2020年01月31日

チャンスを逃す人

異国出身の新人ナースさんと話していると、いつものようによくここまで日本語を理解するようになったなあーと感心するのだけど。

往診の後、治療方針の指示受けや後処理の段階になると、非常に彼が苦しんでいるのがわかる。

特に文章を組み立てて記録するのは同じ日本人でさえ難しいので無理もない。

でも最近愕然とするのは、彼が自分で考えることを放棄している瞬間もあまりにも多いこと。

そして、何かが分からないとき、それを適当にごまかして逃げようとするとき。

その癖だけはこの仕事ではやばいんだよなあ。

で、幸い仕事の部下だからその点を厳しくするだけで済むかも知れないけれど、人との付き合いの上でそれをやる人とは軽い友達としても付き合うことが出来ない。

ニコニコして愛想良いのが良いところ。でも、笑ってごまかすことも覚えてしまったのだなあ。

そして、甘えが通じないときにひねくれることも。

できていないことを言われて努力せず甘えていつでもすねている様子にはレスポンスしようがないのだが、同じ方法で何時間も何日もレスポンスを求めて来る。

それは同じ日本人同士も誰にも相手にされなくなるパターンなので危険。

いったいそれがどこまで通じるのか。

分からないけれど言っていかなければならないのが仕事。

人の出会いというのはどうしても意味があるものなんだよね。

やってダメだったら仕方ない。

誰もが枝分かれした道のどこかでさよならをするのだが、出来る限りの礼を尽くそう。


最初の頃は色んなことに感謝していた彼だった。

国籍にかかわらずそれに慣れると人はいつでもそこにあり、ずっとそれが続くと思い込む。

でも、あたりまえと思っているもの、感謝が出来ていないものは、必ず失う。

そして何年も何十年も前の世界から電話をかけて来るようなことになる。もうその世界には誰もいないのに。

機を逃したね。

と相手に言わなくて済むようにいたいが、いかんせん相手があること。結果は神のみぞ知る。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

用事のないオンコール

昨日仕事が終わって晩御飯を作っているときのことだった。

傍らではKが仕事で出会った人の話をしていた。

野菜をトントン切っているとその音が聞こえなかった私にKが電話を持って走って来る。

私の電話の半分以上が施設から指示を求めるオンコールが多いからだ。

が、その電話の声の主は中学の頃の友達だった。

クラスが別になっても高校が別になっても変わらず多くの時間を故郷で過ごした。

ただ、その楽しい時間ははがゆい時間でもあった。

めぐまれた環境、素晴らしい家族に囲まれて育った彼女は、何かが起こったときに自分で対処しようとする意志が育たなかった。

ただただいつも「どうしよう。」というだけで。

親が変わりに考えてくれたり親が変わりにやってくれていたのだろう。

だから友達や恋人にも親代わりを求める。

親がそうであるようにすべての人が自分の話を興味深く思っていると勘違いしているので自分で傷ついていた。

大人になってからも何度もかかって来るその電話だが、少し久しぶりだった。

そして、変わらないなあ・・・と思った。

もはやそれを懐かしいとは思えなかった。

願いごと、頼み事。

でも彼女は決して人の悪口を言わない。

それが良いところ。妙なパワーゲームもしない。

けれども久しぶりに話してまた気が付いた。

ゲーム的な交流している人は面倒だなあと思うけれど、まだ戦っている人であるということに。

とりあえずは方法が間違っていて自分でわけがわからなくなっていても、そう、例えばいったい自分が何が欲しいのかわからない状態であっても。

とりあえずは戦っている人たちなのだと。

私は多分、何もない人よりも、まだ悪態ついてもがいている人の方が好きなのかも知れない。

何も感じない、感じてもそれを表現する努力すらしない人はとてつもなく貧しく寂しい。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 16:28| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

彼の誕生日は

施設のナースの仕事で、雇用されている職員さんの諸手続きをすることが多い。

それで、この時も何の気もなしに「〇〇〇さん、生年月日を教えて。」と書きかけの書類の手を止め本人に質問した。

すると「〇月〇日」と日付しか言わないので生まれた年も教えて!と言ったのだが「わからない!」と即答。

彼がインドネシア出身の子だったために「西暦で良いよ、西暦で。」と言ったのだが。

何と、本当に生まれた年が不明だというのではないか。

「ははさんは忘れてしまったと言いました。僕は勉強できる子でしたので先生が決めてくれました。」

な、なんと、私なんぞは自分が生まれたおおよその時間ですら分からないということで嘆いていたのだが。(よく占星術とかで訊かれたときだけね。)

しかし、彼のお母さまが彼を愛してなかったというわけでもなく、文化とか環境によるものでもあるらしい。同じ国の中でも様々な地域があり広いから。

「なので、1990年くらいにしておいてください♪」というのだけど、そんなわけにいくか。いちおう同じ答えになるよう合わせないと!

「あ、そういう感じなんですね。」

そういう感じだよ。

元はと言えば私が自分が所持している履歴書や労働契約書を観れば良かったんだわ。

彼はというと、そんなことは気にもせず、今日もせっせっと真剣に、時にはカラカラ笑いながら一生懸命仕事している。一生懸命生きている。


雪になりそうだ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

ごはん

ある日の休日のこと。

自分でもびっくりするほど何もしなかった。

ゴロゴロして本を読んだり映画をみたり。

夕飯のためにマカロニサラダと肉じゃがとサーモンのムニエルとそれに添えるタルタルソースを作る間もぼけーーっとして急がず。ほうれん草と揚げのお味噌汁も。

Kが遅番に出かける前には牛肉とキノコのしょうゆバターでパスタをあえてランチもした。

ゆっくりゆっくり一日を過ごした。

自分が作ったものをこんなにおいしく感じたのは初めてだったかも知れない。

人には美味しいと言われたり、中には感嘆の声まであげる人もいたけれど、いつも「大げさだなあ、普通だよ。」と答えてた。

料理の味を自慢したり料理の話ばかりする人に嫌いな人が多いからかもしれない。べとべとでギトギトでしつこい性格の人のそれも。

いや、それを差し引いても普通だと思ってた。

今日の料理の味、いつもと違うくない?と相方に訊いたところ、ムニエルもサラダも全部いつも通りにめっちゃうまいと言う。

そうなんだ、これ、いつもと変わらないんだ。じゃあ、私が変わったんだ、きっと。

最近、今まで気が付かなかったことにはたと気が付くことが目立つ。

景色も視覚も聴覚も味覚も。

まだ気が付いていないことがあったんだと毎回驚くのだけど、きっとまだまだあるんだろう。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

理解

あれもこれもやらなくちゃなあ・・・と思いつつ日々が過ぎていく。

一つ一つはほんの少し頑張れば出来ることなのだけどなあ。諸々の諸事情と、時には意図的な邪魔が入って出来ない。

たまにそれらを一切無視して没頭できるときもあるのだけど、周りの人の視線が痛い。なんでナースってこんなに寂しがり屋なんだ。自分で認めないくせに人に認められたいという願望が高すぎる。

いない間に終わらせなければと思うのだけど、結局は電話の嵐。

中には命がけのゲームをしかけて来る人も。

でも、もう良いです。

原点にどんどん帰って行く。

誰かに良く思われるために今を過ごすわけでなく
誰かに勝ちたいために仕事をするわけでもなく

一番恐ろしくて厳しいのは自分。

自分が許さないということを一番よく知っている。

だからもう二度と誰かのために人を裏切ったりしない。やりたいことをやる。

それがいつの間にか思いがけず他の人のためになるらしく、気が付いたらお礼を言って下さる場面もあり。

信じたことをやろう。

本当に思いもかけず、いつの日もよく頑張って来たな、あれをよく我慢したなあと最近色々なことを思い出す。

自分をわかってあげるという作業がいつの間にか出来るようになり、誰かに怒る必要がなくなった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

本当は笑われている人

某国では看護師の資格を持ってバリバリやっていた方々が日本で介護福祉士として働いていらっしゃる。

言葉や文化の壁はあるけれど、やはり勤勉で努力家だなと思う。しかも優しい。

で、本当に不思議に思うのは、彼らを馬鹿にする日本人の方々。

彼らより長く日本にいるのだから日本語がうまいのはあたりまえなのになぜだか偉いと勘違いなさっている。

そして看護福祉士が存在するのなら当然看護師として働く異国出身の人もいる。

わかろうとすれば言葉は分かる。心根も通じる。

そんな中リーダー業務にも挑戦していてこちらとしては非常に助かっているのだが。

とある日本人の同職の人々は彼を叩く。

しばらくすると非常に脅威に感じていて、自分の存在価値があやぶまれてきているために彼らを批判しているということが目に見えている。

もちろん彼を重要なポストにつけることで他のパートさんが切られるなんてことはあり得ないのだが、これでもかというくらい馬鹿にする。

これは、たまたま彼が外国人だったというだけで日本人同士でも起こりえることだ。

純粋に仕事上で困るのならわかろうとすると思うのだが、目的が自分の保身なので分かっては困るわけだ。彼の能力を。
だから唾を飛ばしてへんてこりんだ!あいつはダメだ!と私に主張する。

が、むしろその姿こそがこちらにしてはへんてこりんなのだよね。

「私はもう年なのでリーダー業務はしません。そういうのは若い人に任せます。」と仕事を放棄している人が、一生懸命リーダー業務を覚えている人を馬鹿にする。

これぞ恥知らず。

出来ないことが恥なのではなくて、やろうともしないのにやっている人を笑う。これを恥ずかしいと思えないのが恥知らずと言う。

同じく若い方々のカウンセリングをしていても、世間を批判するのをしばらくは黙って聞いているが。

働いてみてもいない、その人のポストや責任を経験したこともないのに唾を飛ばして悪口を言っている姿もへんてこりん。

人は自分のへんてこりんさを棚にあげる。

危機を感じるなら普通は学ぶ。

良いところがある人から学ぼうとする。

でも、空っぽのプライドを抱えた怠け者は、やっている人のことを笑うことで身を守ろうとするのよね。

結果、もちろん守れないんだよな。愛する人はおろか自分の身一つすら食わすこともできない。

私ですら歴然とわかることなので世間は沢山の人がいるから余計によくわかる。

その見苦しさと恐怖は自分を変えない限りずっと続く。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 13:23| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

奇跡

お看取りを覚悟された人を復活させる劇、何度も繰り返して来た。

ご家族は喜ばれる。

そりゃあ生きて欲しいから。

しかし、長年看護師やって来たけれど、あり得ない復活劇が多すぎる。だって無呼吸が出るほどの努力様呼吸で、意識レベルも300の状態からごくごく飲んだり食べたりに戻れるなんて。

これがこれまでのやり方だったらあたりまえのことなのだけどダメだった。

かと言って、誰でも復活させられるかというとそれは確約できない。

医療や看護の知識はもちろん使うけれど、それ以外のQOLの世界のこと、愛とか想いとか色んなこと。

介護の力を借りると信じられない奇跡が沢山起こるのだと知った。

疲れるのだけど頑張ろう。

やりがいのあることは誰かのためにもなる。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 16:37| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

痛い人

仕事という場面での交流でごく初期のうちに家族の話ばかりする人というのが時々いるのだけど。

聴いている方は「・・・・・・。で?」となる。

人はパワーゲームをして順位をつけたがると言うのは前々から知っていたけれど女性のそれってまた独特。

でも、それは生物の本能だからしょうがないのだろうなあと思っていたが。

そのパワーゲームの材料が家族のことしかないとなると痛い。

親が金持ちだとか海外に別荘を持っているとか。

別の子が自分のマンションで起こった面白い出来事について話して来たときに「あれは面白かったねー。」と笑って答えた。それは以前にも聞かせてくれたことだから、ところがそこに無理やり入って来て「私の場合は親族が大家さんだったのでそういうことは起こらない。権限を利用して立ち退いて貰っちゃった。」とか。

またしてもしんとなる。

でも、自分の話をしないわけでもない。ただそれは、一人の人間としてどう感じたとか、どう生きて来たとかそういうことではなくて、学歴自慢だったりとか。

ただの残念な人かというとそれも違う。

何故ならばチャンスが見え隠れしているから。自分でも気が付き始めていると思うから。

何かミスが発覚したときに医師の前で大声で「私は知ってましたよ!先生から次の日電話をいただいたから!」と言う。

でも、私だけが知っているじゃダメなんだよね。連絡ミス。

それに対して、具体的な注意を後からするとその態度は素直。例え表面的なことであっても。

前に前に出て、私が一番!見て見て!私が一番!とやっているのだけど、何だか周りの人々の空気がすでに微妙なことになっている。

どこに違和感を感じるのだろう?

考えてみたら、たまたまこの職場は自分自身の力で勝負している人ばかりだからだ。そして自分の頭で考えるし、人に対して思いやりを持てる強さを持った人ばかりだからだった。

それは彼女にとってどんな体験になるのだろう。

そこに可能性がある。

ダメかも知れないけど。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

紆余曲折

一日の間にいらっとしたり楽しくなったり、許せない!と思ったり、事情を知っては”ああ、じゃあ仕方ないね。”と思ったり。

色んなことを成し遂げる間に人の心はジェットコースターのように色んな感情を味わっている。


それで良いのだなと思う。私もまた。


感情的になって人にモノ事を教えている人からも、何もしようとしない人からも、凄く上手に伝えている人からも、全ての人から自分がどうすべきか?ということを学んで行く。


うまくいかないことがあってもそれは恥じゃない。一番恥ずかしい事とは、やろうともしない人のことだ。


思わぬことで時間をとって帰りが遅くなるのだけど、皆が助け合って一日を終えて行く。

皆必死なんだ。


学び合っていくには声を出していくこと。

何だか長いスパンで見て、ますます段々良い職場になっていっている。

過去のことを思い出しても何一つ後悔がない。

やるべきことをやらないのに恥じない人たちに居て貰っても仕方がなかったと思う。

良い日だった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

はた迷惑さと成長

憂鬱だなあと思った一日の始まりは、大御所様と新人さんの両方が居る日でしかも初顔合わせだったから。

ある種の人って必ずといって良いほどパワーゲームをするし、過去嫌と言うほど見て来たパターンから言うと、大御所は新人に力を示したい→てんぱる→ミスをする→怒鳴る。

新人さん、私にしくしくと泣きながらあるいは深刻な顔でこういうことをされた、でも知識が古くて間違ってる、やめたいとだいたいこのようなことを双方言う。

大御所さんは新人は使い物にならないわよ、私が必要でしょう!を大騒ぎして行動で示し、新人さんはあいつに意地悪されます、代わりに叩きのめして下さいという旨のことを言って来る。

あまりにも変わらないパターンにあきあきしていて、しかも、早朝、朝一番にその片鱗が見えたので一喝。

聞こえてますか?しっかりコミュニケーションとっていって下さいね。

そして私は私でやることがあったのだけど、案の定巻き込んで来るんだよなあ。どうして人の邪魔しないと気が済まないのだろう。

エクセルの数式を壊したことが先日判明して「壊れちゃった。どうやったらサマリーが書けますか?書けなくなりました。」と言っていたので、そんなもん知るか、今出来るかい。せっせと事務の誰かが作ってくれたものだろうに。

今はそれより大事なことがあるので、当分は手書きで書いていて下さい。とお願いする。だって自分で壊したんでしょ。おかしなことして。

ところが・・・・一つのことに固執して大声で騒ぐ人なんだよね、この人も。

結局先にやらなければならないことを置いておいてそんなものの修理をしなければならなかったり。

この手の人はてんぱって何かを壊し、また人に作らせる。

で、作らされる方ばかりがものを覚えて騒ぐ方は何も覚えないので老齢になっても何も学んでいない。

本当に仕事が溜まって迷惑だと思った一日の果てに、それでもまた一つ覚えたなあ♪あれが出来るようになったな♪と嬉しくなった。

本当に大変なときはその騒ぎをガン無視できるようにもなったので大丈夫。このまま行こう。

ただ一つ言わせてもらったのは、愚痴ばかり言う人に向けて、あのね、皆もしんどいんだよということ。

いい加減にしろよ。(静かにしろ)
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

またエネルギーチャージか

昨年の暮れ、荻窪で用事を済ませて、さて、買い物でもして帰ろうかと駅ビルへ入ったときのこと。

地下の食料品売り場に行く前に上で一服しようとエスカレーターをあがっていたら、とても可愛いセーターが目に入った。

わー、かわいい。いくらだろう?と見たら、セール中で30%引き。

が、元が高いので30パ引かれてもちょっと考えてしまう。でも、なかなか見ないセンスだなあ、どうしようかなあ?

と、とりあえず一服して出た結論。

あのセーター買ったと思って良いお肉買ってKとミディアムレアのステーキを食べよう。コーンポタージュやサラダも作ろう。

それから半月後。

お店の人が最後の一点と言ったのはうそだったらしい。それともまた入荷したのか。多分後者だろう。同じセーターが売ってあった。

よし、今日こそ買おう。

しかし・・・・一服した後、そうだ、今日は夜勤前のKと良い肉でしゃぶしゃぶしよう。

食い気の圧勝ですね。

「なんでそういうことするの。買えばいいのに。」

食べないの?

「いや、食べるけど。」

お腹いっぱい、幸せな夜だった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

強さと変化

私の2019年のはじめの課題を調べたら、それは強さという名のフラワーエッセンスだった。

強さかあ・・・とその社のフラワーエッセンスに詳しい友人が聴いていて「いらねえよ。」と突っ込まれて吹き出した。

ところが、いやいやその時点で解説文に思い当たるふしがいっぱい。

私の弱いところ、苦手なところがいっぱい。他人からは見えないのだ。

それで昨年は無意識になるほど繰り返し飲み物に入れてサポートを受けていた。

一年経ってみて思うに、必要不可欠なボトルだった。

私は強くあらねばならなかった。

これまでも問題に対して対処し過ぎるほど対処してしまうところがあったのだけど、そんな時の私はどこか心がひねていた。

心がひねていてどうせダメだと思っているからと言って手をゆるめるわけでもなく、やらなければならないことをやり続けて来たので、はたからみると逃避しない人かのように見えていたらしいが、実は”どうせダメなのに。”という心持でやっていたというだけ。

すると今振り返ってみれば、どんな心持でやったとしても、やったということには変わりなく、当然それには結果が付いてくるというわけで。

そこから先に進んで、今度は心持が投げやりなのではなく、心から取り組むように変化していけたような気もする。

そして後半、自分のことがまた前より見えてきたせいだろうか。周りのことも余計に見えるようになった。皆頑張っているのだと。

先日も書いた気がするけれど、2020年のテーマは変化だ。

また変容していくらしい。

流されるのではなく流れに乗ったり、変えられるのではなく柔軟に自分で変えて対処していく。

ダメな日があっても昨年の学びを得て、ダメなときの自分を許し癒し、また強く。


歩いて行こう。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

変われない人 変わらない人

雪が降るというニュースだったが、少しのみぞれと一日中冷たい雨の日だった。

一日というのは初めてみるまでどうなるか分からない。

わかっているものの、今日も色々あってまったく予想がつかない一日に。

けれども一つだけ確かなことは何だかこの人がいると大変なことが起こるなあということ。

例えばそれを望んでいる人。マイナスのストロークで自分の暇を埋めたい人。

その犠牲になるのは皆嫌だなあ。

せめて仕事の上だけにしたいと思ったのだけど、もはや仕事の上だけでも嫌だ。

本人は存在意義を示すためにしなくても良いことをするのだけど、もう周りはへとへと。

「自分のことを考えて楽にしていきたい。」

いやあ、それは今までやって来たことと同じなのではないでしょうか。

自分のことだけを考える人よ。

だから、あなたは嫌な気持ちの自分から変われない。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

ブイヤベース

新年会がちらほらある。今年も。

そして久しぶりに悪い酒を飲んだ。

良い酒も飲んだ。

悪い酒を飲んだ日は解毒に苦労をする。

酒が悪い云々ではなくてすごく疲れてしまうのだ。

そしてまっすぐ家に帰れる日のありがたさを感じる翌日。

今年初めての近所のお気に入りのお店へも行った。

多くはないがこの2〜3か所いずれの店へ行くとよく食べる。

しかし、一番ありがたいのはゆっくり家めしを作ること。

白ワインと魚介類とキノコとモモ肉とパプリカで今年初めてのブイヤベースを作ってからのカレー。タコやホタテも美味しい。

玉ねぎ炒める以外はたいして手間もかからないので軽く煮込む間にサラダをつけてぬか漬けをあげる。

薬膳のようなカレールー使って、今夜は休肝日。

明日も頑張ろう。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

テーマ

一昨日は朝から施設会議の日で議事録当番日。

ながーーい会議の間、せめて打ち込みさせてもらえていた方が良い。

雑談ももれなく書いたった。

これ、録音でええんでないかってくらい。

会議は昼に終わったが、色んなニュアンスで長い長い一日でへとへとになった。

そんな中、留守中をあずかり髪の毛振り乱して働いてくれている若き新人さん。

少し先輩に腹を立てている新人さん。

彼女の言うことももっともなので、少し先輩である彼に”それは危険だよ”ってことを注意するが、何だかふくれていたな。

ふくれてもダメなもんはダメなんだよ。

正せないのなら正せるように変わっていかなければならない。

で思い出したのだけど、今年の私のテーマは、意識的な変化。

昨日とも先週とも違う。

すぐに学び吸収し行動してみる。

ふてくされることに時間をロスする人を見て、長いことあれをやっていたなあと思う。本当に無駄な時間で甘えに過ぎないね。

好きなように変わって行こう。ありのままの自分で好きな自分に変わって行こう。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

無理なこと

幼児の頃は・・・せめて小学生くらいまでは気を引くために相手にいたずらをしかけたり、わざと嫌われるようなことをすることもあるだろう。

好きな子へのいたずらとか。

でも、大人になってもそれをやっているのって、幼いを通り越してもはや異常であり病気なんだよね。

とても大好きなところがある友達でも、人を試すようなことをされると”あ、もういいや。”と思う。

これくらい付き合っても支障ないだろうと思ってごはんに付き合ったりすると、ああ、やめておけばよかったなあと思うこと多々あり。

おんなじなんだよな。

結局自分しか好きじゃないから相手の忙しさとか立場とか、そんなことは気にしない。気にしているふりはするのだけど、本当は自分のことばかり。

忘れた頃にそんなことを繰り返されているうちに、ああ、もうしょうがないなあと思うのは、本当に嫌な思いをするから。

一方で互いに素直に自然に相手を思いやれる付き合いがあると、すごく癒される。

嫌な思いをわざわざすることないんだよな というのが健康。

目を背けてはいけない。

自分を二度と犠牲にしてはいけない。

犠牲にすればするほど相手もどんどん病んでしまうから。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 22:36| Comment(0) | アサーショントレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

施設という事例

水分摂取とは大切なもので、それは四季を通して言えること。

で、色んな経過を辿ってうちの高齢者施設独自のハイドレーションシステムを作ることになった。

というよりは、既に皆がやってくれていることを図式化して名前をつけたというだけ。

最近はユマニチュードという名称のものが事例で発表されているけれど、これも名前が新しいというだけで昔から言われていることなんだよね。

ハイドレーションシステムという名前をつける前はハンドメイドケアという通称でやっていたのだけど、次の大会の前にタイトルを変えろと言われたので、半ばむっとしつつも考えた。

でも、今思うに、全然こっちの方が良い。

人生も仕事も思い通りに進まないことがあったり、ストップがかかるといったい何故?と思うこともある。

けれどもただでは進まない。

そう言ったうまくいかないことを反動にもっと良くなるのが人生であり仕事であり人付き合いでもある。

なので過去の工程全てに感謝感激あめあられ。

出来上がった図をパワポに載せると一番最初に目にしたKが良い意味でびっくりしてくれていた。

いやいや、ビックリも何も。

これは単なる図に過ぎない。

ここまで頑張ってくれたのはあなたたち介護の方々。

図以外のところも、心情的に訴えたいことが沢山ある。もう少し頑張ろう。

人様が発表することなのにこんなに頑張ったのは初めてだ。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

鏡が魔除けとはよく言ったもの

何がしたいのか分からない方への怒りも色々あって冷めた頃、またしても自分のことしか考えていない発言にビックリ。

周囲ももはや「やめてもらいたい」と言いたくもなる。それを制する気持ちもないし。

企業にも人にも求められていないこと、むしろ止めて欲しいことばかりするのだけど、権利は必死で主張する。

管理職の人からは「甘やかしたねー。」と言われる。仰る通り、返す言葉もございません。

だって自分より目上の人だもん。いつか分かると思うし、話せばわかると思ったが。

結論。

底意地が悪いんだよなあ。弱い人にばかり当たり散らす。

下を潰すし上の足は引っ張る。

でも、認めて欲しいという願望を歪んだ形であらわす。

そして普通の神経の人に「何がしたいの?」と首を傾げられる。

病気のような性根というのは、病気じゃないから治らない。

仕方ないよね。

でも、正しく生きて、戦うところを逃げずにやって来た心優しき人々、自分の力で強くなり、人の痛みが分かる人たちを守る術は一つ。

ダメなことはダメとハッキリさせていくしかないんだよね。

死んでも治らないけど。

自分の姿、自分の所業から目を背けているから何にも見えないで色んなものにぶつかって傷つけたり壊したりしている。

そりゃ皆よけるし逃げます。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

色を描く

久々にレディポルシャのクイントエッセンスを使い始めて2か月。

しばしば忘れることもあるけれど覚えている限り継続している。香りが好きなのだろう。

このクイントエッセンスに対応しているポマンダーがゴールドなので合わせて使っているのだけど。

ゴールドもピンクも良い香りだけど、しばらく使っているとすぐホワイトポマンダーに戻りたくなる。

おそらくは人と深く関わる日々であり、大人数と関わる日々でもある。激しい浄化が必要なのだろう。

そしてそれで間に合ない状態になって来るとディープレッド買おうかなあとなるわけである。ディープレッドは低い波動を思いきり吹き飛ばすカラーだから。

でも、まめに継続していかなければあんまり意味がない。

生きていれば汚れるものだから。

その汚れを肥料や栄養として行くのか、ただの重たく臭い冷えた垢にして自分を太らせて身動きできなくするのか、すべては自分次第。

補助的なものでしかないのだけど、心の向きをちょっと変えてくれるツール。

もしも心の向きを変えなければならないと気が付いていなくても人間は自然にそれに対応するものを選んでいく。その時に弱っているチャクラに対応した色のセーターを着ていたりとか。

ただ、どこかで壊れてしまったり、あるいは垢をため過ぎてセンサーが機能しなくなった場合は別。

その人はただただ黒の世界に住み、人の話を聴かず、関わる目的と言えば、出会う人に黒い泥や垢を巧みにこすりつけ自分と同じ世界に塗り替えようとすること。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

冬の宅急便

とある宅急便の会社の人々が不在票も入れないまま荷物が届かなかったりする。

某郵便局を経由した場合の郵政も同じことやらかすけれど、問い合わせても見当たらないと言う。発送元に問い合わせてみて下さいとか。

いやあ、絶対そこにあるだろうよと思うのだけど、そう言われては仕方ないので電話を切ると、慌てふためいたかのように、しかし、素知らぬ顔でその日のうちに届けて来たり。一か月前の荷物と同じ会社の今月分の荷物が届いたり。

で、一番嫌なのは、この会社のマニュアルなのか、届ける際にチャイムを押した直後にドアをバンバン叩くところ。

ピンポン!バンバンバン!

隣の家もやられていたけど、休日でぐったりしていると、結構ビックリするのよね、これ。

そして今日は19時から21時までの時間帯で配達されるはずの荷物をKと二人で待っていたが、来なかったので風呂に入ろうとしたその時、電話が鳴ってすぐに切れた。

運送会社の電話番号だと分かったのでかけ直すと”今日の受付は締め切りました”というガイダンスが流れている。いやいや、そっちがかけて来たんだろ。着信残しておけば良いと思ったのか。

そういえば以前は、呼び鈴も鳴らさず不在票だけをドアのポストにガシャン!と入れて立ち去ったこともあった。

考えるとむかつくのでもう今日はいいやと、今度こそ風呂に入ろうとしたその時。

ピンポン!バンバンバン!

静まり返った夜の21時15分。

もう頭来た。

ダッシュするKを追い越して「いい。私が言う。」とドアを開けた。イメージでは「ドアを叩くなよ!」と怒号する勢いだったのだけど。

ドア開けた瞬間、寒っっっ!

そして真っ青になって震えている配達員。真っ青なのは寒いからなのだけど、めっちゃ急いでも間に合わなかったのだろう、汗もかいているし気分が悪そう。ドアをあけてこちらが何か言う間もなく「遅くなってすみません!もうだめでしょうか!!」

・・・・・・。良いですよ。ご苦労さまです。ありがとう。

懸命に配っても間に合わないことが多々あるのだろうなあ。こんなに遅くまで。

とにかくお礼を言ってドアを閉めた後、Kと二人で「どの職種も大変なんだね。」と言うと同時に皆が暖かいお風呂に入って、皆が自宅でゆるりと過ごせる夜を願ったのだった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする