2017年11月20日

こころ

もうそんなに多くの旅を伴い走ることはないかも知れないと思っていたが。

今日はとある若き女性の心理学二回目の講座。

心が柔らかい。

色々なことが起こっている。

そして、とても大切な時期を迎えている。

いつも言うのは、若いからと言って未熟だとは限らないし若いからと言って年を経ている人より何かを知らないとは限らない。

誰かの10年分がその人の1日分の情報量ということもあるのだ。

なので人は感受性の量と経験の量が比例する。

それをどう例えたら良いのか分からないので、一個の電球を使って例えた。

これまでも色んな人に色んな例えをもって言葉を尽くし、色んな角度から色んな聴き取りをして来た。

伝わってこともあればその何百倍も伝わらないこともあった。

その人にはその人ならではの言語と世界があるから。

感受性の量と比例すると言い切ったのだけど、それは要するに感じる心があるのは丸儲けということ。

沢山の体験をして共感能力を培うことが出来るから。

ただそれは諸刃の剣で、それを役に立てよう・成長しようと決意した人にしか使えない理論でもある。

でも、大丈夫。

人はかなり幼い頃、最初から知っている。

要するに気が付いてはならないことには気が付かないように出来ている。

だからこそなのだけど。

細かいことを思い出そうとしていたり、次々と色んなことを感じる人に強さと可能性を感じて嬉しくなる。

人の評価は知らない。

けれども私はこの仕事をしつつ育みつつ育まれ、ここにこうして居て良かったなあと思う。

誇れることはそんなにはない。もっとも誇れることばかりの人は胡散臭い。(笑)

自分を信じることの数自分を疑うことも必要だからだ。この現実を生きている限りは。

その数少ない誇りの中に、出会った人の輝きとそこに関われる自分の仕事というものがある。

旅は始まったばかりだけれど、実は、物凄く昔から始まっている。

おそらくそれは最初からの人生の契約だから。

思い出さなければならないのは、いつでも、依頼人さんだけじゃない。私自身でもある。

駄目な講師というのはそのことを忘れ自分を教える側だけだと勘違いしている講師のことだ。

****

今日も頑張ってくれてありがとう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

旅立ちの日 / 普通のこと

冬の比較的暖かな日。

まだ若き人と新しい心の旅を始めた。

真面目だけれど心が柔らかい、そして色んな心の動きがあり過ぎてご本人はそう思えないかも知れないけれど、幸多く育ちの良い魂の人と。

人生には喜怒哀楽という豊かさが必要で苦労ばかりを選んでも固くなってしまうし心地良さばかりを選んでいてもあほんだらになってしまう。

要は大抵の人がどちらかに偏り過ぎてしまう。

だから伝えたいことは、心の底から笑う瞬間が自分にとって何たるかを知ること。

今のところ本人にも私にもうっすらとしか分からない。

けれども、望むことから叶えるということが始まる。

彼女はここまで歩いて来た。そんなこともあたりまえに思うかも知れない。

でも、意志があって、人生を歩いて来たし、自宅から事務所まで自分の足で歩いて来た。

このことにどんな意味があるのかをいつか伝えて行きたい。

*****

使わない身体の部分は拘縮して固くなる。そこだけ血液もエネルギーも流れなくなるから。温度も遮断される。

脳がこの場所は使わないところと判断して使うところにエネルギーを流す。

そうして滞ったところというのは痛くなる。

それはあたりまえのこと。

使わないのね、要らないのねと自らが判断する。

要するに痛みと言うのは自ら作るものである場合もある。

人間関係が苦手だとか運動が苦手だとか勉強が苦手だとか、働くのが嫌だとか。

要するにそれはその部分を使わないからだ。

そんな簡単なことに言い訳やもっともらしいストーリーをつけたくなるのもまた人なのかも知れない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 18:03| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

原石

何年も前にレイキの講座を受けて下さっていた方がご自身の娘さんを紹介して下さりカウンセリングをすることに。

ご本人も親御さんも双方心配していたり不安になったりしているものの、お会いしてみれば、本当はどこも問題のない立派に育っている娘さん。

それででもカウンセリングの対象となる方と言うのは元々心の病を持っていない人で、あとは多少患っていても守備範囲内となる。

私は元々のナースという職業柄、鬱やパニックや境界例、相手によっては統合失調症の方でも引き受けることがあるのだが、大半の方々は健全、というよりはむしろ普通以上に聡明な方々が多い。

なんたって、自分でうまく行っていないことに気が付いて自分で来る人たちなのだから。

それでもまだまだ世間一般の認識としては、カウンセリングとは病んでいる人が利用するものだと思われている部分があるらしい。困ったな。邪魔な偏見だ。

そして御多分にもれずこの娘さんも想像以上に聡明な方で、それどころか未知の可能性や才能の片鱗がいたるところに見えている。

立派な親御さんであったとで、人は親のように生きてはならない。

こう書くとまた誤解を生むかも知れないが、親兄弟と自分は全く違う人間なのだ。

自分に合う全く別の生き方をしてありのままに幸せにならなくてはならない。

下手にモデリングしていると間違う。モデリングしたり同じ人間になろうとするのはさくまで幼少のみぎりだけだ。

色んなやり取りをしているこの娘さんは大学で心理学を学ぶプロセスを歩んで来られているのだが、濃いセッションを経て、此度うちで心理学を学んで下さることになった。

またキラキラが見え隠れしている原石との旅が始まった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 10:25| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

横から申し込み

介護職の青年から『心理学を教えて下さい』と真剣なモードで言われること5回。

毎回答えるのが”巷に山ほど習うところあるから自分で探して”ということ。

すると『ずっと探してて見つけたから言ってるんですよ。』と。

じゃあ、もう一つ言うとしたら、職場の仲間だなんて関係が近すぎるんだよということ。

凄く親密な話をたくさんすることになるから色んなことに支障を来すんじゃないかな?仕事のことになるとね。

それでも引っ込まない。

それで”人に好かれるためとかだったらうちじゃないよ。”とか”金儲けがしたいから”でもうちじゃないし”人より立派になりたいから”ってのも違うよ・・・etcと言う。

じゃあ何のため?と問われ、どういう人に適しているか?というと・・・最終的にはそこを目指していなくてもいつの間にか人に愛されるようになっているし、いつのまにか経済的な悩みは軽減しているしいつのまにか自信を持てる部分が増えているのは確か。

でもそれらはあくまで副産物であって、一番の最初に達成しているのは何か?と考えてみると、それは自分を知りより自分らしく生きれるようになる。自律的に生きるということかな?と思う。

そんな話をしたら・・・「やっぱりここで習いたい」と言われ後ずさった。

困ったなあ、ほんとにもう。
****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

人生脚本

何となく、何をしてもうまく行かない日というのがあって。

で、最初は何となくだったレベルの不調だったのに、いつの間にか「うわ、ほんとにダメだな、今日!」というくらいになると逆に力も抜ける。

楽になるわけだ。

元々無意識の脚本の中に「どうせダメだ」ってのがあるので、「ああ、じゃあ、頑張らなくて良いや。」というところに落ち着く。

どんどんダメになって行けば良い。状況がこなのだから仕方ないという言い訳。

もちろん意識でしっかりこんなふうに思っているわけじゃない。あくまで無意識レベル。

でも、最近はそうは行かない。

ぐわーーっと抱きしめるかのようにして「どしたの?!」というストロークが来るから。

「それだと自分も困るんだよ。」と。

かと言って笑顔を強制されるわけでもなく。

人は無意識の中に自分の人生脚本というものを書いていて、大抵の人はそれに気が付いていない。学んでみて初めて思い当たるふしがあり、ストーリー改善のチャンスが来る。

チャンスは来るもののほとんど習慣化したネガティブな考え方や行動は変えがたく皆さん最初は難しいと感じるものの。

実は幸せになりたい、こうなりたい、ああなりたいと本気で思うだけで事態は良いほうに傾いて行く。

何故なら本気でそう思っていると周りも無意識でそれを察知して手伝ってくれるからだ。


・・・というのは分かっているのだけど、捨て身のバックアップやわかりやすい愛情に戸惑う今日この頃。

そして色々思うに・・・。

そりゃそうだよなあ・・・と別件で思う。

愛されない怒りを抱える人がいたとして。

そりゃあそうなんだよね。人は愛してくれる人を好きになる。

それだけではないけれど、同じくらい好きな人がいたとしたら、そりゃあ素直に表現する人の方に惹かれるに決まっている。

それはそうなのだけど、まだまだハッピーな脚本に戸惑う瞬間がありつつも、誰でもなく、自分がこうなりたいと思う幸せや心地よさに向かっている。

仕事を頑張ってプライベートで人と会っても、どこから入っても、同じ着地点に向かっている。

流れに任せるしか術がないことがあるが、その流れを作り始めたのは自分自身の心だったりする。
****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 11:54| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

カウンセラーズトレーニングの会

毎月この日が来るとこう思う。

一月って早いのね。

そして特にこの時期。

一年って早いのねということと、人生って早いのねということも。

何もしなくても時はアッと言う間に過行くので、それならば何かしていた方が良い。

思えば若い頃、看護学校に行きはじめた頃も、30代後半になって心理学に手をつけた頃にも、「ああ、先が長いなあ、あっという間だなあ。」と思った時、傍らに必ずこういうふうに言う目上の人が居た。「でも、何もしないでも3年くらいあっという間に過ぎるよ。」と。

あれから何年も何年も経った。

毎日同じことの繰り返しだと思っていた時期も長かった。

ところが年単位で見てみると、同じことの繰り返しのはずだった全てが、とんでもなく大きく変わっていたりする。

遠くへ来たな、色々学んだし変わったな。

そう思えるのは実は同じことを繰り返しているつもりでも、それを繰り返すことによって自分自身が考えるようになるし少しづつ変わって行ったからなのだろう。

そして時は2017年の11月。カウンセラーズトレーニングの会。

そんなプロセスを辿って来た自分だからこそ目の前の人々の凄さが分かる。

同一視でもなく投影でもなく、その人独自が歩んで来た道や、その選択の素晴らしさを思う。

今月は先月からの続きとなるテーマが幾度となく話題にされていた。

それはある人とある人の対話だった。

本心から”私とは本気で付き合って良いんだよ”というやり取り。

喜怒哀楽そのままに。

何も恰好をつけることなく。

不思議なことにそれを出来るようになったとき、人はいつ間にか心が大人になっている。

今日もテーマが深いだけでなく笑いが絶えない日だった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 21:52| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

こころの話 / 我儘 VS 我儘

兄弟姉妹のどちらかがカウンセリングへいらしていてその後もう片方の方が顧客になる。

そんな不思議でありがたいご縁がいくつかあったのだけど、今日は親御さんが何年も前のお客様で娘さんをご紹介して下さるというご縁あり。これも結構あったパターンだなあ。

それにしてもこんなに綺麗で大きく成長した娘さんがいたのねと改めて思う。

その他一時間のコースがあったのだけれど、こうして3時間一人の人とカウンセリングのみで過ごすというのは久しぶり。

が、思いのほかあっという間の3時間だった。

初回とは思えないくらい沢山話して下さった。

そしてその10分の1にも満たないものの私の説も聴いていただけでも嬉しかった。

若いと言えども既に成人なさっている立派な大人。

こちらから見えている景色の状況説明をしっかり理解して下さっているなあと話しながら思う。

*****

カウンセリングでは情緒あるままでどちらかというとロジカルな頭でいられるのだけど。

昨日ある人と喧嘩をした。いや、一昨日か。

謝り倒されているのに、そして分かっているのに許せない。

しかしよくもまあ、なりふり構わず向き合って来る。前からのことだけど。

もう分かったからクールダウンしたい。放っておいてくれと言っても無駄。

終いには「もう!遅刻するぞ!」というのだけど「知らん。自分にとってはこっちの方が大事。遅刻はダメなことだけど、今は世間の常識、知らん!」と返って来る。

そのうちとうとう始業時刻になってしまい「ほんとに良いのか。やばいよ。ほんとにもうやめよう。」とさすがに私も折れるのだけど。

「だから今はそれ知らん!」と話しの続きを始めるのだが、ふと静かな声で「ちなみに長年勤めていて遅刻するの初めてだけどね。」と呟く。

謝ることこそしなかったのだけど、そのやんちゃぶりにまた驚く。ここで言うやんちゃってのは自分の気持ちと相手の気持ちを一番大切にすること。

やっと互いに一つの結論に落ち着いてそれぞれの場所へと分かれることが出来たのだが。

あんなに胸くそ悪かったのに、気づけば何だか子供の頃のように幸せな時間を過ごしたのだと後から思う。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 22:14| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

honesty

今月のカウンセラーズトレーニングの会はいつにも増して白熱。

右脳と左脳を脳梁という回路がつないでいると言うけれど、おそらくは右脳左脳、脳梁の隅から隅まで血流が動いた。全員の。

つまらないことならば思い切り力を抜いて愚だ愚だに出来るのだろうけど、逃げてはならないポイントが各人あるので白熱する。

あたかも大海の端と端に離れているかのようでいて、実は地続きの関係。

でも、向かい合わなければそんなことにすら一生気が付かなかっただろう。

ちょこちょこと小さなゲームをして逃げ回る人に比べてそれはかっこいい生き方だと思う。

本心で生きる。

それは世界一簡単で世界一難しいことだ。

けれども美しい。

何に悩み何に力を使うか?ということを人は選ぶことが出来る。

一番かっこ悪いのは、何も選ばない、何もしない、愛しもしない。ただただ過去と他人のせいにするだけの人だ。

****

その翌日の夜だったかな。

ある人ともめた。

いや、もめると言うよりも迷惑をかけた。

どんな状況でも、恐怖体験でもしれーーっと冷静にしているその人の懇願するかのような言葉を聞いた。

本当はこちらが懇願していたはずなのに何度も何度も伝えて来る。何度も何度もこちらが理解するまで。

普段言わないような言葉を聞いている途中のやり取りで私も本気になって「バカ、そんなのは私にとってどうでも良いよ!もういい!」と言ったところ
実は自分もどうでも良かった、ただ連絡するきっかけにしたかったと明かされる。

不納得なこと、猜疑心を持つこと。

それは案外悪いことばかりではないのかも知れない。

最後の方で「今日言ってくれたことを黙ったままで離れられたら嫌だったし、黙ったままで付き合ってもらっていても嫌だった。言ってくれてよかった。嬉しかった。」と言われたときにそれが分かる。

嘘をつかない人。非常にやんちゃだったけれど誠実であるべきところは誰よりも誠実である人に、愛と信頼を示され、あたかもこちらがそうであるかのように言われて。

そんな時私は自分の狡さや醜さが余計に見えて嫌になるのだけど。

そのまんまにその嫌さを感じていると相手の凄さが分かる。

願わくば私もあなたのように人を愛せたら。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 10:58| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

違うという楽しさ

二回にわたってパーソナリティ理論のセッションをやって来たYさんとの雑談。

本セッションも楽しみなのだけど帰り際のこのひと時も楽しみで。

私は最近自分とは異質な人物とよく深く関わっているなー。

と言っても若い頃からひとしきり仲良くなると「・・・・。変わってるね。」と言われるのでもちろん全員異質なのだろうけど。

しいて言えば近年は、その異質さを楽しめるようになって来たのだろう。

遠い昔若い頃、はなたれ小僧のように子供のまま30代くらいまで過ごして来たけれど、その時代は自分と他人が違うことにいちいち激怒していたもんね。アホらしい。

そして今日お会いしたYさんといよいよ次回から発達段階のセッションに入って行く。

うまく出来ている。

若い頃のことを思い出すと、やはり人には発達段階というものがあるのだなと思う。

頑なに成長を拒否していると幼稚なままの大人、幼稚なままの年よりになってしまうけれど。

アホな時代を過ごして一旦自分を嫌いになったり落ち込んだり、そしてそれだけでなくてどうしたら変われるか?ということに向き合って来て良かったなあと今日のような談笑の際にはよく思う。

変わるのが怖いとよく人は言うけれど、本当のところいくら思い切ってみたところで大切なものは何一つ変わらない。

むしろ、変わろうとしない態度、自分や他人に対して無知であることを維持しようとする生き方の方が余計に多くのものを失うのかも知れない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

貴重なボールを受け止める

今日は心理学のパーソナリティ理論の講座。

自分や他者のパーソナリティがどう形成されて、今どんなことになっているか?

ざっくり言うとそんな話。

特に自分のパーソナリティを知ることは一番の近道。

こういうふうに出来ているのだなということ。

そこに余計なジャッジを入れるのではなくてとにかくこうなっているということ。

それが言動を決めるし性格を決めるし運命を決めるし人生を決める。

逆に言うと意識しなければ何も変わらないということ。

*****

プライベートでは、良い方での変わらなかった・・・という出来事。

休憩時間にラインが来たのでお疲れ様と返すと同じくお疲れ様という返事。

自分から飛ばしてくれたのにそっけないと感じるのは、いつもならそこに感情表現が入るのがこの人だから。

それに慣れ過ぎてしまったのだろうと携帯を閉じると、すぐに「雷が鳴っている。」というこれまた短いメッセージ。

思い出した。

話題のとっかかりを軽く探して掴むのが上手い人だった。

互いに訊きたいことが山ほどあるような訊きたくないような。

それだから私に任せるといつも会話がぷっつり途絶えてしまう。多分多くの人ともそうかも知れない。

いつぞやは「夏ですね。鰻食べないとですね。」と唐突に。

良く分からないけれど軽く考えてさっと出るのか、それとも何を言おうかなと考えて会話を持つのか。

いずれにしても私には出来ないことで。

けれどもそれがありがたかった。

雷が鳴っているという始まりで少しだけやり取りが続いた。

何も変わってなかった。

そう思って少しほっとする自分が居た。

*****

疲れが顔に出るようになった。

でも、やり遂げたい。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

宝刀の扱い方&手入れの仕方

今日のカウンセリングは何だか華やかなお客様ばかりだったな。

美しいバラを持って来て下さった人、あるいは到着するなりチョコラBBをトン!と置いてくれた人。

そして良い意味で自分自身にとっても興味深い話ばかり。

*****

とあるカウンセラーさんたちの教育分析もあり、その中で出て来たのが価値あるものを得た後、それを支える心や人間性という名の筋肉の必要性。

諸刃の剣なのでよくよく自分を知っていなければならない。

その諸刃の剣、宝刀とは今回に限っては心理という学問。

学問と言ってもよくよく笑いながら進んで来たけどね。

心はいつでも何にでも使うし、心が動かない日はない。

だからその最も使うものを優先させると良いわけだが、いかんせん、それはぱっと見、目では見えない。

優先順位としては後回しにする人々の方が多かったり、はたまた”いつか。いつか。”と思っている人もいる。

けれども私は、かつて目に見えないほどのちゃちな武器を手にして狭い世界で怯えていた頃のことを思い出す。

だから、比べるわけではないが、宝刀を大事にしつつ、如何に大事に使っていくか?を考える幸せを感じている。

世界は美しい。

******

その日の分の例をラインを目にしてショッキング。

またやられた。

また思いもよらぬ優しさを携えながら先の予定を「こうしたい」と伝えて来る人だった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

特別ではない

ナースの方の勤務表は・・・まだ出ていません。

と書いたのを読んでも「いつ頃ですか」とありがたくもすぐメッセージ下さったりしますが、実はそれは分からないんです。何せ自分で作っているものではないので。

でも、間違いなく数日以内に。

そしたらまたサイドバーにアップしますね。

すみません。よろしくお願いします。

*******

今日のカウンセラーズトレーニングの会はとあることに向き合う日。

誰がありのままでいようが、誰がありのままでいない状態だろうが。

そういう流れになっていた。

エピソードを聴いていても、自分の交流パターンを振り返る機会が度々あり。

何が不得手で未発達なのか。

それは良いとか悪いとかではなく、やって来なかった部分は当然未発達だというだけ。

そのままの現状を知ることでまた何かが始まる。

******

イラついた様子のあの顔がまだ忘れられない。

というのに・・・本人は普通にメッセージをよこす。

いやいや、そんなん、私が興味あるかどうか分からないじゃん。どうでも良いと思っているかも知れないじゃん?

でも、多分それを言うと「興味あるでしょ?」と返って来そうだ。

何が何だか分からない。

と言いつつも何が起こっているのか割と詳細に分析出来てしまう性。

かと言って感情はどうにもならない物質なので、とりあえずそのままに。

何のためなのか分からない。時々分からなくなるものの。

私は一生懸命生きている。

他の人と同じように。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

心至上主義

良くも悪くも想像と違っていた事と言うのがある。

知らず知らず警戒していたら、本当はとても大切にされていたとか。

ついつい言葉の裏とか行動の裏を勘ぐっていたものの、どんな人でも100パーセントの嘘はつけないということを思い出す。

相手も想像と違っていたのだろうと思っていたのだけど、実は想像すらできなかった、だからこそ「知りたい」というメッセージを何度も発信してくれていたことも知る。

なんだ、そのままだったのか。

「ねえ、待っててくれる?」と言ったときの目はどこか眠そうな、何かの魔法にかかっているかのような。その後ですぐに「嘘、嘘。」と笑った声。

乾いた咳。

追って来た存在。

それから本屋へ行った。

とある国家資格の参考書や問題集を一緒に観る。

「何が難しいか?って、一つの問いに対して正解が二つも三つもあるんだよ。」

私もその文章を読んで「なるほど。これは難しい。」と思った。

正解と不正解で割り切れることだったならまだしも。

でも、世の中のあらゆることがそうだよね。

正解が二つも三つもある。

自分の思い通りにならなければならないという一択根性を捨てて受け入れさえすれば。

未来はどうなるか分からない。

意外なことばかり。

しいて言えば、私の方がずっと即物的で、相手の方がずっとロマンチストだったりとか。

心は誰もが繊細なもの。

そしてその心がこの世界を作っている。

だからわざわざ心理学というものが生まれるのだろう。不可解な現象の諸々に惹かれて出来たのだろう。

今この時は二度と来ないから素直に生きよう。

それは正しくて正しくないことなのかも知れない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

乗り越えて行く

来月の予定、サイドバーにアップしました。

先日書いたようにスタッフ急病のため日数が少ないです。

すみませんがよろしくお願いします。

あと、私信〜。

トレーニングの会の皆さま、今日お伝えしたのと+15日が若干空きましたー。

*******

何かとしんどい6月を乗り越えて、皆で会えました。今月のカウンセラーズトレーニングの会。

どう表現して良いのかと迷うけれど、皆さん良い意味で参加者らしくなって来たなあと思う。

参加者だから感じたことを表現して、さらにまたそのレスポンスに対して何かを感じたり、喜怒哀楽を表現してまた考えて・・・。

ここは恰好をつける場所ではないので。

キャッチボールでボールを投げるには信頼が要る。

この人にはこれくらいのボールを投げても良いのだ、それを自分を傷つけることに使いはしないだろうという。

皆大事な持ち球を投げる。

それをキャッチした人がその重みやスピードや歴史を感じる。

なので、それをひょいと捨てて違うボールを投げ返している人をみると悲しくなるときがある。

答えはそのままだよ。そのまんまに習って来ているよ。教えて来ているし教わって来ているよと思うことが今までに何度もあった。

前のボールはどうなった?ということも。

色んな歴史を超えて色とりどりのボールが行き交っていた。

丸く終わらせようというわけではないが、このボールを投げるには、またの機会にしよう。横においておこうと思うことも多い。

でも思うに、それもほどほどに。

何故なら今日という日はもう二度と来ないのだから。

そして今日この瞬間を大事に出来なければ明日に残るのは後悔ばかり。

昨日を悔やんでいる間に今日が終わることの繰り返しなんてまっぴらだから。

過去のプロセスにイエスと言いたい。

銘々が色んなことを感じているのを今月も目の当たりにして思う。

出会いの不思議。

そして、今ここからの始まり。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

カウンセリング三昧の日。

一か月ぶりのあの方や半月ぶりのあの方や。

皆頑張っているなあと思う。

いつも思うのだけど来訪したばかりのお顔を見ると大丈夫かなあ?と思う方でも、表情がどんどん変わって行ってお帰りになる頃にはリラックスした笑顔になっている。

人って話すこと、整理をすることでこんなに変わるんだなあという認識は初期の頃からあったはずなのに。

自分自身に余裕が出て来たところもあるのか、最近そういうことをつくづく再認識できるのだ。

逆にためこんでいくことの危険性も同じくらい感じるということ。

そしてためこんでいく瞬間瞬間も、それが普通になっているのでなかなか気が付けないとか。

無理をし過ぎない、ためこまない。何が自分の自由なのかを知っているようで知らないのが人間。

でも、話すということで新しい自分や元々の自分を知って行く。

******

なんか今日はとある人と合間合間に沢山ラインした一日だった。

何でラインでそんなこと言うかなあー。言えるのかなあ?と思う。いい意味でだけど。

実物のその人を思い起こしては「全然違うなあ」と思う。

同一人物に「心理学をやると人の心が分かるの?」とテーブル越しに訊かれた先日。

二人で木陰の下のお店で親子丼を食べながら。

分かりませんよ。

そう即答したら笑っていた。

言葉も交わせるが感覚も交わせるので、ただ笑い合ってその話は終わった。

渡り鳥なのか、大きな鳥が水面に沢山浮いてくつろいでいた。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

へ、へとへとな夜に・・・・・

今日はカウンセラーズトレーニングの会その2の方でもあった。

たまたまトレーニングの会が二日続く運びとなった。

出席者が違うのでまた全く違う感じの会になるのだが、今日も色んなシンクロを感じた。

「なんでここで出会ったのだろう?」と素の言葉がもれることもあり。

皆頑張っている。

えーと、私はというと今日は少々頑張り過ぎたので、これにて。

短くてごめんなさい。でも、読んでくれてありがとう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

ようこそ ここへ

そして今月もやって来たカウンセラーズトレーニングの会の日。

思えばホームに勤め始めてから、往診日にリーダーナースでないことも、ましてや休みを取るなんて初めてのことだった。よくやって来たなあ、本当に。(まあ、休みと言っても休みじゃないのだけど。)

先月まで内科往診の日は毎週土曜日だった。

だから誰にも気が付かれなかったのだけど、ドクターの変更と共に火曜日に変更になっちゃったものだから希望休みが発覚してしまい「え?休みなの?どうして?」と動揺された。

はい、この日だけは休みます。

他の日も入れたいけれど、そんなことしていると、バランス上地獄の連勤になってしまうから、もう金輪際希望休は一か所だけ。

とは言うもののプライベートでの付き合いがないとつまんないから、たまに入れたとしてもせいぜい月三か所くらいだろう。

「リーダーできないの?それどころか休みなの?」と尚も訊かれるのだけど、「ええ、しかも毎月です。多分。」と答える。

「どうして?習い事?」

うーん、まあ、だいたいそんな感じ。(習い事でもあり教え事でもあるけど。)

*******

で、本題のトレーニングの会だけど、まあ、ほんとに濃かったこと。

いつも濃くなるし、私としてはそんなに過酷なことは求めたくない故、最近はほとんどワークを取り入れて来なかった。

ワークなしのシェアリングだけで終わっても充分各自内なるワークを引き起こして何かを持って帰ってくれるから。

ところが、ワークをする流れが生じた。

それはとある方のスピーチから始まった。

教育分析のテーマにあげていらしたので私は個人的に内容を知ってはいたものの、いつも本人が関連事項を話すまでは複数の前では黙して語らず。

ところが、近年、この方がエピソードを発表する際、しょっちゅう思うのだが、”おお、そうか、そうか。そこまでアサーションするか。いいね、いいね。”ということ。

二人だけの時と寸分たがわず自己開示する様は圧巻。

それはとても素晴らしいことなのだけど、私の場合は立場が少々違うので感心ばかりして終わるわけには行かない。

アサーションされた方の人がどんなふうになっているか?この場所をどういうふうにして行くか?ということで、全ての機会を逃すわけには行かない。場を保ち、機会を大切にし、せっかく内側から出て来てくれた子を放置したり出来ないわけで。

とは言うものの、それはある意味厳しく感じるケアになってしまうのだよな。でも、こればかりは逃げるわけには行かない。役割に、チャンスに、その子に向かって行かなければ。

受容というものの本質はその言葉のイメージとは裏腹に物凄く積極的なものなのだ。面倒臭がりの私も起こっていることに対して腰をあげなければならない。

それが出来るということは、逆にしないでいるということも出来るということ。

だから、好きになったり愛したり大事にしたりすることはとても骨の折れることだよ。奪うでもなく与えるでもなく、待ちつつも見つめ、思い切りつつも、また待って。

その子はとてもよくお話ししてくれた。

とても素直に話してくれた。

だからそれに対して感謝した。

同時に起こっている皆の心の中の痛みや嵐やせつなさや共感や。

後半は、共通の何かを持ってはいるものの、異質な人々であるこの集まりの中で、つくづく「人って違うんだね。」という話題になった。

感じ方も受け取り方も。

だからこそ、会話する、傾聴する、キャッチボールする。

違うことを面白いと言っている人々の中にいて、私もその興味深さを感じていた。

三月から四月にかけては皆にとって、とても長い一月でした。

そして今日のこの数時間も、とても短いはずなのに、長い長い大切な一日でした。

あとは何かがしみ込んで行く。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

勇気に触発されて

昨日は月に一度のカウンセラーズトレーニングの会。

事務所の消耗品でよく無くなるのはティッシュとかトイレットペーパーとか日用品の他にお茶とかコーヒーとか。

キャンドルやホワイトセージなどの浄化グッズなどその他諸々ある。

後者のキャンドルだのセージだのお香だのは多少切らしていても「しまった。でも今日は無しで行くか。」とレイキのシンボルを使って浄化して済ませることが多い。

でも、何故だかこの日はキャンドルをいつも灯している一つどころか複数つけておかなくちゃと思って急遽始まる直前に買いに走る。

一つ、二つ、三つ、四つ。何かや誰かが悪いわけじゃない。ただ浄化が必要なだけ。

そしてこの日の終わりに気が付いたのだけど、結局出席者の人数分だけ灯していたことが分かった。

*******

どこかの教室でも職場でも飲み会でも何でも良いのだけど、同じようなメンバーで定期的に会っていると、いつの間にか席順が決まっているという現象が起こる。

それは無意識に心地よいと感じる場所かも知れない。

カウンセラーのトレーニングの会でも同じ。

カウンセラートレーニングの会2の方も同じ。

でも、最近、席順を変えたり、スピーチや傾聴をする順番が変わるという現象が起きている。これも無意識なのか。

とにかくよく出来ている。

そしてこの日は、いつも最後にシェアする順番の人が一番初めに語り出す運びとなった。

その内容を聴いてしょっぱなから深いなーと思うのと同時にとんだプレゼントだと思った。

昨日逃げる逃げないの話題に触れたけれど、人が生きて行くためには逃避という防衛機制も必要だ。

けれども、心の中の一番柔らかい大切でもろい部分、一番大切な部分のことを泣きながらでも表現する強さ。

逃げないんだなあ・・・、そうか、あなたも逃げることに飽きた人なのだな、進みたい人なのだなと感じた。

トラウマ故の予期不安が誰しもあるので、多少心配の要らないことを考えたりもするのだけど、現実や相手の気持ちはどうあれ、自分がこういうことを感じてこういうふうに思ったんだ、だからこうして欲しい。これこれしかじかしないで下さい・・・という言葉。

通常の方々が聴いたら、もしかしたらそれがどんなに凄いことか分からないかも知れない。

でも、彼女は誰もの心の中にある、しかし、できれば認めたくない触れたくない部分の感情を思い切り表現した。

その強さの価値が分かる人々なので、その後も銘々のエピソードが深く、そして何より正直だった。

それにしても、先の彼女のエピソードに対するBちゃんのシェアも正直で面白かった。

「怒っている。」という表現。そしてそのプロセスにまで何かを感じているということを表現する勇気。

参加者には参加者の自由があり、それを大切にしている人でなければ出来ない発言。

この日は色んな真理に皆で触れた。

100パーセントは無いとか、介入と尊重の関係性とか、その他諸々、ワードにすると意味が分からないことばかりなのだけど、確かに皆で感じた。

とれもリアルで泥臭い作業のはずなのに、何故なのか、この日一日を思い返すとまるで美しい音楽のように感じるから不思議。

そして私は私の中心を据えて、次の作業に取り掛かった夜だった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

お行儀の良い狂気

心理学。

先週の今頃お会いした方との授業もあり。

これまた先週に引き続き交流分析についてのレジュメを作成したり授業をやっていただくという試みの二回目。

先週も新鮮な驚きだったのだけど、今週のもまた良かった。

テキストの言葉ばかりでないというところも良いし、例え最初だからどこかのコピペであったとしても、そこの文章を選択するというセンスが素晴らしい。

本当はその授業の後にヒプノセラピーをお申込みになっていたのだけど、丁度交流に関する個人的エピソードを出して下さり、それが非常に重要なことだったので、ヒプノは中止にしてそのまま教育分析へと移行した。

元々授業の内容が交流におけるゲーム分析だったので、タイムリーな話題でもあったから。

そしてそのエピソードやそれに纏わる思いを聴いていて、この人は本当に変わったなあ・・と思う。成長することを選択して来られた方。

後味の悪い思いをする中でも、ちゃんとした対応を取っているのを認めて、ああ、本当に学んで来られたのだなあと。

先週も驚いたのだけど、同じく良い意味での意外性。

しかも先週、ちょこっとアドバイスしていたことも心にとめておいて下さったらしく、見事参加型に仕上げていた。

ただ、生徒役の私に質問をしてくれたのでそれに対して答えた後の共感がなく、さらっと「じゃ、次。」と進んでしまったので、爆笑しながらその点を突っ込むと「巻きなんで!!!」と答えるのでそれにも爆笑した。このときはまだ、この後、ヒプノをやる予定だったから。

交流分析を学ぶとある程度の人と成り・状況が分かるようになって来るのは確かだけれど、もっと深く付き合って見なければ分からないことも沢山あるのだなあと、改めて思った。

*******

夕方のカウンセリング。

今日の最後の依頼人様。

色んなエピソードを聴き、真剣かつ気ままに色んな話題を語り合う。

このセッションの最後に、80年代の某バンドの動画を一緒に観て貰った。

そこにあるのはせつない狂気。優しさと寂しさ。けれども極端にかっこいい。

パンクのはしりなのだけど、まるでチックみたいな動きだよね、でも、凄く惹かれるんだよね。今見ても新しい。

この人、よくこの時代で多くの人に受け入れられたもんだ。いや、今だともっと受け入れられないか。反社会的な歌詞も多いもんね。

すると、この時間の相方が「天才なんだよ。」と言った。

なるほど、そうだよね。

でも、ある意味天才は沢山いるけれど、人の胸をこんなに打つ天才は少ないよね。

そして、狂気と表現される状況も、滅茶苦茶嫌われる狂気と惹かれてしまう狂気がある。

後者は天才だけれどどこかが馬鹿正直で、そして、とどのつまりはかっこいい。真実をひっさげて理屈をこねない人だから。

狂気というワードで色んなことを思い出したのも今日だった。

一方で依頼人さんの新しい夢を聴いて思う。

思い描いたイメージは、必ず何かしらの形になるということ。

そりゃあ予想できないこともあるけれど、それは、それがどんなプロセスを通って叶えられるか?という点においてだけ。

夢を見たりイメージを持つということは、まるで神だか天使だかに、願い事を注文する通販のようなものだ。そんなにもシンプル。

ただ、その商品が届く過程はこちらで決められないから人生でもあり、それが面白いのでもあって。

さらに言うと、オーダーしておいきながら受け取らないというブロックを作るのも人間。それを気を付けられるのが心理学とも言える。

あなたが願いを受け取れますように。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

golden eggs

今日のセッションの中にとある方の上級コースの一コマがあった。

それはとある課目でのミニセミナーを開いていただくという試みだったのだけど。

そしてまだまだ上級の三分の一の地点の一コマでもあったのだけど。

あたかも卒業式のようだった。

何かが変わったのだ。またしても。

身の回りで起こった変化も確かに影響しているのだけど、そのことに対しての向き合い方があきらかに変わっている。

皆、そして私も何かの途上であることには間違いないのだけど、何かを卒業なさったのだなと思う。

ちなみにこの方が上級を受けるとは思っていなかったくらいの時期があった。

仕事や家庭や距離などの事情で、長い時間をかけてゆっくり進む人は沢山いらして、彼女もそのお一人であることには変わりないのだけど、それ以上に、「そんなことやらなくて良いもん、私。」と思っている種の方だとある時期まで誤解していた。

良い意味で力が抜けた人だったから。

色んな人間に会って来たのだけど、そのスタイルが面白い。

何でも形から入るもので、機会の数と質は比例する。

それ故初めてのセミナーは初々しいたどたどしさがあったのだけれど大きな可能性を秘めていた。それも独特の可能性を。

*****IMG_1324.JPG

先日事務所のご近所さんである依頼人さんが面白いおみやげを下さった。

毎月三人で開いているこのトレーニングの会でも色んなお菓子やカフェ的な飲み物が展開されるのだけど金の卵は面白かったわ。IMG_1323.JPG

それを思い出したのは、訪れる人が皆、何かの金の卵だなあと思った日だったからかも知れない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする