2019年06月08日

無理なこともある

「私 頑張っています」と周囲にアピールする人って苦手なんだよなあ。

正確に言うと、それやる人のほとんどがやっていないから、そのやろうとしない性質が大嫌いなのだろう。

それでも妬むのだから困った困った。

そのせいで周囲の人々が物凄い迷惑を被っている。

文句ばかり言って、とうとう一年間自立しようともしなかった人にもはやビックリしなかった。

何と言っても10年20年単位で自立をとうとうしなかった人にも遭遇したことあるから。

同じことを感じている人のため息の意味がわかる自分で良かったなと今でこそ思える。

そう言えば「もう年だから」とか「若い頃は」と得意げに言う人ってあたかも何かをやって来たと思い込んでいるけれど、実はやっていない。

そう言う人に限ってやっていないとハッキリ言い切れるのは、目の前のその人が答えそのものだからだ。

出来ない人よりもやろうとしない人が嫌いで無理。

何故ならばそういう人はいつでも誰かのせいにするばかりだから。

本当は自分のせいだよ。

自分を見つめることを放棄したらそれすら分からないものだけど。

とても大好きな友人に聞いたのだけど、とあるセラピストさんの公開セラピーに出席した折、とある相談者のエピソードに対してそのセラピストは「今世では無理。」とキッパリ言ったそうだ。

言いたくもなるんだよね。

見つめようとしないのだから、そりゃ無理なんだわ。幾人関わっても何万時間使ってもダメなんだよね。


無理な人もいる。何故なら、皆が平等に怖さや壁と戦っているからだ。皆自分の仕事をしているからだ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。