2017年01月30日

別れの日

ホームでの相方ナースとの最後の日。

よく笑った。

そして帰り際に二人でウルウルした。

とは言うものの、あさって一緒に飲む約束がある。

****

色々あった末でも最終的に仲間になった人との別れは、若干ブルーなのだけど、そうも言ってはいられない。

通常通り満身創痍働くのだけれど。

一つ下のフロアの介護さんは、「尾崎さん、尾崎さん。誰それさんのお尻の褥瘡看ます?」「あの人の傷、看ます?」としょっちゅう声をかけてくれる。

今のネックは仕事が多すぎて詰所から出られないこと。

ああ、リーダーは悲しい。もう一つの役割のナースさんはベッドサイドに沢山いけているというのに。ってか行ける状況でも行かない人あり。

病院と違って皆臥床しているわけではないし、かと言って体がすんなり動くわけではなくそれなりに不自由なので、寝かせるとか起こすというのが双方大変。

しかし、この喧噪の最中でも誰のどこがどうなっているか?とか、今横になっていますよそとかまめに報告してくれたりすると非常にとっかかりやすい。

ありがたくてありがたくて、その感謝の中また一つ一つ分かることが増えて来た。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: