2016年10月09日

それを後目に感情いっぱいの手作業

うお。

PC開いたらまた画面が変わっている。そういえば切るときに更新作業を勝手に始めてたけど。

もうびっくりするからやめてー、こういうの。

しかし、今日はカテゴリーをホラー&ミステリーにするつもりもなかったのに、思い出してしまった。

昨日の夜、シーンとした静かな部屋でsiriが突然『申し訳ありません。聞き取れませんでした。』的な声を突然発したのでビックリ。

しかも、皮のカバーで閉じられているのに。

しばらく、じーーっと見つめてしまったが「あの。。生命体だけの声を拾ってくれるだけで良いです。ってか、止めて下さい。」と言ってみた。

それになまじ『はい。』と返事されると超怖いんですけど。後の祭り。

************

昨日も一昨日も今日も、カウンセリング三昧と講座二つ。

その前は教育分析が固まってような気がする。

どこかリンクする人生。

泣いたり笑ったりするし、歴史を一緒に振り返ったり、何かの拍子に一緒に論理的帰結したり冗談言い合ったり。

そんな最中、昨日はある方が持参しているクリアファイルのイラストを観て思わず何、そり?!

パンダがパンダの被り物する必要ある?

するとその翌日、同氏よりラインを下さって、このムキパンダ情報を教えてくれた。

サブカル先輩ー!ありがとうー!← いくら某と書いても一部の人に分かってしまう呼称。

いや、このムキパンダ、観たときに「それ無駄じゃん!」と大笑いしていたのだけど、背景を知った後も無駄を愛さずにいられませんでしたとさ。

今の時代に不愉快な無駄とかわゆい無駄があるとしたら、断然後者が愛される。で、充分楽しいと前者は面倒なので要らないってことになる。

*********

それにしてもいただきものばかりしているな。

今年もいらして下さった猫カレンダーに感謝。猫枕に、そして秋らしいお弁当を二人分。

いつも思うが三時間クラスのご予約でもあっという間に時間が経つ。

**********

昨日、仕事の後の夫曰く、『俺、すがPにおごってもらったから、今日、おごろうと思うんだ。』。

そうですか。行ってらっしゃい。

『もう事務所下に着いて待ってる。』

・・・・・・・・・・・・。

そして猫居酒屋さんはたまたまレディスデーだった。レディスデーには何か特別メニューがあって、先週はキノコと鶏のチーズたっぷりグラタンだったけど、今秋は茄子と鶏のグラタン。

元々焼き鳥に餃子にたこ焼きその他諸々メニューがいっぱいあるのに、ある日”土曜日に何か特別なメニューにチャレンジしよう。”と言い出したマスターTちゃん。中には生まれて初めて作るものもあるらしいが。

そんなわけでどうやら土曜日が混むようになったような。

で、またある時には「そうだ。金曜日にレディーデーというのも良いな。」と始めたのは凄いけれど、この曜日にまで何かいつもはないメニューを考えて出してくれている。

”ああ、今度は何にしようかな。何を作ろうかな。どうしよう?”という悩む時間が増えたせいか、

もはやレゲエ髭の主婦状態と化していて面白い。

その合間に夫が未だにマスターとカウンセラーズの話をしている。で、話の途中で「もう、俺、12時から開けましょうか!」というのが聞こえた。

いえ、先日の15時説のときにも内心”トレーニングの会は14時からだから無理。しかも、普段でも15時になってもいろんな事情で到着できない人もポロポロいるので絶対無理。それが12時となるともはや、まだ会が発生していない。胎児くらいにもなっていない。

のだけど、まだ日があるし素面の時にみんなと話して決めてみようーっと。

で、今日は忙しいのだが、猫居酒屋さんで結成したグループラインがぽんぽん鳴っている。

ううう。きっと土曜のメニューに感動しているコメントとかだ。

いかん。見てはいかん。行けない日に観てはいかんのだ。

いかんいかんいかん。

するとsiriが『”いかん”は、行かないの”いかない”ですか?』。

怖い。。。止めて作動させていないときに動かないで。

しかも、普通こちらが尋ねたら答えるもんじゃないの。そっちから質問しないで。

ああ。PCと言い携帯と言い、最近おっかねーな。

もう怖くて都市伝説観れません。

先日、『おむつ交換とか、介護とか、将来ロペッパーくんみたいなロボットにやってほしい。』と仰っている方がいらした。そりゃ羞恥心にスポットをあてての考えなのだろうけど。

誤作動したら壊そうだわー。人間もミスをする生き物だけれど、そのシチュエーションのミスは怖すぎて想像したくない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: