来て関西でナースになった青年を見ていると、この人はここで同じ仕事をする前に私よりももっと多くの点を繋いで来たのだということが分かる。IMG_2226.jpg
少し何かが出来ただけでワーワー騒ぐのではなくて、実直に次!というふうに学んで来ただけ。

確かにまだまだ困ることがあるのだけど、同じことを繰り返し教える。

井の中の蛙やっている人が彼をいじめてまくしたてるけど、大丈夫。あなたはそんな人のことをすぐに追い越すだろう。

そして取り残された蛙はまた大声を出したり早口で喋ることしか自分を主張する術がなく、ますます耳を閉ざし続けるだろう。

ここにも原因と結果。

自分の幸せって何かを心に問う。

それが出来るか出来ないか。それだけで人の人生は大きく変わる。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

加減

秋晴れだ。

相変わらず仕事は押せ押せだけど、台風の後の青空という感じ。

いったいどうやって乗り切って来たんだ?ということばかり。

まだまだきちんと出来ていない気がするのだけど感謝されて戸惑う事も多々あり。

ただ、大事にする人員の一人に自分も加えるようになったので大丈夫。IMG_2227.jpg

この分かり切ったことを実行するのに何年もかかって大分進んではいるものの、なかなか自分を大切にするのは難しい。

思いきり怠ければ大事にしていることになるのか?というと、それも全く違うから。

自分がやっていて気持ちが良いやり方、やり遂げれば心地良い事、つまりはやりたいことを頑張る。それははずせないということらしい。これは人それぞれだけど。

ただ昔のように、自分を都合の良い人として利用しようとする人、被害妄想が強い怠けものの人の浅はかな策略には動かされないだけ。

心と時間にスペース。

とても心地よい。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

ファインプレー

人様の勤務希望をもれなく叶えていたら、一人勤務の日が出来てしまった。

が、そこに途中から採用した新人さんが入って二人に。

余計大変だっちゅうの。教える暇がない。

さらには救急搬送しなければならない方がいらした。

明日にしても大丈夫だったかもしれない。はたまた普通受診でも良かったかも知れない。けれどもご状態と直感が今でなくては!と決断。

結果やっぱりそれでよかったんだけどね。

新人さんを残して救急車に乗ろうとしたその時、別フロアで勤務していたKが「私が乗る!みんなにも留守の手はずは伝えた!」という。

何ということだろう。IMG_2173.jpg

正直苦しかった。

だからありがたいのだけど、恐るべし仕事量と機転だと思った。この救急搬送がなかったとしてもKの仕事量は半端なかったのに。

介護職でありながらいつも看護を助けてくれる。

夕方、すべてが終わった後で、施設に戻って来てあたりまえに自分の仕事をこなすKと、Kに対抗心を燃やしていた人々の気まずそうな顔。だって、叶わないもんね。しかも、愛ある仕事。

私にはそんな愛も力もないし、まだまだだけど、いつかあなたのようになりたいっす。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

嵐から逃げる人

先日6連勤があった。

それくらいなんだよとこの職場に来る前の私なら思っただろうが、内容的にとんでもない。

本当に物理的に無理だ不可能だと思うようなことばかり。

それでもなんだかんだで必要なことをこなすことが出来たし行事もクリアできた。

同じ職場で同じ職種だとしたら「よしなさいよ!」と皆さん言うわけだが、中には自分のことばかりの目上の人もいる。

貰えるのものは何でも貰う、盗めるものなら何でも盗む。結果損をするタイプの人。

「絶対やるって言っちゃダメよ。こっちの仕事になるからね!」と、私が新人の頃、かの人は仰っていた。

損するものかという根性でずっとやって来て結局はついていないことばかりに当たっている。

その姿勢の人に対してはみんな同じような姿勢で対抗して来るからだ。

物乞いや泥棒の戦いになってしまう。

それを10年も続ければ血のにじむような争いの末にスキルもキャリアも何一つ身についていない。

世の中とはそういうものなのだろうなあと思う。

ただ福祉の現場であるせいか、それが余計に浮き彫りになる。

逃げない人と逃げる人。その結果において、人生は平等だなあと思う。

いくらでも言い訳しても良いのだけど、それを聴く人はいない。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

働くということ 生きるということ

昨日の話を知人が読んで「体験が足りないからああなるんだよね。」と仰った。

一理あるけど、あとからよくよく考えてみたら、いっくら体験してもどんどん貪欲になっていくばかりの人もいるなあとも思った。

食べても食べても食べたりない状態。人間関係もどんどん割り込んでいって恋人も友人も多ければ多いほど良い、とにかく人気者にならなければ価値がないと思ってちっとも質について考えようとしないので常にトラブルに見舞われていたりとか。

逆に体験しても体験してもへそを曲げて孤独を選んだりとか。

自分はどんな人生を歩みたいのかな?人に対して幸せに見せることじゃなくて自分は何を愛し何を幸せに思うのかな?と疑問に思う。

自分を愛せない人は自分に親切にする人や好意を持つ人をなめる。何せ自分に価値がないと思っているからそれを気に入る人も価値がないということになるらしい。

それでも一人では退屈なのか、何度も何度も人を試してはゲームを繰り返す。

そうそう、同性も異性も競争心をぶつけて来る人に出会う度に思う。まずはビックリするのだ。自分が全く欲しいと思っていないものを勝手に妬んでメラメラしている人に。

私はそういう人に興味がない。

けれどもそういう人は思いのほかたくさんいるので大勢の場所に出るのが億劫になってしまう。

見せかけや肩書や誰かの評価じゃなくて自分で認められることがしたい。

そんな中で近年を振り返るとそうでない人々が結構回りにいる。誰にも伝わらないだろうなあと思っていたようなことでも「そうなんだよなあ。うざいよねえ。」と共感してくれるのにはビックリだ。

さらに言うと、人に良く思われたい欲だの出世欲がないそんな人々の方が実直に生きて評価を得ているのを目にすると、そうか、私だけが変わり者ってわけでもないのだなあ・・・と納得せざる得ない。

「楽しいこと やりたいね。」という言葉にグラスを交わすとき、正直に生きていてよかったなあとつくづく思う。

かちんこちんに縛られるのは勝手だけど同じ生き方にしろとは言われたくないよね。

自分の考えで生きる人と会話ができる中年になれて良かったわあ。ほっ。

まあ、そこから初めて建設的な悩みってものが生じるのだけど。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

どうでも良いと思われがちなパターン

久しぶりに自称男性恐怖症という方のエピソードに長時間付き合っていた。

男嫌いという言葉を頻繁に繰り返せば繰り返すほど周りの人々が感じるのは「本当に自意識過剰だなあ。男好きだなあ。」ということ。

異常なほどの関心にひいてしまうのだ。

周りが何とか話題を変えようと食べ物の話になると、自分の好き嫌いの話になった。

さらには、自分が嫌いな食材を覚えていなかったと招かれた先で不機嫌になる。

世間はあなたの親じゃない。

何故に個人の好き嫌いを記憶していなければならないのか。人様はそんなにはあなたの好き嫌いに関心はない。

自分の誕生日、自分の好き嫌い、自分の、自分のetc。

結局自分のことばかりで、集った一同閉口してしまうのだけど、今度はそれに対して被害妄想。

恋愛話も聞いていられない一同。

誰も愛していないことが分かるから。

自分に自信がないから二人三人四人・・・。

若いころは子供だなあで済まされるのだけど、年齢行くと、それは化け物になる。

けれども、それは他人の価値観に振り回された、もともとは純真な心が出発点だったに過ぎなかったのだろう。

男性に好かれるためのファッション、男性が気に入ってくれる若さ、媚び。そしてその反対に、反動で不自然なほど自分を男っぽく見せる人も同じ。

もしも人それぞれということが分かっていたならば、集う場の全員を同じ考えにしようとはしなかっただろう。

支配的な人は背中に肉がつく。目だけがぎょろぎょろと動いて人の反応を見る。

自己顕示欲が強いことと自分を愛することはまた別のことだということを親切な誰かが話していたが、徒労に終わっていた。

何かの変な熱に浮かされている間は人の話など聞けやしないのだけど、それが一生続くという孤独を選ぶ人もいる。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

冷製パスタと手羽餃子

外部研修の日は5連勤目だったが、いつもより早い時間に帰路につけた。

Kは夜勤明けだった。

渋谷の某デパートでいくらやウニなどを買って来ようとうろついたのだけど、それより何よりそのデパートの老朽化と作りの古さをしみじみ感じる。

時代でこんなに変わるのだなあ。

今はどこでもバリアフリー化されているのにトイレに行くためにたくさんの段差をクリアしなければならないなんて。老夫婦が必死で登っていていたいたしい。

かと言ってこれだけお金をかけて作った建物なのでおいそれと建て替えることもできないのだろうなあ。

階層して解決できる問題でもないハード面の古さ。

ちょうど研修で、まあこれは経済学的な見解も入っているけれど”時代で必要とされないものは消えていく。生き残るのは賢いものとか強いものでもない。変化に敏感なものだ”という言葉を聞いた。

昔からある必要とされなくなった百貨店のフロアは閑散としていた。

そりゃそうだよね。いくらなじみ深い場所でも高齢化が進んでいる世の中だから最後は行きやすいところへ行くよね。

話はそれたが結局その百貨店では何も買わず、隣のスーパーでいくらとイカとスナップエンドウ、大葉などを買い、カルパッチョ風のソースを作り冷製パスタを作って二人で食べた。

夜は手羽餃子にしようと仕込みをしたが、結構手がかかって後悔。でも、うまし。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

外部研修

朝から渋谷へ研修へ。

初めて行く会場だったので少し早めに出た。

駅から三分って書いてあるのにこんなに早く出てどうしよ?と思っていたのだが、これがなかったらやばかった。

地図をちらっと見た際にはヒカリエの近くだと思っていたのだが見つからない、見つからない。

が、アイフォンの道案内だと近すぎてはっきりしない。

少々迷って見つけたが、わかりにくっ!ここか!という感じ。似たようなホールやビルがいっぱいありすぎるのよね。

今回は新人管理職だけではなくて施設長、課長の現任者の方々が対象だったので50人以上。

なしてこの集まりに遅く行けるねん!と自分で突っ込みたくなる。偉い人ばかりで怖いよ、ほんと。

講師は誰もが耳にしたことがある母体からいらした方で、非常に面白かった。

看護だけで精一杯だったのだけど、普通のサラリーマンの方々はこんな勉強もたくさんしていらっしゃるのだなあーーと思うこと度々。

内容は面白かったのだけど、いかんせん、渋谷。私は苦手なんだよね。田舎ものなのでここ来るといつもぐったりしちゃう。

遠くや近くの席には比較的よくお会いするお世話になっている方々もいらしたのだが、早朝からいらしているしグループワークはあるし、話しかけられる雰囲気でもない。

アンケートを記して帰って来た。

杉並区へとよれよれ帰って来たら、大御所ナースさんより電話。

いやだなー、何?と思ったら、「ふたつ報告があります!」と。

ご利用者様が転倒されたことやらを聞いたが充分対応し切れることだったのでよろしくお願いして現場へは行かなかった。

施設を離れたときに限って何か起こるので心臓に悪い。

が、仲間を信じて休む。明日に備える。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

懸命

またインドネシア出身の子たちの話になるが、今度は介護の子たちの新人さん。

喫煙所で会った際、そしてさっきすれ違った際、ほんとにさっき会ったばかりなのに毎回「お疲れさまです」と言う。

もうそんな何回も言わなくて良いよ。廊下の端から端まで行って帰って来ただけでしょと思うのだが、そのニュアンスを伝えるのも何だか傷つけるような気がして黙ってしまう。

で、喫煙所でも期待を裏切らず「お疲れさまです」と言うので、やはりこちらもお疲れさまですと答えるのだが、一分後にまた「お疲れさまです。」と言う。

な、なんと、同じ場所にいても言うか。もしかして時間で測って言ってるのか?と思うほど。

しかし、あまりにニコニコしているのを見ると”あ、やっぱ、何か話さなければならないのね。”と思って「もう慣れましたか・・・・?」と質問しようとすると言い終わるか終わらないかのうちに「はい!!」という返事。私、ビックリして若干後ろに下がったような。

「みんな優しいです!」

そ、そうなの、良かった。

「日本人とインドネシア人、とてもよく似ているところがあります!」

え、そうなの?

それから、彼はほんの数分の間にわーーっ!とたくさんのことを話してくれた。話したいことがいっぱいあるのね。

「私たちも日本人と同じ。偉い人に礼を重んじます!」

おもんじる・・・・イントネーションがたどたどしいけれど、ものすごく語彙が豊かなので面白い。

偉い人なんていないし、日本人はあなた方ほど礼儀正しくないんですよ・・・いまや・・・とそう言いたいのだけど、その笑顔を見ていると、やはり言えない。

とにかく、一生懸命、一生懸命生きている人たちだった。

本当に見習わなくては。

出会いって本当に意味があるものなのね。

毎日色んなことを教わる。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

天の才

インドネシア出身のナースさん、二日目。

それはそれは見事な覚えっぷりだった。

私は歯科往診やら二日続けて診に来ていただいたドクターの方々に掛かり切りの間大御所様に彼の指導を託したが、何が大変かって、通常業務をお互いにこなしながら指導しなければならないことだった。

けれども彼はひとつのことから10を覚える子だった。

昨日教えられなかったのによく分かるね!という場面があって「はい、一生懸命見てました。」と。

頭が良いとか集中力がるとかその範囲で収まることではない。何よりも、その仕事に向かっていく姿勢に胸を打たれた。

そしてがっしりした普通の男子なのに昨日も今日も一日の終わりには目が充血して足腰がよれよれになっているのを見ても、如何に仕事をなめないで取り組んだか?ということが伺える。

多職種の人が「ナースってそんなに大変?」と彼を見て言うのは見た目も中身の普通の健康な男子だから。

私らおばさんが日々普通にやっているのを見ていると軽作業にしか見えなかったらしい。

何だか、予期せぬところでも一役かって下さっている。

さすが、異国の地でナースの免許とった人だなあと思う。

介護福祉士取った人もすごいけれど彼はナースを取ったということでみんな驚いているが、もっとすごいなと思うのは謙虚さと笑顔だった。

とてもじゃないけれど真似できない。

しんどかったけれど楽しく働けた。

さて、明日は管理者研修で遠出。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

120パ

うーん・・どうするんだろ?

身体は一つ。人員も限られている・・・、が、しかし、せっかく退院して来てくれる人をきちんと迎えたい、往診でも具合悪い人たちを診察していただいて有効な診断が欲しい。それをやっていただける先生にも礼を尽くしたい、せっかく来てくれた新人さんにもこの仕事の面白さを伝えたい。

あれこれ思うときには、ある程度の骨組みやイメトレをしたらそれ以上考えないことにしている。

何故ならば論理的に考えると絶対無理なことが多いのが私の脳だから。

でも、幸い馬鹿なのなのかも知れない。いったい何故時間内に終わった?何故こんなに満足している人もいる?と、考えても分からない部分というのが人では操作できない天の流れなのだろう。

ただひとつ。

その力をもえらるためにはベストを尽くさなければならないということ。

愚痴よりも工夫。

恨み言よりも客観視や相手の立場を想像すること。

任せたり信じたり出来るのは己の非力さを自覚しているからなのかも知れない。

皆が助けてくれる。

と、振り返れば思えるものの、本当に大変な日だった。

明日も頑張ろう。

あなたに会えて良かったの繰り返し。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

シチューとグラタン

少し涼しくなって来たので先日はおでんを作ったが、翌日はシチュー。

そして今日はシチューの残りにマカロニとエビを入れてグラタンを作った。

ああ、やっぱり食欲の秋。

*****

実地指導が終わって一週間。

往診日がやって来る。

しかも同日に退院して来る人がいてバタバタな上に新しく来る部下の方にオリエンテーションもしなくては・・・。

ああ、どうしよう・・・と言っても絶対何とかなるし、絶対何とかする私。そして仲間の力。

良い施設、良い一日になる。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

食欲の秋(?)

急に涼しくなって来たので珍しくおでんを作った。

自分があまり練り物が好きでないので煮込み料理と言えばどちらかというとシチューやポトフに走っていたけれど、考えてみればKは結構好きらしい。

魚河岸上げとか巾着もちとかロールキャベツに手羽先を入れたり、たまごにコンニャク、昆布に大根、たった二個づついれてもたくさんになることが予想されたが、じゃがいもと玉ねぎ、そして食べる直前にベーコンでしばった水菜とか。

これがあっと言う間になくなった。少しは残っていたものの、ビックリして、思わず「あの・・・そんなに食べて大丈夫?」と腹の具合を気にしたくらいだった。

あとは、昨日はんぺんチーズ揚げなるものを食べたいと言われたのこれも作ったのだが、あれもはんぺん二枚が揚げれば結構な量になる。

前の日の筑前煮とかエビとブロッコリーのサラダとかもあったので無理しないでね、お弁当に使うからと言ったのに見事平らげてくれた。

おいしい、おいしいと言って食べてもらえるのは嬉しいことだ。はんぺんの中にチーズとタラコを入れて揚げただけなのにサクサク食べてくれていた。

けれども激務のこの人は、食べれば食べるほどマッチョになるだけ。それも服着ていれば分からないほど華奢に見える。

頭と体を使ってよく食べよく眠りよく笑い、人生をきちんと生きている。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 07:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

昼の護り 夜の護り

ここまでの経過でやるべきことを全うするには過酷だということが分かった特養ナース。

実地指導が終わった今は、どこに力を入れれば好きな改革や変容が出来るか?ということが分かったので書類作り。

マニュアルの作り直しをする共に2019年9月からの分としての帳票を収めるバインダーとそのラベルをせかせか作る。

特養とは思えないほど採血などの検査をする施設になったので、これらの整理をしていく収め場所も作らなければならない。

しかし、ここ数日久しぶりに少しだけゆっくりと利用者様と雑談をした。

この心身の状態を見極めることも兼ねたラウンドがバイタル測定なんかよりもずっと重要。

頭の中には、あれも作らなきゃな、これも整理しなきゃなと、二度とあんな思いをしなくて済むように対策が浮かんでいるが、食事介助へも行く。

焦らないでゆっくりやって行こう。

そう思ってあっという間に一日が終わり夕ご飯を食べた後で施設へ再び行かなければならない事態になった。

嘔吐したものを誤飲した可能性がある方のサーチレーションが下がったという報告。苦しそうだと。

久々に夜道を走った。やっぱりこういうときは遠く感じるなあ。足が筋肉痛。

吸引をして30分くらい見守るうちに回復された。

疲れたのだけど報われた夜だった。明日もおいしいごはんを食べてね。
****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

健康診断

いやいやながら健康診断へ行って来た。

仕事が忙しいからと言ってキャンセルすると、その後の予約がなかなか取れないから、定められた日に行くっきゃない。

もう一年経ったのだなあと実感する、ほんのり秋の香りがする道。

昨年も汗をかきつつKと自転車で疾走しつつその病院へ行った。

久々に患者体験したのだけど、やっぱり嫌なもので、特に婦人科検診の際に「はい、はじめますねー」と言いながら機械を入れて来やがったのにはビックリした。「いてっ!」

やられるのは分かってはいるんだけど、やる前に言おうよ、いちおう。

もうそういうのでぐったり。

毎年皆行っているけれど、バリウムを飲むことでしか絶対分からないことなんてないんだからやめてくれよ・・・という話題もあり。

所説あるので公で口にしないけど、確かに相当なダメージだよね。

少なくとも、バリウム飲んで頭を下にされ冷たい台の上で右に3回回れとか、斜めで止めろとか・・・ああいう無茶ぶりを理解し身体的に対応できる程度の人々は元気な人でしかない。あの検査しなくて良いだろうよ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 美容&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

知らないということを知っている

よく面接にいらした人が老いも若きも「もう急性期の医療に疲れたので病院じゃなくて老人ホームみたいなところが良いなと思って・・・。」というニュアンスのことを仰る。

どこででも言われていることなのだけど、それが一番の勘違い。

病院よりもずっと難しいんだってば。

有料のところには色々なところがあるだろうけど、特別養護老人ホームは国で定められた人数で業務をこなし人の命を守らなければならない。

そうすると医療行為をバンバン行いたいところだが、そういう条件でもない。

それに引き換え常時同じ建物の中に医師がいて医療器具満載の病院という場所は怖いもんなし・・・とも言えないか。

それを使う人の志による。

そう考えるとどこに行っても同じなのだけど、介護も看護も老人ホームは楽だろうという考えの人はまず続かない。

ある程度無私の心が必要なので自分のためだけに生きている人も続かない。

はたまたこれは他の職種でも同じだろうけど、派遣だったらとか正社員じゃなかったらこれくらいで良いだろうと手を抜く人も続かない。

3年前の勤務表を監査の準備のために整理していたら自分の名前が勤務表の一番下に派遣ナースの肩書であるのを見た。

色々なことがあったなあ・・・と思う。

そしてあの頃「やったことがないことをやってみたい」と行動してみて良かったなあと思う。

実に様々な世界を見て様々な人々に出会った。IMG_2184.jpg

そして3年前の自分が「それっておかしいよね」と直感で思っていたことはやっぱりおかしなことだったし、おかしな人はやっぱりおかしな人だった。

これからも初めての挑戦を選ぶことが度々あって、出不精の私にも天は色んな課題を下さることだろう。

要は逃げてばかりいないこと。

コツコツとやって行こう。

これまでのように。

全部を知っているように見せたがる人を見てどうしてそんなことするのだろう?と思うことがある。

それで失う真実や大切な日々があるというのに。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

砂漠と腐った油

一生懸命賢そうに見せている人の物言いや振る舞いに違和感を感じ続けていただのけど、でも、もしかしたら私が間違っているのかな?という怖がりな私も同時に存在し続けていた。

けれども繰り返し起こる出来事によって段々と自分を信じられるようになって来た。さらに言うといつの日も自分を応援し続けて来てくれた人たちのことを。

またまた、どうせ持ち上げたり褒めたりしすぎているだけでしょ?と冷めた私の頭はそう思って来たけれど。

本当に自分の直感を信じて良いらしい。

そして、もう微塵も足をひっぱる人や上辺や体裁だけの人を気にしなくて良いらしい。

結果が出る度に「あ、やっぱりあれも嘘だったじゃん。」ということが分かって来たから。

そこには何も残らない。

言ったことを何一つ守らない。

それを恥じない。そして心が脂肪で固まってギトギトになっている。

その人の匂いというものがあって、それはオーラにも出る。

でも、そこに付き合わなければならない時間というものもある。

その時間の中で如何に自分を見失わないでいるか?それが大切なのだなあと分かる出来事が昨日も今日も起こった。

さて、次にやりたいことが待っている。

何が起こってもどんな結果になっても、そこには必ず自分自身の行い、選択が絡んでいる。

そこから目を背ける人はいつまでも孤独でギトギトな心を抱え、カラカラに乾いた砂漠に生きるばかりだ。

いろんな人がいろんな方向からこのことを教えてくれた。

今日はKとこの先の戦略を話し合ったところだった。目的は愛のため。そして利用者様のため。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

アヌビスの日

いやあ、もう、どうなるのか?と思っていたのだけど、大仕事が一つ終わった。

この日が来るのは気が重いにもほどがある!というほどの重圧だったのだけど、同時にこの日が来ることを待ち望んでいた。

台風で中止になれば良いなあなんてことも思ったのだけど、そうすると、また長いことそのことについて漠然とした不安を抱えることになっていただろう。

たった24時間後に思う。「この日が来て良かった。」と。

自分がしていることが正しいのかどうか分からなかったのだ。

同職にも多職種にも師が存在しなくて、さすがに不安だったのだけど、Kだけが「大丈夫。いつもちゃんとやってるもん。ずっと見て来ました。」と前日まで言っていた。

いや、その前に往診医の先生も「大丈夫よ。ちゃんとやってるもの。」と言ってくれていたっけ。

毎日経験者が遅くまで残っているのを後目にほとんど定刻にと言って良いほど帰るのも不安だった。

でも帰らないと夜間オンコールがあるし、翌日も命を守る自信がなかったのだ。

そうしなければ一年前に辞めていただろう。

そう、実地指導の日だったのだ。

監査と呼ばれるこの日だったが、どんなに怒られても学んでやろうと思っていた。でもやっぱりいけないことをしている気がして怖くもあった。

結果、皆さんが恐れていたある意味その有名な女性が「よく頑張っていらっしゃる。」と言って下さった。

耳を疑った。

しかし、本当はここをもっとこうしたかった、もっと帳票に残したかったと、なんとこちらからもっと突っ込んでくださいアピールをしてしまったくらいだった。

「いえ、大丈夫です。今後の課題はご自身で掲げている目標を頑張って下さい。」と。

広い広い会議室に山積みの帳票。

やはり怒られる人もいて、頑張っている人もいて。

そしてこれは昨年の事例研や今年の事業計画で感じたことと似ている。

なーんにも偽造も取り繕いもいらない。見てくれる人はちゃんと見てくれるんだなあ。

この日が来るとは思わなかった。

古いものを段ボールに詰めて、明日から自分の指標を基にやって行こう。

これまでと同じように。

もう・・・ありがとう!
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする