2020年07月31日

戦う人々

ああ、そして歯医者さんの日。

こればかりは自分で何とかできないからね。本当に信頼してお任せするしかない。

なかなか予約がとれなくて間が空いてしまうものの地道に進む。まだまだだけどね。

この春まで本当に全然いけなかったんだわ。

それにしてもいつも思う。

どんな職種の方々でも大変だなあと。

けれども、今この時期に歯医者さんってのは非常にリスクが高い仕事だと思う。医師の中では最も危険性が高いのではないだろうか。

衛生士さんもわらわら沢山いて今日も頑張っていらした。

私も私の仕事をしよう。

今心配なのは施設の利用者様を診て下さっている先生の夏休み期間。

お電話には出て下さる。本当に申し訳ないくらい。

だからせめて先生の休みの期間中、お電話することが少しでもないように運べば良いと願う。

皆、お元気で。本当に毎日毎日、笑顔で。

大切なこの夏を、もしかしたら人生最後になるかも知れない。そう考えてもおかしくないこの夏を、どうかその人らしく過ごせますように。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 美容&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

転職のエピソード

公私ともに色んな方のお話をお聴きする。

カウンセリングでも今の職場でも単なる知り合いでも。

その中に職場を転々としている方がいらして、さらにその職場を転々としている人の中の一部の方々に、「自分を否定しない職場を探している」と言う方々がいる。ちょっと頻度が高い。このタイプの方はよく同じような意味のことを仰る。

さらに言うと、仕事ってのはプライベートの生き方や考え方というのも出るので、よくよく聴いていると、その人は自分を否定する人がいない職場を探すのと同じように、自分を否定しない友人、否定しない恋人や結婚相手を探している。

でも、誠心誠意込めてさらによく聴いていると、いや、もともと話を聴くという行為そのものが誠心誠意がなければ出来ない。それがないのに聴いているという人がいても、それは単に聞こえているというレベルでしかありえない。もしかしたら聞こえてもいないかも。

話はそれたけど、とにかくよくよく聴いていると、否定しない職場を探しているつもりが、自分を否定する人をどこに行っても探しているのだという現実が発覚する。本人が気が付いていようがいまいが、そういう作業を必死でなさっている。

人と関わるときに、相手を見たり話しを聴いたり、あるいは表現したりするというよりは、自分を否定しているかどうか?という定規で相手を計っているだけ。

行く先々であえて自分を否定する人がいない場合も、どうしてもそういうことにしたいがため「は?」というくらい強引に持って行ったり。いちゃもんつけたり。

このタイプの方が友人にはいなくて幸いだけど、ひどい人になると自分の思い通りにならない人は、自分を否定する人だと持って行く人もいる。

そりゃ困ったもんだと思うのだけど、案外多い。

でも何かしらの意味があって無意識にやっていることであり、仕事ともなれば、その意味を聴き取ろうともする。

ただプライベートだと、ごめんこうむる。当たり前なんだよね。何でそんなめんどくさいもの投げて来る人の話を聴く義務があるか。好きな人とだけ関わるだけでも人生は忙しい。

でも、友達だったならば、きっとこう言う。あなたが否定する人なんだよ。否定するために否定する人を探しているんだよ。自分を置いてけぼりにして膨大な時間を使っている。と。

職場の人たち、友人になりたい人たち、皆皆、あなたの過去の傷や恐れとは何の関りもない。ただ皆一生懸命生きているだけ。それぞれの人生を背負って。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

懐かしの声

セッションものやセミナーなどをやると、その前後の時間を合わせると膨大な時とエネルギーを使うことになる。

施設の高齢者の方々に感染させたくないのと同時に、それに付随した問題に対処したり対策を立てたりすることに追われるようになったので、結局はおやすみしている。予約枠が確保できていた頃もあっという間に時間が埋まり、お詫びしたり代替案が出せるものなら出したりで大変だったが。

それでも、ここ数か月ゼロというわけにも行かなくて、凄く良いタイミングでお知らせいただけるというのもあって電話やメールで対応できるケースもあった。

お懐かしい方々だった。

そのうちのお一人もまたとても嬉しくて。エピソードは大変そうで胸が痛むものだったけれど、あいかわらず頑張っていらっしゃるなあということがひしひしと伝わって来た。

その方ご自身も今はご自身でセッションをなさり、ちょうどあれは緊急事態宣言が明けた直後あたりだったと思う。再開される前に心の整理をつけるためにお電話でのカウンセリングを申し出て下さったのだ。タイミング合って良かった、ほんとに。

かつての生徒さんでとても優秀な方だった。

ずいぶんお会いしていないので会いたかったのだけど、私の場合はナースの方の勤め先に高齢者の方々がいるために、やはり接触するまでに踏み切れなかった。

それでも懐かしい声だった。その人らしい考え方や感じ方だった。

いつかお会いしたいと思いつつもどこかで安心している。

きちんと仕事されてきちんと楽しみ、彼女らしく元気で頑張ってくれているから。

まだまだ自粛を強いられる場面は続く。

でも、きっと大きな意味があるのよね。

浄化だなんて一言では言いたくない。あまりにも苦しんでいる人が多すぎて。

けれどもこの時期を意味あるものにできるかどうかは、この時期の過ごし方にかかっている。

よく彼女と話していた。

ただでは転びたくないのよ。転んでから起き上がるまでにつけた筋肉ですら何か役に立つものにしたいのよ。

だから私も頑張ろう。そして楽しく過ごそう。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

エネルギーの話

いや。。。もうマスクいらんて。

納期を守らない相手に何でそんな予算使いますか。

*****

日曜日の日のとあるセミナーはKと一緒に受けた。

当初会場へ赴くはずだったのだけど、こんなご時世故Web上での開催となった。

それぞれ会議室のIDを貰ったのだけど、うちいはPCは一台。

一緒に映って良いんじゃね?というKだったがさすがにそれはおかしいかと。

結局モバイルとPCの両方で画面が見れて面白い状況となった。家で受けられるのって良いよね。

で、これは看護の分野のようでもあり介護の分野のようでもあり、そうかと思いきやエネルギー学の話が大半を占める。

これはよく思うことなのだけど、心理学やセラピーや医学やら色んなセミナーを受けて来たけれど、結局全ては繋がっているなあということ。

もちろん専門性が各分野にあるのだけど、根っこはいつも同じ話になっている気がする。

目に見えているのものはほんの数パーセントにしか過ぎなくて、目に見えないものの方が多い。

その目に見えないものを如何に大切にしていくかで、結局は現実世界に形として現れるものが決まって来る。

3時間ほどのセミナーだったのだけど、終了後Kも面白かったと喜んでいたが、同時にげっそり疲れているのでどうしたのか?と訊いたところ、参加者さんのチャットやら顔の画像、はたまたその人がいる自宅の画像にあてられたそうだ。

悩んで講座を受ける人も多いので、既にドツボにはまっている人や映ってはいけないものが映っているいる人もいたりで、確かに私も「あららら」と思ったが口に出さなかったのだけど。Kも気が付いていたのね。

開催側はもっと疲れるんだよね。悪い人なんて一人もいないのに。恐るべしエネルギー。

「夏なのに何だか冷えちゃった。」と言っているK。

そこに注文していた九州のもつが届いたので、キャベツやニラやニンニク、もやし、ぷりっぷり熱いもつ鍋を作って一緒に食べた。

しっかりお風呂に入って今日もお疲れさまでした。

得た知識をすぐにでも使いたい。

ので、きちんと温まってとりあえず休もう。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

セミナー

二日連続でとあるセミナーを受けたり勉強したり。

いやあ、濃かった。そして疲れた。

でも、自分が面白いと思うものの勉強はやっぱり楽しいなあ。

疲れってのは、本題以外のエネルギーにあてられたときとかかなあ。

学ぶ対象と自分が居て、そこに集中したいのに、同じく出席している人にびっくりするくらいの敵意を向けられることがある。

何も話していないし初対面の人であり、だいたい前のみを見ている私はいつの間にか横から長いことそういう人の視線にロックされている。

休み時間もついてくるし、いちいち意識して来るのでさらに違うところを見ていると前に回り込んでまで嫌なことを言う。

今回はそんなことなかったけれどたまに講師の人にその手の感情を向けられることもある。

「勝負しよう!ほら、絶対あなたの負けだから。」というようなことを遠回しで表現して来たり試して来たり。

もう講師さんの場合は本末転倒なので、そういう投影が生じた時点で「あ、無理だ。これ。」とあきらめる。他でも学べるからなあ。

過去、あるいは現在出会った人の誰かのとあるタイプに私は似ているらしい。それは誰にでもよくあることだけど、その変な投影がある限り本当に相対することすら無理なのでお付き合いすら始まらない。

にも関わらず親しくなりたいという感情も同じくらいあって、もはや異常行動になってはる。

他人は親でもないし今日あった人は恋人でもないし過去に嫌な思いをした誰かでもない。初めての人っすよ。初めての人にずかずか入り込んで来て「私、あなたのこと知っている」とか「私、あなたとまったく同じ!」っていうおかなしな思い込みをぶつけて来ないでなー。違うからな、それ。

例えばこれ初めての職場とかでもよくあることで、ある時期が過ぎると次に言い出すのが「えー、意外だねー。」とか「最初と変わったねー。」とか。いや、変わってないんだよー。あなたの目が覚め投影が解け相手が見え始めただけ。

何はともあれ、そういうのがあっても学ぶというのは楽しいことだ。

成長したいし何かの役に立ちたかったり、あるいはただの好奇心だったり。

生きるとはそういうことなのだと思う。

だからこそ余計に講義の内容よりも参加者ばかりに目が行く人、あるいは必死になっている人がいると、何しに来た?と思うのよね。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 20:21| Comment(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

再会

ある日、さよならをした雀のチュンタが降って来た。

玄関開けたら頭の上にバサバサっ!と。

外はまたしても雨だった。

あ、元気だったか!と”な、なんで!?”という思いで大混乱。

なんで人の頭の上に降り立つ。

驚いている間に頭から肩にちょん!とうつったかと思うとばさばさっ!と部屋に入って行ってしまった。

これはどうしたものか。捕まえて外に出している時間もない。

カラスか猫かに追われて逃げ込んだのか?けがはしていないみたいだけど。

仕方なくそのまま出かけて帰って来てもまだKが帰宅する時間ではなく私の方が先に帰って来た。

Kには先に電車の中で「さっき、いつかのチュンタが頭に降って来て・・・」と事情をラインした。

家に帰るとチュンチュン言って姿を現した。

まだ日が高いので外に出そうとベランダ側に連れて行ったものの、またすぐに入って来てしまう。

仕方がないので開けっ放しで放っておいたところ、何と私の膝の上に来て寝入り出した。そろそろ日が暮れる頃だった。

小さくチュンチュン言いながら眠ってしまうのを見て弱っているのかな?と思った。外に出しても戻って来てしまうならばと餌を水をあげた。

死んだかのように眠っていて不安だったが翌朝は普通にチュンチュン鳴き出した。

でも、やはり外に出してもしばらくするとベランダか玄関に来てチュンチュンチュンチュン言って入れてくれ入れてくれと言う。

もうほんとにどうしたら良いんだ。

どうしても手の平や膝の上で休みたがる。

悲しいのだけど、嫌な予感がした。外傷は見当たらないし、毛もふさふさに見える。

でも、真正面に来て自分の姿を一生懸命見せるかのようテーブルの上にいるときも、部屋の中で飛行して遊んでいるときも、膝や手に降り立つときも、「ああ、どこか具合が悪くて死期が近いのか。。。」と感じた。

そしてその予感があたって眠ったまま起きなくなった。

いったいどうして。

何でこんな悲しい姿を見せに来たの。

Kも私もおいおい泣いた。もう一生懸命だった姿が忘れられなくて。

「かおるちゃんところで眠りたかったんだよ。どうしてもそうしたかったんだよ。」

何とも言えない。そう感じるような気がするのだけど、言葉が通じないので分からない。

あの日、声が小さくなって元気に外の世界へ羽ばたいてそれっきりってのが良かった。こんなにぱたりと生きるのをやめるなんて。

鳥が膝の上に載ったり人様の股間で休むのなんて初めて知った。

よく分からないけれどそれはチュンタが決めたことだった。

たった二日間の出来事。

バタバタだった。ペットショップのおじいさんに餌を買いに行ったときに「うん。それはもしかしたらすぐ死んじゃうな。」と言われたときはむっとして、翌日会うと「一晩生きたか。じゃ、ミルワーム持って行く?」と恐ろしい虫を渡されて騒いだり。

悲しいけれど、どうしてだろう。私はチュンタにお礼を言いたい。出会ってくれてありがとうって。

色々訊きたいことはあるけれど、それはまたいつの日かということで。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

気分転換

あまり外出するわけにはいかないがKと二人で美容室へ出かけた。

もうボリューム出ちゃってまりもっこり(?)

白髪も勃発な二人。

時代が時代なのだけど、あんまり汚らしい姿で利用者様やご家族に不潔な姿を見せても申し訳ないってことで。

久々に電車に乗ったわ。マスクきつめで。

そして我らがプロの美容師さんに何とかして貰った。

本当は同じ時間に予約入れたいところだが。目指す美容師さんは一人なので時間をずらして。

マスクしたまま仕事して動くのが大変なのは美容師さんでも同じですね。

元々髪質が良くなくて、しかも50代の髪をここまで綺麗に仕上げ、おまけに元気にして下さる美容師さんに感謝。

Kも「さすがYちん!」と大絶賛。

本当はご飯でも食べて帰って来たかったのだが、そうもいかず大人しく家へ帰って家めし。

でも、Kが好きなパンが届いていて大喜びしていた。

まあ、シビアで大変な時期が続くけれど、頑張りましょう。少しでも楽しみながら。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 美容&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

全てが良くなりますよう

このコロナ騒ぎが始まってから事態は全然収束しているとは言えないが。

介護施設に関してのフォローは?と思い続けていた春。

そして少し前から見直して下さる政策も出て来た。

で、今回は20日の日に耳にした情報。

特養にも色んな職種の方々がお勤めになっているのだけど、清掃員の方々には毎日特に感謝している。ゴミが沢山でるし、施設内も広いし毎日いっぱいいっぱいな上にこうなってからはアルコールで拭き拭きして下さったり。

重労働だよなあーと思っていたところにやっとその方々たちももれなく給付されるものが出て来たのだけど。

20日発表で申し込み期間が短か過ぎる。

物凄い人数がいるので法人単位でやるととてもじゃないが締め切りに間に合わないんじゃないかな?という危惧。

はたまた病院ナースさんにおける耳新しいニュースと言えば、何百人も一度に退職したボーナスなし事件。

賛否両論あるけれど、多分ねー、あれ中で働いている人にしか分からない部分で腹に据えかねたところがあるのだと思う。

「看護師のくせに」と清貧を求められても困りますよね。

元々は奉仕や福祉や医療が好きな人種が多いはずなのだけど、普段沢山我慢して頑張って来たところにあれなんだと思う。

そう言えばね、昔バスジャック事件があって、人が刺殺されるほどの大事件だったのだけど、そのバスの窓から必死で逃げた女性がたまたま看護師さんだったのね。

「看護師のくせに逃げた」と叩く人がいてビックリした。

いったい勝手なイメージで何を求めてるだよ。

それはともかく、毎日お疲れさまです。色んな人、色んな事情があるとは思うけれど、退職なさった方々にとって是非ともこれが良いきっかけとなって良い職場に転職出来ることをお祈りしています。

職員が安全に働ける場所は利用者さんやら患者さんにとっても安全な場所。

「患者数や病床数が減ったし給料も削減出来て居たくもかゆくもないわ。」ってな考えのところには治療を依頼しないでおきましょ。

理事長室だの建物はそんなに立派でなくて結構。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ??? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

向かっていかなきゃなの

今月は内服管理マニュアルと皮下点滴マニュアルの2本を作り上げた。

なのだけど、特に内服に関しては前々から克服できない問題がある。

かと言って放置しておくわけにはいかないのでカンファレンスを開いた。集合おおおおお!

そして、二通り三通りと是正案を絞り出した。

これ、先生に怒られるだろうなあと思うこともあったが、逃げんぞ、私は!という意気込みのせいか、(のちに身体から炎があがっえいたと目撃談)先生もさらりと助けてくれた。不問にして下さってはならないこともあったのに。

昨日の反動だろうか、なんかミスではないけど、私が妙なところにあるはずない書類を置いておいたり、自分でも不可思議な大ボケをかましていたが。何はともあれ、今日も二つ三つと大問題はクリア。

いやあ、昨日も今日も修羅場だったなあ。

そろそろ頭おかしくなって来たのでしっかり休もう。

皆、ありがとう。

今日もいっぱい助けられたよ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

全うする

昨日少々肝を冷やしたのは、容態が心配なご利用者様がいるためその方ご自身のことが心配であること、そしてご家族のご意向を訊くこと。

主治医はとても熱心に診て下さるので普通だったらなかなか受診できない病院へもさらりと紹介状を書いて下さることだろう。地元の女名士なのだ。

しかしご家族がどこまでの治療をご希望なさるか?ということが心配だったり、その他介護の人々からもあれ訊いてくれこれ訊いてくれと依頼されていることもある。

その上月に一度の衛生委員会の日でもあり産業医の先生とコロナ談義しなければならないし、いや、これも来て下さるのだから非常にありがたいこと。先生たちも命がけだから。

その衛生委員会のすぐ後、ほとんどおしりがくっついた後の時間に課長研修があると来たもんだ。

しかもその資料が当日になっても送られて来ないので「なんだろ、これ?」と混乱状態。

衛生委員会と違ってWeb会議形式だから黙って聞いていれば良いだけだったら問題ないが・・・。どうせ意見を求められるのだからアドリブがきかない私としては前もって資料が欲しい。
理想は一か月とか一週間前くらいには欲しいなあ。せめて前日とか。

その他もろもろ悩んでいる上に、新入所がある!新しい利用者様がやって来る。

これがまたあたりまえだけど一大イベント。相談員、栄養士、理学療法士、介護、看護とで色んなことを調査し決めて行く。

いつものことながら脳みそが小さい私にはお手上げな一日だわ。

だが、しかし、衛生委員会の産業医の医師が一年間ご立腹で、私も同感と思いつつも相手が動いてくれないとどうにもできなかったことが、自分で電話したら一発解決。なんだ。大丈夫じゃん。これだけのことだったんだ。
労務の方々はもっと動かないという評判だったのに。

先生、データーが郵送されてきたら速攻でクリニックにお持ちします ってことで解決。

研修の寸前に介護課長が「資料が送られて来たから2部印刷しておきましたよ。あげる。」と手渡して下さり感動。

新入所の方も無事に入所し諸作業完了。とても可愛らしい人。

研修も勉強になった。

危惧していたことが次々と片付いて嬉しい一日だった。ちょっとしたタイミングの連続なのだけど、皆さんのおかげ。

だがしかし、翌日は内科往診。これに関してもこちらの先生と話し合いをしなければならない諸問題があって「ああ、明日、大丈夫かな?」と思う夜だった。

それが大丈夫なんだよね。一日は、いや、人生は、生きてみなければ分からない。

何故ならば色んな人と関わっているから色んなミラクルが起こるから。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

忘れんぼめ

認知症の形は本当に人それぞれで、ハッキリ会話できてしっかりしているように見えるが被害妄想が強い人がいたり、言葉は出なくても全ての概要を理解している人がいたり。

要するに私たちとおんなじなんだよ。

ただ彼らや彼女らは人の本質を私たちよりも良く理解されている。

とても気に敏感だ。

ただそれだけのことなのだ。

「清潔不潔がわかっていない!」と憤慨するのは大抵私と同じくらいの年齢か、もしくはそれ以上の職員なのだけど。

あほか?と思う。

清潔不潔が守られないのには理由がある。

不穏になることにも理由がある。

特定の職員のときに不穏が強くなる。

それはまさにあなたの勤務帯のとき。

それに気が付いているのかな?だから余計にその人をダメな人扱いするのだが。

残念でした。許されません。いくら他の職員の悪いところを探してこちらに言いつけて目をそらそうとしても。

何故許されないかと言うとここはホーム。あの方々のホーム。

病院でもその他の施設でも一緒だ。

私らはそこでお金をいただいて働いている存在にすぎないのだから。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

笑顔

医務課。

要するにナースステーションに主に入り浸っているおばあちゃんがいる。

自分からふらふらと来ては座りリラックスして過ごされている。

当初失語で話せないと言われたいたが、医務課で日々話すうちにどんどん言葉が出て来た。

冗談の切れ味が良いのには驚きで、私はよくその人に耳元で面白いことを言われて大声で笑ってしまう。

喋れない、何もわかっていないと思い込んでいる多くの人にとってはそれは驚きの光景だと思う。あの人何一人で笑っているんだろう?と。

ところで何故その人が医務課にいるのか?というと人が沢山いる食堂が怖いというのもあるらしい。

職員が忙しさに紛れて言う言葉が少しきつくなったりするだけで怖いのだと。

人間というのはどうしてこう人の優劣をつけたがり、自分より下と勝手に見なした人にぞんざいな物言いをするのだろう。

まあ、それはさておき、もともと強い人でもあるので職員に反抗もする。凄い筋力と身体能力なので結構危険。

ところがちゃんと説明すると納得して協力してくれる。

ありがたいことに医務にももう一人彼女の真の姿を知っている。皆が思うよりずっと知的で上品な方だ。

それが”困った人”のレッテルを貼られるので恐ろしいことだと思う。職員がそういうふうに扱うと他の利用者様もそう扱って良いのだと思い込みその人に失礼なことを言う。

その暴れん坊的な印象を持たれている方が発熱をしてぐったりされたのがつい昨日のこと。

普段が普段なだけに心配だった。

が、一日後、何の内服もしないまま熱が下がった。

採血の結果は炎症反応があるので抗生剤は出たが。

昏々と眠るその人の顔をずっと見つめていたら、突然ぱちっ!目が開いて「いつ来たの?」と満面の笑み。

その瞬間ちょっと泣きそうになる私を見て今度は「ははは」ともっと素晴らしい声を出して笑った。

まだ熱が下がったばかりで炎症はあるけれどゆっくり直して行こうね。

あなたは自分にひどいことを言う人のことも許してくれる。素晴らしい女性。

また一緒にゲラゲラ笑って過ごそうね。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

どうもね

これで良いのかなあ?と思うことが多々あるけれど、いつもその時なりに精一杯。

それで最近ふと思うことがある。

自分についてのあれこれだ。

今は普通に出来ることだけど過去にやって来なかったこと。

あの頃、あの時代、私はいったい何をやっていたのかなあ?と思うことが多々あるのだ。

くだらない小さなことを気にし過ぎてやるべきことをやって来なかったように思えることが多々あるからだ。

それができるようになったからこそ言えることなのかも知れないけれど。

だからなるべくその時代の自分に共感しようとする。

何故ならばその時その時で大切なものがあり精一杯だったからだ。

その時大切にしていたことがあり、今の自分がある。

そうして、それを理解してくれたり受け入れてくれる人がいる。

私はあまり大勢の人に受け入れられたいとか認められたいとか思う想いは薄いようだ。人の話を聴いていてよく思う。

でも、この人には分かって貰いたい、認めて貰いたいと思う相手に想像以上に受け入れて貰えると凄く嬉しい。

その時々で大事に思うものを大事にして来て良かったなあとつくづく思う。

だから、時折それはとても難しいことだけど、今日も思い出される時代の自分に言ってあげよう。

よくやった!ありがとう!君のおかげだよ!

もちろん君の周りの大勢の人々に大感謝だけど、まずは君が生きていたおかげだよ。きちんと考え悩んでくれてありがとう と。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | インナーチャイルドヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

夏の計画

コロナ騒ぎでしんどかったし、今も解決しているわけじゃないが。

大分休みを取れるようになってきた。寝たおす日おあり幸せ。

そんなとき、来月の勤務表を作成しなくては!と思う私にKは「誕生日は休んで!」と言う。いや、そんなに叫ばなくても。

最近ほんとに休めているし。

ここ数年は誕生を大切な友達と過ごせて来ている。昼間どこかで祝ってもらい夜は夜でパートナーにお祝いして貰ったり。

充分過ぎることです。こんな年になってまで。

けれどもK曰く「いや、2連休して!もう他のナースさんも学んで来たし大丈夫だよ。苦労が報われてるよ!」

いや、Kちゃんよ。まだまだ旅行なんていけないよ。業種によっては多くの人が行けるかも知れない。細心の注意を払えば。

でも、高齢者の施設だからなあ。ほんとに持ち込みたくない。

「すぐそこ。都内の〇〇ホテルを予約しちゃったもんね。」

なるほど。そうか。都内か・・・。

最上階で夜景見たり、ランチとディナーで美味しいもの食べて、そして近くにあれがあるからあそこで遊んでショッピングでも良いし・・・とKの口は止まらない。

地方の方々が東京の人来ないでーーと思うのも無理のない状況。

だが、しかし・・・。

まだ迷っているのだけど、引きこもるのが平気な性分の私でもさすがに閉塞感を感じて来ている今日この頃。

けれども、Kがホテルの人や周辺の人に電話で色々相談した結果「一流のところはさすがだよ。色んな工夫がされているよ。まあ、聴いてよ。」と色々と対策されていることを話してくれた。

そんなふうに調べてくれたり、何とかして特別な一日にしようとしてくれているその気持ちが嬉しい。

誕生日を心から祝えなかった気がする。どこか心の隅に古いものが残っていて。

でもこの時代に生まれて来て良かったなあ、ありがたいなあと最近思う。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

小休止

ちょろっと施設行ったり歯医者行ったりちょろっと書類作ったり。

完全なる休日ではないにしても、休日は良いっっっ!

なんか家事しているだけでも気持ちが違う。

いきなり本読みだしたりウトウトしたり。

映画もみたいから続きを再生したり。

ああ、お休みって幸せ。

*****

そろそろ若い人たちも育って来たしオンコールも任せられるかもしれない。IMG_2504.jpg

しかし、しんどい時代だったなあ。

最近は特にありがたく感じる。

頑張って損なことってないんだなと。

地道に通常業務だけでもシビアな中どんどん知らないことを経験しなければならない日々が私をまた強くしてくれた。

ところで、ちゅんちゅん耳鳴りがすると思ったらチュン太!

声掛けてくれたのね。


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 動物好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

介護の良心

会議自体は沢山あるものの、大抵の会議が月に一度しかない。

その施設全体会議の最中に急変があった。

うちのナースさんがPHSにかけて来たので会議を抜け出して救命処置。

自然な老衰ならば何もしないで欲しいという要望の方だったのだが、直後には何が原因なのかも分からないから。

大変な一日となった。

夜の20時半頃までかかりやっと施設を出た。

その翌日は往診だったので、やはり皆朝から出勤しなければならかったので何となく皆の顔色がすぐれなかった。

疲れたよね。

頑張った結果は最悪の事態を免れた。

それが不幸中の幸い。

ところで、有事のときというのは、人柄やら本音やらがしっかり見える。その人の本質が出る。

卑怯だなーと色々な場面で思われる人は、やはり逃げるだけだった。逃げるけれどそのことを話題にしたいワイドショーのような人生。ワイドショーのような仕事ぶり。嘘と人に見せるポーズばかり。まったく持って要らない。新人さんの方がまし。

でも、それを露見することになり事態を改善させる方法が見えたり。

私がやかましすぎるのか?と思うのだけど、やはりひどすぎる。

そう思っているとき、翌日ボスのKがその人に説教している光景がみえると少し安心する。

そうですよね。間違ってないですよねと。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ??? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

会議会議会議

7月13日は月に一度の会議三昧の日。

しかし看護プロジェクトは4〜5日前に終わっていたため少し楽。

この日があまり好きじゃない。

現場と理想との間のギャップが直視せざる得ない状況になるから。

でも、毎月毎月嫌だ嫌だと言って臨む、それも嫌なのでなるべく態度や言葉だけでも明るく保って行こう。

昔と少し違うのは、同じようなことを感じている人が幾人もいて一人じゃないということ。

そしてその人々が問題にどう対処しているのか?ということを話して聴いて参考に出来ていること。

この差は大きい。

IMG_0026.JPG*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | めんどーーー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

癒される

医務課のビオトープのメダカたちが元気。

もはや卵をもっているため、その透明な丸い球の個数を数えている人多数あり。

一つなくなったとか、目玉が見えて来たとか。

何だか小さな命が一生懸命生きている様は微笑ましくて応援したくなるのかも知れない。

人間でも一生懸命な人は応援したくなるものね。IMG_2503[1].JPG

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 動物好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

ビオトープを医務課へ

家のメダカが増えたので我が医務課へビオトープを持って行った。

お御所さんに観葉植物を置いたときも嫌がられたが、水槽めいたものを置くなんて。

さあどんだけ何か言われるかと思いきや。

ビオトープの前に立ち尽くし「か、かわいい。」chanet_77372.jpg
がくっとずっこけそうになった。

「お休みの日は私が餌あげてもいいの?」

これにもずっこけそうになったがいいですよ。少しにしてくださいね。水が汚れて死んでしまうかも知れないから。

以降、メダカは楽しそうに泳いでいるし、そこで足をともてじっと眺めていやされている人多数。

持って行って良かった。

小さな身体で一生懸命生きている姿が胸を打つみたい。

こころなしか緊迫しがちな現場の人々の表情がやわらかくなって来た。

本日なんぞは「卵だ。卵が産まれた。」と騒いでいる若いナースさんもいて、とても微笑ましかった。
*****



ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 動物好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

客観視

仕事が終わり久しぶりに外でご飯を食べて来て家に帰り着き、何と二人ともお風呂前に寝てしまった。

気が付いたら22時過ぎ。

このまま入らないで寝ても良いくらいだった。だるかったので。

でも、何とかして入るとやっぱり気持ち良い。

もう働いて来ただけで色んなエネルギーが身体に付着しているんだよね。特に頭を洗うと気持ち良いー。
髪の毛って一番つきやすいところだから。

ちなみ後頭部に過去の思考が付着していたりする。

お風呂上りにスキンケアをする際、アメリカの連続ドラマを流していた。

例の長編。

もう何だか死んで欲しくない人は死んじゃうし主人公には共感できないし、好きな人物がいないただシビアなだけのドラマになってしまった。

これはもはやハッピーエンドなはずがない。

特に主人公が持っている精神病についてもダーク。

それを見ていて思い出したのだが遺伝には逆らえないところも多々あるということを思い出す。

Kはよく通りすがりにドラマの説明を求めて来る。「どうなった?」と。ああ、あの人は死んであのあとこうなってあーだらこーだらと軽く説明する。一緒にも見るのだけど。

その流れでKと遺伝の話になった。

重い気持ちで。

けれども幸いにも色んな人に出会い色んなことを学ばせてもらってこうして仕事をして好きな人と喋るつつがなく暮らしている。

客観視という視点を学んだから今幸せに過ごしている。

それとは別にKの優しい受け応えに、その静かな静かな、しかし確固として断言する私への言葉に「家は酷かった。家族も酷かった。でも、私は幸せだ。学べた。」としみじみ思えた夜だった。

夜中までそんな話をしていた。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする