2020年05月31日

春財布 夏財布?

3年ほど前のこと、Kがお財布をプレゼントしてくれた。

とても気に入っているメーカーのものだった。オロビアンコとかいうイタリアのやつ。

それが結構老朽化したなあと去年の今頃言っていたのだが。

当時Kが「本当は1年に一回くらい変えた方が良いんだよね。次も同じメーカー?」と訊いてくれたのだけど。

実はもうずっと前から買いたいと思っているメーカーのものがあって、多分さほど有名ではないが、予約制で一年に一回くらいしか売り出されないメーカーのものだった。

予約しないと買えないのだから無名でもないか。

その財布を毎年買おう買おうと思うとその年はすでに売り切れ・・・というのをもう多分7〜8年は繰り返しているのだった。

「それじゃあ、今度そこが売りだしたら買ってあげるよ。でも、いつ?」

わからない。とりあえずメルマガ登録しておこう。

「じゃあ、繋ぎに他の財布買おうよ。」と、Kがそこまで言うにはKなりの理由があった。

いえいえ、今ので良いよ。気に入っているし。


そう答えると「だって!この財布落としたのもう二回目やん!!!」と、とうとうKが危惧している理由を言われた。

財布を落とすのは・・・財布が縁起悪いのではなくて、持ち主が大ボケだからです。もう人生で何度財布を落としたことか。

特に30代以降は3年に一回は定期的に・・・って自慢できることじゃない。

「いや、2年に2回だから一年に1回ペース。」

まったく面目ない。

そうこう言っている間にあれは2月頃のことだったろうか。

とうとう念願のメーカーが今年のお財布を売り出した。

速攻予約してくれたK。

しかしその後新型コロナ騒ぎに紛れて遅れに遅れ、届いたのが昨日だった。

デザインが気に入るかどうか写真だけではわからないものだが、実際に見ると、落ち着く色だった。しかも内側の色も綺麗。

早速中身を入れ替えようとしたその時、添えられた説明書に目を落とすと、あら、これも儀式が必要なのね。

よくお財布を慎重するときや破棄するときに語り継がれている儀式があるのだけど、今回は従おう。←従ったことがなかった。

かくして今日は足りないものを買いに行ったのだった。

が、ほっとしたのもつかの間。

事件はまだまだ続く。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 16:29| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

クリーミーもスパイシーも両方欲しい

そうして、あいかわらず油断せずに家飯を作り続ける。

いつぞや利用者様のご家族がおっしゃっていた白菜と豚バラ肉のミルフィーユ鍋のようなもの。

何度か味を変えて作ったことがある。

白菜はまだもうしばらく楽しめる。

今日はフライパンにお肉と白菜の断面を上にして並べた後無水で蒸して、しばらくしたらホワイトシチューにすべくスープを入れた。生クリームを使うときは味がちょっとボケるので少しコショウを効かせる。シイタケも余っていたので投入。

何だか冷蔵庫の中にあるもので作るので、献立としてどうなのだろう?と思うのだけど、昨日辛子酢味噌で食べたタコの残りがあったので、いきなりタコのペペロンチーノ。凄く良い香り。

で・・・ああ、肉じゃがも、コンニャクとタケノコの雷炒めも残っていた。

色んな国のものがテーブルに並んでいるけれど、これはこれで良いの。家ビール。

つい先日退職したIちゃんが沢山をラインをくれて、近くの駅で飲んでいるから来いと誘ってくれたが、もうだめ。既に料理が出来る頃には酔っておりました。

一つの時代が終わって行く。

大切なものが残っていて、その思い出話をしながら夜がふけていく。

今日もへとへとで、そして今日の楽しかった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

そして筋肉がつく

緊急事態制限が解除された後もホームの面会制限は続けている。

けれども普段にもまして皆さんADLが落ちてきている。

レクリエーションも全面中止していて少人数の職員だけでの働きかけでは少ない。

とはいうものの、感染しては一発。

急激に危険になるのか徐々に落ちていくのかの差なのかと思うと暗澹としてしまうのだけど、次々と手を考える。

一日も笑顔でいられる人生でありますように。

****

繰り返し唱えるのは、まずは自分を生かさなければならないということ。

これを心がけるようになってからまだ年月が浅いのだけど、これが欠けては元も子もない。

それを嫌と言うほど学んだはず。

なんだけどー、気が付いたらまた体重が落ちている。

ああ、いっぱい食べていっぱい寝ていっぱい笑おう。

それにしてもあいかわらず事態が悪くなると全部自分のせいと思うくせをやめよう。

何をすべきか?を考えつつ大きく構えて行こう。

しかし、ふと思う。よくこんな仕事続けて来たなあ。こんなにびびりな人間が。

でも、困難には向かっていった方が楽なの。

追いかけられるの大嫌いだから。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

どう過ごして来たか

どこにでもいるタイプの人なのだけど、人に何かを教えるのが向いていない人。

10あることを100言くらい説明する。

もしかしたらご自身が覚えるときに苦労したせいで事細かに説明しようと思う親切心なのかも知れないけれど、新人さんたちは「うるさ過ぎて頭痛がする。自分で考えたいのだけど、言葉で邪魔をされる。」と辟易している。

素直に感じるその在り方が実は最大のヒント。

人の思考を奪おうとしている人だから。

全部自分と同じようにさせようとするのは自信がないから。

自分の失敗を認められないから人も同じようになってほしいと願う。

そんな人いるの?と思われるかも知れないけれど、いるんだよなあ。でも無意識だから本人は分かっていない。むしろ親切で良い人というセルフイメージを持っている。

でも、その生き方がよろしくないから誰も真似をしない。

それが焦りを産んで人の何倍もお喋べりになる。

その上、上に立って責任を負うことはしないのよね。

何故ならば上に立つとおしゃべりして人の悪口を言えなくなる。誰も悪者に出来なくなるから。

よく聴くと人の悪口ばかり言っているなあと段々周りが気が付き始めてもまだキーキー言い続けている。

楽にならないのは自分のせいだから、この場合もやはり自分を見つめるのが一番だと思うのだけど。

思い込みと現実の区別がつかないまま40代50代60代。

それでも人生は過ぎていく。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 13:07| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

嘘でしょ

これを書いているのが25日の夕方。

特効薬がインフル並みに出回っていないというのに解除してどうすんだよ・・・と暗澹とする。

タイフルやイナビルがあってもインフルで死亡している方々が沢山いるというのに。

これ以上支払えないから解除するんすか・・・。

願わくばまだまだ危険なのだと一人一人が忘れませんように。

高齢者施設としてはまだまだ面会謝絶は続けなければならない。

出だしが遅すぎる対応で、終わりは早すぎる対応。

何も考えていない上司というのは世の中に沢山いるのだけど国単位って凄すぎる。

現代というのはますます自分の頭で考えて行かなければならない世界なのだなあと思う。

しかし、新型コロナの騒ぎ以前から常時マスクをしていた人を思い出すと勘弁。

世の中には菌やウイルスがいる。

それを100パ カットしようとしたり、マスクを強要するような人は本当に生涯家から出なければ良い。

それでなくとも骨折や肺炎などのリスクが高い高齢者施設。

何だかこの日は、本当に暗澹とした。

少人数で守れるものと守れないものがある。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

依存体質

介護職のそれなりに長く勤めている人に「どうすんの?ねえ?どうすんの?」と言うのが口癖の人がいる。

直接の部下ではないけれど、介護の管理職である友人がいつも嘆いている。

「なんでほんの少しで良いから自分で考えようとしないのかね。。。」と。

そうなの。責任転嫁したい人の口癖なんだよね、これ。

びびりで自分のことしか考えていない人ほど「どうすんの?」しか言わない。

微塵も考えない。

人に考えさせて、その結果に対しても文句を言えば良いだけなので苦労しなくて良い人生ともいえる。

ところがどうしたことだろう。

そういう人ほど不安でいっぱいな状態で生きている。

実は自分を人に委ねる、つまりは依存的な人ほど恐怖と不安にさいなまされる人生を歩むことになる。そして自分が選んでいるというのに文句を言うというこの不思議。

「ほんとうざい。」と友人が言いたくなるのもわかる。

でも、これ、よく聴く話だなあと思う。

配偶者からとか友人からとか、しょっちゅう「どうすんの?」と言われて悩んでいる人。

出た結果に対して文句を言えないはずの立場の人から。

私はと言うと、もうそういうのは請け負わない。

どうすんの?自分で考えて。

私も自分の意見を言う。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

ここはどこなんじゃい そして誰なんじゃい

それでKが朝の7時半頃夜勤から帰って来た。

私、色んなものを見たり聞いたりして来た。

そのよくわからない対象に対して「やかましい!こっちは今寝ないといけないんだよ!」と怒号したりガン無視したりすることはあったけれど、怖いっていうのは中々なかった。

わー!おかえり!と珍しく駆け寄る私にKがビックリしているのでわけを話したところ、「へー・・・・・。」と考え込んで「それ、狐の嫁入りじゃないの?」と言う。

Kは可視する方ではないけれど、エネルギーというか気配は感じられる人。

でも、見る見ないの差は大きくて、普段あまりそういう不思議なことを口にしない人だった。むしろ現実主義の理論派。よく分からないことは言わない。

そのKの口から狐の嫁入りと言う言葉が出るのはこれまた不思議で珍しいこと。

「かおるちゃんこそ、怖いっていうの珍しいね。」

狐の嫁入りって天気雨のことを言うんでしょ?

「天気雨のときに多かったからかね?実際に行われていたのが。」

え?実際に行われていたの?!

「いや、わかんないけど。行列はあっちから来たんでしょ?○○稲荷の方向だよね。で、行列が向かっていた方向には○○神社があるよ。」

あ、そうなの。でも、なんでちょっと様子を話しただけでそんなにスラスラ浮かぶの?

「そうなんだよね。凄くリアルに浮かぶんだよね。先頭は厳かで段々大騒ぎになって行くのは途中からどんどん色んなものがついて来るからだよ。くるくる踊っていたあたりまでは狐さん。」

だから、どうしてそれが分かるの?

「昔行列の中にいたんだと思う。」

・・・・・・・・・。思わずしーんとなったのだけどそれ以上問う気になれなかった。どう見ても狐というより狸顔やん。目も顔もまん丸くてさ。なんで行列にいたの。

そう言えば私は昔よく病院で認知症の患者さんに「あら、綺麗な狐の子だ。」と言われていた。しかも3人別々の時期に入院していたおばあちゃんに。

「うん。きっと何かゆかりがあるんだろうね。」

いや、わからん。

それはともかく仕事に行って来る。もう日は昇ったけれど、ゆっくり眠ってね。

おやすみ。いってきます。

しかしその後Kは行列の夢は見なかったが、金縛りにあったのだと言う。

Kの場合は異国、外国人の方々が沢山部屋に入って来てわいわい喋っていたと言う。

う。ついに部屋に入って来たか。狐じゃないけど何だかわからない異国の方々が。

しかし、そう答えている私の口が勝手にこう言った。

”インドネシアの神々だね。99人いたね。”

「う!なんでそう思うの?!」

何か突拍子もないことを言い出しそうで(自分が)、慌てて話題を変えた夜だった。

怖かったっす。自分も含めて。

どちらも悪いものではないのだけど、とりあえずお清めをしておいた。空気は綺麗にこしたことがない。

いやあ、すごい空気の一昼夜だった。


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

2020年05月24日

狐の夜行

近頃よく昔の夢を見ると先日書いたのだけど、21日だったか、いや、20日だったか。

普段見る夢とはまったく違う様相のものだった。

その夜私は金縛りにあった。

小平に住んでいる頃以来だったから2年以上ぶり。

金縛りになっても頭が起きているせいか、人の声はハッキリ聞こえる。この夜Kは夜勤だった。

頭の方向にマンションのベランダに面した道があるのだけど、そこは大通りから一つ入った一通の道。

その道に信じられないくらい大勢の人が通っている。足音。

がやがや言いながらゆっくり歩いていくが、そのうち笛をふくものが現れ、次は太鼓。そう、長い行列で最初の方はおごそかで段々騒がしい連中がついていっている。

もう歌うものあり演奏するものあり。

しばらくするともうそれは祭囃子のようなもの。

目にするものを歌にしていく人もいて「うっえきばち!あ、それ植木鉢♪」とか聞こえたときにはぞっとした。

ベランダに植木鉢置いているから。

何故だか知らないが珍しいことに怖いと思った。観ているわけじゃないけど両手首を曲げてくるくる踊っているのもわかる。

途中、はっ!と覚めた。2時頃であたりはしーんとしていた。汗びっしょり。でも電気をつける気にもならなかった。まだ聞こえないだけで行列がそこにあるんじゃないかと思って。

何故だか見つかりたくないと思った。

一服して再び眠るとまた金縛り。また祭りような行列が進みながら立てている音や歌が聞こえてきたときには、やっぱりなー電気つけなくて良かったなーと思う。しかし怖い。不思議な空気が立ち込めている。

金縛りが解けてしーんというのと、再び眠って祭囃子というのを繰り返して時刻は朝の5時半。

今度こそ朝だ。しんとなった。もう大丈夫。

聞こえているのはいつものOLさんのハイヒールで駅に向かってダッシュしている音。

ほっとした。

しかし、そのときまた異形のもの(?)の声が聞こえる。人数は2名。「いそげい、いそげい。」「なんでじゃ。まだ間に合うかのう。」と走っている。そしてOLさんとぶつかりそうになって「ぎゃん!あぶなかろう!あのアマ!」

OLさんは何も見えなかったのだろうか。

それにしてもそこで初めて笑ってしまった。

もう夜明けだよ。6時間くらい前に始まった行列だよ。間に合うわけないだろ。・・・・って、どこの何にに間に合わないのかは知らないけど。

あれは何だったのだろう。怖かったなあ。何故だか怖かった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

2020年05月23日

寒い日の暖かさ

とても寒い雨の日が続いた。

そんな真夜中、翌日も仕事だというのに疲れ過ぎて眠れない。

それで、手作りミートソースを作ってストックしておくことにした。

冷凍してとっておいても良いし、ミートパイでも作ろうかな。

どんな下手な人間が作っても美味しいのが手作りのミートソース。

トマトが無ければケチャップとソースだけでも良い。

スパイスと玉ねぎとニンジンもたっぷりいれて煮込む。

と、そんな翌日のこと。

Kがシチューを食べたいと言う仕事の合間。

あれ、どうしよ。頭の中のレシピや献立が崩れた。

でも、寒いもんね。シチューも良いよね。

それでその日は骨付きの鶏とたっぷりの野菜でホワイトシチューを作った。

シチューもまた誰が作っても美味しく出来る料理の一つ。

それを作りながら、ミートソースの存在を思い出し、明日はラザニアを焼こうと思った。

シチューとミートソースを交互に5層のラザニアに重ね、チーズをのせてパン粉やパルメザンチーズ、バジルを振ってオーブントースターで焼く。

ちょっとした異常気象の日々も、美味しい何かの材料になる。

こうして明日のエネルギーをしっかり補給して、見えない敵から高齢者を守る。と言っても、要は一日中ゲラゲラ笑っている。

今日も皆幸せそうで嬉しかった。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

世界はありのまま

何だか夕べは沢山の夢を見た。

漕ぎつけた休日の前夜だった。

最近は特に昔の夢を見る。

安全な環境になると人が辛かった頃のことを思い出すように。

思い出しても良いよと心が許可する時期にさしかかる。

誰も悪くないというのが今の結論。

皆必死に生きていた。

でも、ひどくおかしかった。

ありのままではない人は人がありのままであることを許さない。

幼い頃、自分で被っている生き方のつけを払っている大人たちによくやつあたりされた。

子供だというのに嫉妬されたり、邪魔されたり。

その光景はおばさんになった今でもよく見かける。

何故だか自分のやり方や自分の人生がうまくいっていない人ほど、他人に自分と同じことをさせたがる。

自分自身が積んでいるというのに自分のようにしなさいという人だらけ。

特に災害など有事のときほどその歪みが浮き彫りになる。

間違いは正さなければ幸せにはなれないというたった一つの真実。

そこから目を背けたいから自分じゃなくて他人ばかりを気にしている。

そういう人たちが多すぎる。

皆と違いますよ!おかしいですよ!と唾を飛ばして言っている人が気にならなくなったここ数十年。

そりゃ違うんだよ。おかしいから同じことしないんだよ。面倒だから言わないけどね。

一時的に目を背けるのは良い。でも、誰も自分から逃げることなんてできないんだよ。

なんか幸せじゃないなあと思ったら、そりゃやりたいことをやっていない、一番好きな人と一緒にいない自分のせいだ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 学ぶべし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

あなたとの日々

先日の往診はいつもとは変わった光景だった。

とあるおばあちゃんの膝の上に私がいたから。

この方はこの施設の近所に元々住んでいた方なのだが、認知症を理由に精神科に入院させられていた方。

その不幸な入院の前は失語症はあったものの、デイサービスと自宅を好きに行ったり来たりなさっていた。

よく見かけるので特養のスタッフも親し気にその人の名前を呼び。あら!Sさん!という具合に。

それが日常だったのだけど、ご家族の手に負えなくて、もともと勝気な女性だったために、無理やり押さえつけられたら暴力もふるってしまう。

とうとうお薬でコントロールをしろというアドバイスをされたのだろう。

精神科に入ってからの薬が強すぎて、あんなに元気に歩き回っていた人が、ベッドに縛り付けられて投薬されているうちに廃人のようになってしまった!と旦那様が嘆いていらした。

そして慣れ親しんだデイサービスを使っていた頃出入りしていたこの施設に戻りたい、受け入れて貰えますか?という話になった。

その願いを叶えることが出来て早1か月くらいは経ったかな。

Sさんはみるみる元気になり足に筋肉も戻った。

ここは病院ではないので、好きなところにいても良いよと彼女に約束した私。

なので往診の輪の中にも一緒にいる。ご自分も利用者様なのにね。(笑)

先生のご迷惑にならないのか?と訊かれると、大丈夫と答える。

何せ先生も地元の医師なのでこの方のことをよく知っているので。

Sさんは自分は椅子に座っているのだが、その膝に私を普段から座らせたがる。

その恰好の私がまじめな話をしているもんで、時々こらえきれず笑いだす人多数。

しかし、膝の上であろうが、何だろうが、今日の往診もクリア。

昼休みに鶴を折り、一緒にお茶をし、失語症でお話できないけれど身振り手振りで笑い合い、夜になったらまた明日来るね、Sさん。

Sさんはもう不穏ではない。

お疲れさま、ゆっくり休んでね。また明日ねと身振り手振りで答えて、自らの足で自分のベッドに向かって横になる。転倒防止のために分厚いマットレスを床に敷いているけれどね。

Sさんは旦那さんがいらして「たまには外泊するか?」と言っても帰らないと言う。

旦那さんが嫌いなわけではない。むしろラブラブ。でも、この施設の様々な人が大好きらしい。今日も自由に過ごされていた。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

クリア

はい、勤務表クリア。

今月も何とか調整ついた。皆さんに配ってチェックして貰ってOKも出た。今回も希望が叶えられて良かったなあ。

ということで今日は内科往診なのでてんやわんや。

60人ほどのご利用者様を4グループに分けて一か月に一度は何もない人も診察を受けられるようにする。

週に一回の往診でほんとならば15人くらいで済みそうなものなのだが、そうはいかない。皆さん高齢者なので毎週具合が悪い人を臨時でいれると20人は軽く超える。平均25人くらいを慣れているスタッフでやって2時間はかかる。

採血もあるし処方も毎回変わるのでてんやわんや。もちろん変えて貰わないと困るのが刻一刻と変化する人の身体だから。

数か月間新人の若い正社員さんたちにリーダーをやって仕切って貰っていたがそろそろ覚えて下さったので私もバトンを再び握る。

そうすると外回りの動きをまだ覚えられていない新人さんが苦労はするがまた新しいことを覚える。

そんな今日この頃、一時間半で肝要なところを終えられたので嬉しい。とても助かる。

その後先生と大事な話をする時間も数分持てるし。

そして何より、今週も利用者様はもちろんのこと、先生もご無事で何より。

一人一人をよく見て下さりいつもありがとうございます。

今日の日に感謝。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

恒例のパズル

うぬぬぬ・・・。

毎月のことながら。

勤務表がつきません。

これ、皆が皆、あの仕事は嫌だとかあの人との勤務は嫌だとか、毎週この曜日は休ませてとか、色んなこと言わないでいてくれたら・・。

いや、せめてたった一つで良い。

どんな仕事でも勉強しようと思い挑んでくれたら・・・。

とはいうものの、現状を見るべし。

叶えられる限り叶えて頑張ってつけるべし。

唯一自慢できるのは、誰一人として希望休を削らせたことがないこと。自分が連勤になるけどな。

でも、やる気がないのにやっていると必ず対処できないことが起こるのが人の世なので嫌だと言う人にやらせたくないのよね。

そんなこんなで、今月も何とかこのパズルを解くのだろう。

しかし、余った力を余計なことに使われませんように。

何故だか世の中は逃げる人と挑む人の両極端に分かれる。

けれども、結局最後に得をし強くなるのは挑む人で間違いない。

昨年は比較的頼もしいメンバーが入職してくれて、これでも今までで一番楽な時期を過ごしている。

感謝。

明日こそ仕上げるぞ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

雨の土曜日

5月16日。雨が降っていて気温差が激しい。

だから利用者様たちの状態が荒れることを予想して出勤したのだけど、何と皆さんなかなか調子が良かった。

連日100t程度しか水分を嚥下できなかった人が何と630t摂取。カロリーゼリーも1個食べてくれてむせ込みもなかった。肺雑音もなく吸引しても何も引けず。うまく飲み込めた!

はたまたSPO2が連日80%代だった方も本日は90%代。ご飯の他にもイチゴをモリモリ食べていらした。

嬉しかったなあ。

雨は降っているけれど施設から見える裏庭の林が緑で雨で濡れて綺麗だと喜んでいる人もいた。

皆さん慢性の病気があっても心が健康。

エンドステージのために面会謝絶を解除した方々もご家族の声に反応したり遠い孫娘さんたちとFaceTimeでお話しされたり。

しいて言えば私だけが何だか頭ズキズキするんだけど。(笑)それは今日帰ってからしっかり休んでプライベートを楽しむことにしよう。

皆さんが元気だと何だか嬉しい。

落ち着いているおかげでしばらくお話しできていなかった人の足の爪を切ることが出来た。

フランスに娘さんがいらして向こうも大変なのだと。

皆無事に乗り切ろうねと励まし合い近い合った。

良い一日だった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

人と書類

職場で色んなところで印鑑を貰わなければならない帳票が沢山ある。

例えば吸引指示書やら報告書もその一つ。

指示書は医師に書いて貰ってのスタートだが、報告書の場合は介護と施設長に記録とサインをいただいて医師に提出すれば良いだけの話。ただし頻度が毎月とということで高いけど。

これは加算とは関係なく法律的な問題らしい。

それはともかくとして、ボスに印鑑貰うだけという段階になってそれがないと仰る。

「あれ。確かあそこに置いたのにな。」

・・・・・・・・・・・・・。ボス、探しておいてください。介護に記録していただいた書類なので。

しかしそれからはや数週間。

無いのね、無いんですね?( ;∀;)

幸いにも介護と私が4部づつもう一度書けば何とかなる代物だからいいと言えばいいのだけど。

こういうことがちょいちょいあるので困る。

今度から張り付いて目の前でサインか印鑑ただこう。

だが、しかし、ボスのことは言えない。机上に色んな書類の山があるから忙しいボスは仕方がないこと。そしてその手前で私のところにも山が出来ているのが問題。溜め込まないでさっさとやらねば。

うーん、でも生身のご利用者様相手なので毎日書類に向き合っているわけにはいかないんだよーん。書類か今具合悪い人か?となるとやっぱり人の方に行くもんね。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

夢見る狂気

昔の友達にやたらと医療ものの海外ドラマの話をする人がいて、「見た?!」と毎回聴いて来るのでとうとう観るようになったことがある。

しかし、それもまったく無駄で「見た?」と訊かれて「見た、見た。」と答えてもまったく同じ。ずっとそのドラマのストーリーを話し続けるという地獄。

今思えば一種の病気だったのだろうと分かるのだけど、まともな部分もある人なので当時はそういう異常なところを見ないようにしていた。

まったく関係のないシチュエーションや相手であっても延々と自分は看護師だと話し続けていたりとか。

案外沢山いるのが看護師にあこがれている看護師。

何だか特別偉い仕事をしていると思っている。もしかしたらある意味そうなのかも知れないけれど世の中の他の仕事より凄いわけではないんだけどな。仕事は人に必要とされて応える作業なのでどの仕事でも立派だと思う。

私の友達とやたらと会いたがり、出くわそうものなら大変だった。自分はナースなのだということを出会いがしらに言うタイプ。

ちなみに後に人間関係のトラブルやら怠けものやら色んな理由が重なって退職してプラプラしているときも「ナースだった、ずっとナースだった。」と言い続けていたが。

その方はどんな人に張り付き依存するか?というと、色んな人と会う人。

そこにいるだけで色んな人に会えるから。

たまたま狙いを定めたのが私だったのだろうけど、きつかった。

何せ、新しい人を見つける度にナースの仕事エピソードを始めるのだけど、私にとっては何度も聞いた話で聴いていられない。

しばらくするともっとおかしな現象になって来た。

昔話していた海外ドラマのエピソードと同じストーリーを自分を主人公にして語りだしたからだ。

現実と非現実の区別もつかなくなってしまっていた。

基本相手がどんな忙しいときでも頻回に連絡して来たり押し掛けるタイプで、要するに暇だったのだろう。

色んなことがあったのだけど、やがて私のことと自分のことを同一人物化するようになった頃、周辺の人もその異常さに気づき始め受診を進めていたが、果たして治療すれば治るものだったのか?

答えとしては、もしも自分で気づけばとか、もしも現実を生きて行こうと自分で思ったら・・・という条件付きではあるけれど治るのだろうなあ。

残念ながらその人は言い訳と嘘ばかりでそのままいっちゃっているみたいだけれど。

あれから何十年か経って、ろくに勉強していないのだけど看護師看護師言う人にあったり、救急搬送が大好きで瞳孔開いちゃう人にあったり、人と競うことしか考えていない人を見るとその人のことを思い出すことが時々ある。

仕事やら患者さんを使って自分を満たそうとしている狂気を垣間見るからかも知れない。そんな自分のむなしさへ対処しようともしないし理由も考えない。もっとひどいと気が付いてすらいない。

時々またあほな内容の連絡が来るのだけど、会いたいと思ったことが一度もない。何故ならいくら話しても同じだからだ。

何十年経っておばあさんになっても、現実を見ようとしない人はずっと変わらない。自分を見つめ受け入れてから初めて人は成長する生き物だから。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

看護プロジェクト

コロナとは無関係に体調不良の方々が増えているのよね。

そんな中今日は看護プロジェクト。

もう段々雰囲気は分かって来たので力抜いて参加できるようになって来た。

それぞれ違った環境の中でそれでもある程度共通して目指すことはあるので互いに参考にする。

けれども難しい業界だなあと思う。

この3年くらいの間で色んな人を面接して来て採用したり却下したりしてきたのだけど、ある意味凄い勘違いをされている人も多くて。

「そろそろ楽したいので特養をやってみようと思いまして」とか「病院だと人間関係がダメだったので」とか「あまり勉強しなくて良さそうなので。」というような理由で採用面接に来る人々、勤めて下さっても良いのだけど、泣きを見る。

なんたって自分で考えなければならないことばかりだし体力的に楽なわけでもなく、はたまた勉強しないなんて言語道断だから。

結論。病院でやっていけなかった人がやっていけるはずがない。

逆に色んな科の病院ナースを経験して来てくれていないと多岐に渡る高齢者の症状やパターンに全然ついていけない。

はたまた柔軟性が無くて、教科書通りにやろうとする人も無理だしなあ。

何だか、カウンセラー時代に勘違いして「子供や症状が軽い人相手にやりたい」と言っていた人のことを思い出す。

その人の言う軽い人なんて見つからないし子供や高齢者の方がシビアなのになあと当時も思った。

そんな色々をふまえての今、あー、私も勉強しよう。

色んな意味で新しい時代が訪れているから。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

会議疲れ

月に一度ながーい会議の日があるのだが、今日がその日。

しかし、午後3時のその会議に漕ぎつけるまでで既にへたばっている。

まあ色々と具合が悪い人が出たり、そのために採血精査して急遽内服が出るので、それ一週間分確実にセットしろとか色々あるわけで。

状況によっては会議の日の自分を”出”という勤務をつけて資料作ったり色々出来る場合もあるのだけど、通常業務が多いとそうもいかず。

でも、良いこともあった。

昨日から面会謝絶を解除していた方のご家族が2日連続いらして下さってご本人も凄く嬉しそうだった。

このまま元気になれたら良いなと思う。そ、それは厳しいか。いや、ここまで生き抜いて来た人生の大先輩のこと、まだまだわからない。

そして、その伸びた日々には是非とも楽しい瞬間、おいしい瞬間というのが沢山ありますように。

****

夕べKと喧嘩した。

さそり座というのは往々にして言葉が下手だというのは数多くのさそり座友人から学んだことだが、それでも大事なことを言わないのはイライラする。

とうとう出て行けという話になり、いよいよ出て行くのかと思いきや、ぽつりぽつりと気持ちを話し出す。

最初から言えよ。時間というのは戻らないんだぞ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | チャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

エンドステージ

透明なサンバイザーみたいなシールドを装着して今日も内科往診。

先生は少しでも長く、一人でも多く診れるように細心に注意を払っている。

利用者様たちももう慣れたもので、その綺麗で透明なシールド越しに先生と話していても違和感はない様子。

いつ自分が倒れても良いようにと今日も多めの日数の処方箋を書いて下さった。

来週もお互い無事に会えますように。

それとは別に、エンドステージの方もいるのが高齢者施設。

幸か不幸かもはや分からないくらいなのだけどコロナとは無関係。

どうしたらその人らしく、少しでも安らかにその時を迎えることが出来るのかご家族の方と考える。

待ち合わせまでご家族が間に合わなかったので先生が施設を去ってしまったその後でご家族と共にクリニックへ行ってIC。

「どうぞよろしくお願いします。」と仰っていた。

面会謝絶を何とか解除して少しでも多くの機会を共に過ごして貰わなくちゃ。でも、抵抗力が落ちて罹患してしまうのも避けたい。

ひやひやドキドキだけど仕方ない。

迷うときはいつも何が一番大事なのかを考えよう。

それにしても家族って凄い。そんなはずないのに、やはりご家族に会うと利用者様は少しお元気になられるので持ち返すか?とさえ思える。

今日は貴重な笑顔を拝謁出来たので、いらして下さったご家族の方々に深く感謝した。

ご家族の皆さんもどうかご無事で。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

パスタとビーフシチュー

昨日、このご時世になぅてからの初めての外食をした。

帰るには家遠し、テイクアウトものを食べる場所はなしという状況でやむを得ず。

公園には昼休みと思しきサラリーマンの人々が沢山いたのだけど、それはそれで人込みが出来ていたし。

ウイルスを施設に持ち込みたくないということで薬局とスーパー以外の場所には立ち入っていなかったが、久々に入ったそのパスタ屋さんはかつて混み混みだったお店。

しかし今や閑散としていて例のビニールシートが垂れ下がっている。

で、久々に食べたのだけど美味しかった。

人に作って貰ったものという効果もあるのだろうけど、やっぱり味がしぅかり決まっている。

自分では作れない味。

何と蓋皿違う味のを食べて、いざ、さらに遠くへ足を延ばす。

なんか元気が出る。最近はずっと少食だったのだけど、もう大丈夫。

今日は何だか暑かったというのに、前日仕込んだのが季節外れのビーフシチュー。

大きなブロックの肉を業務用のスーパーで買ったので仕込んでみたのだけど、これも美味しいと相方が喜んでくれた。

自分の料理はあきあきと思いきや、これはこれで美味しかった。

****

そして今日は往診。

先生がご無事でありますように。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 07:34| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする