2017年10月12日

看護プロジェクトからのカウンセリング

前の日の勤務でそこそこへとへとになり、その翌日は看護PJというものに参加するため遠方へ行かなければならなかった。

その遠方である本社的なところへ行くとほんとに疲れるのよね。遠いというだけでなく空気が違い過ぎて。

案の定この日もさんざんな一日だった。

色んなナースさんの偉い方々が集まっているのだけど、何を聴いていてもうちのホームにそのやり方は適応しないなあ。環境的に無理だもん。

というか、うちの施設の人員不足な上に大きな行事のために死に物狂いで走り回っているであろう仲間を置いて何故これに出なければならないんだ?

そんな課題山積みな事実を改めてあきらかにされて前途を憂いた。

とは言うものの、ぐっとこらえてさらに傾聴し続けていると2〜3勉強になることを聴けた。結果、行ってみて良かった。
*******

今日は事務所にてカウンセリングと教育分析という名のカウンセリング、そして電話カウンセリング一件。

月日と共にこのカウンセリングや心理学を共にした方々。

しみじみ、皆変わったなあ、成長して行かれているのだなあと感じ入る。

心のことなので急ぐことは禁物。

けれども何もしなくとも人は自分で答えを見つけるのだなあと思う。

軽いサポートや誘導の繰り返しなのだけど、ギリギリのところで神経使う。

やはり一生懸命生きている人、悩むべき時にきちんと悩み、答えを見つけて柔軟に変わって行くような。そんな人が私は好きなのだなと思う。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: