2017年08月04日

育む

遊んでいるだか真剣なんだかよく分からないってなことが多々ある。

例えば真剣にキャッチボールやるとか。

状況的におかしい、少なくとも常識的とは言えないような関係性の中で「これを二人で育んで行こうね。」とごく初期の頃に言われたりとか。

育む?

その言葉がふいに浮かんだのは素振りをしている最中だった。

確かあの人は、本当の意味での出会い立ての頃、育んで行こうと言った。

私はスルーしていた。意味が分からなかったから。

相手があること、自分一人ではどうにもならないことに関して育むっていうニュアンスが全然分からなかったのだろうと思う。

極端に浮かれていたり極端につまらなさそうだったり。

でも、その直後にまた浮かれたかのような様相を見せたり。

けれどもずっと一貫しているメッセージ。

”今日も頑張って。自分はこれからこれこれしかじか。”とその日のことを伝えて来たり、「今日はどこで何していますか?」と時には伝えられることを要求して来たり。

人を知るって何?あそこで本当は終わりじゃなかったの?と思う。

その先は何?

けれども、あいもかわらず「こうしないと進まないから」とも言っていた。

どこへ向かって進んでいるのかさえ、多分本人に突っ込んでも分からないだろうから、おそらくそういうときの私は無言でまたスルーしている。

愛したい、愛されたいということの表現とその繰り返し。

時折固まりながら、首を傾げている。

何言っているのだろう?どんな気持ちなんだろう?

分かって貰いたい、分かりたい。その繰り返し。

なるほど。これが育むと言っていた意味なのか?

顔色が悪い様相を目にしたり眉間にしわを寄せて座っているその姿を観ながら、底知れぬ繊細さと強さを目の当たりにしている。

そこから先は分からない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アサーショントレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: