2019年03月29日

信頼と心配

たまーにあることなのだけど自分が住む町で殺人事件が起きたとか。それで犯人が逃走中だとか。

以前に住んでいた各町で必ずそういうことがあった。あたりまえだ。犯罪はいつもどこかで起こっている。

この日は施設で働いていたのだが。

昼過ぎに施設にいらした医師が到着するなり「ヘリが4代も飛んでるよ。」と仰るのだがいつもと変わらない笑顔ですぐ仕事の話になる。

最近は個人携帯のラインでこの先生ともやり取りしているので常に音をオンにしている場合が多いのだが、先生の携帯も私も携帯も鳴って半端ない。仕事にならない。

前の例でもそうだったのだけどニュースを観た知人が沢山「大丈夫か?」コールやラインやメールを送って来る。

だから・・・それに応えていると仕事にならない。

中には『返事しろよ!』と切れたメッセージも何件もある。後から見て分かったことだけど、既に想像はついていた。

そんな一日が何とか終えて「どんなに心配したか?」の勢いで謝れメッセージもあり。

私、こういうの嫌いなんだよね。

心配はありがたいことかも知れないが、心配はあくまで自分のものなんだよ。

なんで自分に何でも報告すると思ってんの。

疲れ果てた折、帰りにコンビニに寄る。だいたいの夕飯の材料はあるのだけど一つだけ足りないものがあったから。

そこにKからのライン電話で「どこにいるの?知ってる?事件のこと知ってる?」

普通の人には分からないだろう。私が多分変わっているのだろう。

私は大激怒である。

しかもその電話に「もう近くのコンビニにいる」と答えて切ったのに家からサンダルで駆けて来るのでさらに大激怒。おまえが無防備じゃ。

私はあなたはボケボケして外を歩いているのとは思わない。気を付けて過ごしているし、事件がないときも周囲を充分に注意して生きていると思っている。

ニュースに出るのは数ある事件のごく一部なのだということを知っている人だと思っている。

ましてや子供を二人育てて来た人だから余計に周辺に注意する人だと思っている。

だから私はあなたを心配しない。

あるいは、もしものことを考えて定刻までは電話などしない。

近くに妙な人がいてじっと観察しているときに鳴らされたらあなたが目立って狙われるかも知れない。

そして何か少しでも自分の手に負えないとか怖いと思ったら必ず連絡してくれると思うから。

自分の心配のためにあなたを誰かに狙わせることはしない。もしもあたふたと電話に出るとき「何かあったのか?!」と不安に思うだろうし、その電話に気を取られている間に何か起こるかも知れない。

お婆ちゃんになるまで長生きしようって言ったから、毎日あなたが気を付けて生きていると思っているから。自分がそうであるように。

でも、”こうすべき”という常識を持った人からは理不尽に感じる怒りなのだろう。

「あ、そうか。考えた。ごめん。」と理解してくれた。

我儘を理解してくれてありがとう。

でも私は自分の心配を鎮めろと言う人たちが本当に大嫌い。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

何度でも

ある夜のこと。

私はむかついて眠れなかったということあった。

もう今始まったことじゃないのだけど、皆で作り上げて来た利用者様を守って行く方針を滅茶苦茶にされた気がして。

そして新人キラーがどこの部署にもいて、せっかく人を入れてもやめさせてしまう。

そのくせ「もっと人をくれよ」的な態度。

自分がやめさせるまでに追い込んでいるのだが、そういう人に限って人をくれと言う。

留守中にとあることを荒らされてムカムカしていた。

何度もあったことだったので言っても治らないんだろうなあと思っていた。何度も言うとしまいにはそう思う。

そしてまた丁度のタイミングで新人さんが面談を持ちかけて来て、泣きながら私にその人の苦情を話すということがあった。

そしてまた翌日も重い気持ちで眠れなかった。

人は分かり合えなくてあたりまえ。違う生き物なのだから。

とは言うもの何故こんなに悲しいのか?

それはナースとしての期待があるからでもあった。

しかし、その翌日忙しい業務に追われた一日の最後、ふとその人が新人さんのことを褒める。

え、何?そう思ってるの?じゃあ、そういうことを口に出してあげて下さいよ!と返したのが長い会話の始まりだった。

結論から言うと、誰にも悪気はなく、本当に自分のことは気が付けないということで。傾聴力が頼みだなということだった。

もしもちゃんと聴くことさえ出来たらこんなにトラブルにならなかった。

少しでも聴いてくれたら、誰もこんなに悲しい思いもしなかったし残念なことも起こらなかった。

あきらめないで今一度話して見た日だった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

笑顔

Kは昼から夜8時までの勤務帯へ出勤し、私はというと自宅にてカウンセリング。

しかし今やとても嬉しい仕事の一つ。

長い長い旅の果てに大きく成長した方とお話しをする。

とてもかなわないと思うほど脅威に思っていた壁を乗り越えたり打ち破ったり。

ただ自分であるだけでそれが成される。

誰もたたく必要がないことを知ったその女性は初めてあった頃よりずっとずっと美人で輝いていた。

****

遅くまでの仕事だと言うのにKが上機嫌で帰って来た。

ナースさんは夜遅くまで残って仕事をしていたとか色んな話を聴く。

応援に行きたかったけれど、すまない、私は今日はこちらをやらせて貰った。

で、仕事がとても忙しくて過酷だったけれど、楽しかったのだとKが話してくれる。

仲間や利用者様とのやり取りが楽しかっただけでなく、その上機嫌の理由の核心の部分も話してくれた。

ボスがKに気を使って「苦労かけてすみません。」と仰って下さったり、社内メールでさっそく対処して下さったとのこと。

新しいボスへもその内容を伝えて下さったとのこと。

昨日の今日なのに行動早いなー。さすがだなーと普通に思う。

しかもどうしても手に負えない時にはご自身が新しい職場でその問題を引き受ける、持ち去ってくれるとまで言って下さった。

それが本当にそうなるのかどうかはさておき、最後の最後に、最初で最後の相談を持ち掛けた私の気持ちに色んな角度から応えて下さった。

その角度の重要な一つとしてKへの心配というのがあったのだけど、そこまで配慮して下さった。

「今まで介護の人間がどれだけ言っても具体的な動きがなかったのに。かおるちゃんのおかげだよ。」

そう言ってくれるKだけど、これまで介護の人たちが言い続けてくれたから話が一発で通じたのだと思う。

「Nさんが『だから怖いんだよ、あの人の発言権は!』って言ってたよ。」と笑う。

いやあ、普通の人にこんなことしないよ。

そしていつもこんな刃物を振り回していたら、きっと誰も何も聞いてくれない人間になっていただろう。

だから、自分の頭と心で考える人間にまた戻る。

でも、もしもまた自分ではどうしようもない、この子たちを守れない・・・というようなことがあったら、その時は心を開いて姿勢を正して教えを乞うことだろう。

ボス ありがとうございます!

Kが笑っています。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

疲れる人は疲れさせる人

そこにあるいるだけで気持ち良い空気をたたえた人というのが沢山いる。

オーラソーマを習っているときに”存在の軽やかさ”という言葉を聴いた。

その時は「???」と思っていたのだけど今なら分かる。

人はそれぞれ問題を抱えていて、何を問題視するのか?というのも人それぞれ自由なのだけど、俗に言う重い人というのは相手にもそれを背負わせようとするんだよね。

その点、そんなことをしなくて済むのはその人の強さなのかも知れない。「あ、そうですか。じゃ、今こうしますね。」とか、返って来る言葉はいたってシンプル。

自分の思い込みや思い入れのために他人の時間を犠牲にさせない。

なので物事がシンプルにスムースに進む。共に働いている人々を疲れさせない。

概ね人生を楽しんでいて主にニコニコしている。

辛いことは誰にでもある。

それを受け入れられないのが”重い人”と呼ばれる人々で、それはそれで真剣に悩まれているのだけど。まあ、とにかく言い訳と説明が多い。

そりゃ誰も何も話さなくなるんだよね。

誰も話してくれなくなったということに気が付いているので、たまに他人のことが耳に入って来ると食らいつき方が半端ない。おせっかいと押し売り。

それが過ぎると本当に近づいたり関わったりすることすら嫌がられて、果ては「三か月後に友達に会うので今からどんなものかな?どうなるかな?って考えてるの?どう思われるかな?」とか。

友達・・・・。もっと気軽に過ごしたいと思うよ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

いくつになっても馬鹿者

すさまじいものを目にする機会が多い。

Kに対して嫉妬する人々。

元々同期だったり先輩だったり、性別もそれぞれ別なのだけど。

でも、それは分かる人から見ると滑稽で見苦しい。

嫉妬というのは、自分と同じレベルだと思い込んでいる人に向けられる感情である。

けれども分かる人が見ると、Kがやってきた仕事、周りに向けて来た思いやり、功績、そして人の育て方。

それらが、自称「同じなのにずるい。」という人たちと段違いに違う。次元が違う。

けれども自分が出来ていないことを認められない人、足りないものを見つめられない人は、「ボズに気に入られているからだよね。」とか「ナースと仲が良いからだよね。ずるいよね。」とアホな理由を付ける。

これはよくあることなので誰しも身に覚えがあるかも知れない。

自分より認められている人、自分より大きな仕事を任せられる人、自分より輝いている人を観ると、自分のふがいなさも見つめずに嫉妬してカリカリしている。

新人キラーと呼ばれる古いタイプの人もいて、初めにやっつけてしまえば大丈夫だと思う臆病さ加減と馬鹿さ加減。

大きな声や、何かを誤魔化すために人を叩くやり方。そのメッキは簡単にはがれて、後に残るのはボロボロの偽物の自分なのに。

当然そんな人たちにも良いところがある。

でも、たいがいにしてくれないと、「ああ、もう仕方ないな。この人はもう自分を見つめることもない、成長することもない。その自分を保つために他人の邪魔ばかりするのだな。」と悟るしかない。

自分も傷つくのなら他人も傷つく心があるのだと想像できそうなものだけど、空っぽで裏付けのないプライドで生きている人はそんな知性すら掴むチャンスを逃すのだな。

ここの主役は利用者様。

それが芯なので淘汰されるのは仕方がないことなのだなと思う。

何かの縮図のようだ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

別れの季節

介護課の課長が異動になると聴いたのは今年に入ってからだった。

しかもずいぶん遠い場所、海の近くへ。

いつからか?というと来月かららしい。

異動ってそんなに急に言われるものなの?とこちらもビックリだけれど本人の方がもっとビックリしている。

何でもその別の施設の介護課の課長さんは二人も居たのだけど、お二人とも退職するのだとか。

しかし家族がある身としては決して嫌とは言えないらしい。

かくして4年間いたという我が施設を後にすることになり、とある主任さんが課長に昇格するのだとか。

そして急なことだったのだけど送別会&昇進祝いの会が行われた。

職場の飲みだと皆集まり悪いのに、今回ばかりは急なことにも関わらず、そしてあの厳しいシフトの中20人以上も集まった。

そしてその日は何と施設長までもが4月には異動すると自ら発表なさったり。

そして他の施設も三か所に及び施設長が入れ替わるのだとか。

それ必要なの?と思うのだけど色々事情があるのだろう。

私はというと、その少し前にイラっとしたことがあってむくれていたのだけど、そんなことは吹っ飛んだ。

とある方を看取る日に明け方に出て行き寄り添ったことがあって、その時の時間外を明日までに申請しろと言われたのだ。

大分前のお看取りであり、ちっともきちんと出来ている感が無かった。

だから貰いたくないとラインで返事をしたら『いや、して下さい。』と言われた。ただそれだけのことだった。

しかし、その日は往診で、利用者さんの急変もありそちらの対応で精一杯。事務所のPCの前に行く暇もなかった。

それなのに『なんでさっさとしないのか』というストロークが来て内心『現場では利用者さんが死にそうだからだよ。あと手当はあの仕事に対しては要らないって言ってるじゃん。それに看取りをやれやれやれって言って来たのにその時の賃金の取り方も決めてなかったのか。』と言う憤り。

私が派遣の頃からあったお看取りへ向けてのプロジェクトでいったいいつこの人数で始めるつもりなんだろ?と思っていたが。

誰が何を進めるのかも分からないまま出来ることからご家族の希望を取り入れ始めて行った。

あたりまえだけど誰も何も教えてくれない。けれども責任はのしかかる。

そういう些細なことでイライラしていた折、異動だと自ら仰って、その飲み会の後一人で自転車にまたがる私のところへ来て『いやあ、僕も4年いました。実はずっと異動の話は出ていたんですよ。』と話して下さる。

私が色んな我儘を言ったせいですか?変わったナースで扱いにくくて法人の雰囲気にそぐわないからですか?

『いえいえこの異動とは全く関係ありません。今度Kさんと三人で飲みましょうよ。』

そう言ってくれた。ってか、とにかく無関係らしいのだけど扱いにくいと云々のくだりを微塵も否定しないのね。(笑)

思えば私もKも結局はこの方に自分の好きなように仕事をさせていただき甘やかされ守られて来たのだなあと思う。

むかついて背いてもなだめられたり、ある時は積極的に私の意見を聞きに来て下さったり。

私はそのことを述べて『これからは寂しくなりますし、苦労しそうです。今まで守って下さり、あと色んな苦難と共に(笑)勉強させて下さってありございました。』と言った。

『あと、尾崎さん。時間外、申請して下さいよ。』

このシチュエーションで言われたらもう『分かりました。言うこと聴きます。』と言う他はない。

誰だって慣れた場所を離れたくはないよね。

そして何よりこの理系の方はおそらくはこの数年で何かを感じ取り私たちのことを仲間だと思って下さっていた。

全然違う考え方の生き物である。

けれども分からないなりに本当によくして下さった。

これからも何かのチャンスがあれば恩に報いることが出来るよう頑張りたいなあと思う。

いや、でも、嫌なことがあったらすぐに辞めるけどね。私ってそういうところがあるから何とも言えない。

ほんとによく扱って下さった。ありがとうございます。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

名物じじい

今のマンションに越して来たおよそ一年前のこと。

周りは民家で隣はスーパーと言うこの環境。小さな駅の近くで凄く静かだった。

そして私たちがその爺さんの存在に気がつくまでにそう長くはかからなかった。

あきらかに初老の爺さんなのだけど作業着のようなつなぎを着ていて両手を後手に組んでそのあたりをうろうろしている。

そしてかなりの至近距離で人のことをじろじろと凝視する。

最初の頃は挨拶しようと思ったのだけど、あまりにも人相と目つきが悪くて、あからさま&不躾に人のことを睨みつける無礼さに驚いてしまった。

出勤するときや、ベランダを開けたときなど、あらゆるときにその爺ちゃんは視界に飛び込んで来た。

反応は人それぞれなのだろうけど、大抵の女性は怖がるし気持ち悪いと思う雰囲気だ。

けれども私はこういう場合怒りが先に立ち、睨み返すまでに至るという非常に難儀な性格なのでいつも睨み合いになり、根負けして向こうが先に目をそらす。

ベランダを閉めながら『まったくなんだっつーんだよ!感じ悪いな!』と思いつつ呟いたら、Kが『どしたの?』というので爺ちゃんの存在を話したら『あ、知ってる。私もよく睨まれる。すっげー、やだ。』とのこと。

まったく人の家の中をベランダ越しに覗き込むとは何事だ。で、どこに住んでるんだろ?気持ち悪いなーと思って二人で目撃情報を照らし合わせたところ、多分前の通りの家のどこかなのだろうということが分かった。

ごく小さな道を挟んだお向かいさんだと思う。

けれども、多分こうだろうと想像がついた。周りが古いおうちや商店が多いので皆さん昔からここに住んでいるのだろうと。

なので新しい人間が来ると変なやつじゃないのか?と警戒するのだろう。

で、この強面で感じが悪い爺ちゃんはいつもパトロールをしているつもりなのだろう。

だけど、私たちよりも後に越して来た人が次々と現れたり、はたまたその爺さんの後ろ姿や、うろついている様子をあらゆる角度から見る度に気が付いた行ったのだけど、男性とか自分より力が強そうな相手だと不躾には睨んでいない。遠目にじっと観察して視線を合わせないようにしているということが分かった。そこがまた感じ悪い。

でもそれは日常生活の中のほんの数十秒のシーンなので大抵の時間私たちはそれを忘れているのだが。

秋が深まり冬になってその年が終わりそうになった頃、ふと思い出したようにKが言う。『ねえ・・・。最近じじい見ないね。』

そうなんだよ!と私も言う。

秋口、季節の変わり目、救急車の音を毎晩のように聴くようになった頃、『ああ、今年もこの時期がやって来たなあ。皆体調不良になるんだよなあ。』と思っていた。

やはり自然界に生きる動物の一種。人間も冬を越すのは大変なのだ。

思えばその頃から急にあの感じの悪い爺を見なくなった。

それからまた一週間二週間と時が過ぎると『ねえ、どうしたんだろう?本当に倒れて入院でもしてんのかな?』と互いに本当に心配になって来た。

爺だけど背筋がシャキッと伸びていて、そりゃ感じ悪いけれど、自分なりに近所のパトロールを勝手に使命としていた爺。

絶対家族はいそうだから大丈夫ではあろう。多分家族やら孫が居てそのためにパトロールしているのだろう。

爺の姿が見えなくなってから、最近、うちのマンションのベランダ側にタバコの吸い殻や吐物が落ちていることさえある。見張る人がいないせいか酔っ払いがたむろしては散らかしていくようになった。

ああ、爺はこういうのを怒っていたんだろうなあ。

それからまた一週間。

休日、Kと共に出かけようとマンションの一つ目の角を曲がった瞬間のことだった。

爺がゆっくり横切った。

二人とも心中『あ!!』と叫んだのだけど、通り過ぎるまで黙っていた。

そして次の角を曲がった途端二人とも『良かったあ!無事だったね!』と歓声をあげてしまった。

そして駅の階段を降りつつ線路向こうのバス停に向かいながら『全く!寒いからって巡回をさぼりやがってくそ爺!』とか『心配させやがって!』と口々に言っているうちに何だかおかしくなって来た。

近所をうろうろしていたらしていたで『あのくそ爺い』と言うし、居なくなれば本気で心配して、現れたら現れたで『何さぼってたんだよ。』と言われている。

それはともかくあの感じの悪い名物爺ちゃんが今年も元気でありますように。

多分だけどそのうち自然と喋り出しそうな気がする。

あちらも「感じの悪い婆だなあ。」と思っているに違いない。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

ようこそ

今年最後から二番目のカウンセリングの日に若き未来の星が来てくれた。

そして素敵なニュースも運んで来てくれた。

はじめまして。まだ会わぬ赤ちゃん。あなたのことを皆が待っている。

これからあなたはとても真面目でとてもユニークな大人たちに囲まれて幸せな子供時代を過ごすんだよ。

そしてあっという間に月日が流れたというのは周りの感想。

もうこんなに大きくなったのね・・・とか言われて。

あなたのおばちゃんはとても良い時代を過ごしている。有意義で良い時代を。

あなたのお婆ちゃんが色んな縁を結び付けた。

色んな声が聞こえるのでしょうけれど、今はそれを楽しんでね。もちろん生まれてからも沢山楽しんでね。

この世は愛に満ちてとても素敵なところだよ。

あなたの人生が一層素敵で楽しい旅になりますように。

会ったこともないのに分かる。あなたが大好き。

だってとびきりのドラマを先に見せて貰ったから。

大きくなってね。

優しくて大きくて賢くて懸命な人々の声を耳にして。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

戦場の勇気

ストイックな決断を見た。勇敢な決断だった。

勤務フロアを異動する際に感情失禁して泣き過換気になってしまうほど嫌がっている外国人の子がいたのだが。

上からの命令は絶対だからダメだと詰め寄る管理職の青年。

過換気になっていたのでとりあえず引き離したのだが。

さてどうしよう。

私なんぞがその異動をとめることができるだろうか。

そんなこと悩んでいる暇もなくとある介護職員、女性の主任が「心配しなくて良い。私が行く。そして行く先のフロアの体制を立て直す。」と立ち上がった。

Kだった。

よく頑張るよなあ・・・と思う。

人のことを思い人のために泣く。

そして笑う。

あいかわらずかっこ良い。
****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。❤
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

面倒なこと

とても見どころのある若いナースさんがいらして出会いのときを今でも覚えている。

生き方が目に出ていた。

強さを隠しきれていない。

でも、自分が強いのだということを知らない傷ついたライオン。

昨今その子に迷惑がかかることが頻発。

まあ、初めからと言えば初めからなのだけどね。

いつぞやも言ったかも知れないけれど色んな利用者様が居るので色んなナースが居て良いと思うのだけど、いかんせんよく気が付く人に負担が集中する。

致し方なく、二年ほどの付き合いの大御所様と初の面談。

やりたくなかったなあ。

でも言わなければならなかった。

そして私が間違っていると思うのなら好きにどうぞ。これまでと何ら態度は変わりませんからと付け加えておいた。

もしくは言いたいことを言う価値もないと思うのならそれまた好きにして下さい。仕方がないことだと。

すると自分が悪かったですと二つ返事。

そんな簡単には変わらないとは思うのだけど「それは本当に悪かったと思います。」と理由も言ってくれた。

どうなるのかは分からないけれど必要なことを言った。そして聴いた。

多くの人を驚かせた。

言わせないで欲しかったと思うのは私の甘えだけれど、本当に嫌だった。

けれども働くということ、関わるということは本当に色んなことを私に教えてくれる。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

運命の輪

施設ナースの仕事が一日お休みだったのだけど、そのお休みの前の前日に非常ーーに嫌な気持ちになるものを目撃した。

誰かに対する理不尽な扱いや、人が人を利用しているところ。

創造性がない人っていつもそういうことをする。誰かのものを奪って人に見せびらかせて、全く罪悪感が無い。

発案者の女性は私が尊敬する人。

彼女はその柔軟な発想を次々と取り上げられて来たのだろう、私が知るずっと以前から。

もう一つ。

人にモノを教わるときに間違った自分流を捨てられない人ののろまさで周囲が迷惑していることを目撃するだけでなく火の粉が降りかかって来た。

全てを手遅れにしているのは自分自身なのに焦っているのがそういう人のジレンマだ。最後には人のせいにするのだけど原因は自分。

と言った面倒なことばかりに遭遇して、どうしようかなー?と思ったのだけど、とにかく行く。

とにかくその門をくぐる。

何故ならば人に関わることでしか人は成長できないから。

殻に閉じこもったら、そこでストップだ。

そうすると、やはりそこに想像できなかった景色が待っていた。

これは何度も何度も経験して来たことなので腹が座って来た。

言いたいことはすぐに言えば良いってわけじゃない。

一度相手のことを聴いてからでも良い。自分は揺らがないし大切なことは変わりないから。

色んな人の心に触れた一日だった。

でも、正しいことをした。

正しいふるまいをした。
*****

けれども、ふと全く違うことを思い出す。

あなたがどんどん遠くなって行くこと。

もう偽物が完全に要らなくなって行くから。

もしもそれを示してダメだったとしてももう後悔しない。

私はあなたと関わって沢山の自分を知ったから。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

盗人

人に何かをもらうことばかり考えて、それだけが人生の目的になっているような人とは友達にはなれない。

やがてその人は、ああしてくれないこうしてくれないと現在のパートナーや親兄弟に言っているのと同じくこちらにも怒りをぶつけるようになる。

人にもらうことばかり考えているから怒りは生まれるんだけどね。

自分でやる大変さを本当の意味で体験していないと感謝すら出来ない。

けれども、まあ友達にはなれないにしてもそういう人がいても良いんだよね。

誰かにとって役に立つ。

人に何かを施して上に立った気分になるのが人生の目的の人と相性が良かったり。

どんな生き方をしても皆誰かの役に立つ。

とは言うものの。

企業にありがちなことなのだけど、地道に仕事をして来た子のアイディアを上が取り上げて、何もしない子に与えているのを見るとげんなり。

表面的におだてられるのが好きな偉い人にありがちなよくある光景なのだけど。

やっめよーかなー?と思う人が続出するのが分かる。

私も正直そう思った。

ただ一つ。

もうちょいやることがあるのよね。

物言いは、やることをやってからというわけ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

展望 / お気遣い

もう少し落ち着いたら、また天然石のアクセサリーも作り始めたいのよね。

頭の中に次々と浮かんでいる。

前に作ったものとそっくりなものもあればまったく新しいものも浮かぶ。

誰のものかは知らないけれど、この世に形を成すまで待っていて欲しい。

天然石のアクセサリーをまとうことは一番簡単で手軽なクリスタルヒーリング。

思えば特にこの一年はずいぶんダッシュしたけれど、いつも導いてくれていた。

人と人とを繋いでくれているこの地球の石たち。

心があり石があり、その法則を知るだけで沢山のサポートをくれる。

******

ところで、忙しい人にはよくありがちなことなのだけど、往診の先生のスケジュールがコロコロ変わる。

おそらくは私の何十倍もの仕事をどうこなしていくかを日々考えての所業なのだと思う。

でもね、でもねだよ。

往診日の変更日、ぜーんぜん違うやん。勤務表の人員をそういうふうに組んでないよ、どうしよう。

って言っても始まらないので、企業で義務つけられている健康診断に行くためにとっていや休みに出勤することにした。

が、大御所様が「いえ、大丈夫ですから健康診断受けて下さい。」と。

耳を疑った。

普通の人なら普通の言葉だろうと思うでしょうけど。

私休んだからリーダーですよ・・・あなたが。

「去年も往診の先生が変わった初日だったからいけなかったでしょ?」

そうです。あなたが一人でリーダーは嫌だと言いました故。

分かりました。凄く嬉しいです。健康診断終わってからこちらに向かいます。

「いえ、大丈夫です。その後もたまにはゆっくり休んで下さい。」

どうしちゃったの、いったい。大変でしょうに。

「私が頑張ります。たまには休んで下さい。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

人って変わるんですね。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

存在

看護のプロジェクトの時、異例のことでKがナース陣に招かれて登場したときのこと。

皆さん「え?」という表情をなさっていたのを見のがなさなかった。

わざとぶかぶかなデザインのステテコズボンにTシャツにリュック。

夜勤明けのすっぴん。

2児の母であるけれど童顔で子供、しかも少年のように見えるのだろう。

それに引き換えナース陣の中でもこの方々は綺麗どころで、年齢に関わらずそれぞれ華やか。元気印だけどどこか上品なお嬢様スタイルが多いんだよね。

あやうくその反応を見て吹き出しそうになった。

けれども、ふとしたときに仕事の話を始めると相手が「あれ?」という感じになってビッと引き締まる。

そうなんだよね。この人は誰の前に行くときでもナチュラルでありながら憶することがない。飾ることもない。

けれども核心の話や質問をきちんとするので時が経てば経つほどこの人がどんないでたちであろうとなめる馬鹿は一人もいなくなる。

そしてついでに言うと。

いつも「苦しいから」という理由でラフな格好しかしないK。

「ももとケツがぶっとくてウエストが細いとなるとももやケツにパンツを合わせるしかないでしょ。」と言ってぶかぶかな服を着ている。

だから大抵は腰パン、それもかなり下がり気味の腰パンなので最初の頃はおしゃれでわざとそうしているのかな?小僧ファッションなのかな?と思っていたが。

ただ苦しいからだって。

そのおかげで、顔が可愛いけれど体系がまったく分からなくて地味に見えるのだけど、実はこの界隈で一番スタイルが良い人だということを同じ職場の人ですら知らない。ボン、きゅっ、ボン!をKもあえてかくしているわけじゃない、あくまで「苦しいから」という単純な理由らしいけど。

もしもドレスアップしたとしたら、いや、多分簡素なワンピ一枚だったとしても。一番美しく華やかで人をひきつけるのはその場所でもKということになる。

そのオーラは恰好で隠しきれるものじゃないらしく、時間が経つごとに皆さん「なんだろな、この人・・・」という表情になっていた。

私一人でいたならば多分その施設内を案内&見学させていただくことはなかっただろう。

でも、二人連れられてお言葉に甘えているうちに、最初は「ここだけ」と案内してくれていた場所だったのが、途中で「あそこは見せられないんだよねえ・・・」と一人でにそこの施設長が独り言を言うようになり、しまいには「よし、行っちゃおう。行きましょう。」とかなりの事情まで話して下さり見せて下さった。

駅まで車でお送りいただいたり途中でどうとらえて良いのかわからないかのような戸惑いが皆さんかた伝わって来たり。

それで思い出したのだけど、今うちに来てくださっている往診医の女医さんは白衣を着ない。まるで近所の奥様のように利用者様、先生にとっては患者さんたちの間を自由に動き回って、話しかけながら親切して行く。実に楽しそうに。

だからその天才をドクターなのだと知る利用者様は少ない。まあ、いくら言っても忘れてしまう病状や年齢ということもあり、さらには先生の気さくさがそうさせるのだろうけど。

威光暗示という言葉をヒプノで習ったことがあるし、世間一般は見せかけや着るものや、見栄に騙されるし、態度や接し方ですらそれで判断されてしまうことがある。

でも、その人だけの思考、嗜好、価値観、人生その他諸々はそう言ったもので覆い隠せるわけでもないということを知らしめてくれる人たちに出会えて凄く面白い。

大切なことは沢山喋るけれど、言い訳は一つもしない。

暖かく優しい、そして厳しい何かを感じつつ、とあるナースさんが言った。「ごめんね。ナースってプライドが高いんだよね。」

Kは何も言っていないけれど、何かの瞬間Kに対して失礼なことを言ったと自分で気が付かれたのだろう。

そう言わせるKも凄いなあと思うのだけど、仕事の話をしつつ、その何かに気が付き、さらりと詫びる美しいいでたちのこのナースさんの素直さも凄いなあと思った。

私はただ黙って、よくこのような圧巻の光景を目にする。

何も力を入れていないのにそこにいるだけで人の何かを変えてしまう子の人のそばで黙って観ていて少し面白いなと感じたり、誰かが分かってくれたときにちょっと嬉しくなって来る。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

弱さと裏切り

ある日・・・・

いや。というより、ある時期、とても辛いことがあった。

それはそれで仕方がないと納得しかけた頃、今一度当人と話す機会があった。

話したところで仕方がないという感じだったのだけど。

その時平謝りされて「自分は人に依存するところがあって・・・」というエピソードを聴いた。

それはその人から聴くのは意外だった。

とてもそうは見えない強い人だったから。

少しだけ月日が流れた。

色んなことが分かったような、分からないような。

分かったことと言えば、それに関して言えば私だって人に依存しますからね。そんなのは責める権利ないですよってこと。

けれども、それをもうやらないというのは無理だろうなーということ。

長年持っているパターンというのはもはや癖になっている。へきだもの。

それの代替案もきっと見つからないから繰り返し人を傷つける。

それでも良いよという人の範囲内でもその人は充分生きていけるのではないかなということ。

そして私は人を傷つけ過ぎるほどの依存癖を持った人と付き合っていける強さはない。

ありきたりの話だなあと思う。

でも、一喜一憂する。

そういうのに時々疲れる。

そして、じゃあ、どうするの?無気力になってそのまんまでいるの?と言われるとそういうわけじゃない。

多分今までにもこんなことはあっただろう。

そして自分を元気にしてくれる人といのはいつでも強い光を放っている人だった。

だから一つ言えるのは、自分はやっぱり自分で立てるようになりたい。

それが自由であることだったり心から安らぐことだから。

ぬるいやり方してんなー、見えなくして誤魔化していつも同じところを行ったり来たりしているなー・・・と見受ける人とは多分そう長くは関われない。

関わるのが私の弱さや寂しさ。

どこかで聞いたような言葉が浮かぶ。

人間だもの ってこと。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

右往左往......でも進む

ナースだったら乗り越えつつ学んで行かなければならないことがある。

それとは別に経験の有無に関わらず最初から急変やら人の看取りを何とも思わない人もいるのだけど、まあ、それは論外ということで。

数日ぶりに会えて起こった出来事をもう一度振り返りつついつものように一日を始めようとしたが。

まだ若い新人さんに二言三言話しかけた時から『ああ、これはいかん。面談だ。』と悟った。

大事な話をしなければならない。そして聴かなければならない。

そんな一日の始まりだった。

かと言って日常は待っていてくれるわけではなく、やらなければならないことが沢山。

慎重に大事に進んで行こうか。

*****

それとは別に少しだけ過去のことにこだわっている私。それはプライベートなことだけれど、結局仕事にも影響する。

私は自分が好きになった人に対して”こういうふうにあって欲しい”という思いが強すぎるようだ。

自分が思う人ではなかったのだから仕方がないじゃないかと頭では分かっているものの、繰り返し繰り返し、相手がやったことをリプレイしている。

そして、未だ信じられないでいる。

でも、そのことで他のことを投げ出したくはないんだよね。

日々が過ぎて行く。

いったいなんだったんだ?という私的な疑問とは裏腹に。

知ってか知らずか、繰り返し投げられるストローク。

結果は分かっているのに、いつまで私は確かめたいのだろう。

裏切りはお互い様じゃないか。そしてその痛みを知っていながらどうして愚かなことを双方するのか?よく分からない。

そんな中やらなきゃならないことがある。それだけは確かなこと。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。❤
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

職場の某大御所様が自分よりも新人の方にキーキー怒って理不尽な物言いをしている。

他の仕事をしていたのだが、繰り返される歴史に思わず口を開く。

ずーっと観て来たからね。

新しい人から懸命に仕事を奪っていたり、その人がいじめに耐えかねて辞めていくと、今度は「まったくこの職場はいつになったら人を入れるのかね?!色んなところがおかしいよね?」と言う。

その人事のためにあなたは何か貢献しましたか?と問いかけざる得ない。

20年くらいも居て「ここはおかしい」という人は、やっぱり変ですよね。

そして色んな人の協力によってやっと人を入れたかと思いきや、大事にしない。それどころか、いびり倒してしまうし、若い人たちの新しい知識に対して勉強することもしない。

いじけるのは分かっていたし、業務に支障のないことならば黙っているのだけど、止めなければならない流れというものもある。

色んな人が「ここは働きやすい」と言ってくれるし、出来ることを一生懸命頑張っている。

人を入れても入れても大事にしないのなら、自分の不満のゴミ箱にするのなら、もう入れられませんよと言う他はない。

「何で人が少ないのかね。」

いや、その答えはあなたが握ってますよ。

「もう、あんな若い人にこんなひどいこと言われて嫌になった!屈辱だわ。」

いいえ、あなたはその100倍言ってますよ。

でも、繰り返す。

どんな人でもどんな職業でも自分を見ないということはそういうことだ。

答えは自分の中に概ねある。

ただそれを見ることを怠るのは、真の怠け者に他ならない。

怠け者は「なんで太るのかね。何でお金がないのかね。何であの人は、この職場は・・・」と言い続けるし「あなたは良いよね。」と残虐な言動を取りつつも一生悲劇のヒロインでい続けようとする。

プライベートでどんな生き方をしようと個人の自由。親との問題とかその他諸々の悩みは誰にでもある。

ただ、そのプライベートでの考え方というのは、必ず仕事にも出る。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

愛を乞う人

「お金があったらこんな悩みは消えるのに。」と仰る方の話をカウンセリングで聴いたり、ナース業でも聴いたりする。

黙って聴いていると「そうでしょ?」と幾度も聴き返されるので仕方なく口を開くことになる。

本当に経済的に積んでいる人の話も俗に言う大金持ちの人の話もよく聴く。職業柄色んな人の話を聴くことになるのはどちらの世界にいても同じこと。

その中で一つだけ言えることは、そこは問題じゃないなあということ。

規模が違うだけで、人の悩みというのはどんなにきれいごとや立派な理屈をくっつけたところで、ある意味皆同じだから。あくまでそう言った面では同じというだけ。

少なくとも皆、気づいている気が付いていないに関わらず、愛について悩んでいる。

そして自分自身が何のために生まれて来たのか?ということ。

たまたま経済的に恵まれていたところで、依存的な人は依存的だし、依存的な人は支配的でもある。

どんな人でも怖がりさんだし、そのためにお金や権力を利用する人も居る。

そんなものなんですか?ととあるナースさんに尋ねられる。

ある一面からだけ見ればそうですよと今は思う。

規模が違っても人のせいにしている人はずっとずっと不満だらけだ。お金があったところでそれは解決しないのだけど、それが分からないとお金さえあれば医者になれたのにとか弁護士になれたのにとか不思議なことを仰る。

あるいはお金があればこんな仕事辞めてやるとか、良い仕事がないとか。

心の向きが変わらない限り、その人はどこに行って何をして誰と過ごしても同じことを繰り返すだけなのに。

不満なのは、足りないのは、本当にそこなのでしょうか?という話。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 07:27| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

何してるん

新居では公共料金とセットで光通信の申し込み&支払が出来るのだけど、繋がるのに一週間ほどかかるんですって。

携帯のメールアドレスを上のテロップとこの記事でお知らせして代用して貰いましたが、繋がったらまた新しいPCのアドレスをお伝えしますね。

フォームからのメッセージも携帯のアドレスあてになってはいるのですが迷惑メール対策のせいか着いたり着かなかったりとご迷惑をおかけしています。

ちょいと環境などが変わり色々と立て込んでいますが、もう少し待って下さいね。

******

で、悩ましきはプライベートの友達でもある。

人の環境が変わったり何か変化があると異常な関心を示して様子や事情を知りたがったり。

まあ、そういう人は元々友達でもねーなー。具合悪い時ですら「連絡取れないってどういうこと?なんでрノ出ないの?」の一点張りなので。

仕事を休んだことをきっかけに何年も無職の人は「一緒に惰眠をむさぼろうよ〜。もう辞めちゃいなよ〜。」と意味不明のメッセージをしつこく送って来ていた。

分かるよー。惰眠、私も大好きだよ。体力が落ちたことを言い訳にそうすることも出来るよ。

でもね、それやると人間、どんどん動けなくなる。

いっくらでも眠れるようになるのよ。

朝も昼も夜も眠い眠いってね。

そして昼間寝ているのに夜眠れないと睡眠不足だ、どうしよう・・・って騒ぐようになる。

自分の体や心にだけ耳を澄ませ、自分の身のことだけを考えるようになってびくびくするようになる。

びくびくしているからと言って繊細なわけではなく人の心は豪快に傷つける人になる。

そうして抑圧だけが働いて昏々と眠り続けるし、人の言動にも敏感になって行って、さらに抑圧が働くのでまた眠くなる。

そうすると外の世界のストーリーは何ひとつ聞けなくなる。

自分一人の数少ない人間関係のサンプルに無理やり誰かの話をあてはめては「知ってる、知ってる。そんなもんだよ。」としたり顔になる。

サンプルに閉じ込められる人は嫌なのでますます人が遠ざかる。

そうして眠り続ける。

如何なる人も人と関わらずしては生きていけない。狭く固くなるから。

でも変な悪循環はいつでも誰にでも始まる可能性がある。

大切なことを見失ったその日から。

世界は大きくて美しい。

そんな広い世界の中で自分は無知だということを知っている人は賢くて謙虚でいられる。

最近体力低下に甘えて傲慢になっている私に色んなことを教えてくれるこの世の中は。

「そんなことよりお茶しようよ。働かないでよ。」

いやだなー、それ。

自分で稼がずして食べて行こうという考え。下手すると稼いで貰っても不平を言うようになりあたかも「稼いだ上に優しくしろ。」に始まって、色んな言い訳ばかりするようになる。

しかもその結果を受け入れない人にはなりたくないので、今日も少しづつ回復して行こう。

自分のために。そしてあなたのために。
****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

開通工事

生きていると色々と面倒だったり大変だったりすることがあるもので。

面倒臭がりな私は変化が嫌い。

けれどもそんな夜、私が新しいスタートを切るために必要な書類を夫が全部用意してやって来てくれた。

あいかわらず几帳面で丁寧な段取りで、下書きまでしてくれていた。

強く強く握手をした。

あとはそんなことはしなくても良いという心尽くしもあり驚いている私に「いやあ、もうこれを持っていても仕方がないから。」と。

しかも今後してくれようとしてくれていることについても予告して「それが終わったらまた教えるね。」と。

****

長いこと固い山にトンネルを掘っていたらしい。

途中で「なんでこんなことをしているんだっけ?」と目標を忘れてしまうくらい長かった。

けれども今は過去の自分にお礼を言いたい。

トンネルを掘ってくれたおかげでとても楽だよ。見渡しが良くなったよ。好きなところへ行けるよと。

その経過には色んなことがあった。

それは私にだけ分かる苦労と喜び。

今思えば全てが素晴らしい出来事。

だから、このトンネルは自分だけでなく皆に使って欲しい。

もっとも誰もが一つ以上は自分で掘るしかないトンネルを持ってはいるものだけど。
****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする