2016年12月01日

落ち着くまで

ふう。

こんばんわ。&おはようございます。

先日ちらりとお話ししましたが、この先、次月のスケジュールを、だいたいその月の月末が近づいた頃に発表いたします。(25日前後)

今までより限られたお日にちになりますのでかなりご不便おかけしますが、もしその範囲内でご利用&ご希望して下さればフォームよりご一報下さい。

既に連絡先交換させていただいている方々はメールやライン下さいね。本当に信じられない我儘申してすみません。

でも、ずうずうしくも、のうのうと学びたいことを勉強させて下さい。(T_T)/

3日=@11時開始から終了時間14時までの範囲内
   A16時から19時の範囲内

4日=@11時から16時終了の間

6日=@11時開始の終了時間14時の間
   A16時から終了時間19時までの間

10日=11時開始の19時までの間

13日=11時開始の14時終了までの間

23日=11時から14時の間

枠としては結構あるのですが、今までのように割と時間使いたい放題だったのと比べて少なくなってごめんなさい。

今回は先のご予約をいただいていてたまたま全部かなってしまったので、とても少なく限られたお日にちになりますが。翌月、つまりは新年からはもっと広い範囲内で告知出来ると思います。

今回のことを思いつく前にご予約をいただいていた方々にはメールをしてご返信下さった枠をはずしているのですがもし間違いがあったらご一報下さい。

ブログのサイドバーに表示しつつこれを書いている間に埋まりだした。。。ありがとうございますね、ほんとにもう。

色々書きたいことはあったけれど、このお知らせだけでも心苦しいのでまた今度。(__)
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

セラピーの日

先日、特養に動物たちがやって来た。ペットセラピーである。

入居者さんたちの中には風邪ひきさんも多いし、介護も看護もスタッフが限られている中での通常業務。

なのでセラピーが行われている一階のフロアには全員の方々が行くことは出来なかった。

それでもかなりの数のおじいさんやおばあさんが目をまん丸くして賢い動物たちを観て感激していた。

動物たちは、こちらが思うよりも状況を理解している。

なので、お爺ちゃんやお婆ちゃんに優しい。

動物なのでストレスにさらされるんじゃないか?と思いきや、むしろ胸を張って得意そうにしている。動物にも色んな性格があって、彼らは社交的で人に見られるのが好きな才能を持っている子たちらしい。

ベッドに寝っぱなしの人々も車椅子で誘導されて『うわあ・・・』と感嘆する様が可愛くて嬉しくて私もずっとそこに居たいくらいだった。

何でも、この催しは初めてのことだそうだ。

これまでショッピングやカラオケやらいろんなレクを観たけれど、この日はまた新しい表情を見せてくれた。

しかし業務に戻らなくてはならない。

名残惜し気に”この人は今どんな顔をして観ているのかしら?”とこっそり顔を覗き込んでいたら『あ。看護婦さん!』と気づかれてしまった。

でも、その感嘆の表情が動物を観ているときのテンションと同じだったので「あれ?」。

周りの数人も気が付いて『あ、あの人だ。』『あ、そうだ。いつも私のガーゼを変えてくれる人だ。』『あたしの魚の目を取ってくれた人だ。』と言い出したので一目散に逃げ出した。私は社交的な動物ではない。

でも、何だかおかしくなって楽しく逃走した。とりあえず業務を片付けなればね、人知れず。

しかし、上司のナースさんが『もうホームで飼っちゃえば良いのに。』と熱く語っていたことを思い出して少し嬉しくなる。

結局、入居者さんたちに幸せであって欲しいのよね。

**********

ところでよくあるパターンなのだけど、介護と看護のテリトリーや行動時間、作業の種類は違っていて、互いに出くわすときは大抵どちらかが忙しく動いている。

距離感が同じ職種同士よりも少し遠い。

でも、私、この感じが好きなのよね。引きのカメラで見た方がその人の人となりが良く見えることがあるから。

よく他の人を観ていると「それは介護の方でやってよ。(勝手に)」とか「なんでも介護に押し付けないでよ。」ってなやりとりが交わされている。

もちろんそれも分かるのだ。めっちゃ忙しくて体も精神もギリギリになって来るとそうなるんだろうね。


ただ、そんな中でも、私はなるだけ楽しく仕事をしたい。深刻な要素が強い場所でこそ深刻になり過ぎてはおしまいだからだ。

もちろんすべきことはするのだが、それ以上に思い悩んだり怒ったりする必要はない。

同じようなことを考えている人は例え職種が違っていてもフィーリングで分かる。

『尾崎さん。僕、誕生日なんですよー。』という介護の子。

あらま。それはおめでとう。うちの夫と誕生日近いねー。

『さそり座ですか?それはそうと、プレゼント下さいね。』

なんで私があなたにプレゼントしなければならないっすか?とびっくりしたけど爆笑してしまった。

それから何週間も経ったある日には、早朝、エレベーターの前に立っている私の後ろから「尾崎さん、もう11月が終わっちゃいますよ。何か忘れていませんか。」と。

さすが。先日はさらっと会話を流したつもりなのに、ほんとにさっすがの星の元である。

『何が欲しいの?』

『甘いものが欲しいです!!!』

そうか。27歳。甘いものが欲しいのか。分かった、分かったと、プレゼントのカツアゲにあいそうになり爆笑している私。

でも、いいね。

楽しく仕事をしてるし、彼がいると明るくなる入居者さんも多々あり。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

毎日ひきこもごも

昨日のイベントは一年に一回行われるピース&ミュージックというイベントだった。

平和を願っての音楽イベントで、以前はこの地域にある銃弾跡だらけの建物が残してある大きな公園で行われることもある。

でも今年はホールを使うので涼しくて良かった。

そして、ロックやフォークやブルースやカントリーなど色んなバンドの方々が演奏していていつもなかなか面白い。

広場でやるより良かったんじゃないかな。

ただし、これ、6時間も行われるのよね。楽しいのはいいのだが、それが分かっているもんだから「勘弁してー。休日くらい眠り倒したい。」と抵抗してしまうのだが行ってみればやはり楽しい。

特に主催者幹部の杏ふるやさんが叩くバンドもかっこいいこと。記憶違いでなければ60代前後だと思うのだけど、きれっきれだった。

そして、また名物の”オクサマーズが登場。杏さん主催のウクレレバンドなのだけど、面白くて明るい。

”奥様〜ズ はうまくちゃダメよ。奥様ーズはほどほどに♪結婚すれば入れます♪”といつものさびの唄に加えて瑠璃色の地球など、色んな演奏をされていた。

大舞台なのだけど、ちょいと会場で出くわすと夫が冗談で杏さんに言っていた。「男なんで入れなくて残念です。」と。

するとにっこり笑った杏さん。「あら!それがね!ダンナ・サマーズといのもあるんですよ。」と言われて逃げていた。(笑)

全部終わって楽しかったし、さあ、帰ろうと思ったところ、寿司屋に連れて行かれた。しんどいってば!

でも、ここの寿司屋さんも久々だなー。しかもおいしかったし。

しかし、問題はその後。

もう一件行こうというじゃないか。おかげでいい加減にしろと言ってしまう。何故一人で行けないんだ。

一人で行けることは分かっているけど「一緒に行こうよー。全然一緒に過ごしてないだろ。」。

先に帰っている!と逃げたのだが、私がコンビニから出て来たら待ち伏せしていた。懇願の目。

次はあそこに行くと言っているのだけど、私、あそこの雰囲気好きじゃないんだよなー。

それなら・・・ということで少し変わり種の、夫は三回目、私は初めてのバーに行くことになった。面白いおやじさんがいるところ。

このおじさんがまた憎めないんだよなあ。それどころか根っこがとても良い人。

そこへ某特養老人ホームの女性が入っていた。

私ははじめ分からなかったのだけど「○○苑の者です。先日はたこ焼きをありがとうござました。」

ああー。あの施設の方か。いえ、楽しかったですよなんて話して、あとは延々と四人で女子マラソンを観て過ごした。

かなり遅くなった。

でも、なんとなく楽しくて体が軽くなった気がした。不思議っす。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

お引越し / ありあわせ

クリスタルヒーリングが元々の発想で始めた天然石のアクセサリー。

ところが始めて見るとヒーリング以外にも色んな働きや効果を実感したというお声をいただけて嬉しかったです。

クリスタルヒーリングもまた簡単な施術なのにも関わらず、しかも目には見えない深いレベルで変容していく素晴らしくシンプルなヒーリング。

ただ、いつもいつも石を体に乗せて瞑想するってのは現代人の間では難しかったり。

それでアクセサリーにしてしまえばと思ったのは、通常1時間〜2時間横たわってリラックスしている手法と比べてずいぶん長いことストーンに触れて過ごしていることが出来るから。

チャクラの真上でないにしても身近に独特の波動があると変わらないでいることの方が難しいし。

そして、ヒーリング以外にも効果があったと仰って下さった先述のご感想にも別段不思議なことではないなと思う。

邪気払いに浄化にプロテクト、パワーチャージに生命力にリラックス。実に細かく働いてくれるのでストーンが黙ってその人を少しづつ少しづつお手伝いしている。

で、今回は、ショップをお引越ししようと思います。理由は複数あるのだけど、多分、以前ある人がお薦めして下さったカートのショップにお引越しすると思います。

とはいうものの、やはり相変わらずのバタバタ生活なので少しづつしか進めることはできないでしょう。ああ、あと、作品は写真を撮る前に旅立ってしまい、ただいま在庫なしというのもありがたいお話しではあるのだけど、すこーしづつ生まれ変わったサイトを作って行きたいなと思っている今日この頃です。

これからもどうぞよろしくお願いします。ほんとに感謝です。

*******

だー、疲れた。でも、今日もよく頑張った。もう何もできん・・・と思いつつもビール片手にレッツクッキング。

ポークソテー。少しの塩コショウと醤油バター。マカロニサラダはタルタルソースから先に作ってあえてみました。

あと一品くらい何か・・・と思い、ジャガイモと人参のきんぴらを作った。ゴボウもおいしいんだけど、こんな日には時短。その代り、カリカリなジャガイモとゴマやピリッとした鷹の爪がおいしい。

しかし、たらこパスタを食べたいという声が聞こえたのでこれまた作る。もはや、どこの国の食卓なんじゃいという感じなのだけど、不思議とレシピ同士が喧嘩しない。

で、今日も私も燃え尽きているので、おとなしく休むのみ。

皆さんもお疲れさまでした。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

でも、必ずやり遂げます

いやあ・・・暑い。

特に通勤時間が。

ただでさえ疲れて帰って来るのにこの蒸し蒸しさ加減は凄すぎる。

しかし、暑すぎても足って浮腫むのか?

仕事に行く前に布団を天日干しして行こうと思ったのだけど、この時期天候が分からないのでそれは危険。

”天日干し以上のパワー!”というのをうたい文句に宣伝している例の霧吹きもあるが、感覚的にあまり好きじゃないのよね。

で、私、田舎ならともかく家が隣接しているこの東京で布団をバンバンベランダで叩く人には辟易するの。

夜勤明けで寝ようとしたら爆音が響く病院ナース時代のトラウマ。いや、夜はもっといやよ。

まあ、それらは全てこちらの都合なわけで。

私はこのままではいかんと思い、初めて洗濯機の布団や毛布を洗うモードを使用。しんどくて動きたくなかったけど、もう、ほんと何かがあかん。

そして布団乾燥機をかけたらフワフワになった。

じゃあ、そこでやめとけよという話なのだが、何故だか部屋のカーテンを洗いたくなり、一気に四枚洗ってかけてすっきりサッパリ。

そして心理学所の三ページ目あたりで死んだように眠った夜だった。

******

少し忙しくて、まだ予約のメールすらちゃんと読めていません。ほんと、家事以外はずーーっと仕事のこと考えてるんだけど、どうにもやることが多くて。

予約のご希望、広い範囲でありがとうございますね。

ちょっとまだスケジュール帳と照らし合わせている時間がないのですが、明日の夜には返信させていただきますね。

重ね重ねすみません。

そんなこと良いからはよメールしろよと言われそうだけど、皆さんも水分しっかりとってなるべく食べて、よく休んでくださいね。

そんなほとんど要件ばかりのブログを書きつつも・・・とにかく、
********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

ライン、OKになりました

で、変化嫌いのナマケモノの私は昨晩、ラインを使えるところまで持って行った。

いやあ、ほっとして数人に申し訳ないけれどテスト送信させて貰えたらうまく行ったし、その方々にもありがたいやらで。

しかも、そのまま引き継げているようでメンバーは、ざっと見た限りちゃんとアイコンがある。

ただ、以前使っていたスタンプが皆無になっていた。

まあ、そんなことは良いか。(残念だけど)

ところが、初やり取りした方が「スタンプも消えてるんじゃないか?と思って。」と幾つかプレゼントして下さったので、これまたありがたや。

しかし、喜びも束の間、寝る前にPCに繋いで翌朝起きると、何と、画面が白い。ようこそ!iphoneへ!とかいうメッセージが出ている。

何をいまさら言っているんだ?この機械は?

で、夕べのラインのスタンプは消えているわ、新しく引き継ぎ設定をしなければならないわってことになっていた。

なんだよー、それ。今までさんざんitunesに繋いで同期したときには反応しなかったじゃないのよ。

仕方なくラインを広げてやり直そうとすると認証コードがダブルでいるとか訳の分からないこと言うし。何よ、それ。

でも、認証コードを忘れた方はその携帯に送りますってなメッセージが出来たのでさっそくタップしたのだが。

待てど暮らせど認証コードが来ない。

で、仕事の時間。
ぐわー、予想を裏切らずトラブルの連続。何故にもっと簡単にならんのだ。

えーと、認証コードが送って来ない場合は?で調べてみると、いや、ちゃんとショートメールに送って来るとある。もしくは、備え付けの携帯メール。

それで備え付けの携帯メールを開けてみてビックリよ。今度はその携帯メールが受信サーバーのパスワードが違うので受信出来ていないという事は判明。

つまりは、携帯メールですら誰ともやりとり出来ない事態にまで陥っていた。

うぎゃー、もう、わからん、仕事行こう。

私、一つのことが気になると、他のことが出来ない性質なのだけど、人は変わるもんだ。一日、横においておくことが出来て、何とか仕事が終わった。

なので帰宅してからまた調べたところ、携帯メールを使えるようにするにはサファリのところからこうしろああしろと書かれていて、それで何とか携帯メールが使えるようになった。まあ、文字にすると何て簡単なんざましょ。腹立つわ。

すると、ラインの認証コードがいっぱい来てた。ええ、いらいらして何度も再送を送っていたので。

かくして、ラインもメールも全てが使えるようになった。

しいて言えば、何故だか電話帳がまた移行してくれないのだけど、それはまあ、またぼちぼちとやって行こう。

長らくお待たせしました。携帯メール、ライン、PCメール、お申し込みフォーム。どこからでもご一報くださいね。

ご不便おかけしてすみませんでした。

あ、あと、ラインが復旧した後、前のスタンプも、今回のプレゼントスタンプも両方使えるようになっていたよ。本当にありがとうね。

残るは・・・・。来る日にソフトバンクの回線工事があるということだ。。。おそるべし。

でも、まあ、自分がやりたいことを何とか続けながら頑張って手がけたいものである。

***********

レイキのディグリーのお申し込み下さった方、少ない日数しかスケジュールが空いていなかったので、もしかしたら会えないかも知れない。悲しいのう。

色々と不便なことも開通するのがレイキでもあるのだけど。

ああ、今日はそんなこんなであたふたしたものの、皆さんのおかげでこうして無事に一つ一つ片付いております。

今日も多謝です。ありがとう。
********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

致し方ない

依頼人さんがいらっしゃるときに、あたかも森の熊のように気軽に事務所に現れる夫に「だから!今、ラインは不通だと言ってるでしょうが!」と怒った数日後のこと。

「仕事抜け出して来た!今日はカウンセリング、何時から?今すぐ機種変へ行こう!」とけしかけられる。

い、いやだあああー!と拒否ったのは、物凄く時間がかかると分かっていたから。

忘れもしない一台目のiphoneをかち割った数年前、二台目のiphoneに仕方なく機種変したのだが、気が遠くなるほど待たされた。IMG_0002.JPG

もっと言えば、20年以上前、ガラケーの時代から娘たちにとっての初めての携帯をプレゼントしようとショップに寄ったときですら何時間も待たされた。気軽に立ち寄ってクリスマスプレゼントにしようと思っていたのに。

さらに、ipadが出たての頃、一番最初の機種を買って事務所でPC代わりに使おうと思って家電量販店に立ち寄ったときも間違いだった。スタッフがあんだけいればショップほどではないだろうと思ったのだけどまたしても数時間待たされた。

ガラケー時代の私の携帯はそんな私の我儘で短気な性格を読み取った夫が『委任状一つ書いてくれれば俺でもOKだって。』ということで何度かお願いしたことがある。でも、何だか、それじゃあねえ。

「じゃ、今回も委任状書いてよ。行って来てやるよ。」

いや、あかんあかん。ほんとに自分のこと、自分でしなければ。ただでさえアホなんだからますます退化してしまう。

ただ、今日は勘弁して欲しいって言ってるんですよ。もうセッションのことで頭いっぱいだし、予約の整理やメールカウンセリングの返事も溜まっているし。

ああ、そうだ!電話カウンセリングだってあるんだよ!

看護部門でも遅刻はしてはいかんが、カウンセリングの方になると何せ私一人しかスタッフ居ないんだから!

色んな押し問答しているうちに、ああ・・・何故に開店と共にショップに連れ去れているのか・・・。

例え今日機種変したって、あとで設定がうまくいかないだの、同期が出来ないだの、電話帳のバックアップが取れないだのとどうせトラブルんだろうし。

案の定、一番乗りだったのにも関わらず、あっという間に一時間半。

あと30分で出ないと事務所に着けないし・・・。

しかし、ショップの人が本当に説明が上手で、必要最低限のことをそつなくこなし仕事をなさっているのが分かる。

なのでひらすら我慢していた。

「俺が送ってやるよ。そしたら事務所到着まで30分じゃなくて15分ってことになるだろう?」

そんな声掛けが優しいって分かっているのだけど、自分でも顔が鬼夜叉にになっているのが分かる。

そうして、漸く目途がたった頃、私の係をして下さっていた青年が「あの、あの、あのう、奥様。本当にお待たせしてしまったので、あそこにある新機種のケースをどれでもお好きなものを差し上げます。どうぞ選んで下さい!」と仰る。

いいえ・・・・私、怒ってません。こういうのは時間かかるんですもん。知ってますもん。だから怒っていないから大丈夫なんですよ。

「いえ、そう仰らずに、どんなデザインのものでもどうぞ、どうぞ。」

(いや、後日自分好みの派手派手のラメラメだかビジュ付きだかを買うから良いよ。)

すると、その青年の後ろにいらした上司らしき人が『プラスチックのなんてケチなこと言ってないでレザーケースの中から選んで貰いなさい!』と割り込んで来た。

なんか知らんけどサービス出来るのはプラスチックまでになっていたらしく青年が上司をハッとと見上げる。「いいですか?そうして差し上げてよろしいでしょうか?」。

いやあああ。レザーのタイプの手帳型ケースは余計に要らん!開くというステップが一つ増えるし、電車の中で覗き見するやつはどうやったって何でも覗き見するわけだし。

しかも、ここから見える限り、その革のタイプってのが一種類で物凄く地味。

「怒ってませんから!大丈夫です!要りません!」

「そ、、、、そうですか。」

そこで「貰っておきなさいっ!」と夫。おまえは黙っとれや。

しかし、もう逆らうのも疲れて貰うことになった。

いよいよ梱包してくれている段階になっていたのだが、とうと椅子から立ち上がって店内を歩きだした私。

最近のipadに思わず目が留まる。そうだよなあ、あれも、古いんだよなあ。

すると、マッハで駆けつけて来た兄さんが「ipadは時間かかりません!これとこれとこれ!どれがご所望ですか?ほとんどタダの感覚で提供しますよ!」と。

いやあ・・・これは魅力的だけど、前のやつ家電量販店で買ったからわざわざあそこに解約にいかきゃならないじゃん。面倒くさいことばかりだなあ・

「まあ、それはゆっくり後日でいいじゃないですか。」

・・・・・・・・・・・・。

********

かくして私は昼の事務所に間に合った。

物凄くストレスがたまったので、うわーーーっと生姜焼きと野菜の混ぜ混ぜおにぎりを三つ握って、具だくさんのクリームシチューを作って気持ちを切り替えた。(来訪者が食べて下さって本当に嬉しかった。)

で、ipadの方のケースを選ぶ胆力が無かったので「どうしようかな。このままだと傷つくな。」と思っていたところ、目に留まったのが、先月、MさんがAちゃんと私にお揃いで作って下さった小さな可愛い手提げ袋。

それが、何と、ピッタリと入った上に取り出しやすいサイズ!IMG_0001.JPG

凄い!あなたって凄い!まるでこうなることを知っていたかのようだ!

おかげさまで重宝している。

え?同期?ライン?

ごめんなさい。一週間だか10日以内にはちゃんと向き合っていじって復旧します。

すみませんが、やはりそれまではPCメールか携帯メール、もしくはお申し込みフォームの方からよろしくお願いします。

ほんとにすみませんねー、もう。
********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

まさかの

☆お知らせ追記
以下にお知らせを書いた時点で気持ち満々だったのですが埋まってしまいました。
・・・・すみません。<(_ _)>

またお正月明けにおいおいよろしくお願いします。

********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 15:28| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

ある日のあれこれ

昨日のカウンセリングでとある方がとある理由で定期健診に行って来た帰りだというのを聴かせていただいた。

そして結果を聴くのが今日になるのだということも。

気がかりだったのだけど、少し嬉しいお知らせが来た。引き続きお大事にして行かなければならないのは変わりないのだけど。201506103.JPG

私とほぼ同年代の方でとかく身体的に変化が多い時期。今までのようには行かない。

その変化に心がついて行けないのは当然のことで、結構多くの方々が苦労なさっている。

それはともかく、結果を教えて下さったことに感謝。

***********

ショップに色んな方々からオーダーを承っていると色んな出会いがある。

聴いたことのない珍しいお名前だったり、はたまたお住まいのところが初めて聴く地名だったりと。

そんな中で此度も梱包しつつ奈良の方へお住まいの方の住所を宅急便の用紙に記入していたのだけど、何ともまあ神秘的な地名。この地にはまた違った神様が存在しているのではないか?と思える。

何度かリピートして下さったこの方、そしてお住まいの地域に再び祈りや思いを馳せる。201506102.JPG

こんなことでもなければ決して出会うことも言葉を交わすこともなかったかも知れない方々。

オーダーの詳細やその想いをしたためて下さるのでカウンセリングに到らなくてもほんの少しその方の人生や人柄が垣間見える。

毎日自分なりに頑張ってはいるものの、今回もとにかくお待たせすることになってしまったけれど、感謝を込めて、しかし自分の念は入れず石の純粋なサポートのエネルギーだけを送る。201506101.JPG
**********

”虎の門でレセプションなのでご飯は要りません。”というメール。

そっかー。じゃあ、私は一人、猫さん居酒屋、たま屋、様々な異名を持つお店(笑)で晩御飯食べよかな。

めちゃ混みのことがしょっちゅうあるけど入れるかな?と思ったのだけど、時刻が中々遅い割に私が暖簾をくぐった際マスターのTちゃんと見知らぬおじさんのお客様一人だった。シーンとしたお店のカウンターの中でTちゃんがタバコをくゆらせていた。

こういう日もあるけど、きっと何かしら飲んだり食べたりし出すと途端にお店がいっぱいになるぞ・・・という予感。

「あれ?今日は一人?お母ちゃん、今日は会合でまだ来てないんですよ。」

最近朝の5時まで頑張ることにしたというTちゃん。1時にお母さんがあがった後も店を開けているそうで、「いやあ、まだ慣れないせいかかったるい!」と。

「あ、かおりん、この間の試飲会行って来て、また新しい日本酒入ってるよ。」

会の詳細を教えてくれたものの、何せ大事な娘との行事がある日で行けなかったあの試飲会。

ラベルで選ぶこともあるけれど味を直に確かめてから仕入れていらっしゃる。

時々誰かと一緒に行くこともあるのだけど、同行した方は皆さんべろんべろんになってしまうそうな。あたりまえだよね。

Tちゃんが最後まで品定め出来るのは口に含んで吐き出してでもいるからかな?

そうこうしているうちに案の定店がいっぱいになった。

介護関係の方とか看護師さんとか、とかく医療従事者の方が多いこのお店。顔見知りの方々も来たし猫も来た。

「かおりんの声していると分かるんだよ。」

でも、また新顔のにゃんこだった。猫会のネットワークか?

お母さんも出勤して来た。

それに夫から電話が。

いつもレセプションの日は要らないと言っておきながら、思いの外早く最寄駅に到着して「着いた?ちょろっとどこか行かない?」と言って来るので結局一緒に飲むことになるのだがこの店に居るということを告げたらすっ飛んで来た。

しかしこの人来るとお母さんもTちゃんも喜ぶよね。

今日もご馳走さまでした。

またそのうち行けますように。
********

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

気付けることの素晴らしさ

今日も色んな方々に出会ったのだけど、夕方に一緒に取り組んだエピソードで耳にしたことが、あらゆる意味で強烈。

同時に、よくあるケースでもあるのでそれに備えて色んな対策を練っていた。

転職して良かったねーのエピソードを多いのだが、それはそのままに損なわれることなく喜ぶ。

で、しばし慣れて来ると、古いパターンが蘇り、何か一つの結末に無理やりにでも持って行きたくなる。

その何か一つの説末というのは、この場合、無意識の人生曲本と呼んでも良いし。大き目のゲームとも似ている。

でも、この方、基礎コース修了者の方でもあり、日常の心のひっかかりに「なんかおかしいな。」と気づく力がついている。

それで持って来て下さったエピソードだったのだけど、

さっそくご自身で小さくを立てていらして良かった。

あなたは何も悪いことはしていない。逆に求められている。

そこにスポットをあてて頑張って欲しいなあと思った今日この頃でした。

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

イメージが現実を動かす

ご近所様のセッションの前後に京都からのお客様。少しお付き合いが長い。

あいかわらず自分のやりたい事とその意志に従って動いていらっしゃるし、その上、彼女が自分の手帳に書いたことはほとんど叶うという面白いお話も聴けた。

人間の脳の中から出て来る発想はそのほとんどが実現可能な事柄で、しかもそれを唱えたり視覚化すると叶うスピードが速くなる。20150503.JPG

レイキのアフォメーション的な考え方だったり、はたまた自分のマインドマップを作る作業とその効果を彷彿とさせるお話だった。

それにしても昨年も「今年はいっぱいお会いできましたねー。」と喜んでいたものの、今年はその去年を上回る頻度でお会い出来ている。

それもこれも何もかも彼女の進みたいというお気持ちのおかげさまだなと感謝する今日この頃だった。

**********

ところでお知らせなのですが、携帯の設定なのか何なのか、こちらで受注完了メールを送っても届かないという現象が時々起っています。

いちおう色んな方法を考えて送っていますが、届かないなーと思われている方もいちおう出来る範囲で携帯の設定確認していただけると幸いです。

現在4つばかりオーダーが溜まっていますが、ぼちぼち作って必ずお手元にお届けしますね!

*************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 12:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

勇敢な女史 / やっと再会

ここ最近メニュー未定の3時間コースという面白い予約の取り方をして下さる方とのセッションが楽しみで。

ええ、それが例え人生において重要な局面を考えたり謎解きをする時間であったとしても。

でも、今回は前回から「次回はゲシュタルト療法のエンプティチェアをやってみよう。」というお約束でそのターゲットとなる内容や人物も決まっていた。

そして今日も雨がよく降る。

決して近いとは言えない地からお越し下さって本当にお疲れ様です。

それで「この間はこれこれしかじかと言っていたけれど、こういうことがあったのでこういうふうに変更したいんですけど。」と自分から意思表示して下さった。

実は私も思うところがあった。

ゲシュタルト療法は個人的には好きなのだけど、ある種、衝撃的な感情に触れることもあるのでターゲットは核心の事象や核心の人物からいきなり入るより、近い過去の出来事から始めた方が良いと。

元々上級コースに触れる前だし、ゲシュタルト療法の特徴を話す祭、早いけれど、ある意味強烈なんだよねという説明をした覚えがあるのだけど、彼女の場合、時折周辺にいらっしゃるカウンセラーさん同様勇敢。

「それ、やりたいです。」と仰っていたのが前回だった。

そして、勘が良いのか、それとも流れが彼女の味方をしているせいなのか、当日になって自ら療法の対象を変えている。

とは言うものの、ゲシュタルトはゲシュタルト。

どこから入ってもある程度衝撃的な事実が発覚する。

どこを切っても金太郎飴という感じで一つは全てを表す。

それでも、さすがだなあと思った。

彼女は一番大事に守って行かなければならないものの存在を実感して下さったかのように見えた。

愛情とは複雑なものだと思う。

同時に核心はとてもシンプル。

相手のためにも自分を大事にすることが近道であるということが、この世には沢山ある。

そして最後の方で、共通のお知り合いである方との習い事の先生が仰っていたという言葉を引用してコツコツ進むことの大切さを語って下さった。

2時間に渡ってのセッションの後、やはりレイキ。

喉が乾いた分だけ何かが出て行き、新しい水分を飲み干して、日常へと羽ばたいて行かれていた。

***********

昨日の夜、”晩御飯何が良い?”と夫に電話したのは日曜日だったからなのだけど。

「今東大和なんだけど、kさんご夫婦がいらっしゃっているよ。」と。

きさま。なんで焼き鳥屋に居るんじゃい。昨日飲んだばかりだろ!といつもなら怒るところなんだけど、”ええ?!kさん?!こりゃ大変だ!やっと捕まる!”となるわけである。

何せあのお財布を旦那越しにプレゼントして下さってから全然会えてなかったから。

お代を払わせていただいて改めて直接お礼も言いたい。メールじゃ全然教えてくれないんだもの。

慌ててすっ飛んで行った。

後はこの道路を渡るだけだ!と信号待ちしていたら珍しくマスターがこちらを見つけてじっと見ている。

店に飛び込むとママさんが「かおりん、二日連続で疲れてるねー。ほほほ。」と可愛く笑っている。

kさん夫妻は「いいんだってば。いいって。まあ、座って下さいよ。プレゼント、プレゼント。」とニコニコして下さって。

あとでkママに改めてずうずうしくてすみませんとお詫びしたところ「いいのよ。あの人も楽しそうに選んでたわよ。絶対ピンクだって。」と、いつもの豪快な笑い方。

ううう、痛みいります。

でも、kさんとお揃いの財布、嬉しい。

k社長は相変わらず忙しく、その夜の2時くらいから仕事に出るそうで、一緒に帰ろうとした奥様を夫が引き止めた。

私も引き止めたかったけれど、悪いと思ってやらなかったのに。

「y枝さんはまだ良いじゃないですか。二軒目に行きましょうよ。」と引き止めたその魂胆は・・・。

最後に分かったのだけど、せめてy枝さんに沢山食べて飲んで貰ってご馳走したいという魂胆だった。

ああああ、皆私が酔っ払ったときの我儘故に迷惑を被っている!。

財布なんてkさん夫婦に選んで貰えたら雑誌の付録とかで良かったのに!

「だから、もう良いってば。来年もう一回無くしてね。選ぶの楽しかったんだから。ああ、それと来月は青うなぎだね!」

ああああああ、そうそう。この青うなぎを小田原に食いに行くという行事に関しても胸が痛い。

ほんとは今月のはずだったのだけど、その日の日曜日も仕事が入っていたので皆さんだけで行って下さいって夫に言っておいたのに。

わざわざ予定を伸ばして下さって何人に迷惑かけてるのか。だから、抜きで堪能して下さった方が良かったのに。

第一私なんぞが居ても何の役にも立たないんだから。(車の中でグーグー寝てるばかし。」

「いやあ、うちの旦那のエンジェルなんだからかおりんがいなくちゃ。」

エンジェル・・・・・・。

こんだけ一緒の飲み続けてもまだこの私の意地クソ悪さが伝わっていないんだろうか。

申し訳ないのとともに、感謝する今日この頃。

********

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

一族全ての源

☆お知らせ&お願い

いつもブログを読んでいただいたりご予約下さったりと今年もありがとうございました。

で、誠に恐縮なお願いなのですが可能でしたら以下、よろしくお願いします。

ご予約を取って下さるご新規の方はフォームでのご連絡先の欄をしっかり書いて下さいね。ご住所まできちんとよろしくお願いします。

あと、大変申し訳ないのですが、ご希望日時を複数いただけると助かります。(無理な場合はご事情お察ししますので複数でなくとも大丈夫です。)

例えば、当日の夕方頃にお申し込みを送信なさって、ご希望日時が”当日”というのは中々お受けできない状況ですので、もう少し先のお日にちでご希望下さるとお受けできることが多いです。

来年一月は今のところまだ三分の一ほど枠が空いていますが、ご希望日時確定後、なるべく早めに計画的にお知らせ下さるとお会い出来る可能性が高いので嬉しいです。

長くご利用して下っている方々、時折”明日”というご希望でもいちおうお問い合わせして下さるとキャンセルが出ていることもあるので可能な場合もあります。お手数ですが、いちおうご一報してみて下さいね。もし、ダメでしたらすみません。

色々限界があったりご不便かけて申し訳ありませんが来年もどうぞよろしくお願いします。

**********

今年のカウンセリングは明日一日を持ってして終了。

ギリギリ間際でお会いしたい人にお会い出来て良かったなと今年も思う。

もちろんまだまだどうしていらっしゃるか?と気になっている方々もいらっしゃるものの、そこは焦らず来年を待とう。きっとそれぞれの場所で様々に頑張っていらっしゃることだろう。

心の中の、一見すると形になっていないもの。でも実は人生、生活、容姿、表情、経済、仕事、恋愛、様々な点で形となって表れて行くもの。

それが”心”というもの。つまり、心は見えるもののひとつでもある。その人を確実に作る。

今年は多く関わった方々の表現力が物凄くアップしたなあ、上手になられたなあと思う場面が幾つもあった。

最初は表現出来なかったことでも、どんどんその人なりの表現力となって行く。

そう、人は通常黙っていると分からない。

でも、よくキャッチボールに例えられるのが会話やコミュニケーションでもあるので、相手のことを想像せずいきなり横から投げつける表現もNG。

自分の想いだけでいっぱいになって放たれた言動は相手の負担となって余計に伝わらない。

それで『分かってくれない』と嘆いていた時代から、今や名投手、名キャッチャーになっている皆さん。

聞き上手とは話し上手のことであり、話し上手とは聞き上手の人でもある。

そう言った意味で度々お会いした方々の目覚ましい成長に目を見張った年でもあった。

一方で、とにかく最初は思い通りに言えなくとも精一杯表現しようとする人の涙も印象的だった。

***********

今朝、お爺ちゃんが退院して来た。

お爺ちゃんが帰って来た!

出勤前、その音を聴きつけてドドドドドド!と降りて行った。

そんなして居間に飛び込んだからと言って嫁の私は何も言うことがないというか、何をどこまで言って良いのか、どんな顔をして良いのか分からなかったのだけど、そんなことを考える暇もないほど衝動的に駆け下りた。

お爺ちゃんは「おう。」と言った。そして「へっへっへっ。」と。

笑ってる!

かつて、病院で徐々に食べられるようになって五分粥が出された日、初めてシャワー解禁になった日があった。家族が介助して洗って良いとのこと。

お婆ちゃんは膝が痛いので「じゃ、私が!午後、休みます!」と言ったのだけど、あれも衝動的だった。

「い、いや、お婆にやって貰うから良いよ。おまえ、仕事行け。」

「そうよ。かおるさん。うちがやるよ。」

この時も赤面した。そうだよね。嫌だよね。今まで元気で気丈だった人がいきなり他人である嫁にそんなことされるの嫌だよね。いきなり裸かよって話だよね。私が逆の立場でも嫌だわ。

「いや、嫌じゃないんだけどな。でも、良いから。」

私が嫁入りしたての頃、お爺ちゃんは強面で、屈強な昔ながらの頑固者だった。よく怒鳴る人だった。それがまあド迫力で。

で、私もまだまだ若くて気が強くてお子様だったものだからいちいち正論を怒鳴り返したりして驚かせてしまった。

よう喧嘩してもうた。悪妻、悪嫁だった。

それから気が遠くなるような時が経った。

私は今年初めの手術のときも、今回の手術のときも、色んなことを回想してお詫びしたい気持ちでいっぱいになった。

あの頃は、若造のくせに生意気ですみませんでした。今も上手口が言えなくてすみません。

けれどもその後、すぐ思った。

それじゃあまるでお爺ちゃんが死んじゃうみたいじゃんか。

&口先で謝るようなことじゃない。そしてそれを好まない人だ。

第一、過去は消えない。やったこと、言ったことの責任を簡単に放棄してはいけない。お爺ちゃんもそういう人なのだ。

だから、この先、行動で表して行こう。

お爺ちゃんは謝らない。ええ、さんざんな失礼で時代錯誤な常識を押し付けられたこともあるけれども、お爺ちゃんは謝らない。

その代り、数年後、黙って私がご飯を食べている目の前に缶ビールをガン!と置くようなことが増えた。

無言だけど”疲れただろ、飲め。”ということだ。

旅行のときも、黙って夫の杯に酒を注いでいた。

無言だけど”ありがとな。”ということだ。

うまく言えないけれど口先で謝るのは違うのよね。

********

ところで今年の正月頃の肝臓のオペで無事退院したときのこと。その期間は、医学的な注意事項をちょいちょいアドバイスしつつも、ひそかにレイキやらパワーストーンやらも使っていた。

あくまでさりげなくでないと嫌がるのでそっとね。

でも、退院後お婆ちゃんに「御守りやら何か分からん石やら、あと、自分に手あてとったね。あんなことするから治ってもうたんや。」と言われた。

そう、その時も死と隣り合わせだったのに、何と元気に復活した。

違いますよ。手術のせいとお爺ちゃんの努力のせい、お婆ちゃんの介護のせいですよと主張した。

そして今回は以前よりもっと分からないようにレイキを初め代替医療的なことをやっていたのだけど、やはり何故だか『なんか、したでしょ?』と言われた。

何もしてませんてば。(と答える)

ああ、でもまだ肺が気になる。

レイキの心構えとは、そういった不安との戦いでもある。如何に我を捨て、如何に不安を捨て、普通にあくまでさりげなく、押し付けがましくなく。。。。etc。そしてあたりまえだが、自分のすべきことは自分のためにしなければならない。

治すのは本人で、その一助となる分をわきまえて。

けれども、人間だから難しい。つい欲や執着を持って自然なことを受け入れられず、下手すると妖怪化するまで長生きしてくれとまで思ってしまう。

そう。レイキは簡単。でも、レイキは難しい。そして難しいけれど簡単。

メサイアコンプレックスやらレスキューファンタジーに囚われていたり、自分の想いばかりが強くなり相手や相手の周りの人のことを忘れてしまうとたちまち難しいに囚われる。

愛情や執着や同情も下手するとそちらに傾きやすい。

このことを言葉で説明するのは、何度講座をやって来ても未だに難しいなあと感じる。

それはそうと、夜遅くに仕事から帰って来た私はもちろん爺ちゃんの晩御飯に間に合わなかったのだが、聴いた話によると、夕飯時に大好きな初孫という日本酒を飲んだと言う。

「!!!!ダメだろ、そりゃ!」と思うのは、おそらくは肺だけではなく腎も悪いと感じるから。

なのだけど・・・・・。思い直した。

ソファーでグーグー寝ている爺ちゃんの顔は笑っている。

孫たちの前でしか見せなかった笑顔を今朝は私にも見せてくれた。

いいか。。。。

初孫、好きなんだよね。ちょっとくらい良いか。お義父さんらしいことだもんね。いったい誰に制限する権利があると言うのか。

今日という日がある。

この幸せを受け止めよう。

********

毎年、一年に一度だけ台所に立つお爺ちゃん。大晦日の日にローストビーフを焼くためだけに。

そして、そのお肉はわざわざ昔からある吉祥寺の肉屋に買いに行く。だいたい29日あたり。

今年は退院したばかりだから代わりに買って来てあげると言ったのに。

それも自分の足で買いに行くと仰る。たった一言なのだけど、質問も追従もたしなめも許さない貫録が健在だった。

ううううう。

でも、それがこの人なのだ。

だから何人たりともそれを止める権利は無し。

涙が出て来るのは悲しいからじゃない。

私は嫁という他人でもある。

でも、ただただこの方を見つめ、あるときは腹を立てたり、そして、結局いつでもその後には尊敬している。ただ、ただ、黙って尊敬している。

**********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

涙でぼやけていた でも鮮明な光景

竹内マリアさんのライブへ行く数日前だったか。

夫と車での走行中、TVに藤井フミヤさんが出ていた。

Nanaとか懐かしいナンバーその他を色んな人とコラボして歌っておられたのだけど、まあ、しかし、声が衰えていない。それどころかバージョンアップしている。

マリアさんのライブへ行ったときも同じく「何、そのバージョンアップは・・・。」と驚いていたのだけど、両者とも口にした言葉にはもっと驚いた。

「もっと歌が上手くなりたい。」と。

我々素人目には「もう、良いじゃん、もう充分感動しているよ。」と思うのだけど、そうおっしゃるとき、自分のハートのあたりに手を置いて仰っていることが目を引く。

自分が感動出来る人が人を感動させてしまう。それを少しも狙っていなくとも。

*******

今日は今年最後のカウンセラーズトレーニングの会だった。

フルフルとフルフルと心が震える話し手の波動に応えるように全員の心もフルフルと震える。

目をみはるとはまさにこのこと。

人間って何て美しいのだろう。人間って何て可愛い生き物なのだろう。

ある人の大ジャンプ。

この人の大ジャンプ。

みんな、生きることに責任を持っている。

生きているということに何一つ思い上がりを持っていない。

こう言うと終始真面目で硬そうな感じがするのだけど、その逆。

人は真面目になればなるほど心柔らかくなるのだと思う。

硬いうち、考え込んでいるうちはまだまだ半端なのだ。

誰一人同じ人はいない。

誰にも似ていない。

予定していたワークはあったものの、シェアリングのドラマの濃さ、一人一人の人生の濃さと深さに圧倒されたので今年はメッセージ交換ワークに切り替える。

それですらまあ何と自由なこと。

誰一人ルールについての要らぬ質問などして来ない。制限がない世界をそのまま受け入れて、あちらこちらで泣きながらハグしていた。

「あのとき。。。」「このとき。。。」と伝えたいことを伝え合って、どんなに相手が素晴らしいのか?どんなに大切な人なのか?を全身全霊で伝え合っていた。

特記したいのは、勇気を持って参加した人々のことでもある。

黙っていても終わるのに、震える心で精一杯表現してくれた。

その光景を見ていると、私も涙が溢れた。

伝わっている!!!!教えたかったこと、何が大切なのか?何が真実なのか?全部伝わっている。

いや、そうじゃない。それらは全て私が教えたことなんかじゃない。初めから彼女たちの心の中にあったもの。

要らないものや古いものを手放して行っただけで、現れたというただそれだけのもの。

嬉しくて涙が出た。

この感謝はどう伝えたら良いのだろう。

時間いっぱい有意義に使って、その後はピザやワインやコーラで乾杯。ああ、コーヒー淹れてあげるの忘れちゃったな。皆、あんなに頑張ったのに。

イブイブの日、そしてバースデーも兼ねて、テーブルの上は華やかで、そしてそれを囲う人々はもっと華やかだった。

ありがとう。

皆、一人の戦いをしている。

けれども、それは全員の戦いでもある。

とても素敵な笑顔の花束を見た日だった。

コツコツ、コツコツ、辛いことがあってもコツコツ、コツコツ。続けて来てよかったなあ。

愛しくて仕方がない。

もう、もう、本当によく頑張ったね。誰にも言われるでもなく、自分で決めたことを本当によく頑張ったね。

もう一人一人がレジェンドだ。

**********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

小さな でも偉大な奇跡

毎日さ。

この時期のカウンセリングは今年の振り返りをする方が多いのだけど。

やはり今日いらしたうちのお一方も『今月の振り返り』と『今年の振り返り』をやりたいと仰っていた。

濃密な2時間だった。

そして私にとっては2時間ではないのだけどね。

数年前、初めて出会った時から、色んな細々とした歴史があるから。

そして初めて出会ったときから今日この日までの歴史を振り返ると激変&激動だから。

それはもしかしたら本人にとっては分からないことかも知れない小さな積み重ね。

こうして違うカメラを持っているからこそ見えることであるということも多い。

それでも幸いにも彼女には感じる心があった。

自己一致されていた。

だから、途中で『私、私、頑張った。』と両手で顔を覆って沢山の涙を流す。

それは素晴らしいことだと思う。

自分で自分の軌跡という奇跡を感じ取れるということがどんなに素晴らしいか。

そんなとき、やっぱり、一昨日のマリアさんのライブで聴いた静かなレジェンドという歌が脳内BGMとして流れる。

彼女が讃える人が居る。それは彼女の努力を正当に見抜いた上司の方々。

その方々ももちろんレジェンド。

伝説を作る人のことを見つけるのは同じくレジェンドである人にしか出来ない。

二重にも三重にも感動してしまうのだ。

私はずっと観て来たよ。本人の仰る通り、大袈裟でもなく等身大。凄く頑張って結果を出したんだ、あなたは。

変わるというより戻ったというべきなのだろう。

もしも私に歌が歌えたとしたら、迷わずあなたの軌跡の歌を歌い、そして語りたい。

とても綺麗になったね。

そして自分を大事にした分、周りにも大事にされるようになったね。

おめでとう。

道はまだまだ続くのだけどあなたの言う通り『年々幸せになっている。』と、私もそう思う。

良いお年を。

そして来年もよろしく。

伝説の隣に居させてくれてありがとう。深く感謝しています。

**********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

臥していてもレジェンド

スケジュールが錯綜している。今始まったことではないのだけど年末は特にその傾向がある。

皆も色々あるからね。

ところが、一度固定したところを何度も変更することで間違いが生じるケースもあるし、フォーム以外のメールだと言葉のニュアンスで来るのか来ないのか分からないということも少なくない。

『明日、空いていますか?』と訊かれると時間帯を指定されなければ何とかなることもある。

で、最前の努力や提案をして「18時からなら空いているけどどうですか?」と訊くと『わかりました。じゃあ、昼間もキャンセルがあったらすぐ連絡下さい。』とか。

上記のニュアンスだといちおう18時をキープしておいて、昼間早い時間にキャンセルが出ればそちらの方へ来ると受け止めてしまった。

で、キャンセルが出なかったので6時に待っていたのだけど、メールの文章を何度も読み返し、『ああ、もしかしたらこれ、キャンセル出なかったら来ないって意味だったのもね。』と想像。

フォームの利点というのは、いついつ何時に何のメニューの何回目をやるか?ということが明確に分かるところが良い。

それでもふと思い出すのは静かなレジェンドの歌。

皆髪振り乱して疾走し、それぞれの形で頑張っていらっしゃるのだともう。

その一つ一つのストーリーが心の中で伝説になっている。本人の自覚のあるなしに関わらず。

うーん、でもやっぱりお願い。迷っている段階やハッキリしていない段階じゃなくて「ここ」と決めた時点でもちかけて欲しい。

キャンセル待ちの人に声をかけるにも失われた時間にボーっとしていることが多い今日この頃。

**********

昨日、お爺ちゃんのところへ行ってまた笑顔を見た。

病院に繋がれている感が否めないのだけど、ドレーンが大分抜けて来たし、おもゆも出るようになった。

今日は今日で、時間があまりなかったもののやはり顔を見ることが出来た。

彼の生きた伝説を垣間見る。

世の中は悲劇じゃない。彼の強さを垣間見る。

***********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

ランゴリアーズ

今日もカウンセリング三昧。皆さん目に見えない心に定期的に取り組んでいる。

そしていつも言うことなのだけど、その目に見えないはずの作業をして人は目に見えて変わる。

それをレイキにカウンセリングに心理学。それらに取り組む人というのは、そのことを潜在意識で知っている人々だから、やはりその聡明さに感動し、今日も教えられる。気づかされる。

もう一つ面白い現象も起こる。心の中のことはハッキリ言って固くダークで手をつけたくないような悩みのようなものだけど。

真面目な人ほどそこで躓いている現状があるのと同時に、それを通り越すと柔軟になる。

もちろん笑う門には福来るなのだけど、泣く角にも福来たるなのだ。

とある芸人さんが言っていた、不幸と笑い、つまりはネガティブとポジティブは紙一重。恐怖と笑いも紙一重。

陰と陽の両方を扱って行くことで統合されて行くとき、人は落ち着きを取り戻したり、自分を取り戻したりして安定感と強さと柔軟性を身に着ける。

*******

昨年の今頃夫のお父さんが肝臓がんのオペをするということで戦々恐々としていたが、レイキをかけ願をかけ、ほんとにもう祈るばかり。

すると、何と、あの年齢で酒もたばこもガンガンで朝から晩まで働き続けての何十年という人生だったというのに、手術は成功、転移は無し。さすが屈強の爺ちゃん。

そのニュースが凄く嬉しくて”ああー、良かった。これから恩返しする時間が突然奪われなくて。。。お爺ちゃんが居てくれて良かったー。”と涙した。

しかし、今月になって先日謎の下剤を飲んでいた夜があった。病院で見慣れたその巨大な下剤は消化器の検査か手術をする前に飲むやつじゃないっすか。

なんでそんなの飲んでるの?どうしたの?!と訊いてみたところ一年かけて腸に転移したとのこと。

そして本日が手術の日だった。

しかし、前回のときと同様、お爺ちゃんは既に遺書や遺言をしたため、自分の子供たちに分与する手続きを淡々と取っている。

『抗がん剤とかやるのはもうええよ。向こうで知り合いがわんさか待ってるからな。』と他界して行ったご友人たちのことを仰る。

あと、ほんの少しだけ気持ちが分かるような気がした。あくまで静かに死を受け止めているその様子に。

こちらとしてはお爺ちゃん、そんなこと言っちゃダメだってば!!!ずっとずっと生きていてよ!と思うのだけど、彼にして見れば、旦那を筆頭に子供三人育て上げ、孫も大きくなり、停年後に立ち上げた会社でもバリバリ働いて来た。旅行もいっぱいした。

思い残すことがないというのと、もう一つは『やりつくした。もう、ええわ。』という心情もあるのではないか?ということ。

その静寂は色んなことを語っていた。

*********

余談だけどTHE LANGOLIERS(ランゴリアーズ)という古い映画がある。

スティーブン・キングが1990年に発表した中篇小説Four Past Midnightに含まれる1篇なのだけど日本でも98年頃に放送されている。

古い映画なので一瞬だけ使われているCGは今いちなのだけど、全体的に観てよく出来ている映画だなと思う。

乗客は皆、人生に悔恨を残している人や問題を抱えている人。ああすれば良かった、こうすれば良かったとか。

その方々が時空を抜けて、一見静かだが実は恐ろしい世界に着陸してしまう。

そこで色んなことがあって各自考えるようになったのは、”ランゴリアーズ”という象徴的な化け物の存在を知ったことがきっかけでもある。

時空からはずれ置いて行かれた全ての物質や生物を後から追いかけて来て全部食べつく架空の生き物。

乗客の一人が幼い頃に父親に『ぐずぐずするな。ランゴリアーズに追いつかれて食われるぞ。』と脅されたことがトラウマとなっていた。

しかし、要するにこの人生でいつも機を逸して来た人々の前に本当にランゴリアーズが現れるのだ。

老いも若きも慌てて今しか出来ないことをする。告白したり、今までの仕事を辞める決心したりと人それぞれ。

とにかく先延ばしにしていたことを元の世界へ帰って実行しようと誓う。

色んなことを考えさせらえる映画だった。(ちなみにYou Tubeで検索したらフルで観れるようです。)

この世界にはランゴリアーズは存在しないのだけど、もしも、怠惰に過ごして逃避だけの人生だったとしたら同じくらいの恐ろしさの悔恨が襲って来るだろうなあと思う。すべきことをしないまま朝と夜とがカメラのシャッターを押す度に過ぎて行くのだとしたら。

*******

そんなことを思ったのも、神様に貰ったこの1年、お爺ちゃんにそんなに何もしなかったからだ。

思いの外お元気になったので、ついついレイキを飛ばさなくなったり、やったことと言えば、ちょいと具合が悪いときに介抱した程度。

ああ、私、やってない。やらなかった。

それでこの映画を思い出したのだ。

時間というのは大切なもの。どんな人にも買えない。

と言っている今こそ、祈る、レイキをかける。

*********

今日、ナースを生業とする人がヒプノセラピーの講座にいらして下さっていたのだけど、そこで災害時のボランティアやトリアージの話になる。

で、再三習うことは”まずは自分が生きるように最善を尽くしなさい。自分が生きていなければ救助なんて出来ないんだから。”ということ。

これは世界中のその道のプロが必ずそう言う。

目の前にニッコリ笑いつつ「そうなんだよね。まずは自分を救わなくちゃって思い出したんだよね。」と笑っている彼女の顔を観ていた。

で、こういう人が案外、そんなこと言いつつも多くの人命を救うということも知っている。

そして、いつも精一杯なもんだから、自分がこの世を去るような立場に立たされたときにも「うん、仕方ないな。」と案外さらりとしつつ闘病するし、最後の瞬間が来ても受け入れる。

後悔することや出来なかったことも私には沢山ある。

それこそ何回ランゴリアーズに食べられても不思議じゃないくらい。

それでも、もういつも欲するものと闘って来たので、時々ふと思う。『もういつでも良いけど。』とか。

けれども、そういったことは決して自分で決められる類のことではなく、天の流れは『いや、おまえ、これをやれ。それからあれももうちょっとやれ。』と指示をして来るしサインを出して来る。

お爺ちゃんも何らかのサインを貰っているからあんなに冷静でスッキリしているのか。

重ね重ね、勝手に長生きして欲しいと引き続き祈らせて貰う。もちろん自分のことをあきらめずに頑張りながら。

***********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

お知らせ&今日の地上の星々

エッセンス注文中の方々の中にメインで入れたいエッセンスが不足している方々がいまして、発注かけていますのでもうしばしお待ちいただけると幸いです。すみませんね。でも、せっかく綿密にコンサルして決めた内容なので、あるものだけのブレンドというわけには行かなくて。

届いたらすぐに調合して送りますね。

オーダーのブレス&ネックレスは、これもいつものことながらすみません。何日間とはハッキリ言えないのですが順次最高のコンディションのときに作っています。

こちらもお待たせしてすみませんがよろしくお願いしします。

*********

私はメールカウンセリングやらテキスト作りなどで寝不足していた本日。

しかし午前中からお越し下さったAさんも寝不足のご様子。

幼いお子さんの受験やら家事やら旦那様のことやら、とかく自分以外のことに費やす時間に追われたり、はたまたご本人のご病状もまだまだ万全とは言えないので、特に夜になると不安感が増すのだろうと思う。

そんな中、一生懸命自分の時間を作っていらして下さった。毎朝戦争みたいなもんだろうに。

けれども、とある動機で心理学を始めた彼女は、前回も今回も内容に触れるととても興味深く瞳孔が開いてキラキラしているような感じ。

日常生活で直面していることのヒントになることがポンポン出てくるからだというのは分かるけど、それをキャッチするのが上手というのか。

とにかく成長したいのだなあと思う。

誰に言われるわけでもなく自分の意志で自分の時間をとるというのは大変なことだ。もちろん彼女のような忙しい主婦さんでもそうだろうし、比較的時間がある方だとそれはそれでまた別の意味で困難を極める。

だから、歩いてここへ向かうという行為そのものが凄いことなのだと何度も思う。

これ、なかなか伝わりにくいものだし、人間はすぐに目に見えるものや人様から見て一目瞭然で凄いと思われることを求めたり、少なくとも嫌われたくなかったり出来れば好かれたいと思ったりするから、いつでも一番大切なことが分かりにくい。

そして自分のそういった状態や心の向きがわからない人・見つめない人には到底人様の事情や気持ちなど理解するに至らない。それで交流もうまく行かないという悪循環はあちらこちらで起こっている。

でも、要はいつも自分自身とその心の向きなのだと思う。

今日も皆さんキラキラしていた。

********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

船出

今日は懐かしい人がいらして下さった。

学年は違ったけれどともかくカウンセラーの学校へ通っていた頃の同僚。

沢山一緒にワークしたなあ。201408302.JPG

独立した後も何度かセッションを受けに来て下さったし、良いところ、悪いところ、色んなところに共感し合えた当時。

外見全然変わらずあいかわらず可愛らしい人。いや、むしろ以前より綺麗になられてた。

今回はとあるお友達に言った自分の言葉を自分の耳で聴き、自分の状態に気が付いてカウンセリングとレイキに来て下さった。

それはともかく、とても素晴らしい活躍ぶりをお聴き出来た。

物事にはメリット&デメリットが同居するものではあるけれど、彼女はキッパリと言った。

『私、心理学習っていて良かったよ。』

レイキの時間は静かに流れていた。

『ああ、貼りついていたものが取れて軽くなった感じ。』とか『ここのところの頭痛が取れた。』というシェアを下さった。

相手が相手なだけにまたくっついて来るかも知れないエネルギーではあるけれど、そう言えば彼女もレイキヒーラーだった。

だからきっとこれからも気付きの連続&自分へのケアで必ず彼女らしい人生を歩まれて行く。

お久しぶりにお会い出来て本当に嬉しかった。

**********

中々予約時間が合わなくて、もっと早く会いたかったけれど、やっと会えたOちゃん。

体重は減っていないとのことだったのだけど、一時期のふくふくOちゃんに戻って欲しいーと思わせるちょっとしたやつれぶり。

これは本当のOちゃんじゃないんだよね。

けれども、迷いながらも一生懸命良くなる方法を考えているしある決意を固めているところがエピソードから垣間見えるのでそこを信頼する。

私、今回の件で、初めてのことだったかも知れない。

初めてカウンセラーズストップなるものを、おこがましくもかけたのだ。

いつが緊急時かを判断するのは難しい問題で早すぎればご本人の自立性を欠如させてしまうし、遅すぎれば大事な自分らしさを失ってしまう。それどころか命に関わる。

いつも迷うのだけど、やはり彼女は彼女らしい人生が待っているはず。

引き続き気になる経過。

でも、考えてみれば積極療法に出たとて、実際の行動をするのは彼女。

また侍に戻るしかない。

例えドキドキしたりやきもきしたりしたとしても。

彼女には輝かしい未来が待っている。201408301.JPG

同時に今回のことですら、彼女の将来のための大切なプロセスになっているのだと今は信じる。

でも、もうええよ。もうこれ以上我慢しなくて良いよ。

とりあえずはまた新しい絵を描く時期がやって来る。

**********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

誰かのために泣ける人

メールでのコンサルやカウンセリングや郵送物など大分進んだ日だったのですが未だ届かない方々今しばしお待たせしています。すみません&ありがとうございます。

***********

先月末トレーニングの会の前だったか。コンサルを終わらせた方がまたしてもコンサルをお申し込みになられていて、別に悪くはないのだが四本の旅をとりあえずは終えて感じて欲しい今日この頃の気持ちをお伝えしたのだが。

やはり「これの成分は?」というノリだったので困ったなあ。

あと、自分自身のストーリーというよりは、あたかもよくある100の質問のごとく、こちらのことをアンケート形式のように色々質問されてこれまた困ったなあ。ボトルと等しく相手がいないときに分析&妄想に利用なさるのだろうけど、それやっても自分の旅はなーんにも進まない故。

しかし、「お会いしてからまだ一度も会話していませんねえ。。。」というシェアをしたところ何かがコツンと当たった感じ。水面に波紋が広がる感じ。そしてまた待つしかないわけだが。

人にはそれぞれのペースがある。ましてや何十年も頑なに継続して来たパターンは変えられない。

けれども小さな波紋が大きなを呼んで行くということは確かにある。

***********

今日はKちゃんが”こう言われて嬉しかったこと”の話を聴かせてくれた。

人って、肩書きとか性別とか出身とかそういったことで分析するよりも内面についての理解が来たとき、とても嬉しい気持ちになるんだよね。

それは理屈ではない。

何度もうるうるとする瞳を観ていて美しいなあと思った。

***********

四件目、少しだけお久しぶりにKさんにお会い出来て少しせつないお話を聴く。

けれども深い愛情の話でもあった。

時と共に色んなことが移ろって行き、それについていけないほどの変化もある。

でも、そこに愛があった。

悲しいのは愛があるからでもある。

**********

人間だから色んなことがあるわけだが、そんなセッションの後、Kさんが「もしお時間があったら。」とマッサージをして下さろうとする。

いやいや、聴くところによると昨日ハードな一日を過ごされたばかりとのこと。そんなことお願いしたら申し訳ないです。

しかし「私、Rちゃんの気持ち分かるんですよ。マッサージするとこちらも流れるんですよ。」とうちの娘への共感を述べて下さる。

最終セッションだったということと、それはレイキを流したときと同じような現象かな?などと色々思いつつも甘えさせていただいた。

しかし、やっぱ上手いなー。

PMSで物凄い怠い一日だったのだけど、終了後、とてもスッキリしてお腹が減った。

セッションが終わっても一日が終わりというわけではないので、あれやらなきゃ、これやらなきゃの状態だったのだけど、おかげさまで大分楽になってしまった。

それなのに「やらせてくれてありがとうございました。」なんて仰る。

もしもレイキと同じ原理だとしたら、これはやっぱり凄いことだなあと思う。

本当の奉仕って、需要と供給が合致するので疲れないという真理。

それは受容とアプローチの合致とも言える。

人の心とうのは測れないので、どんなに感謝したか胸を開いて見せたいくらいだったが、その後お話していた雑談の中に出て来た人物を思い出して爆笑しそうになったので止めておいた。ほんとに脱いじゃったら公害ですからね。(謎)

***********

夜、夫から電話がかかって来て「8時半に迎えに行きますから。」と言われ「いやいやいや、自分で帰れますから。」と答えると「いやいやいやいやいや、迎えに・・etc」という押し問答が続くので途中で切った。(まだお客様いらしたし。)

しかし、体感覚派(夫)は視覚派(私)にとってやはり脅威。距離感が全然違うのだ。ちょいと数日放っておいて欲しかったんだけどな。

仕方がないので無駄だと思いつつも、今一度気持ちを説明する。

すると、今夜「そうかっ!分かった!ごめん!」という返事に”あら、ほんとに通じた。”という手ごたえを感じる。

「これこれしかじかこういうことだよね?」

だから、最初からそう言ってんじゃん。

「分かった。ほんとにごめん。今日は飲みに行こうよ。お詫びするよ。」と言うのだけど、その速さも嫌やねんっっっ!私は!急に気分が変わるかっちゅうの。

とは言うものの、ごり押しなので新しい店に連れて行かれたのだが、さすがに顔色を観てやばいと悟ったのか30分くらいで帰ることに承諾してくれた。

「この後、家飲みするのはどう?」

それも違うねん。

互いに別室でプライベートタイムを持って一拍おきましょう、頼むから。

「あ、そかそか。それもそう言ってたよね。」

というわけで一息ついているのだが、思えば何故にそうしてまで人と人とは一緒に添い遂げるのか?私にとっては未だ謎である。

いや、私にだって寂しさとか心細さとかいう感情はあるよ。でも、それは二人になったり複数になったりしてつるんだり合わせたりしたとて解消されるものではないと思うのだ。

けれども、例えば全部を分かり合っていたとしたらそれはそれで気持ち悪いなあ。違うからこそ見えて来る面白さというものもある。

で、もう一つは、片方のこだわりというか大事な部分のために片方が考えてくれることとか、例え分からなかったとしても分かろうとしてくれることに感謝している感もある。

夫に限らず、いや、それどころか自分のことでさえ、かなりのことが分かって来たもののまだまだ未知の部分があるのだけれど。

これが日常であり人生でもあるのだろう。

が、しつこいようだけど、気持ちってのはそれと同じくらい大事。

自分の気持ちのつっかえ感に向かい合ったり付き合ったり出来なくて何故に人様のそれに向き合えようか。

********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする