2020年02月29日

変な一日

昨日、がっかりすることがあった。

ある医療従事者が利用者様のご家族へ電話する様を目撃して。

あいかわらず頭ごなし。

しかも、内容も考えも所業もすべて間違っている行いだったので閉口した。

たまたま他の一大事があって施設に出向いたので目にした光景だったのだが。

ご本人が「あ、ちょうど良いところへ!」と気まずそうに私に報告するのだが、私の顔色はすぐれるはずもなく「何故行動に出る前に報告しなかったか。」と、過去何度も何度も繰り返された出来事についてため息をつく。

そのことで多大な時間が奪われ、私は明朝寒空の下ご家族に謝罪し、何度も示して下さっていたご意向を再び確認し、またさらに謝罪するのみ。

人は変われないものかも知れない。

変えることは出来ないのだから、それを受け入れるしかない。取るべき処置を取るしかないのだと再三親しき人々からも言われた。

けれどもすごく気持ちが悪かった。人を切るという行為が。

そうせざる得ないのに。自分以外にも害が及ばされるし、自分にはそれをカバーする体力がもはや残っていないと知りつつも。

実際に時間と労力を使い他の大事なことが何もできなかった一日を終えて夕方、ご本人から仰って来たので耳を傾けた。

「いつも同じことを言われているのに、すみません。」と。

正しいのかどうか分からないけれど、今一度口を開いた。

○○さんが今までてんぱって頑張って来て大変だったのは分かるけれど、もっとご家族やスタッフや・・・その他もろもろの人の言葉を傾聴しても良いと思うということを。

何回水に流すの?と言われるだろうなあと思いきや、またしても水に流した。

本人も初めての境地で人にこんなことを言われたこともないとか。しんどいんだよね、きっと。

でも、ただ一つ、確かなことは、今のところ、信じた方が心が軽い。

多分、今日の正解なのだろう。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

まさかの応援制限

とうとう事例研当日の規制化がさらに進行した。

当日ホールに行くのは出場者と各事業所の部長以上のみ。

発表者は発表した後すぐに退出し有休を使うか事業所へ戻って勤務につくか長に報告するというきまり。

厚労省からの来賓もないし、例年の何百人と比べると無観客と言っても良いほどの状況で発表。

そして部長以下は各事業所でWebミーティングの機能を使って応援&視聴するという。

感染症対策としては賢明だし仕方がないことなのだけど、残念だった。

新卒の介護職員さんやインドネシアからの介護職人2年目の子たちにあの雰囲気を味合わって貰いたかった。

あんなに沢山の中なから本選に出場出来たんだよってことを実感して欲しかった。

法人内のみが審査員となるとこれは困った。要するに不利なのよね。

もしも新しいことを偏見なく受け入れる審査だとしたら1位だろう。が、それがなかったら入賞すら出来ないという二つに一つになるだろう。

法人は大きいと皆さん思っているのだけど、やはりそこは一つの世界だからどうしても偏りがあるから。

けれども、全ては何かの流れ。意味のあることだと思う。

のびのびと発表して欲しい。

頑張れ。あと数日だ。どんなに条件が変わってもあなた方が素晴らしいということには変わりない。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

一難去ってまた一難

来る日の事例研も中止になってしまうのかな?と思いきや現状では行われるらしい。

ただし、その後の懇親会は中止だとか。

懇親会はその会場の何百人かでテーブルセッティングしてケータリングを立食する感じなので何となく、集まるのなら一緒じゃないのかな?とも思うんだけどね。

その全体懇親会が中止になると皆さん外の店でご飯食べて帰りそうなのでどちらかというとそれの方が・・・とも思うのだけど、多分大切なのは法人が中止するということなのだろうなあ。

後は自己責任ということだろうか。皆さっさと帰りましょうと声かけあう。

毎日忙しい中色んなことが起こるが他国出身の部下の方が「ビザが切れる」と言った昨日にはぶったまげた。いや、切れたと言ったのか。

期間中に更新していないとどうなるんだろ?とネットで調べたら失効扱いになって手続きに一か月以上かかるという記事もあって真っ青。

その間働かせるわけにはいかないし、ギリギリの人数で回しているためビックリ。どうすんだよ。

ビザの期限まで管理しなければならないのかと愕然としたが、ご本人は「今から行ってきます。」とひょうひょうとして言っているので、今勤務中でしかもリーダーで往診の真っ最中だろ、ダメだろ!という一幕が・・・。

管理しなくちゃダメらしい。

とほほ。

ああ、神様。新薬が出るまで・・・利用者様やその家族、そしてうちの職員が無事でありますように。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

3月は中止です

法人で行われる遠方での会議や様々なプロジェクトが顔を合わせずWeb会議で行われることになった。

少しほっとしている。そりゃあ、色々と困ることがそれによって起こるわけだけど、やっぱり高齢者が住まう施設に従事する人々がバンバン外出や出張しつつ中でも外でもうろうろするのはまずい。

遅すぎるくらいだけど、他の企業と比べれば早い対応なのかなと思う。

某国では外出禁止の街もある。あのパスタやピザが美味しい大好きな国でも。ひきこもるためにスーパーのパスタ類の棚が空だとか。

出勤自体を停止している企業もあるのだけど病院や施設はそうはいかないもんね。頑張るしかないよ、そこは。

職員さんの中にも理由が分からない熱が出ている人がいると速攻帰しているので、ますます現場は人不足だけれどね・・・。とほほ。

仕事が減るわけではないので忙しさに拍車がかかり、その上利用者様の体調不良にもドキドキし、ああ、本当に大変だ。

ところで、カウンセリングなどのセッションについて・・・、色々考えたけれど、やはり遠方からいらっしゃる方々が多く、3月はとりあえず中止にさせて下さい。

皆さんも色々と追われることが多いし、この騒ぎで仕事が増えちゃっている人も多いと思いますが、御身を大切にお過ごしになられますように。

また会いましょう。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 08:54| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

新月の日に

新月の朝に永眠なさった一人の老婦人がいる。

毎日毎日、今日か、明日か、明後日か、今晩か?と過ごされていた。最後の方、疼痛のコントロールが難しくお痛みだった。

そして、特に消化器系の癌の末期というのは生易しいものではなく、沢山の血を流された。

「早く行きたいなあ・・・」とベランダから見える空を眺めて仰っていたのはお迎えを待っているから。

けれどもご家族が来るとしゃきっ!となさる。

前の日、少ない休日を過ごしていたときもスタッフから色々な報告が来るので、いよいよ今晩かなあ・・・と思いつつ夜が普通に明けた。

そして、その方は夜勤の可愛い介護職員ににっこり微笑みかけ、私が出勤してすぐに息を引き取られていた。静かに静かに。

ご家族がいらっしゃるのにも丁度良い時間だった。

通常だったら週末遠方へ学会に行っている往診医の先生を呼ぶのにも丁度良い時間だった。

こんなふうに全ての人にギフトを残してまるで潮が引く時間を調整するかのように幕を閉じる人を沢山見て来た。

そのお顔は苦悶の症状一つなく安らかだった。

花束を手向ける介護課長が涙ぐむ。

やはりお別れは悲しい。

でもそれ以上に感謝の気持ちでいっぱいだった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 10:59| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

バルコニー2

施設内では・・・まあとにかくああいう施設だから猫や犬が闊歩しているわけにはいかないのだ。嫌いな人もいますからね。アレルギーの人だっているかも知れない

でも外で飼えばどうでしょう?とか私とその周辺の数人が乗って来た。

あ、ドッグラン作ってもいい?

「施設の中に動物ダメだっていってるだろうが!犬がエレベーター乗らないと来れないだろうが。」

あ、そっかあ。

じゃ、鶏は?

池作って良い?

「水はダメ!下にもれたら偉いことになる。」

って言ってるのに、ぼそっと小さい声で渓流釣り・・・とつぶやいたときにはあきられた。池だめっつってんのに、渓流ってなんだ、渓流って!

それじゃあ、釣り堀・・・・いや、もういっそ生態系をつくっちゃいましょうよ。手入れ要らないくらいの生態系を半端しないで作りましょう。

「生態系もだめああああめ!」

・・・・・・・・・・。ちっ。

結局何はともあれ、先に片づけをしようということになり、3月のとある日曜日幹部ばかりで集合して鬼片づけ、鬼ゴミ出しをすることになった。

お弁当は出るぞ。ばんざーい。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 動物好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

バルコニー

今月の施設会議でその建物の中にある広いバルコニーの話が出た。

前々からその話は出るのだけど、いつもそれよりも重要な議題があるので後回しにされてきた。

私が派遣ナースとしてふらり立ち寄り通過しようとここに現れた頃、すでにそのバルコニーは閉鎖されていた。もちろん利用者様が出て行ったりしては危険だからだろう。

でも、少し前までは事務のKさんという初老のダンディがパンジーを植えたり野菜を育てたりと、それは素敵な場所だったらしい。

Kさんは私が来てから一年ほどして退職された。ご病気だったのだ。

私たちはいつも喫煙所で他愛のない話をして、Kさんは若い頃に喧嘩ばかりしていた酔いどれな話を聞かせてくれた。

若い頃だけじゃなくて現在もきれっぽい人なのだが、裏側から隠し切れない優しさと陽気さがあふれ出るようなおじさんだった。

「酔いが覚める度にけがしててなあ。痛いけどところどころしか覚えてないんだよ。わははは!」と笑っていた。

愛想のない私をよくかわいがって下さった。

ごく早期のうちに「この乱暴ものめ!」と本質を見抜いていらっしゃった。

前任の看護課長が病に伏してしばらくした頃、「やばい。私も倒れるわ。」と言ったら、そんなにか?というほど爆笑なさっていて引いた。

「あんたは大丈夫だよ。」と。

怒ると皆ドン引きしてしまうほど怖いのに、ついつい私がそんなとき真顔で「怒ってるでしょ?」とぽつり言うとこらえきれず爆笑されていた。

彼がいなくなってからさらにバルコニーは荒れたらしい。私は一度もそこへ行ったことがないけれど。

その話が出る度に「誰がやる?引き受けた人が大変だから皆でやらないと。」とか「やりだしたらとことん手を入れないといけないよ。捨てないとダメなものも沢山あるから。」などといつも同じ話をしている。というのは、幹部は皆何かしらの委員会の委員長だったり、さらにその上のオブザーバーを務めなければならないから。

美化委員だか行事防災委員会だかに含まれそうな仕事なんだけど、その二つとはまったく違う委員会三つに籍を置いている私は、内心「もう私にやらせてよ。この話は終わり。」と何度言おうと思ったことか。

私、何回も同じ話するの嫌いなものだから。

でも、好きにさせてもらえるなら一人でやりますけど。

その会議にはボスのさらにボスが他所からいらしていて、「どうすんの?」というので、「とにかく草花など自然を茂らせたうえで動物飼って良い?」と訊いたらぶわっはっはっと笑われた。「動物ってなんだよ。」

ロバとかさ。そこに乗って近所の子供たちに遊んでもらうの。

騒然となっている。「ロバはダメ!ウサギくらいにしとけ。」

なんでだよ。

もう、理事に向かって話しているとは思えない私。

本当にこいつは!と思われているんだろうな。

この話はまだまだ続く。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。❤
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 動物好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

雲の上

ご利用者様がご逝去されるとそのご家族様とも会えなくなる。

毎日のように通っていらしたご家族様ほど多くを求めない。

逆に”え?ご家族様いたの?”と人が言うほど縁遠い人ほど介護に多くを求める。

毎日のように通っていらっしゃる方々はご本人と一緒の空間で呼吸する時期が長かったので多くを説明しなくても色々なことをわかってくれるからだ。

逆に滅多に来ない人ほどイメージがつかないので無理やりな救命、例えば100歳越えの人の肋骨をバキバキに折れるほど心臓マッサージするというようなことを求める。でも、それも愛情だから仕方ない。意向にそっていくしか。

私たちはご家族とは戦わない。スタッフのあるまじき態度とは戦うけど。

それはさておき、お別れの日が来たのだ。

皆が想像していたより一か月ほど遅かったけれど。

本当にご本人もご家族も一生懸命だった。

それから数日後、息子様兄弟が施設に来て下さった。わざわざご挨拶に。

長男様が私の顔を見るなり、ぶわっ!と泣いた。

もう80越えの息子さんたちだよ。お母さん、よく頑張りましたね。息子さんもよく足蹴く通われましたね。

ぐしゃぐしゃになった顔で号泣したり笑って下さったり。

せつないけれど、寂しいけれど、この出会いをさせて下さったお母さんに感謝していますよ。

Iさん、本当にありがとうございました。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

期待ゼロ

言いたくないけれど言わなければならないこと、言わなければならない場面というのいうものが世の中にはあって、それがまた大変。

自分を見つめない人とのやり取りは不毛なばかりか、全てを枯れさせてしまうからだ。

自分どころか、誰一人と生かさない人というのがいるのよね。

もはやからっからに乾いた砂漠の心。

人に水を貰ったら自分で耕すこともしなければならないってことも知らない。

”私はこんなに頑張っているんだからあなたが何とかして下さい”と言う人にはいくら何を言っても無駄なのよね。

分かってはいるけれど言わなければならないことがある。

”協力して下さい”とか”ご配慮下さい”が口癖のお方。あなたがどんなに周りに許され配慮されているかまったくわかっていない。

これは本当に事が前に進まなくて下手すると人命を落とす。

というわけで、分かって貰おうとすることに心血を注ぐよりも書面にしましょうってことにした。それも手間だけどな。

ところがそのノートを提案しようとその人のところへ行ったとき、介護の主事も同じことを考えて既にノートをその人に渡されていたことにびっくり。

その方が「もうほんとにしゃべりたくない」と言っていたとのこと。

それでも「ご配慮下さい。私は大変なんだから。」と言っている人に心底ドン引き。

草花も生物も仕事の実りも何一つ芽吹かせず他人から吸い取るだけの人でも自分はかわいそうと思っている。

逆に言うと・・・自信を持って放っておけるとあの人が言った。まったくもってその通り。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 20:41| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

免疫

昨日またしても渋谷で会議。少し前には別のプロジェクトでやはり渋谷にて会議。

もうこの時期そういう場所に行くのは本当に嫌なんだよな。全部Web会議にしようよってば。

施設にはアルコールもマスクも何とか確保出来ているけれど・・・それも業者さんの心尽くしのおかげ。

午前中いっぱいでその会議が終わり午後は往診の時間に間に合った。

この時期は医師もへとへとだ。

ドクターという職種の人は長年当直やったり長時間の外来、外科なら長時間のオペなどで尋常でないほどタフな人種だと思う。ほんとに凄いよ。

が、さすがに往診医の先生もしんどい。

普段から限界態勢なのだが今年はさらに緊張が高まるなあ。

皆さんも不必要な外出を避け、でも、楽しまないと人生ではないので少しでも楽しく過ごして免疫力あげあげでいらっしゃいますように。

焼き豚とクラムチャウダー、水菜やレタスやトマトのサラダ。お腹いっぱいになって明日は明日で頑張ろう。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

またお片付け

先日、またしても大御所様が作ったお片付け〜♪お片付け〜♪さあさ 私がお片付け〜♪という日があったが。

自分でぞんざいな対応して怒らせた利用者様のご家族にさらにぞんざいな物言いをして、「なんだか急に怒鳴られて大変だった。」と。

どうせおまえが先に怒ったんだろ?!と周辺調査をしたら、やっぱりその通り。

ご迷惑をおかけしたご家族とは今日初めて対面出来たのだが謝罪すると「わかって貰えて本当に嬉しい」と号泣された。

こうまでしてこのスタッフやとっていないといけないんだろうか?

答えはノーなんだよね。

でも、変なところでもしかしたら変わってくれるんじゃないかと妙な情がりいつも最終的にはかばい、今に至る。

それはいかんのよね。IMG_2338.jpg

そして本人は本当に分からないんだなあ、これだけ言っても自分がしていることが分からないのだなあと再認識。無意識も入っているからなあ。

元気を出すと人に迷惑をかける。そんな人種もこの世の中には存在するのね。

本当に今日も災難だった。

もうほんとにそれだけ。

さよなら。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

インドネシア料理

ナースの方の現在の職場に来て3年。

当時から陽気なインドネシア出身の人。すべての人から”お姉ちゃん”と呼ばれている。

で、この人とはなっかなかご飯一緒に食べれないなあーとよく言っていた。

約束してもどちらかが忙しかったり色々とたてこんだり。

勤務帯が複雑だけど時折会う度に親身に話し合うことが出来ていた。軽いことから重いことまで。

で、今回も「今度こそごはん食べに行こうよ!」と誘ってくれたのは、私がインドネシア料理、特に辛いものが好きだとしみじみ知ったからだとのこと。

しかし、約束したその翌日に、何と、彼女がインフルAにかかったというじゃないか。IMG_2363.jpg

約束はダメになったどころか、高齢者の施設なだけに追跡検査が大変だった。

そして早く手を打ったので拡大しなくてほっとした。彼女も症状が消えてから7日には元気に働きだしたし。

そして職場で会った際、「じゃまた試しに約束してみようよ」と笑うので”まじで?大丈夫かな?”と思いきや・・・

翌日、やっと彼女一押しのお店へ行くことが叶った。PちゃんとKも誘って4人で夜の街へ丸内線に揺られてワイワイ言いつつ出かける。直前に誘ったらIちゃんも来るとのことで5人に。

今まで食べたインドネシア料理の中で一番美味しかった。私はミーゴレンやカリカリした鶏や揚げ春巻きが好き。サンバルつけてビールと一緒でも火を噴きそう。

尊いイスラムの巡礼の話を聴いた。美しい写真を沢山見せていただいた。

ますます彼女のことが、そして皆のことが大好きになった。皆強いな、美しいな、逞しいし、謙虚で賢い。

私も見習ってよく遊びよく食べて、いーっぱい勉強して、いっーーぱい働こう。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。❤
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

2020年02月17日

散らかす人とセッティングする人

自分が不在の時に限って何かが起こるので、これはいったいどういうこと?と出勤の度におもしをドン!と乗せるような気持ちで収めようとするのだが。

親しき人々が「そんなことないよ。偶然だよ。そんなこと言っていると休めなくなるから気にしないで。」とも言ってくれていた。

が、年月が経つにつれ「うーん、ほんとだね。休まないで。守護神。いてくれるだけで良い。」と笑いながら言われることもあり。ほんとに嘘みたいだけど、いったいなんでこんなことが?!と出勤してビックリすることがある。

昨夜会議で渋谷のその先にある施設に行っていたのだが、その夜20時半頃、やっとナースさんから報告がある。

その言葉の出だしが「もうどなたからかお聴きになっていますか?」から始まるので、後から考えるとどう考えてもおかしい。その大御所様に報告義務があるはずなのだが、私に知らせてくれる時にはいつも大火事でひと騒ぎした後だから。

そして「自分は運が悪い。」と被害者意識を募らせていらっしゃる。いやいや、運が悪いのではなくて自分が問題を起こして、自分で疲れているってのが現実なんだけど。しかも、それだけでは足りないのでそばにいる人を巻き込んでいくという病気・・・いや、もう長年患っている病気なのでそれが性格となり人生になってしまっている。

それがもはや長年見て来た周りの人たちにもバレバレになっているという状況。IMG_2359.jpg

が、仕方がないのでその散らかった場所とエネルギーを一日がかりで片づけるというのが私の仕事になっているというのは嘆かわしいが、いかんせんやらなければならない。

建設的なことは何も出来ずそれだけで終わった一日だった。

*****

が、夜半、家に帰ると電気が消えていているのでつけるとKが走って来てまた電気を消す。

何やってんだ、この人!と思ったら、何と、料理が苦手なKなのに、夕食を用意してくれてしかもキャンドルとお花でテーブルセッティングしてくれていたのね。

あれ?でも、うちにランチョンマットなんてあったっけ?と思ったら、いつもお弁当を包んであげているハンカチが敷かれていたので笑った。

何でもないことだけど、とても癒された。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

3回目のおでん

そういえば休日だったので少し早い時間からおでんを煮込んだ。

定番の練り物はちょっとだけにして、白菜で作ったロールキャベツやシャウエッセンやら鶏の手羽に餅巾着など色々入れたが、何と、タコを入れ忘れた。

前回おいしいとよろこんでもらえたのに。

なるべくまんねりにならないように作っているがおでんの澄んだ出しに特に喜んでくれていて子供の頃の話をしてくれた。

おでんは嫌いだったのだと。でも、こんなにおいしいって知らなかったと。

それは大げさだと思うのだけど、優しい味のおでんを食べて冬の暖房の効いた部屋で冷たいビール飲んで、白いごはんも食べたけど、うどんが食べたくなって閉めのうどん。また炭水化物かい。

お弁当はオイスターソースも加えた生姜焼き。

介護の方はアスリート同然だからね。


それにしても無理しないでねの気遣いは一切いらないなあ。気持ち良いほどよく食べてくれた。

ぬか漬けもね。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

時間内という大切さ

事例研の原稿が3日前にあがった。

パワポで膨大な数になった。1次予選、2次予選と中身を多少変えたのだけど、来る春の本選に備えて、突然大規模にページを足さなくては!ということに気が付き、・・・と言っても、それはたった2ページなのだけど、濃いページでとうとうそれが今回の要となった。

一望しただけで「何、これ。」と色んな人に言われたのだけど、精密でベクトルだらけでビックリ。

けれども、実際に作るときの時間はさほどではなかった。

介護の方々が普段やってくれていることを図式化しただけなのだから。

ところがその1ページのシステムを表す図を足しただけで、プレゼン時間が10分越え。

これは致命的な問題だった。

どのページも大事なことが書いてあるから削除できない。

しかし、やっぱりダイエットしなければ時間内に収まらないのだった。

事例研で改めて確認したのは、人様にものをいうときに、だらだらと全部を話さないこと。

相手の時間にも限りがあるという基本中の基本。

それをわかっていない人は友人にも仕事仲間にも上司にも部下にも配偶者にも、まるで日記をつけるかのように自分のことを事細かに説明する。相手の膨大な時間を使って。

それは日記だけにしとけ。

自分は自分のことだから興味があって楽しいのだろうけど、貴重な誰かの人生の一握りの貴重な時間だから。

というわけダイエットした。

あとは読み合わせしてくれるのを立ち会うだけだ。

それからまた直すところも出てくるかも知れないけれど。

これを作らせて下さった関係者に大感謝。面白かった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

Nice to meet you!

これも一週間くらい前の話。

自分の顔を見るというおかしか夢を見た。

自分の顔なんて毎日当たり前に鏡の前で見ているが、それは実際に目の前、至近距離で自分の顔をリアルにみるという夢。

始めてだった。他人の顔を見るように普通に自分を見るのは。

もちろんそんな夢を見るのも初めて。IMG_2358.jpg

とはいうものの、それが自分の顔だとわかるほどだから、形や配置は自分の顔そのものなのだろう。

けれども「あれ?」と思ったのは、自分の顔を見ている不可思議についてじゃなくて、その自分の顔が、ほよーん!と力が抜けて普通の顔をしていたということ。

白いけれど顔色が悪いのじゃなくて、普段自分が見ていた顔より艶がある。そして、何とこちらを見て微笑んでいる。

けたたましい馬鹿笑いでもなく、作り笑いでもなく、ただ自然に心の底からリラックスして湧き上がって来る微笑み。

印象は、「あれ、なんか、自分で思っているほどブスじゃないな。」という感じだったので、こちらも笑ってしまった。

こうして話すと非常に不気味だなと思うのだけど、何故だか夢の中では「へえー、そうだったのね。ありがとう、表れてくれて。」と言うほど妙に感心していた。

それから数日後、空に天使の翼を見た。

さらに数日後、Kを待たせて渋谷でトイレに入った後、手を洗いながら視線を向けた鏡に釘付け。それが夢に出て来た自分の顔と同じだったから。。

そんなものいつも見て来たじゃないかということなのだが、何とも説明し難い。ありのままの顔だったのだ。良いとか悪いじゃなくて、ただただ自分そのものだったのだ。

どう表現して良いのか分からないのだけど、Kに話したところ、「う、大丈夫?死なないでね。」というので笑った。それは現実の世界で自分を見た際のドッペルゲンガー現象でしょ。

私が見たのは夢と鏡。鏡に自分が写るのはあたりまえだし。うーん、なんて言ったら良いんだろうな、これ。

しばらく話していると「うん、わかった、なんとなくわかった。凄く分かって来た。」ととりとめのないこの話を聴いてくれた。

「で、夢でなくて渋谷のトイレで現在の自分に出会ったとき、どんな心境だった?」

そう訊かれたので、その時思わずとった行動を話した。もちろん現実で口には出さなかったけれど(周りに人がいますからね)、思わず普通に「よ!なんか、幸せそうだね。元気で何より。」と挨拶したのだった。

これからは周りを大事にするように(私は人間なので大事に思う人だけだがな。)、調子が良いときも悪いときも心の中で自分にも挨拶しようと思う。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 夢分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

時代の変わり目

一週間くらい前のことだっただろうか。

晴れているけれど風が冷たい時期が続いていた。

その中でも珍しく温かめのある日、屋上へ上ったら、青空に、筆で書かれたような雲が天使の翼の形をしていた。

あら、偶然にしても見事。

その一か所だけを見ていた私はふと360℃の視界を広げた。つまりは目線の方向だけでなくて頭上や背後の空にも目を向けた。

そうすると、驚いた。

それは絵画というより本物のよう。沢山の天使が舞っていた。

呆然と眺めていた。何人もの天使の様子を。

特に誰に言うこともなくそのまま仕事場に戻って行ったのだけど、一仕事終えてKと屋上に上がったら、階段を上がる途中で既に息をのんだ。

丸い月が鮮やかに光るグリーンだった。

正確に言うと限りなく透明感のある薄いグリーン。

多分キャンバスであるロイヤルブルーの夜空にゴールドの月の光が反射して、それが混ざってグリーンに見えるのだろう。

私が言うより先にKが「うっわー、何、これ!綺麗!」と悲鳴をあげていた。

それで、もっと明るい時間帯に見た沢山の天使の翼の話をした。

街の果てを見ると、沈んだばかりの日が成せる技なのか、オレンジ色の閃光が深いブルーの境目を照らしていた。

占星術に詳しい人に言わせると今は何かが大きく変わっている時期で、それは個人にでもあり世界にでもあるという。

故郷の田舎でもみたことがない絶景を見ていると、確かにそうなのかも知れないと、自分や皆や世界の変化を感じる。

普通のことを普通にやって来た人たちの進歩と変化がここで一機に後押しされる次期にあるのだと思う。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

クローズアップされる周期

先日、仕事帰りにたまたま一緒に就業時間が一緒になったKが「今日は外で食べよう。」と言った。

その日は朝からものすごくイラつくことがあった日だった。

と言っても後から冷静に振り返れば、残念に思ったことは二つくらいしかなかったのだけどね。

前日のメンバーのミスがあった際、部下が発見してそこから逃げてしまったこととか。

そういうときの処理の仕方を覚えて貰おうとしたのだが逃げる人には教えられない。怒られるのが嫌だと言いつつ自分で出来るようになろうとしないとはこれいかに。

そういう人の矛盾はしょっちゅう遭遇するのに何故に特別イライラしたのだろう?と思うと満月が近かったというのもあるらしい。

あとは、同じ思いをしょっちゅうしている管理職がたまたまそれを目撃して、私のことを「どうして怒らないの?どうして怒鳴らずにいられるの?」と言った。

いや、怒ってはいるのだけど、相手によっては怒っても仕方ないどころか、ますます能力を発揮しなくなるのよね。

はたまたKが他のことで疲れ果て、それは自分の疲れであるというのに、私が何も作らなくて済むようにと思って食べて帰ろうと言ったのかなと思っていたが。

要するにすべてを含めて飲みたいということだったらしい。

飲んで帰りましたよ。

そして一日を振り返るとダメなことはダメと言わなければならない。で、それはきちんと言った。自分の感情は横においておいて。

さらに、その横においておいた自分の感情は気持ちが分かる立場の人たちときちんと分かり合ったり、はたまたKと飲みに行って笑いに変えたり。

結果、現状がどうなっているのか?ということを把握する情報源にも出会えた一日だった。

これ、あなたがやりましたか?と言うと、たいていの人が「え、はい。〇〇さんと一緒にやりました。○○さんがこれこれしかじかと言っていたので。」という言い訳の仕方をする。誰かのせいにしたいのだよね。

年上の人も年下の人もベテランも新人も皆さんそう。

でも、本当は、何故それが起こったのか?考えて欲しい。人の命がかかっているのだから。

一つ一つは小さなことかも知れないが、その一つ一つをなめているから大きなことが起こる。

今この時こうするのは何故?

それを繋げて考えられないのは要らない恐怖があるからだということも知っている。無駄なプライドを大事に抱えている人が多いのだということも。

けれどもその恐怖があるからと言って、流すことはできないことばかり。それが仕事。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

動作確認

先日は渋谷周りで駒大へ行って、事例研のパワポ原稿の動作確認。Kに付き合ってと言われたのと、もう一つは自分が作ったものだから・・というよりも、私にも責任がある。

いやあ、同じPCが施設にあるのだから、わざわざ本社に来させてこういうことやるの止めて下さいよと最初は思っていたのだけど。

で、まあ、それもその通りなのだけど、そこで初めて会った人に出会えてよかったということ。Kが管理者研修でお世話になっていて、その方のお話を何度も聞かされていた。

その人に会えて得するとか何かが進むとかそういうことではなくて、ただただこの人に会えて良かった、Kが言っていた通りの方だなということ。

無駄足じゃないかーと思っていたことが実はものすごく重要で意味あることに変わるのは、この日ばかりではない。こういうことは多々あって、それは行って見なければ分からなかったことだし、やって見なければ分からなかったことばかりだった。

今までもいつまでもそうなのだな。それでも、面倒くさがってしまうのが正直なところだけど(笑)

というわけで世田谷までの人混みに疲れた後だというのに、そこからKと二人井の頭線に乗って吉祥寺。お目当ての店でスーツをプレゼントしたいとKが言うので言ったのだけど・・・。

そうそう、たまたまスーツが二着しかなく、その片方がものすごく古くなっていたので、最近こちょっと探していたところ、Kが「あの店のはいいよ。是非。」と。

スーツの方が良い場面が増えて来ているので色々持っていても良いとは思うのだけど、それにしても気軽に選べない。

が、最近はジャケットがノーカラーで、パンツの裾が締まっているものが流行っていて、どうしてもそれが好きになれない。

結局買わなかったのだけど、何故だかKががっかりしていて申し訳なかった。とりあえずのものでも選べばよかったかな。

その後は立川の美容室へ行って、10年ぶりくらいの老舗でステーキを食べた。

ほんのり酔った状態でモノレールと西武線でのんびり杉並区に帰る間、色々なことを思った。

ずいぶん歩いたなあーという一日。とても楽しかった一日。

何がほっとさせたのか?というと動作確認が終わり、主旨を話せたこと。

とても疲れたけれど、その後、二人で色んなところを散歩して美味しいものを食べれたこと。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 11:27| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

こころ

夕べ、心の中で色んなことが起こっていたのだろう。

小平の家にいるときの間取りや近所の道がはっきりと頭に浮かんで来ていた。

廊下に置いていた冷蔵庫も、そのあたりが汚れているところも。

天井に長い黒いシミが出来ていた。

ベランダの様子も見えた。

今私はそこにいない。

寂しさではなくて安堵感を覚えた。

その前の時代の風景も見えて来た。

これにも安堵感だった。

私は今までの人生の中で一番幸せな時間の中にいる。何の無理もせず、何にもジャッジされず。

晩御飯の後、深夜にりんごのジャムを作った。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする