2017年10月09日

ソロモン3

昨日はカウンセリングの日だったが。

Kが「夜勤明けで来ても良い?少しでもインターバルが空くなら。」と。

いや、その空いたところで片付けなければならないんだよね。先日掃除し出した続きで散らかってるから。

「それならそれを手伝うから。」と。

前日までの二日間、施設で一人ナース勤務をしたその翌日に往診とショートステイ入所と特養入所、退院して来る方の対処というトライアスロンかっという勤務だったのでヘトヘトだった。

なのでせっかく開始時間が遅いので寝坊したい。

「大丈夫だよ。自分の時間で事務所に出勤してくれば。」

そう言っていたK。

案の定私が事務所へ行けたのは朝とは言い難い時間帯だったが。

椅子二つに長椅子一つを縦につなげた上にKがジャンバーにデニム姿で倒れたように寝ている。

マットレス広げれば良かったのに。

前の晩オンコールを待ちつつ過ごしている私に「熱発者は落ち着いてるよ。思い切り寝ちゃって。」とラインをくれたが。

落ち着いているとは言えど徘徊する人が居たり、全員の排泄介助をしたりと大変だっただろうに。

お風呂を貸して温まって貰ったところで帰るのかそれとも寝るのか。

と思いきや、書類の整理を手伝ってくれた。

*****

今日はヒプノセラピスト養成講座の日でもあった。

今日はアンカリングの章。

例えポジティブなアンカリングでも人に施す前に自分に刷り込まれたそれを学ぶ。

あれこれ公的私的なエピソードも交えて互いに色んなことを話し合う。

この方とも長いなあ。

色んな時代や色んな時期を共にしたなと思う。

やがて子供は育つし自分も育つ。

でも出会った頃には今この時も未来を知る由もなかったけれど。

*****

ポジティブなことでも「いやいや、もう良いよ。」とすぐになる私。

支配されるのもするのも大嫌いだから。

ところが何度も何度も「大丈夫。それは自分が頑張るから。だからそのまんまで大丈夫。」と言われる。

そのまんまで大丈夫、自分が我慢する、努力する。この言葉をどれだけこの人生で貰って来たのだろう?とそれを機に思い出す。

色んなことから逃げて来たなと気が付く。

言動や印象からしてもっと悪くて残酷だと思っていた人が実は凄い優しさと包容力を持っていたという例は多々あるけれど。それの最も著明なバージョンなので戸惑う。

自分が悪くて残酷だから丁度良いのだろうとどこかで思っていたらしいのだけど、それが投影でしかなかったり。

確かに強くて思い切りが良い。そして何があっても動じないし粘り強い。

私なんぞよりずっと真面目で優しい。そして純粋で。

”大丈夫だから、大丈夫だから。自分はあなたに出会って変わったのだから”と。

いや、私はそういう人間ではありません。

”大丈夫。大丈夫。分かった。全部分かっているから。何も心配いらないから。”

言葉だけでないところが一番凄い。

そしてそうなりたいと思いつつ、なれないことを思い知らされる。

”ならなくて良い。今のままで良い。”

イエスと言うまで言い続け行動し続けるそのパワーの源って何なのだろう。

”源はあなたですよ。”

老若男女問わずそんなメッセージを投げかけられ受容された後、良いことのはずなのに勝手にプレッシャーを感じている。そのまんまで良いというそのまんまを、自分が受容できないからだ。

今はそれが著明に出ていると言うだけで、どこに行っても人生の先輩や、自分よりずっとずっと若い方々に育てられている。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: