2020年02月13日

時代の変わり目

一週間くらい前のことだっただろうか。

晴れているけれど風が冷たい時期が続いていた。

その中でも珍しく温かめのある日、屋上へ上ったら、青空に、筆で書かれたような雲が天使の翼の形をしていた。

あら、偶然にしても見事。

その一か所だけを見ていた私はふと360℃の視界を広げた。つまりは目線の方向だけでなくて頭上や背後の空にも目を向けた。

そうすると、驚いた。

それは絵画というより本物のよう。沢山の天使が舞っていた。

呆然と眺めていた。何人もの天使の様子を。

特に誰に言うこともなくそのまま仕事場に戻って行ったのだけど、一仕事終えてKと屋上に上がったら、階段を上がる途中で既に息をのんだ。

丸い月が鮮やかに光るグリーンだった。

正確に言うと限りなく透明感のある薄いグリーン。

多分キャンバスであるロイヤルブルーの夜空にゴールドの月の光が反射して、それが混ざってグリーンに見えるのだろう。

私が言うより先にKが「うっわー、何、これ!綺麗!」と悲鳴をあげていた。

それで、もっと明るい時間帯に見た沢山の天使の翼の話をした。

街の果てを見ると、沈んだばかりの日が成せる技なのか、オレンジ色の閃光が深いブルーの境目を照らしていた。

占星術に詳しい人に言わせると今は何かが大きく変わっている時期で、それは個人にでもあり世界にでもあるという。

故郷の田舎でもみたことがない絶景を見ていると、確かにそうなのかも知れないと、自分や皆や世界の変化を感じる。

普通のことを普通にやって来た人たちの進歩と変化がここで一機に後押しされる次期にあるのだと思う。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

色を描く

久々にレディポルシャのクイントエッセンスを使い始めて2か月。

しばしば忘れることもあるけれど覚えている限り継続している。香りが好きなのだろう。

このクイントエッセンスに対応しているポマンダーがゴールドなので合わせて使っているのだけど。

ゴールドもピンクも良い香りだけど、しばらく使っているとすぐホワイトポマンダーに戻りたくなる。

おそらくは人と深く関わる日々であり、大人数と関わる日々でもある。激しい浄化が必要なのだろう。

そしてそれで間に合ない状態になって来るとディープレッド買おうかなあとなるわけである。ディープレッドは低い波動を思いきり吹き飛ばすカラーだから。

でも、まめに継続していかなければあんまり意味がない。

生きていれば汚れるものだから。

その汚れを肥料や栄養として行くのか、ただの重たく臭い冷えた垢にして自分を太らせて身動きできなくするのか、すべては自分次第。

補助的なものでしかないのだけど、心の向きをちょっと変えてくれるツール。

もしも心の向きを変えなければならないと気が付いていなくても人間は自然にそれに対応するものを選んでいく。その時に弱っているチャクラに対応した色のセーターを着ていたりとか。

ただ、どこかで壊れてしまったり、あるいは垢をため過ぎてセンサーが機能しなくなった場合は別。

その人はただただ黒の世界に住み、人の話を聴かず、関わる目的と言えば、出会う人に黒い泥や垢を巧みにこすりつけ自分と同じ世界に塗り替えようとすること。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

加減

秋晴れだ。

相変わらず仕事は押せ押せだけど、台風の後の青空という感じ。

いったいどうやって乗り切って来たんだ?ということばかり。

まだまだきちんと出来ていない気がするのだけど感謝されて戸惑う事も多々あり。

ただ、大事にする人員の一人に自分も加えるようになったので大丈夫。IMG_2227.jpg

この分かり切ったことを実行するのに何年もかかって大分進んではいるものの、なかなか自分を大切にするのは難しい。

思いきり怠ければ大事にしていることになるのか?というと、それも全く違うから。

自分がやっていて気持ちが良いやり方、やり遂げれば心地良い事、つまりはやりたいことを頑張る。それははずせないということらしい。これは人それぞれだけど。

ただ昔のように、自分を都合の良い人として利用しようとする人、被害妄想が強い怠けものの人の浅はかな策略には動かされないだけ。

心と時間にスペース。

とても心地よい。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

後押し

固まった肩とその激痛は治ったという話をしたのだけれど、その間の何か月もの間少しづつ動かそうとしていただけではない。

追い打ちは、まだ再開して一か月と経っていないオーラソーマがこのワークを後押しくれた。

ある程度の負荷が必要だという以外には、私の心のこういった部分が今身体のここに出ているよっていう気づきを与えてくれたり、はたまた左肩に滞って濁っているエネルギーを流し始めてくれた。古いものが溶けていくかのように。

やはり色や香りに立ち向かえる邪気はないし、美しい色や良い香りに居座れる低い波動というのは存在しない。

これを説明するのはなかなか難しいし、はたまたこうして説明すると身体の不調は皆色で治すんだと勘違うする人がいて、まじかよ、うそだろ?と思う人が寄って来るのであんまり言えないってのもあるけどね。

負荷ってのは、苦しいという思い込みがあるけれどそうじゃない。

お風呂に入るようなものだ。

お風呂に入るのもおっくうなほどにまでなっているのならあんまり色を使っても意味がない。

外側に垢をつけたまま人に何か分かって貰おうとするのは難しいし心の向きを直すのも難しい。

でも、もしもほんの少し浄化のきっかけを見つけたならば、少しづ少しづつ。癖の大河の中に出来た澱みを解放していった方が楽。

そこを手伝ってくれるツールはこの世に沢山ある。

と言っても、自分で考える、自分を見つめるということがベースだけれど。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

キリがない

シビアーな問題に直面している。いや、ずっとして来た。

ある日特養のナースになってからインカムが導入されてからのこと。

もう何十年もそこの施設にいる事務職員の方が「知らなかった。看護師さんって忙しいんだね。大変なんだね。」と宣う。

え?どういうことだろう?と考えて思い当たるのは、小さなことで話しを長く伸ばしたり、今それ話さなきゃダメ?というようなことで足止めを食らったり。

さらに言うとその方は責任という言葉が大好きで、こちらとしては「これをやって貰わないと人命に関わる」というようなことの変更依頼でも「いや、一存では決められない。」と長い時間を要する。

その時は緊急事態だったので当時のボスに話したところ「なるほど、それは早急に何とかしなくては」と動いて下さった。

以前の古株の高齢の看護師さんがいて、その方の「おい!介護!」という態度も最低だったし、何かというと難色を示して他課を支配しようとするところも「なんだ、それ!」とビックリした。で、結局その方はお辞めになったからまだ良いとして。

ナースという職業の人の難色を示す気持ちが少し分かって来た。

他課と連携すべく協力することを努力して最初のうちは「話し合えるナースさんでうちは助かる」と言っていたのだけど、段々おかしなことになって来た。

”ご配慮下さい”ばっかりになった頃、こちらの職種のことは一切配慮しない人も多いということに気が付いた。

実際暇そうに見えることが多いらしいのよね。見えない仕事だと”ナースっていいよなあ。”と思うらしい。

実際には人命、しかも高齢者で持病がある方々の命を守るだけで精一杯なんだけどね。

何も起こらない日は何もしていないと思い込んでいる。

かと言っていじけていると人命に関わるので、やはり普通頑張るわなあ。

頑張っているうちに何だか体調が悪い日が増えて来た。

これって色んなことの縮図だよなあと思う。

おそらく多くのナースの人が仕事でもプライベートでも経験している。

困っている人がいるから助ける(ために頑張る)→いつもやって貰ってあたりまえになる。→それ以上のことを求められる。

さらには不満ばかり生ごみ入れのように持って来られるようになる。

我儘なのは古参のナースさんばかりじゃなかったらしい。

人間は誰でもしんどいことがある。

だから思いやり合って生きている。

自分で頑張らなきゃならないところは自分で頑張る。やって貰おうとか考えて貰おうとか思うなよって話。

整理整頓という名の浄化がまだまだ続く中、時折熱を出し、医務課の奥で何羽もの鳥を世話している夢を見た。

夢分析というのは自分で出来るものなのだけど、ボトルの影響もあるのだと思うとKに話していたら、ますます意味が分かって来た。

色んな種類の鳥がいたけれど、もう親鳥なんだから、そうでなくとも成鳥なんだから、口を開けて餌を待っているんじゃないよと、今度同じ観た夢を見たら告げよう。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

ターコイズの海

いやあ、今回の風邪は本当にまいった。

たったの一週間だと振り返れば分かるのだけど二度と治らないんじゃないか?と思うくらいしんどかった。

またその時期に忙しいことが集中したり気分が悪くなるようなこともあったのよね。

のだけれど。

立川の美容室に向かい帰って来る途中、けだるさを感じつつも、ああ、なんか治って来ているなあと実感。

いつのまにか風邪ひいていつの間にか治るという子供時代から若かりし頃を過ごしていたけれど、レイキ始めてからはその境目とか理由がハッキリわかるんだよね。

ああ、こういう理由ね。じゃあ、仕方ないね。

川底の砂を起こしてゴミを排出するかのように流してしまわなくては。

分かっているつもりだったのだけど、それがあまりにしんどくて「ちょ、ちょっと、もうちょっと少しづつにしたい。とりあえず治って。」と途中で思ったのだけど、それだけ溜め込んだ自分が悪いのよね。

とりあえずもうすぐ二本目のボトルも終わる。

その日の朝の夢は、遠浅の美しい海に入って気持ち良いなーと思っている夢。

あ、これ、ボトルの中身の海だと気が付いた。

そこからざばーーっとあがると、顔は違うのだけど、Kと思わしき人が居て傍らに彼女の子供がいる。この子も現世の彼女の子供の顔と違うけど。

私は濡れているその子の顔をガーゼのようなタオルでそっと拭いてあげて笑った。

そこは、あの運河の先にある海だった。

良い夢だった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

妖精の女王

夢の中で歩いているのは夜の街だった。

そんなに大昔ではないけれど、少しだけ昔の時代、どこかのアジアの国で、それは一緒に歩いている男性の顔立ちからも分かる。

飲食店からアジア料理なのかエスニック料理なのか、甘辛い香りが漂っている。そう、匂いも色もある夢だった。

私は真っすぐ帰りたいと思っているのだけどその恋人なのか夫なのか分からないけれど一緒に住んでいる男性に習慣のようにして店に連れて行かれる。

なじみ深い良い店。けれども私は帰りたい。

一人で店を出て自転車を押して歩いていると、男性が追いかけて来てふざけてぶつかって来る。もう既に酔っぱらっているらしく無邪気にぶつかって来るのだけど、私はそれが痛いし嫌なのだ。

本当に相手に悪気はないのだけど、過去力で引っ張られて行きたくないところへ連れて行かれくたくたになっているという背景がある。

自転車に乗って逃げ出した。

そうして情けなくなって気が付いたら泣きながら走っているうちに道に迷った。

何が情けなかったのだろう?とその夢を回想すると「二人で楽しもうよ、大好きなんだよ。少しだけ行こうよ。ずっと一緒にいようよ。」と言われているのに、全てが分かるので応えられない自分と、まったくわかってくれない相手のこと、その両方が悲しいのだろう。

少しと言っても夜を徹してお祭り騒ぎのような人生を好み、片や自慢の妻だと自分の家族や知り合いに自慢し、けれども、ちっともそのことを望んでいないから長く苦痛な時間になる。

嫌なので少しでも拒否すると相手も相手の家族も世間全体が「え?」という顔をしてビックリする。

すると後ろからその男性が走り追いついて来て「追いかけているうちに道が分からなくなった。」と言うし私も分からない。

ごめんねと謝ってくれる。すると先ほどの歓楽街に出た。

相手は「じゃあ、今度はこっちの店に寄って行こう。」と言うので私は再び自転車で入り出した。ほんのり暖かい色の夜の灯りが綺麗な街を。

その先には運河があり大勢の女性たちが船に乗り込んでいた。海に出るらしい。

あれ?皆どこへ行くの?

まだ遠目だけれど、よくよく目をこらしてみる景色の中で運がに次々と大中小の船が辿り着き、大勢の女性たちがゆっくりと、しかし次々と乗り込んでいる。自分から。

健康な若い女性もいるけれど、中には腕がない人、血だらけの人もいる。その女性たちが目で話しかけて来る。「私は腕を切り落とされた。」「私は言うことを聴かないからと足を切り落とされた。」「私は焼けた鉄で烙印を押された。」とか、いちいち船に乗り込む前に私に分けを告げている。

けれどもその景色は恐ろしい感じがまったくしなくて、皆楽しみにしている。

「私ははじめから分かっていたから。」健康な無傷の女性も意気揚々と乗り込んで行く。*

言う通りにしないと生きていけないぞ、こんな目にあわせるぞ、食べていけないぞ、名誉なんてないぞ、生きてさえいけないんだからと、後ろから聞こえるので振り返ってみると、その国の少年や青年やあらゆる年代の東南アジア風の顔の男性たちが叫んでいる。

最初は怖いなあと思って振り返っているのだけど、よく観ると全員が泣いていた。

ああ、悪気はないんだよね。昔から知っていたけれど。

でも、そういうのやめれば、この国に女性が逆にやって来るのにねと思った私はもう自転車を手放していて。

ふと気が付けば薄いターコイズ色の翼がバッ!と背中から飛び出して来た。

そうしてゆっくり漕ぎ出す数々の船の上を飛んでいる。こっちだよ。良かったらこっちへどうぞと声をかけている。

女性たちが手放そう、許そうと笑っている。

ただ彼女たちに何が起こりどんな心境の変化があったのか、何に傷ついたり脅されたりして来たのかを全く知らない悪気のない黒い陸の群れを振り返るとやはり悲しくて少しまた泣いた。

五感がありありとリアルで、印象的すぎる夢でビックリした。

そう言えばその前日に丁度とある生徒さんとの心理学で女性性の話をしていたのを思い出す。夢分析の話もしていた。

そのいった諸々のきっかけはあるけれど、妖精の女王という名のボトルが、色んな角度から自分を教えてくれるのだろう。自分の中に起こったこと、最初から自分の中にあるものを。
****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

タイタニア

久々に始めたオーラソーマのワークは、三本目に取り掛かっていた。

二本目に選んだボトル同様、権威との問題や権威との付き合い方ってのがその意味に隠れている。

美しいボトルなんだけどねえ。

ただ、何となくわかる。一番の持ちどころである表現を圧力によって表現するなと言われているこの気持ち。

表現したらしたで、相手がどうやって押さえつけ服従させてやろうか?とかくだらないパワーゲームばかりしていることも。B085.jpg




ところがある夢を見て、それがあまりにも女性性に関する虐待のテーマだったために、権威との闘いを進行中の子のボトルのテーマとはずれてんじゃね?と思ったのだけど。

ずれていなかった。

ターコイズはコーラルの補色だった!両側面の旅をしていたのか。B085.gif

そんなことを衝撃的な夢に教えられた朝だった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。❤
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

デトックス

オーラソーマのサポートを経ての浄化、進行中。

いやあ、皮膚に出ると辛い。

今は前胸部。

最初はいつもの紫外線による湿疹なのかと思ったのだけど、違うのよね。ハートに何かがいっぱいあるから。

そして掌。

手は色々な使命を全うするとめのツール。毎日かなりのことをこの手で担う。

それは目も当てられないことになっちゃって、つい2日ほど前は心の投影とも言えるその汚い荒れっぷりを観て暗澹とした。

自分の視覚に入るところなので精神的にもすごくダメージを感じるのよね。

それならば浄化を止めてしまえば良いと思うのだけど、一向にストップする気が起こらない。

かと言って、もうちょい若い頃にやっていたような焦るような浄化もする気にならない。

例えば本調子じゃない自分、完璧になったことのない自分。

そういったありのままの自分をその時々でその時々なりに大事にしていけたら良いというのが今の答えらしい。

自分を叩く人は他人のこともたたく。

良い人であろうとしてはいけない。

失礼なこと、おかしいと思うこと、無知なまま横柄な言動を取る人。体系やら社会的背景やら全てのことは自分で作り上げて来ているものなのに誰かのせいにして現実を受け止めようとしない人。

そういった人たちがその作り上げて古い垢をこちらに乗っけて来ようとするのを拒むの嫌だったのだろう。多分何でもOKとしたかったのだろう。

多分今までも無理していたのだろう。醜いものを醜いと思ってはいけないとか。

浄化というものが厳しいなあと感じるときというのは、汚い古い垢なのにそんなもんで暖をとろうとするほど心が寒いときなんだよね。

けれども、こころが冷めたものに対する踏ん切りと新しいものへの計画は大切。

あなたは何も変わらなかった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

飛ぶために

引き続きデトックス中にあるらしい。この心身は。

同じような出来事で思い当たる最も古い体験は最年少で管理職をやらされた国家試験合格後のわずか2年目のとき。

頸部に真っ赤なただれが広範囲に出来て、何をやっても治らなかった。

そしてそのままリンパが腫れて約1年くらいは闘病生活。

熱も出したし良くなることと悪くなることを繰り返してイライラしていた。

あの20代の頃のデトックスは一番長かったと思うのだけど、言うなれば人生の大掃除だった。

その後も何かあったような気がするが記憶に新しいのが今看護師として勤めている施設へ派遣として訪れた夏の頃。

数年前にレイキを始めて一通りデトックスが終了していた身体は、信じられないくらい怪我の治りが良い身体になっていた。

にも関わらず色んなひっかかりが心身に溜まっていたのだろう。

最初はほんの小さな切り傷だった指先が一か月も二か月も治らなかった。

母指の爪の付け根あたりだったのだけど、思いのほか生活が不便だった。家の鍵を開けるだけの動作でも辛かった。ああ、こんなところで色々なものを支えていたのねーと感心してしまうほどで。

その頃は眠くて仕方がなかった。

そして過去のデトックスの時期同様、それが終わって身体の異変が治る頃には心も人生もスッキリしていて気が付いたら望むものを手にしていた。

ついでに言うと無駄な体重も減った。

で、今年は久しぶりに手の平の湿疹。治らない、しつこい。

どわーーっと出て来るところを見るとまだまだ解毒中らしい。

いつ頃から始まったのだろ?と振り返ると、とあるオーラソーマのボトルを使い始めてからだと気が付いた。

ノンストップ。

膿は出すべし。

過去は執着したものだったとしても手放せ。

古いものは腐っている。

土に返して浄化してまたそれをこの宇宙の誰かが使う。

私が色々な恩恵をいただいているように。

独り占めのごうつくばりは、腐るだけだから。

ってなことを、オーラソーマでは、とても丁寧で上品な言葉で語っている。(笑)
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

自分の色鮮やかさは自分で見えない

今日お越し下さった方の中でとある一本のボトルについての解釈を述べて下さった方がいらして、それを聴いてちょいと感銘を受けた。

オーラソーマは自らの右脳やあらゆるフィーリングを使って自らが選択する。

四本を選んで順番に使うプロセスを始めてまだそんなに長いこと経っていないというのに、ご自身の日常生活とリンクさせて具体的な使用感と意味を話して下さった。

読んだこともある方も多いと思うのだけど、オーラソーマの解説というのは、とてもグローバル。悪く言えば分かりにくい。

出来れば早く成長したいとか、早く問題解決したいと思っている方々ほど「なんだか分からなかった。」と仰るケースがあっても仕方ないことだと思う。

けれども彼女はリバーサーズ使用後に、インテンスバージョンであるレディポルシャという関連ボトルや日常で起こった出来事にも関連付けて自分なりの解釈を語ってくれた。

そういうことというのは、例外なく正解であることが多い。

オーラソーマは言葉を持たないツール。

だから漠然と使っているだけの人に限って「全然効かないわ。」と仰ることもある。

そう、そこに違いがある。

オーラソーマは魔法使いではなくて、私たち普通の日常生活を営む側がそれを使って世界を広げたり制限を取っていったりする、ええ、普通の魔法使いなのだ。

それにしても今日も暑かった。

お会い出来た方々に心より感謝。

*********

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

何してるん?(ボトルさんへ)

一昨日、遊び心でオーラソーマの111番にアンシェントメモリーオイルを混ぜると下層のオリーブグリーンがゴールドに変わってソフィアになったという話の続き。B032.jpg

で、そのソフィアをHさんと一緒に棚の中から探していたらところ、何とその上層と下層が逆バージョンになっている大天使ウリエルが何もしていないのに自然にかち割れているのを二人で発見。

物音ひとつ立てずに密かに割れていて、残り3分の2ほどになっていたという話を昨日書いた。

とりあえずそのかち割れたボトルごとカップに入れて受け皿ってことにしておいた。(不思議なことに受け皿を設けるとその後は全然零れ出していなかった。)

で、アンシェンとメモリーオイルを混ぜたせいでソフィアに変わってしまったボトルでHさんのリフレを受けた後、”割れて使わざる得ない状況にされたから、要するにこれは使えってことだろう。”と判断して先の111番の中に混入したところロイヤルブルーとゴールドの四層のボトルになってしまったというところまでは書いた。

で、昨日の夜帰宅した後、しみじみその四層のボトルを眺め、何だかまた不思議な夢でも見そうだなあーと思っていたわけだが。

施術中に眠りこけたときと同じく物凄く不思議な夢を観たのだけど、今朝には忘れていた。

そして本日出勤する前にこの四層ぼボトルを身体に塗ってからでかけようと思って手を伸ばしたとき、絶句。

『な、なんで?』

というのも、ボトルは四層ではなくて上下一色のロイヤルブルーのボトルに変わっていたから。これは、大天使ラファエルさんになってしまった状態じゃないですか。B096.jpg

アンシェントメモリーオイルを混入したときに、グリーンがすっかり消えたのはまだ意味が分かるのよ。ええ、アンシェントメモリーオイル自体に濃い色が付いているからね。

でも、なんで一晩で全部ロイヤルブルー?ゴールドはどこ行っちゃったのよ。

もー、何か不思議過ぎてついていけないから早いところ使ってしまおう!

というわけで今朝は大天使ラファエルに変化してしまったボトルをボディに塗って出勤した次第。要するに三回目の変化だったわけだけど。

頭で理解できないことなのでもう早く失くしてしまおうと膨大な量を塗りたくって行った。昨日割れたウリエル足して満タンになっていたところを半分に減らすまで全身に塗ったった。

でもまあ、そんなことも仕事の喧噪の中では忘れる。

ええ、すっかり忘れていた。

しかし・・・・・・。帰って来てからデスクの上を見てまたもや絶句。

ロイヤルブルーで上層下層の区別もなく一色だったボトルが・・・今度は大天使サミエルに変身しているっ!!!B102.jpg

シェイクしたわけでもないし何か刺激を与えたわけでもないのに、ロイヤルブルーはどこへ行った?!

いや、それだけならまだしも、何故一度消えたグリーンが何故にまた現れた?しかもサミエル独特のディープなオリーブグリーン。201406181.JPG

あと、なして下層にディープマジェンタが現れた?

何が何だか分からないのだけど、オーラソーマもアンシェントメモリーオイルも生き物で変化するのはしようがないということにして片づけよう。(それにしても変化が早すぎるでしょうよ。変化の数も多すぎるでしょうよ。何もしていないのに。)

無理やり納得させたものの、大天使サミエルさんに変化したことにビックリしたことがきっかけで書き始めた今日のブログだが。。。。

書いている間にまた目の前でボトルがアルケミーしてしまった。こんなふうに。。。201806182.JPG

・・・・・・・・・・・。ああ、どうも、お馴染の大天使ラツィエルさん、こんにちわ〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。って挨拶している場合か。さっきはサミエルさんだったじゃん。帰ってからまだ全然触ってないじゃん。(=_=)

ラツィエルさん、大好きで何回も使っているし、今現在も何の手違いか二本も事務所に居るんでもう良いですよ。B106.jpg

いや、いかん。そういうことを言うとまた変化してしまうかも知れない。もうこれ以上ビックリさせんといてや、ボトルさん。

米英の合作はさらなる奇跡を起こすらしい。

塗るのか、これ。

ええ、もちろん早く使ってしまおう。

いや、それももう良い。考えてもわからん。

ディープマジェンタには全てのカラーが入っているのでまあ、生まれて来ても不思議ではないが、そのダークな状態から今度はラツィエルになってしまうなんてますますわからん。

ので、好きにして貰おう。

と、ここまで書いてのわああああっ!

思い出してしまったあの夢を。

何か沢山の薄い衣をまとっている人々に口々に言われたんだ。”変化させてんのはあなたよ。”って言われたんだ。

ますます知らんわ、私。
**********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

伝統&お茶目で遊ぶ

先日名古屋からのお客様がオーラソーマのコンサルをしていた直後へYさんがお越し下さって、まだ何となくその辺りにボトルのエネルギーが散らばっている感じだった。

そうでなくとも先日とあるボトル(あれは確か”愛への新しい始まり”だった。)に目が行って連れた帰りたいなあ、気になると仰っていたのでどちらにせよ一本は連れて帰る運びだった。

それで先の名古屋の方はコンサルを受けての2本目をお持ち帰りいただいたのだけど、このYさんの場合は一本だけ無作為に持って帰るという方法を以前から取られている。

何故コンサルをした方が良いのか?というと、人生にある数多くの課題に関連するボトルはいくらでも目についてキリがない。でも、一本目を定めると自ずと二本目は一本目の課題を達成するため自分が無意識に取り組んで来た課題を表す二本目を選ぶように出来ている。

三本目は今現在どこまで来たか?を表すし、このまま行くと未来どうなるか?というのが四本目のボトルの選択に現れる。

人間の脳って不思議なものでそう出来ている。

でも、一本目から四本目までの順番を無視して使用した場合、時にそのボトルが今その人がメインにしている課題からするとずれていたり、早すぎたり遅すぎたりするというのが一つの理由としてあげられる。いつまでも途切れ途切れとか。

早すぎるとか遅すぎるというのは、問題が絞れずバラバラで山積みの宿題の情報が無作為に入って来るということなので時に混乱を生むことがある。

それ故四本リーディングというガイダンスがあるのだけど、それとは別にセラピーというのは自由なものであって欲しいという願いが私にはある。

混乱したいとき、片づけたくないとき、もう少し迷路に居たいときもあるのが人間の無意識。

で、途切れ途切れであっても一緒にテーマに取り組んでいる限りは時間がかかってもいつかは片付くのだ。そう、どんなやり方でもいつかは片付く。

一回につき一つの課題に取り組んでいるのと、長いことかけて沢山の課題に取り組んでいつか終わるときの所要時間って、もしかしてもしかしたら同じくらいかも知れない。私は一個一個片づけたい方だけどそうじゃない人もいるだろう。

重ね重ね、セラピーとは自由なものであって欲しい。

そんなわけで、一貫性の無い選択により、案の定先日目についていたグリーンとピンクの”新しい愛への始まり”は今回どこかへ行ってしまい、他の三本のボトルが候補にあがっていた。

俗にいう目移り状態であまりハートから選ぶということが出来ないという時期もある。ええ、それが人のコンディション。

それでも、取り組む限り進むのだから好きなようにで良い。しかも、そんな方法ですら一緒に見ている限りを邪魔しない程度のヒントを出すチャンスがある。複数のボトルのそれぞれの様子を観たまま言うだけでも。

『これか、これだなあ。』と仰ってはいたが、強く反応して目の前でアルケミーして行っているのは、最終選考からはずされかけていたオーストリッチボトルだった。非常にミルキーになって汗をかいて来ている。

最初、オレンジとゴールドを見間違えて”操り人形”かな?と思ったのだけど、よく見たらオレンジでオーストリッチボトルだったというわけで。まあ、どちらにせよ、関連ボトル。

糸で操られているうちにオーストリッチが天敵に出会ったときのように根本的な解決方が考えられず「あーあー、いやだなー。あー、嫌だ。どうしよう。そうだ、敵を見ないことにしちゃえ。」と頭隠して尻隠さずという防衛に出るわけだが。

天敵に食われる間も『もうー、ほんと、いやだー。いやだなー。』となってしまう。

操り人形が糸による支配を断ち切るボトルならオーストリッチボトルは根本的に考えるか戦うことが出来るようになるボトル。ダチョウの可愛さと勇敢さが発揮される。

数年前はあんまり好きじゃなかったボトルなのだけど、今は可愛くて仕方ないボトルの一つだった。

オレンジでショックを癒し、バイオレットで根本的な不幸パターンを解体して癒す。

シェイクするととても美しいカラーになった。201406171.JPG

************

で、私はというと、先日『インクジェットー!という感じがして嫌だ。』とほざいていたボトルを使う順番がやって来た。一本目だから使命ボトルらしい。B112.jpg

ところが最初の印象と違って使用してみると心地よい。シェイクカラーも非常に気に入った。201406151.JPG

で、例によっていたずら心が出て、これ、前にもやったんだが、最近お気に入りのアンシェントメモリーオイルをブレンドして使うことにした。

このアンシェントメモリーオイルってのが遊び心や茶目っ気があって昨今気に入っているわけで、アメリカの某ヒーラーさんが一人で直感を元に作っているものなのだと思う。

沢山種類があるが”これとそれ、同じじゃね?”とか思うこともあるのだけど、今更納得した。同じく後押しするエネルギーのレッドの”Fire”と同じよう赤い色をした”ドラゴン”は後押しの仕方や勢いが違うし、やたらと豊かさやLuckという幸運を表す言葉が出て来る。

中でもsuccessという名のオイルとFastLuckは同じじゃね?と思ったのだが、これもまた違うんだよね。FastLuckの方の解説の”素早く幸運が来る”ってのを読んでほんと笑っちゃったもの。

豊さに色んなニュアンスがあるように幸運や成功にも色んなニュアンスがある。

もう笑っちゃって、香りも良いんで楽しんで使っているわけだが、もうこんなに楽しいんだったら効かんでも良いよってなくらいで。

伝統を重んじる傾向のイギリスと陽気なアメリカの融合が面白かろうと、先の111番に混ぜてしまったわけである。そりゃもう色々と。

オイルという部類のものに属するのでてっきりオーラソーマのオイルである上の部分に混ざるのかと思ったら、オーラソーマのオイルの比重よりはずっと低いらしくて下のウォーター部分に混ざって、111番がゴールド色になったので驚き。

たまた居合わせた人が「綺麗なグリーンが消えちゃったじゃないっすか。」と爆笑されていたのだけど、それも良いの、良いの。ビジュアルはもう二日間ほどかけて充分楽しんだから。

そうすると何かのボトルに似ている状態だなあと思って居たのだが、最初に浮かんだのが大天使ウリエルだった。

しかし、翌日、他の人のコンサルをしているときに気が付いた。

大天使ウリエルだとロイヤルブルーとゴールドの位置が上下逆。B097.jpg

これの逆じゃないバージョンあったよな。どれだけっかな。まったく普段全然選ばないもので目に付かないのよね。

そんなことを思って居たら、おお、見つかったソフィアだったよ。B032.jpg

**********

そしてさらに翌日の今日、お一人コンサルが終わり、その後自ら鬱を治して行った思い出深きお客様がいらして下さり、そしていよいよ楽しみにしていたHさんの出張マッサージの時間が来た。

マッサージもしていただいたのはもちろんで癒されたのももちろんなのだが、ここで驚愕の出来事が。

現在ここにあるソフィア似の逆バージョンの大天使ウリエルが突然かち割れていたから。

液体が減っているので「あら?」と気が付いた次第。いったいいつの間に。

こういうことが確か5〜6年まえにもあった。

あの時割れたのは大天使ザドキエルで、ヒビから全てが漏れて棚がビショビショになっていた。

ところが今回はHさんと二人で何これ?何でこれだけ?と驚きつつも見て見たところ、ボトルの三分の二ほどが無事に残っていた。

ああ、こりゃ使えということなのだろうなあと思ったので空き瓶を探したのだが、先日全部処分したことを思い出した。あちゃーーっ!

それはともかくHさんのマッサージを受けて、それが終わったあと、先の日々が入ったビンを観ても今度はあまり漏れていない。三分の二を残したままだ。

で、Hさんには、先のオリジナル111番がソフィアに変身したやつとマッサージに使って貰ったのだが。

まさかと思ったけど、驚いたよ。

残りの変形111番の中に割れたウリエルを注いだら、何と、ピッタリの容量だったから。

しかし、これ、逆さまバージョンの色だから相当汚い色になることだろうなあとも思った。

でも、それはそれで面白かろうと思ったのだ。

ところが。。。入れて見ると四層になっていたこの不思議。201406172.JPG

容量がピッタリ収まってしまうことからも、まあとにかく使えって言われているんだろう。

ビジュアル的には不思議なことになっているが、このままで行こうと思う。

************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(2) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

流星群

名古屋からほぼ毎月通っては心理学に取り組んで来られた方が昨年の暮れあたりに卒業。

もちろん最寄の人にもそれぞれの心身の事情があるので大変なのだけど。

それで今現在は上級コースとの格闘中。

毎月実に色んな発見を下さる。

人間ってこんなにも自己への洞察力と気付き、そして成長への力を発揮していけるものなんだと毎月のように驚かされる。

遠方からなのでせっかくということもあり、いつも心理学+レイキか教育分析か何かのメニューをセットで思う込み下さるのだけど、本日はオーラソーマのコンサルテーションだった。

さあ、前回のコンサルから何がどう変わっているか。

心理学と合わせて3時間という長丁場で時間はたっぷりあったので、物凄く自由に選んでいただいた。

するといつも私が座っている方の席へ移動し、あたかもチャロさんのように無心に色んなボトルを並べては熟考しているその後ろ姿がめっちゃ可愛い。

しかし・・・。

き、厳しいのを選ぶなあ。という感想を思わず漏らしてしまう。

『違うーーっ。私は楽したいの、楽を!』と爆笑して仰るのだけど、まあ、結局はその人柄と目指している夢や高みの大きさを垣間見る楽しい時間だった。だから好きなのよ。

ちなみに最終選考に残った四本以外で候補にあがっていたボトルも同じような意味で繋がっていた。

それにしても最近は5番と4番ラッシュである。

一時は80番ラッシュだったり74番ラッシュだったり。

一本だれかが選ぶと次々に皆選ぶ。

まだお会いしたことがない人同士や、はたまた顔を知っていてもまだ深く話したことがない方々においても皆どこかが繋がっているのだなあと改めて思う。

その後、先日基礎を卒業したカウンセラーさんがお越しになって、現在の課題についてあれこれ話して下さったのだけど、OKなんだよなあ・・・。

全ては必要なプロセスなんだよね。

アフォメーションをレイキなどで行うと天にオーダーが届く。そうね、ちょいと通販に似ている。

どんな経路を使ってどんな形で叶って行くか?というのは私たちには想像を絶することだし、そこまで介入は出来ないものの、間違いなく望んだものがお手元に届く。

そんなことを考えていると彼女が『そう言えばあの過去の○○生活で我慢という力を得たなあ。』と回想されていた。

今日も一日中シビアな話ばかりしていたものの、それでもやはりよく笑った一日だった。

頑張れと言ってはいけないという耳タコな常識がある。

でも、あえて言いたい。頑張れ。

それは願いをかなえるための必要なプロセスだ。

そして人はいつまでもそのプロセスに停滞し続けるわけじゃない。いつかは必ず抜ける。

************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

色鮮やかさ

とあるセラピストさんの服装がバイオレットとイエローという珍しいカラーの組み合わせだった。

とても綺麗だった。

オーラソーマを体験した方々というのは俄然固定観念を打ち破る傾向になって来られると思う。真っ黒だとか同系色のみという無難さをピョンと飛び越えて精彩溢れる着こなしをなさっている方々をよく見る。

私もいつもではないのだけど、ついつい仕事柄人様の服装やメイクを見ては、その時々で特有のボトルが浮かぶことがある。

”ああ、今、人生において大きな潮の変わり目に直面されているのだなあとボトルの意味を思い出してしまうとか。

そしてそれは必ず毎回ポジティブな結果を生む色の選択となっている。

今までの古い自分としては少し苦しいと感じる時期だったり多少不安だったとしても、それはいつも良い人生の前触れのようなものだと思う。

脳が変わると人生も変わる。

*********

そして今日は遠く東北の方からお越し下さった方々がバイオレットの濃淡という美しいカラーの服装。

バイオレットローブというボトルが浮かぶ。

私にもみに覚えがあるのだけど、大きな大きな変革のとき。

ヒーリングという意味にも色々あるけれど、「もうー、分かった。もう同じことの繰り返しは良い。」という気持ちになったとき、自分という家をどこからどこまで壊してリフォームするか?

このバイオレットのヒーリングは、かなり思い切ったところまでぶち壊してやり直そうとしている人が選ぶカラーで、もちろんそれをサポートするために本人の右脳が選んでいる色でもある。

さらに思い出すと服装に限らず、その昔とあるカウンセラーさんがうちの事務所へ通い始めた頃、いつもシトリンとアメシストの組み合わせのブレスを手にとっていらした。これもターニングポイントタイド、潮の変わり目の組み合わせだった。

例えオーラソーマというツールを使わなくとも、人間の本能って凄い。

それが発揮出来ないのはそこに古い体験によるトラウマがブロックをかけているときだけだ。

********

人は光だと言われるけれどまさにその通り。

今日も色んな美しい生身のカラーを見た。

何ですかね、今日は北の国からシリーズだったかのような。


岩手からの方、釧路からの方、青森からの方々。

何故だか北国の人々には独特の純朴さがある。

何かを間違えてもそれをすぐに修正しようとしたり受け入れていったり、ままならぬことにコツコツと向き合って行く粘り強さとか。

*********

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

それぞれのカラー / 犬も食わぬとはいうものの

ちょいと立て込んでいまして、アクセサリーやコンサルの郵送物やらメールカウンセリングなどなど、色々と遅れております。

毎度ご迷惑おかけしてすみませんが、明日、明後日、大分進む段取りです。よろしくお願いします。

一日二日休むとすぐこれ。

でも、着実にやって行きますね。

**********

先日、訪問入浴に出勤して出発前に皆して一つテーブルに集まりわいわいガヤガヤしていたときのこと。

その日の分のカルテをチェックしつつ、オーラソーマのボトルをハンドクリーム代わりに手に刷り込んでいたところ、「何、それ?!」と大きな声が聴こえた。

今年入ったばかりのナースさんで最近やっと名前を覚えたばかりのお若い人。

ああ、これ、オーラソーマって言うんですよ。イギリス発祥のカラーセラピーとアロマテラピーとクリスタルヒーリングの複合体のようなもの。もしくはそれ以上。

そう言ってカルテの続きに目を落としていると沢山の視線を感じたのでもう一度顔をあげてみると、あれ、さらなる説明を求めている感じ。

でも、話が長くなってしまうし、もうすぐ出発する時間なので、一番てっとり早く納得して貰おうとする。

それで「Sさんでしたっけ?」と名前を確認したあと生年月日を聴いてバースデーボトルなるものをiphoneに表示させて「例えばSさんはこんな人。ああ、困難が好きな方でしょ?」とそのカラーを見せながら訊いてみると「ああ、確かにいつも難しい方を選んじゃうなあ。」と仰りつつ顔をうーんと近づけて来られたのでiphoneごと渡す。

「おー、凄い。あたってる。」

「占い?」という声が違うところから聴こえるのだけど、占いではないんですよとこれも簡単に答える。

他の人も生年月日を教えてくれて「私はっ?」と仰る。

普通だったら面倒だなと思うところなのだけど、私はこの方のこと、個人的にも知りたいと思ったので計算して観る。

横から嫁が姑をいびるかのようにまいまいちゃんが「Hさんは真っ黒のボトルが出て来るんじゃないの?」とからかうのだが、びたーーんっ!と肩を殴って「失礼ね!あたしはきっとオーシャンブルーよ!」と喧嘩なさっている間に出た。

すると彼女が仰るようにオーシャンブルーのボトルだった。凄いねーってことで盛り上がり、果ては車に乗ってからまで他のヘルパーちゃんと男性オペさんまでもが。

「あー、まいまいちゃん、やっぱりコミュニケーション能力に長けてるんだねえ。人との距離を縮めるの上手いもんねー。」とか、「あー、Oさんは愛を探しているのねー。」などと、あたりまえのことなのだけど、その人にピッタリのボトルが出て来る。いや、ほんとにあたりまえなんだけどね。

しかし、その後、皆『よしっ!がんばろう!』と前を向くのが面白かった。

多面体で深いセラピーのほんの一つの方法でこんなに盛り上がるのを観ていて、誰もが本当は常に成長したかったり自分自身を知って行きたいと願っているのだなあということを改めて思った。

*********

昨日、些細なことなのだけど夫に不遜極まりない言動を取られたことをきっかけに激怒した。その些細なことが非常に重要なのである。

「いやいやいやいや、ごめん、ごめん。」と言っているのだけど、こちらが怒っている真の理由を全然分かっていないことが丸見え。

あのね、昔っから言っているけど、私、あなたが思っているような上品な人間じゃないから。妙な理想をひっ被せたり、迷惑な制限かけようとするの、止めてくれる?

「分かった、分かった。ごめん、ごめん。」

あ、ダメだわ、これ、絶対分かってないわ。

私は面倒臭がりなのでいつまでも争うのは好きではないが、嘘はもっと嫌いなので、かくなる上は本当に分かるまで距離を置こうと決めた次第。

昨日から異変に気付き焦っている様子なのだけど、どうやって治めるか?としか発想がないところが残念だよ、夫。

何かしてくれれば失礼に及んで良いのかというと、それは大きな勘違いなのだ。

これで理解し合えなくてダメなときは、それはもうダメなときでしかないんだわ。

でもって理解できちゃうからドタマに来るってこともあるんだよ。

場合によっては終了。まじ、バイバイだよ、あんた。

**********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

そのキラキラな向上心に刺激を受ける

先日、トレーニングの会の際にkちゃんから「この間注文したポマンダーとか来ました?」と訊かれてハッとする。

イクイリブリアムもそうだけど、変質するほど長いこと置いておきたくないので、ある程度受注してから一気にまとめて発注かけるようにしていたのだけど、長過ぎた!

待っているのにごめんよ!

と思いきや、その後、少し前にコンサルテーションを終えていたnさんという方が「ポマンダーとかクイントって言うのは何に使うんですか?」という質問をなさっていた。

物凄く簡単に言うとオーラ体の浄化と保護に使うのだけど、ガイダンスとしては体に直接塗るイクイリブリアムが一番大事で、次に何か補助的なものを使うとしたらエーテル体に作用するポマンダーを。それでもさらに補助するとしたらクイントエッセンスを使うということになっている。

でも、あくまでそれはガイダンスで、一番最初のイクイリブリアムですら必ずしも@使命AチャレンジとギフトB現在どこまで来たか?C未来というふうになってはいるのだけど、あくまで直観&右脳のセラピーなので必ずしも四本選んで順番通りに使わないで、ポンと目についたものを一本使いしても構わないわけで。

(まあ、確かにガイダンス通りに使った方が優しい浄化となるしわかりやすいのですけどね。)

そして私が商売っ気の欠片もなく、初心者の方にポマンダーやイクイリブリアムを紹介したり薦めたり売りつけたりしないのには理由がある。

何せ強力なサポートとなるツールとは言え、結局は今までとは違った新しい習慣を日常に取り入れるわけである。

その取り入れるものが一つの動作や習慣ならもしかしたら続けやすいかも知れない。

しかし、一気に三種類となると途切れてやらなくなる可能性が大ってのも人間なので。

レイキの12ポジションにしろ、本当ーーーーはね!がっつり続けて見てください!続けて見てから考え込んでくださいと言いたいところなのだけど、そのがっつりポーズで1ポジションも一日も続かなかったら元の木阿弥なわけで。

そう言った理由でまずは一つの習慣を取り入れて続けてられそうだったら次のものも紹介してみる、あるいは本人の意識がそちらへ向くまでは、最初の一つの習慣でどこまで行くか?ということをサポートしている。

中には、(あんまりこういう人はいないけど)クイントエッセンスのみを延々と使っている人もいるけど、大抵の場合はそんなに変化ない。ってか、見て来た統計上、ふわふわ夢見がちか変化しない自分にイライラする傾向になっていたり。

それは、内側のケアから始めないで一番外見の”なりたい自分”とか”見せたい自分”にこだわる心理故なのかも知れない。

基、kちゃんはオーラソーマとのお付き合いがコツコツともう数年に渡っているので「了解!」ということで取り寄せた。

そしてnさんの場合目を引いたのは、一時番最初に使うチャレンジボトルが例の私の大好きなボトルだったことで、しかも、その進み具合が妙ーーに早かったということ。

しかも既に何かが変容して来ているところ。

そしてご希望通りに他のイクイリブリアム10本ばかりの欠品とお二方のポマンダーとクイントエッセンスを注文して昨日届いた。

たまたまnさんがいらっしゃる日だったので久々にポマンダーとクイントエッセンスのレクチャーを一緒に行う。

私はホワイトのセットで彼女はターコイズのセット。

とある国の語学の教師である彼女がクイントエッセンスの”マハコハン(偉大なる教師)”を選ぶのはとても納得が出来る。

その後、ついでに先のイクイリブリアムにも面白い使い方があるよ♫とレクチャー。

とても興味を持って下さるし、しっかり大事に使って下さるのでドンドン伝えたくなる。

的外れな部分もなくそっくりそのまま吸収して行かれるので、何のセッションをやっても毎回楽しいことになっているのだった。

その後、hさんがお越しになったのだけど、意外なことにこの場所でお二方がお会いするのは初めてのことだったらしい。

hさんたちのご紹介によってnさんに出会うことが出来たというのに。

話は戻って、心一つ、それが一番大切でそこに3つのサポート。

たくさんの後押しがありますように。

それは大丈夫。だって自分の右脳が選んだカラーだもの。

*************

先月あたりからhさんからお父様のお誕生日にプレゼントしたいというブレスを受注していた。

それで、お父様の九星守護石と誕生石を調べて作ったのだけど、何とまあ、羨ましい取り合わせだったことか。

しかも、お父様、本当に強い人なんだなあ。

考えて見ればあたりまえか。

少し前、何とも気の毒な出来事が起こり、その心労を想像するばかりだったのだけど、そのお父様がある日を境に新しいことを始めたというお話もお聞きしていた。

今思えば納得出来る。

何だかとても安心するし、嬉しいことが見えて来たので、このご依頼にも心から感謝する思いでいっぱいになった。

**************

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | オーラソーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする