2017年09月25日

大好きだよ 5 度胸

ひとしきり仕事の話が終わったあととか、何となくプライベートな話になったときとか。

気が付いたら、とある空気になっているので私は無意識にちゃかして冗談を言っている。

でも、その私が作ったちゃかした空気を壊さないままでふと強めの語調で「私は逃げないよ。」とキッパリ返って来たのでドキッとする。

そうだよね。

人に向かって行くことから逃げて来たのは私。

そして正直に素直に向かって来る人をちゃかしていたのも私。

素直になれなかったまま人生が終わるのか。

でも、見透かしたかのようにこんな言葉が返ってくる。

「大丈夫だよ。わかっているよ。」

そうして少しづつ心が溶けて行く。

溶けて良いのかどうかわからないまでも、とにかく素直な心には勝てない。

相手ばかりに努力をさせてはいられない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 15:47| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

美しい人 / 大好きだよ 4

あっ。昨日のログ、消えてる。

・・・・・・。まあ良いか。

今日はお久しぶりな感じがする方との教育分析。

毎月2回くらいはお会いできるのでそんなこともないのだろうけど、前回とその前が会えなかったからなあ。

そして独特の人生観の話をした。(笑)

しいて言えば人は皆独特なのだけどトラウマだの歪んだ教育なので既成の概念や常識という名の思い込みに囚われ過ぎるの。

囚われている人のことも決して嫌いではないけれど、しいて言えば彼女はまた自由になっていた。

ちょっと自分の話を聴いているようで同意しすぎた感があり、カウンセリングマインドが「そんなにこっち寄りで良いのか?私みたいなことしちゃいけないぞ。」とも思ったが。

それも全て彼女の意志なんだよね。

まあどちらにしても共感と同意が同じくらいのパーセンテージで止まらない。

私は本当の意味で強い人が大好きなのだなあ。

********

プライベートでまたしてもビックリするほど胸を打つラインメッセージを貰った。

凄いなあ。そんなことまでしてくれるんだ。

互いに忙しくギリな時間割で生活しているし疲れていると思うのに。

愛には凄くエネルギーが要ると思う。時には。

そしてそのパワーがないとなかなか誰かを愛することは出来ないんじゃないか?と思っていた。

けれども知力も体力のうち。そして想う力もそのパワーのうちに含まれるのね。

私もそういうことに頭が回れば良いのに。

余談だけれど、男性の友達と女性の友達が同時期に同じようなことを言う。

何でなんだろう。言うセリフも言う時期もそっくりだ。

そう言えばこの人たちの星回りも似ている。そういうのってやっぱりあるんやなあ。(ねえ、次女君)

それはともかくリアルな人間に教わった美学やパワーや素直さや、それらを大切に育んで行きたい。

「何言ってんの。かおるがこういうふうにしてくれたんだよ。かおるのおかげだよ。」

え?そんなことは・・・と言いたいところをぐっとこらえて「ありがとう。嬉しい。」と受け止める。

そうすると泣きそうになる。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 22:09| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

大好きだよ 3

先日触れた私の交流パターンによるゲーム分析。

交流分析によるゲームとは何か?に関する記述はこちらあたりに記しています。

で、生きている限り人間は人とのストローク交換が必要で、言い換えれば生きている限りゲーム的な交流をうっかりしてしまう。

それがかわいいと思わる程度のものだったなら良いのだけど、人によっては酷く自分を孤独にする生き方を勝手に選び取っているので、そのゲームも笑えないほどひどいものになる。

色んなことを学んだり色んな願いを叶えて来た後の再燃で、すべての理屈を分かっているはずのに起こっている自分の中の出来事に戸惑っていたのだけど、数日経つとその原因の一部が分かって来た。

例によって「あ、こういうのは自分で出来るから放っておいてくれるかな」とか「もう会いたくない。」などなどうっかり(しかし表層意識では本気で)酷い言葉や態度を発すると愛しき人々は

「やだね。」とキッパリ答えて気にしない。

は???と思う。

その は?と思っている間に次の優しさや愛が降り注ぐ。

愛や優しさが深いのだ。

なのでそれらが潜在的にサバイバル好みの私からサバイバル的な生き方や考え方を奪っていった。

いや、彼ら彼女らは何も奪わない。別に持ってて良いよと言われるうちに指先の力がいつのまにか抜けて行くかのような。

そこには恨みも妬みも猜疑心も何もない。

ただただ「大好きだよ」の繰り返し。

何となく生き抜いて来てこう思っていたんだ。

そういうのは、腑抜けになってダメ人間になっちゃうんじゃないかな?

でも、正確に言うとダメ人間は元からであり、愛をいくら受け止めても、やりたいことを真剣にやって行くことは出来るらしい。

抱擁と笑顔と温かさとクールさと強さの中でも。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 10:19| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

おひさしぶりだね また君に会いに来てしまったよ 私のゲーム

私のカウンセラーになるまでの旅、つまりは心理学の旅というのは元々自分見つめから始まった。30代後半だった。

自分見つめをしつつ知識を入れて行くので濃い期間だったと思う。

そんなプロセスを経ての学びなので人並みに苦しみはしたものの。

実際にカウンセラーや心理学の講師をする際においては色んなことに共感出来てそれはそれで良かったなと思う日々だった。


その傍らで様々なクライアントさんや生徒さんに遭遇する度に「嘆いているみたいだけど、自分で自分を幸せにしようとしていないだけなんだよな。」と感じることが多かった。

普通に平和にハッピーなやり取りの途中で後味の悪い発言をしたり、親密になって来ている関係なのにあえて自分からそれを壊すような言動を取ったり。

勝手に傷ついたり傷つけたり。

まったくもって不毛だなあとその心理を理解しつつも感じて来た。

ところが、最近自分でも戸惑うことが起こる。

あれ?私は今同じことをしているなあ!と思う場面が多々あるようになった。

もううん十年こんなことしなかったのに。

男女ともに私を大事にしてくれようとしている人々に対して、攻撃的にはならないけれど、心がしんとして来てそっけない返事をしてしまう。

好きと言われて自分も好きだったら好きと返す。

そんなことは普通に出来ていたはずなのに、何度か同じやり取りをしているうちに「あれ。何これ。」と気が付いたのは、自分が「んなわけねーだろ」とか、何かトラブルが起こるに決まっていると勝手に思い出すという現象。

それでも好意的で熱いストロークを送るタフな相手に至っては、とうとう「もうやめて。」ととうとう拒否るということまでやってしまった。

ずいぶん懐かしいパターンを再燃させているなあ。

でも、そうなっているのだから仕方ない。何か原因があるんだろう。

しいて言えばこう思えるのが昔とは違うところ。

ハッピーだとつまらない。最初は感謝できていたことなのにしばらくすると心がしんとする。自暴自棄になる。

私だけではなく多くの人が、心の中にある人生脚本の影響でそういう妙な交流をする。

でも、何故今起こるのか?ということを客観的にとらえていい加減にしないと大切なものを失ってしまうし、一度壊れたそれは二度と戻らない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 11:59| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

正直

本当のことと嘘のことが世の中にあるとして。

決して嘘をつかない人が居る。

嘘をつくくらいなら黙る。

そんな選択をする人たちがたまたまごく身近に三人も居る。

いや、配偶者を入れて四人だ。

その方々は必ずと言って良いほどさそり座か、その次のいて座の時期のごく初期に生まれた人々。

沢山の秘密を抱えつつも正直に生きている。

基本寡黙なのだけど、たった一人に対して雄弁になることがある。

よく周りの人は彼女や彼らのことを何を考えているか分からないと言い、はたまた神秘的という。

けれども真近で観る限りにおいて、ただただそれは正直に生きているというだけ。細かい傷から大きな傷まで沢山の痛手を負いながら。

特に性別が違うと中々真のエピソードに辿り着けない。

本当のことしか言っていないけれどその手前に沢山の日常や猜疑心が丸太のように転がっていて。

でも、ある時、その心に少しだけ辿り着ける。

最初から分かっていたような前にも聴いたことがあるようなあなたの物語。

そしてあなたの自己分析。

色々と余計なことを考えてしまうほど大人の私の心は汚れてはいるものの、「それは違う。違うよ。」と真剣な顔で力を込めて言われる。いつものように。

全身で、全神経を集中させて、訴えてくれる。

自分にはあなたが必要なのだと。

私のエピソードまではまだそこまで話す機会がないものの。

何となくだけど、あなたは知っている気がする。

多分遠い昔以前に聴いたことがあるような。

そんなふうに思うかも知れない。


さて。

でも、私にもあなたにもやるべきことがある。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

占いと心理学

カウンセリングをしていると結構な頻度で恋愛のエピソードが出る。

で、そんな方々の中のまたかなりの頻度の方が占いのお話しをなさる。

まあ、カウンセリンラーと占い師を同列に観ている珍しい方もいて「どうですかね?」なんて尋ねられて「そういう仕事じゃないです。」と苦笑いすることもある。

それはともかく、占いをする人というのは、一度や二度じゃなくて沢山やっていらっしゃる。

特に今はネット占いというものがあるのでヘビーユーザーになりやすいのか。

でも、その方々のお話しを聴いていると「あれ?」と思うのは占いばかりして肝心の相手とは向き合っていないのだなということ。

相性だの将来だの、相手の気持ちだの。

相手と向き合っていれば分かることだけど、多分向き合うよりも占いなど使って分析する方が楽だし傷つかないからかも知れない。

何でも実験するものだから私もやってみた。

うちの下の子も占星術が好きなのでそちら系統の占いで周辺の人と自分を占ってみた。

すると、ほうほう、なるほど・・・という結果。

確かに相手は書いてある通りの人に感じるし、二人の相性も書いてある通りに感じる。

面白いなと思って統計を取っているうちに、特定の対象について占ったら、「あ、そうかも知れないな。そうだろうなあ。」とこれまたマジックにはまる。

やっぱりその人と私の相性ってのはよろしくないのか。この先全く違う価値観同士がぶつかりあって嫌な想いをすることのほうが多いのだなあ。あ、あと、特に今このとき、相手は私を嫌っていると書かれてある。

そんなところを読んでいた折、ラインが鳴って、「下の名前で呼んでも大丈夫ですか?」と。

横目でそれを観ながら”いやいや、合わないんだってよ。(笑)”と内心思う。

さらに読み進めているとまた横でラインが鳴って”かおるちゃんもこっちを下の名前とかで呼んで。”。

・・・・。

他は当たっている部分が沢山あったような気がするのだけど、嫌ってはいないようですよ。

そして、また性格の欄に真面目で内気で誘い下手とも書かれてあったが、またしても横のラインで見えるメッセージが「土曜日時間ある?」「ダメ?」「じゃ、日曜日は?」と来ているのでもはやこれは笑ってしまう。

結論。星回りってのは確かにあって占いはある程度当たるのかもしれにない。

ただ、最後の最後はその人独特の生まれながらのパーソナリティなんだか、あるいはこれまでの経験という要素が加わる。

それは個人の大きな差になるのだろう。

と言っている私もどちらかといと人付き合いから逃げて来た。

占いに頼りたくなる人々の気持ち、今となってはよく分かる。

本当は違うんだけどね。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

あのとき

ある日、介護職の子が事務所へ遊びに来ると言う。

丁度一まわりも年下で、でもさらに言うと最初は20代くらいかな?とも思うくらい若く見える二児の母。

約一年前、派遣ナースとして通過するつもりだったその特養で私たちは出会った。

Kはいつもキリっとしていた。いつも変わらないテンションで低い抑揚で独特の落ち着いた喋り方をする。

印象としては、ぶっきらぼうな子だなあとか、ずいぶん綺麗な子だなあとかそんなところ。

Kが夜勤明けのこの日に会いたいと言うので、てっきりいつかのようにKの家に行くのかと思いきや、「いや、事務所にお邪魔したいです。」と言う。

そしてその日は夜勤明けのKと疲れがたまり過ぎた私とで事務所で昼寝。

起きたとき、「あー、すっきりした。何て落ち着くところなの、ここ・・・。」と言っていたが。

それからしばし昔の話をした。

「はじめの頃、怖かったなあ。」

いやいや、それはあなたでしょ?

とにかくその時には話せなかったことを力いっぱい話して、そして不思議な顔をしていた。

*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

違うという楽しさ

二回にわたってパーソナリティ理論のセッションをやって来たYさんとの雑談。

本セッションも楽しみなのだけど帰り際のこのひと時も楽しみで。

私は最近自分とは異質な人物とよく深く関わっているなー。

と言っても若い頃からひとしきり仲良くなると「・・・・。変わってるね。」と言われるのでもちろん全員異質なのだろうけど。

しいて言えば近年は、その異質さを楽しめるようになって来たのだろう。

遠い昔若い頃、はなたれ小僧のように子供のまま30代くらいまで過ごして来たけれど、その時代は自分と他人が違うことにいちいち激怒していたもんね。アホらしい。

そして今日お会いしたYさんといよいよ次回から発達段階のセッションに入って行く。

うまく出来ている。

若い頃のことを思い出すと、やはり人には発達段階というものがあるのだなと思う。

頑なに成長を拒否していると幼稚なままの大人、幼稚なままの年よりになってしまうけれど。

アホな時代を過ごして一旦自分を嫌いになったり落ち込んだり、そしてそれだけでなくてどうしたら変われるか?ということに向き合って来て良かったなあと今日のような談笑の際にはよく思う。

変わるのが怖いとよく人は言うけれど、本当のところいくら思い切ってみたところで大切なものは何一つ変わらない。

むしろ、変わろうとしない態度、自分や他人に対して無知であることを維持しようとする生き方の方が余計に多くのものを失うのかも知れない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

若干修羅場

もう一週間経ったのか。

ということで新内科往診二回目。

前回同様約半数の利用者様を一気に診察していただく。

でないと今まで飲んでいた薬を出してくれないと仰るので。

それは良いのだけど、世間でいう連休前なんですよ。

何十枚もの処方箋を夕方5時過ぎにファックス出来たとて、初めての先生だから絶対処方箋の内容を間違うでしょう。mg数とか薬剤の名前自体とか、もっと極端だと誰かのが丸々抜けているとか・・・。

これだけの人数なので入浴やレクなど動きを止めてじっと往診を待たせておくことは出来ないので、先週同様先生を連れまわして対称を見つけてはその場で診察。

お、終わらない。しかも相方が派遣さんなので一人ぼっちでやらなければならない。

結局夜の20時くらいだったろうか。

通常の業務に加えて往診の後処理がだいたい終わるのが。

それは良いのだけど、普通だとナースが何やっているかなんて介護の人々には分からないと思うのだけど、夜勤入りのKから何回もラインが入る。

「記録するものなら夜勤帯に残しておいて。暇になるから。その時打ち込んでおくから。」

休養中の課長に報告するためにラインをひろげっぱなしにしていたので何度もKがそんなメッセージをよこしているのがリアルタイムで分かる。

そんなこと考えなくて良いのに。

どうでも良いけど頭がパニックのまま何とか終わらせた後はそれなりの充実感。システムに課題は残されてはいるものの。

そして電車に乗った頃、夜勤入りの子からライン。

「まだ施設に居るって聞いたから早めに出て来ました。どこにいます?」

がーん。手伝おうと思って夜勤を2時間も前に出勤しようとしている。

お、終わったので電車に乗りました。

それでも「がーん!早く出勤しちゃったよ。」と言いつつ「早かったのね。」と良かった的に言ってくれる。

よかねーよ。はやかねーよ。

でも、最近はこちらも介護の勤務内容とか状況とか把握して来たのだけど、それ以上に介護も看護というよりも私の状況を理解してくれている。

良いような申し訳ないような。

しかし、再び作り出した新しいシステム。

早く通常に戻りたい。

そして一晩眠った後。

すべきことをそれなりにしたり、人の愛に触れた後、不思議だな。それなりに疲れが取れている。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

大好き 3

まだまだ暑いがカラッとして爽やかな秋風が吹く頃、類を見ない忙しさに奔走している。

でも、何とか毎日終わっている。

それは特に看護とプライベートの方で起こっているのだけど、不思議なことにそれがカウンセリングのトレーニングになっていたり、時には心理学の学びになっている。

それはもちろんカウンセリングや心理学を徹底して学んだあとの日常を過ごしているから気が付くことだと思うし出来る関わりだと分かってはいるのだけど驚かされる。

人って深い生き物だ。

そして、その深さに関わったり気が付いたりできるようになった今この時期は忙しくはあるものの、やるべきことが出来ていると思う。

少なくとも的外れなことに疲れているわけではないのだということが実感出来ている。

と、綺麗ごとではないけれど、言葉にすると何故だか綺麗にまとまったりするのだけど、現実には温度や臭いや感触がある。そして反応がある。

それらに心が左右されている。

そして決して辛くないとは言えないけれど私的な願いが叶えらえている。

また会える。

幸せだ。

やらなければならない数多くのことですら、幸せだ。

仕事中、あるいは杯交わす際、自分では何も選択しないし何も意向を述べない人々が「何でも良い。決めて下さい。」とか「どっちでも良いんですけどどうしたら良いんですか?」というので、言われた通りの言動をすると『なんか、迫力あるよね。』とか『威圧感あるよね。』などと言われると心外だわー。

でも、きちんと言わない人、自分の代わりに人を動かさそうとする人々なので。

あと、人はどうすることも出来ないので。

最低限の配慮だけをして同じペースで行こう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 10:39| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

信頼

昨日、教育分析を使って下さったセラピストさんから久しぶりに足つぼをやって貰った。

非常ーーに助かる。

と、いつも思うのだがこの感謝度が回を追うごとに更新されて行く。

レイキで流しても手が届かない部分は人の助けが必要。

そして私我儘でやかましいもので誰でも良いというわけじゃない。

とにもかくもデトックス出来て深く眠れた夜だった。

*******

幼い頃から転校が多かった私。

そのせいか知らない集団の中にポンと入れられたときの、その集団の反応の経過に法則を観ていた。

どこに行っても、最初にわーーっと近づいて来て、わーーっと仲良くなろうとしたり、はたまた近い距離で大声で話して見せたり大きな声で笑って見せたりして注目を集めようとするタイプの方々がいる。少ないけれど、派手目でリーダー的な人々だ。

でも、数か月経ってその人たちが私のことを思い通りに出来ないと分かると怒りや噂や欠点探しや様々なことぶつけて来る。

そうしてその後、そんな話など聞いていないよ的な雰囲気でぽつりぽつりとコンタクトを取って来てくれる人たちが居る。これも少ないのだけど、個性が強い。

どちらかと言うとこうして時を経てからの出会いの方が深く付き合うようになるという法則。

何故ならいきなり自分をアピールしつつ相手を不躾に観たり触ったり踏み込んだりする人たちとは違って、私の反応や動向や発言やパーソナリティをずっと見て来た人たちだから。

その法則というのは幼子の頃も今も変わらないなあと思う。

人の原点らしきものが既に出来上がっていた。変わろうとしない限り自分がどこに位置するのか?楽しいのか、退屈なのか、幸せなのか空しいのかが固定されている。変わろうとしない限りは。

それは誰のせいでもないのだなと思う。

******

半年以上経って時々喋るようになったあの人は、ある時から雄弁になった。よく喋った。

二本目のタバコに火をつけるところを目にするようになったのもその頃。

「ちょっと前まで全てに興味を失っていたからな。辞めようとも思ってた。」

色んな話の合間にそう一言言って黙りつつこちらを見つめた。

ああ、そうか。”今はそうじゃない。”と言っているんだなと分かった。

「人なんて信じないからね。」

「神なんて信じてないからね。」と、やたら信じてないワードが多かったあの頃。

濃い数か月だった。

時が流れたのだな。

全然違う個性。

でも、分かり合えることがあり、やがてあの人は何かを信じている人間の顔になった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

面白いっすか?

心の美しさに老いも若きも関係はないのだなあと思う出来事に時折出くわす。

何となく私が出会って親しくなる若い方々はピュアな人が多かったのだけど。

うちの娘たちと同年代くらいのとある男の子が人のプライベートを根ほり葉ほり聴きたがるのは今始まったことではないのだが。

そして仕事をしに行っているというのにあらぬ噂を立てられるというのも慣れっ子なのだが、彼を含む若い方々が勝手に私ととある人が関係を持っているという想像をしているとか。

複数の人間が集まって「こういうところを観た。」とか「あんなに笑顔だった。」とか色んな証言を持ち寄れば、無いこともあることになってしまうという恐ろしさ。人は立体的に噂を作って行くのだな。

そしてそういう方々に限って誰とも一対一で向き合っていない。向き合っているようでも、自分自分なのだよな。要するに傾聴力ゼロ。話すことばかり。自分の説明ばかり。

それで勝手に作られた妄想を元にして人の家庭状況をニヤニヤして複数で知りたがっているという。

人の表情や動作を歪んだままの視点で見つめるし、携帯を開けば人のラインを覗き込む。

誰のラインを知っているか?などなど。

何でこんなにうんざりするのかな?と思ったら、その根底にはやはり自分が如何に優れているか?自分が如何にもてるか?という主張も付録で込められていて。いや、付録というよりメインか。

あなたはノー、自分はイエスって証明に必死。

何せ自分が一番なのに、自分以外の人に想いを寄せている人間が許せないという想いだった。

しかも、その想い自体が妄想で、何とか噂話のネタを作ったり吊るしあげようとしているのだと分かった際、そりゃ不快になるわけだと納得。

非言語にも出るよな。目つきにも出るよな。

そういう部分ばかりでなく良いところもある人たちだから余計に不快。

恋愛のことしか考えていない人間は面白くない、嫌いだと若い頃から思っていたのだけど、よく考えてみたら彼らのそれは恋愛ですらないのだなと分かった。

本当に人を好きになるってそういうことじゃない。

愛したり愛される喜びってそういうことでもない。

噂話の相手を意中に思っているのだか、実際に付き合っているのだか知らないが、とある女の子は何とも言えない目で私を睨みつける。

向き合わないって怖いなあ。

人に向かって来れないって卑小であさましいなあ。

そんな折、当の相手が私に言う。

「まあ、仕事上でもそうだけど。誰も俺に直接言って来ない。」

そうなんだよね。私も直接的には言われない。でも、何かを含んだ言い回しだけが横行しているんだよね。

しかし、それはどうにも出来ない。

たまたま相方になったその人も私も普通に仕事に向かって行く日々を重ねて行くだけなのだろう。

いつでも何でも言って来い。その正面意外からのボールは、受け取らない。

人にはそういう自由があっても良い。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

大好きだよ 2

仕事で体力及ばずやり切れないことがあった日。

忘れもしない約三日前。

日にちが経過しても相変わらず皆優しくて胸が痛い。

特に約二名が圧倒的に。

仕事と言うよりうんとプライベートに褒めて来る。

大好きだよ、大好きだよ、大好きだよと。これこれしかじか、こんなところが良いんだよと。

褒められるのはあまり居心地が良くないのだが、何とか元気付けようとしてくれているのが伝わって来る。

はたまたある人はすれ違いざまに「仕方ないでしょ。いったい何日オンコール引き受けてるんですか。」と切れ気味。「無理しないでください。」

無理だと思わなかったんだな、これが。

しかし、仕事上で好き嫌いとか同情私情を交えて良いの?皆。

そんな中、Iちゃんは全てを知っていつつの、独特の優しさ。

そう言えば、これも知っているのか知らないのか、そのxデーの日にも海からの写真を送って来てくれた。

海辺でラーメン食べてる写真。

そして昨日は「いつものようにやるよ。」とグローブを持ってやって来る。

いつものようにということは知っているんだな、やっぱり。

Iちゃん自身は何一つ人のうわさとか、何が起こったとか話さないけれど、周りはIちゃんに話すもんな。

そしてボールを放りながら他愛のない話をして来る優しさ。

そしてあの人は「もっと自信をもたなきゃね。自信持てるまで、信じてくれるまで何回でも言います。」と。

中には、周りの、特に主要人物の私への態度を観て「こいつを粗雑には扱えない」と状況判断して優しくしている人もいるみたいだけれど、中でも力いっぱい精一杯本心からの愛情表現が心に染みる。

すぐどうやって返そうかな?とか考えてしまう性分なのだけど。

大切なことは笑顔でいることだと分かった。

そうでないと、ずっと周りに励まさせてしまう。何度も同じことを言わせてしまう。

そんな手痛い学び。

けれどもよりあなたの気持ち、皆の気持ちが分かったありがたい学び。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 10:06| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

何かのプロセス

今日の夕方から先のご予約いただいていた方々、ごめんなさい。

何でこんなことが続くのか。何で今この時期に。

しかも先日も会えなかった人も居たのでこれで二回目。

考えても分からないのだけど、少なくとも表面的には調子が悪い。しかも、相手があることだから。

で、やっぱり考えても分からないので右脳に頼ろう。

深夜になって落ち着いてからレイキをかけたところ使用中のブレスを総取り換えした方が良いというひらめき。

とは言うものの、閃きが発端かどうかは分からないまでも、まだまだオーダーいただいているブレスやらネックレスも出来上がっていないしなあ。

それも今日というわけには行かなく、特に今日はダメみたいだ。

振り返る時間どころか、ハプニングによって予定も押せ押せになってしまったので通常のことも出来ない一日。

仕方ないな。今日は何もできないんだ。

人に迷惑をかけておきながらふてぶてしいのだけど、もう一度レイキや深呼吸やって少し好きなことをして寝てしまおう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

十字架

どうしてもやり遂げたいことがあったとして。

例えばそれが誰か個人や集団を守り切ろうとすることだったりしたとして。

それが出来なかったことを悔しがっていた今朝。

大抵の物理的不可能は可能にして来たので余計にガッカリ。

しかし、特に自分は意図せずとも周りが全状況を分かっていたりして「それは失敗とは言いませんよ。誰も失敗と思ってませんよ。無理しないで下さい。皆心配しています。」と方々から言われる。

「ほんとに凄いと思いますよ。でも、無理なこともあります。」

どこに行っても怒られないキャラがここでも炸裂している。

でも、私は何故だかそうして優しくされる方が辛い。

「あなたも人間なんですから!」と今度は思いもよらぬ人からも言われて絶句。
しかも皆非難するわけでもなく迷惑がっているわけでもなく心から労ってくれている。

人間なんだからってワードを聞いて「いやあ、超人になりたかったな。」と言うと何故だか色んな人に大笑いされた。
こっちは真面目だったんだけど。

そうなのよね。自分で言っていて思った。そういう意識だったのか。

どうかすると普通の人がやっていることすら出来ないのに。(仕事以外は)

結論として、特に語調を強くしてこの件に口を出して来るkにだけは「分かった。kにだけは細かいことまで説明することにする。今のところ、後先考えずにすぐに飛び出して行って上に改善しろと騒ぐのはあんただけだから。」と言うことにした。

「人を鉄砲玉みたいに言わないで下さい。誰のためだと思っているんですか。」

そう言いつつもkの顔が笑っていた。

私は人間だ。分かってはいるけれど。

頑張るところは頑張って、時には人にも頼って行こうか。

難しいな。

私にとっては。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

初日の修羅場

何はともあれ。

今日はよう頑張った。

としか言いようがない。

往診医が変わることによってシステムを最初から作り出さなくていけなくて、課長不在故に私に何度もかかって来る電話。

沢山先生と話した。意気込みが強すぎててんぱっていらっしゃる様子。

「私にはこういうポリシーがあるから。」

これ、よく聞く言葉なのよね。

でもポリシーは実は誰でも持っているので、むしろそこを主張されても邪魔なのよね。

これだけ多い人数の利用者様を4グループに分けて毎週1グループづつ処方して貰うとしても相当な人数だ。

「大変だ。大変だ。周り切れない。でも、診察しない人に薬を出すわけには行かない。特にこの薬は今まで何にの病名で飲んでいたのか?とか・・・あと・・・」

この会話は今日が来るまで何度も交わして来た会話だったので「はい。全員診察して下さい。お顔を是非見て下さい。」ときっぱり言った。

音楽療法だの入浴だのおやつだのと色んな理由で散らばっていてどこにいるか分からない人を一人一人迅速に探しあて先生を連れまわした。

その後をぞろぞろと薬剤師さんが付いて来る。

提携している二か所の薬局の方々なのだが、今日は初日ということでいらして下さっていた。

私一人で回しているのだが回診車とカルテワゴンとを押さなくはならくて、いつの間にかそれを薬局の人や介護の人まで手伝ってくれていた。

途中で先生が根をあげる。

「お、終わらない。」

そうですね。でも、終わらせましょう。先日もさっきも言ってたじゃないですか。顔を観ないと薬は出せないって。

「・・・・。」

はい、次の方はあちらです。

さらにナースを一人連れて来てみえていてかなりの人数の採血をするつもりだったらしいのだが。

先生の大名行列を進める背後で何度も採血を失敗したらしき声が聞こえる。

そうです。これが90、100歳の人々の血管です。皮膚です。

だから色々やってみなきゃ分からないって言ったじゃないですか。

しかし、全てを終えたあと、自分も廃人になっていた。
********
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

大好きだよ

日常の業務の最低限のこともままならないのに会議だとか委員会だとか事例研究発表会だとか。

本当は嫌。

でも、もしも少しでも余裕があったら好きなんだよなあ、こういうの。

と気が付くのはいつもやり始めてからのこと。

何かが私に喋らせる。何かって言うか、自分か。

自分が誰の何を、どんな成果を見つめて来たか?ということ、それがどんなに素晴らしいことか?というのを喋り出すと、自分でも「ああ、私、こんなところを観て来たのか。この人のこういうところを尊敬しているし広めたいと思っていたのだなあ。」と思い出す。

忙しいのにやめてくれと思う自分も、面倒だったはずのことに熱くなる自分も全部自分なのだな。

*****

性に合わないことをした。

何か、これだけは無理しているなあと思う。

けれどもせざる得ないこととか。

果たしてそれが本当に性に合わないことなのかどうか疑問に思う一面もある。

全てのトラウマが無かったら、もしかしてまんざらそうでもないのか?

と一度は問いかけては観るものの、ああ、やっぱり違うなあ。性に合わないなあ。自分じゃない。

そんなことを思っているときに届いたメッセージを読んで泣きたくなった。

ずっと泣きたいんだろうなあ。

でも、涙は出ない。

事の始まりを覚えている。

自分がどんな気持ちだったのか?ということも。

傷つけているのはどっちだ?

間違いなく私だろう。

泣く権利はないなあと思う。

でも、あまりに暖かな優しい言葉過ぎて、やっぱり泣きたくなる。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

ガイダンス

黙々と黙々と仕事をした日だった。

そうしなければならなかった日とも言える。

それでも帰り際仕事を残して帰った。

とりあえずの人命に関わることとか最低限のことのみを終わらせて。

そうして午前も午後も過ぎたのだが、心が無かった。

全てに距離を置いていた。

感情って馬鹿だな。なんでこんな簡単なことが分からないのだろう?と自分に問いかける。

最初から分かっていたはずのことなのに、どうして今頃気づくのだろう。

ある人のことを”何故そこまでしているのに心が満たされないの?”と思うのだが。

もしかすると自分もその類の人間かも知れない。

そういった似た者同士が上手くいくはずがない。

だって同じことを思っているのだもの。

無理をして疲れてダメになる。多分きっと。

とものの本に書いてある。

しかし他の本には”流れに任せなさい”と書いてある。

デイリーガイダンス以外の本でもパッと開いて目に飛び込んで来る言葉を拾うというレイキがある。

無作為にとって開いた。

”天命に任せるしかありません”

・・・・。なんか自分で出した答えと似ているな。

あたりまえか。自分のハイヤーセルフなのだから。

任せるって言葉も行為も好きじゃないのだけれど。

どうやらそれしかないらしい。

しかし、現実的な仕事へと戻る。

仕事は自分で動かせるんだよな。

疲れるったって、こんなに楽なものはない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

コツコツと続くもの

カウンセリングの日、件数はごく少なかったのに、あっという間に一日が終わった。

早いなあ、もうこんな時間かと思いつつ、人の成長に感じ入る。

自分では薄々分かっていてもどうにもできないことってあるんだよね。

でも、それに気が付くと案外どうにか出来たりする。

カウンセリングや心理学を使って自分の無意識と対話する。

それは同じ過ちの繰り返しをストップさせるきっかけでもある。

*****

うっかり座椅子に座りつつPCの前で寝てしまうってことを何とかしなければいけないな。

朝方ベッドに慌てて入るものの、疲れの取れ方がいまいち。

そんなわけで最近は体力というのが課題。

目の前に人を五感を駆使して向き合うという姿勢そのものは保たれているものの、もっと強靭さが欲しい。

そんなとき、またラインが鳴る。

別段凄い用事というわけでもなく。

何のために続けてるの?と思うくらい言葉少ななライン。

でも、同じくらい疲れているはずなのに、そんなことの些細な繰り返しに強靭さを観る。

実のところ、人との交流こそが仕事以上に疲れることのように思えるので余計にタフさを観てしまう。

そして自分の弱さと臆病さをまた知る。

******

まだスケジュールを書き直すに至っていないが今月お会いできるお顔が浮かんで来た。揃って来た。

一瞬一瞬を大切にして行こう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

素直

耐え忍んで行こうーっと昨日言っていたのだけど、ほんとに耐え忍んだ一日だった。

やることが山盛りあるし、色んな外線を繋いで来るし、しかしあまり遅くまでは残りたくないので必死にこなす。

色んな意味で耐え忍んだ。激務と会いたい人たちに会えない辛さとか。

短くて長ーーい一日だった。

けれども放棄するわけには行かないので、本当に懸命にやる。

ゲームを請け負っている暇もない。

夜勤ではなくて昼間の勤務帯にKが居る日は、いつの頃からか、ひょこひょことナースステーションへとやって来て、いつものけだるい動作で、いつの間にか手伝ってくれているのだが、今日は現れないなーと思っていた。

しかし、午後のほとんどを私が事務所で書類と向き合っていたからかと気が付く。

人は、”介護の人間が医務課に気軽に自然に入って過ごしているってのが前代未聞。信じられない。しかもKちゃんが。”と言う。

ほんとに自分が来る前のことは知ったことではないのだけど、看護と介護はなんとなく敵対するのが常らしい。

で、そのKが現れなかったのは自分が医務課で過ごすことが出来ない一日だったからかと気がついた夕暮れ。

新しい往診医の回診のための準備を一人でやっていると、ふらふらとKが入って来て、目の前に座りデスクにおでこをつけて伏している。

「あーあ。」

どした?と手を動かしながら訊くと、ぽつぽつと家庭の事情を話し出していた。顔をあげないままで。

そうか、そうなのか。頑張っているのだなあと色んな意味で思う。

「あー、それと、あなたは忙しすぎてかまってくれませんよね。あーあ。」とあーあばかり言っている。

一昨日野球行ったばかりですよね。

「飯連れてってくださいよ。」

ええ、行くとも。またそのうち行こう。今この時期は無理だけど。

「またイライラさせちゃいますけどね。またどうせ怒号されるんでしょうけどね。連れて行って下さいよ。」

イライラしてないよ。怒号しているつもりもないよ。

それはそうと、掌は大丈夫?Iちゃんのボールを受けて腫れたところ。

しかし、そこは小柄ながら介護の人間。あんなに凄い皮下出血がたった二日で消失していた。逞しいわ、やっぱ。

なんか、この界隈、毎日アスリート的だなあ。薄給な方なのに、決して仕事の手を抜かない。

で、如何にして強くなるか?ってことを無意識に考えているような。

真面目で、どこか不良で、頭も身体も心も使って生きている人々。

******

あの人もまた甘え上手。

何か知らないけど色っぽいなあ。

別の手段で心理学を学んで来た人のよう。

違うのは言語だけ。

そして、ただただ素直なだけ。

無駄なものを省くと素直になるってのと、本気だと無駄なものを持ってなど居られないという思考の原理。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする