2017年05月19日

どうしたら失くさないでいられるのだろう

精神的にハードなことと言うのは身体的にも疲れるもので。

そんなヒプノトレの終了後Mさんに足つぼと全身のほぐしを施術していただけた。まあ、毎度申し訳ないことですが。

これでしばらく元気でいられるのよね。自分では無理な部分もリラックス。

「すみませんね。研究しているから独り言が多くなっちゃって。」と終了後仰るのだけど、大丈夫。研究ってもレベル高いので信頼しきって寝入っていられたから。

*****

そんな至福の夜の翌日、ホームで派遣さんと二人きり。他にもストレス要素が色んな意味であり。まあ、もちろん派遣さんも大変ハードなことに間違いなかった。

うまく行かないことがあると私はしょげるし立ち直りが遅い。

特に自分が関わったことで不手際があって、例えそれが「私じゃないのに。」的なことでも。

それは大人の世界ではやはり「私のせいです。すみません。」と言うしかない出来事なのである。そうじゃない人もいるけれど、私はそこまでタフじゃない。

やることはやるものの、気持ちはどよーんと落ち込む。どうしよ。

今日はIさんが居ないからキャッチボールで発散も出来ないし。←Iさんに頼るのもどうかと思うが。

それでも何とか一日を終えて、ロッカーに着替えに行ったときに驚いた。

いつの間にかまる選手のカードが貼ってある。ので、菊池とまるのカードが一枚づつ燦然と輝いているわけだ。

????ま、まるも好きだけども。誰にも話したことはないはず。

回想する。

先日、私はIさんに貰った菊池のカードを失くしてしまった。

しかも、一番最初にロッカーに貼ってくれていたとき、わー!と喜んだあとに、ずうずうしくも「貼っておくのと持ち歩くのとが要るからもう一枚頂戴。」と宣うたのだ。

「菊池は滅多に当たらないんだよ。」

そう言われて、それもそうですよね、ごめんなさいと言っていたのだが、それから一週間と経たないうちに別の菊池のカードがロッカーに貼ってあったのでビックリした。

あまりに嬉しくてIさんがいつかくれた愛用のギターのピックと菊池のカードをくっつけていつもポケットに入れていた。もう一枚はロッカーに貼っておいて朝元気を貰っていた。

ところが、そのポケットに入れて持ち歩いていた方のカードを失くしたと気が付いたのが先週末。

百歩譲って菊池のカードを我慢するとしてもIさんの愛用のピックもくっつけていたのに。

それで数日前に「実は・・・」とIさんに打ち明けた。

「カードなんてまた当てればいいさ。」

いや。。。でも、ピックが。。。。世界に一つのピックが・・・・。

「ふうん。ピックなんていくらでもあるよ。」

いや・・・と食い下がろうとしたのだけど、それ以上は止めておいた。

Iさんに「ふうん。あ、そう。」と冷静に言われてその会話は終わった。

その後に、あのキャッチボール中に部外者の男子が参加した折のIさん座り込み&不機嫌事件。

もちろん休日である昨日も会っていないのだが、夜、ヤクルト戦を観ていたところ、ふとIさんも観ているかな?と思った。実に気持ちの良い試合だったから。

なので初めて自分からラインして「良い試合ですね。」と送信したのだが返信なし。

やっぱりねー・・・と思っていたら数時間後の深夜に「よし君がやりましたね。ウトウトしちゃってた。」と返事(?)が来た。

ああ、よしのりがやってくれた。で、ライン来たときはウトウトしてたってことかな?言葉が少ないのはお互い様だけど。

そして忙しい今日を終えてヘトヘトでロッカーに辿り着くと、そこにとある選手のカードが貼ってある。丸だった。

あれ?今朝着替えるときは無かったよな。勘違い?気が付かなかっただけ?

いいや、違う。今朝、金子と菊池のカードがいつもように貼ってあって、もう一枚の菊池を失くしたから、誰かに何かのエッセンスを貰おうと思って金子のカードをポケットに入れて仕事しようと決めたのだ。で、金子を一枚はがした。なので、ここに残っていたのは菊池のみ。

(あ、そうだ、そうだ。金子も大好きだと言った数日後に金子のカードが貼ってあったんだ。あの時もさりげなく言葉を拾ってくれて、何年も前の金子のカードを家から探してまで持って来てくれたんだ。)

でも、おかしい。Iさん、今日は休みだよな。もう一つの仕事へ行っているはず。。。が、確かに朝着替えるときは無かったような。

一瞬のうちに混乱して、数秒後に冷静になってよく観てみたら、そのカードにギターのピックがくっつけてあった。

この挟み方。私がやっていた挟み方。一度だけIさんに見せたことがあるけれど。同じ挟み方がしてある。マグネットクリップにカードとピックを挟んで。

来たのかな?それなら声かけてくれたらいいのに。

それより何より、何ておしゃれなやつ!と優しいやつ!と思った。

「あ、そう。」って冷たく聞こえるくらいの返事だったのに。

以上の頭の中のグルグルの最中、私の口から出ている声というのは「え?な、なに?え?いや・・・うん、そうだよね。なかった。え?じゃあ。。。」という短音ばかり。

丁度私の近くのロッカーで着替えていたK姉さんが「どうしたの?」と言うので、いや、実はこれこれしかじかで・・・と私の不穏の理由を話した。

話している間に「優しいなあ。いつも黙っておしゃれなことするなあ。」と驚きの理由がまとまって来た私。

するとK姉さんが「なんかさあ。。。それって女の人に出来る優しさじゃないよね。」と言う。

それは今回のことだけでなく今までのIさんの色々な言動と人となりを総合して仰っているわけだが。

私は「かと言って、男にも出来ないよね。」と。

阿佐ヶ谷から自転車でここまで来たのかな。それとも私がぼけてて本当に朝気が付かなかっただけなのかな。

それでも嬉しいけれど。

多分だけど、菊池も金子も持っていなくて丸を選んでくれて、ピックも使いこなしたふうには見えない比較的新しいものだけど、せめて。。。と思って貼ってくれたのかな。

そんなことをいっぱい思いつつも帰りのバスの中で私がライン出来た一言は「カード、ありがとう。嬉しい。」だけだった。

ほどなくスタンプが一つだけ返信されて来て、それは鼻をほじっているパンダのアニメーションだった。

・・・・。何、それ。

でも、Iさんらしい。

ちょっと今日一日のことやこれまでの生き方について考える。つまらない感情のゲームばかりして来た自分のことを。

押し付けがましいことをしたり、言い訳ばかりして来た自分のことを。

”そんなにいっぱい喋らなくたってちゃんと聞いてるよ。”という言葉にされていない言葉を、確かに聴いた日。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: