2019年01月18日

砂漠

ある日、入浴係だった介護職員Kの声がインカムで響いていた。

といってもこれはよくあることだ。

”一階の職員の方!二階の職員がピッチにもインカムにも全く応答しないので〇○さんを迎えに来てと伝えに行って下さい!”

一階はKが管理するフロアなのでたちまち『了解!』数人が応答する。

するとそれを制して普段事務所に居る他課の課長が『あ、今僕が行けます!僕が行きます!』と応答する。

介護職員はどの課も持ち場を離れるのは並大抵のことではないと慮っての親切だった。

私たちナースはまた別の忙しさで医務課であくせく働いていたが、そのやり取りを耳にした大御所ナースさんが吐き捨てるように言った言葉は「私たちだって呼び掛けても返事してくれないことしょっちゅうあるよねえ。」。

インカムやピッチを持っていない二階のフロアの方々も責任意識が薄いけれども。

それは百歩譲ってうっかりだとしても。

『いつもKさんにばかり皆慌てて応援するよね。』というその声はひがみと妬みいっぱいのからっからに乾燥した声だった。

ある時は「可愛いからだよね。」とか、『できる人は良いよね。』とか『ボスのお気に入りだからね。』とか、諸々の下世話なコメントを吐いている。

本当にからっからだな。砂漠のような心だ。まなこも乾いているあまりもはや現実はありのままに映らなくなっている。

Kを誰もが支持するのは、Kのために誰もが声をあげるのは、それは、Kがいつも誰かのために動いているからだよ。Kが頑張っているからだよ。

思いやりを持ち、優しさを持ち、だからこそ厳しいことを言っても支持される。

ひび割れて歪んだ心で頂戴頂戴と人から奪ったり、自分の楽ばかり考えたりする人がそれをひがむとはかなりおかしな光景なのだが。

それでも全うに努力をしない。自分を変えない。

人は年齢ではないのだね。Kは私よりも一まわり、あなたからすると二回りは年下だろう。

なのに色濃く人生を生きている人と、空っぽのプライドを持ちひからびた嫉妬を周囲にふりまく人。

それは同じものを求めること自体酷だよ。

傷ついているのは誰もが同じ。

でも、その後どうするのか?それを自分で選択する人の人生の豊かさ。

人間ってこんなに違うのだなあという光景をよく目にする。

あなたは何をして来たの?何をしているの?ずっとずっと与えられている時間とその身体を使って。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

ナチュラル

ある日のこと。

とても実直に確実に生きている人を観ていてしみじみ思い、しみじみ気が付くことがあり。

その人たちのことを見るのはその日が初めてのことじゃない。むしろもう2年くらい前から感じていたことでもあった。

自分を生きているよなあということ。

それは前々から気が付いていたのだけど言葉に出来なかった感覚だった。

今までどんな人の話も真剣に傾聴して来たし、特にプライベートでも良いところを見つけた親しきの人のことは全肯定してしまうところがあった。

だから、傾聴しつつ「あれ?変だな。」と思うことがあっても無意識に打ち消していたのだが。

その人の狂気を認めざる得ないなあと思うことが多々あり。

二人でいるときには何でもないのだが、二人三人になると気がふれたかのように高笑いをする人。

人が気に入っているものを異常なほどムキになって否定しては、何とかして視線を自分の方へ集めようとする人の狂気。

この人はこんなに明るく見せかけても、どんなに幸せだと誇張なさっていても、何故だかいつも空しそうで、何故だかいつも怒り狂っているなあとか。

兄弟姉妹で親を取り合った幼子のままのことを他人にやって見せたり。

その頃は純粋に不思議に思っていたのだ。

どの職場にも馴染めない人が、如何に職場がおかしいか?とか、人間関係がどこに行ってもうまっく行かないのはそこが変な人ばかりだからとと強く主張しているときも。

そうだねえ・・・どうしてだろうね?と純粋に思っていた。

けれども、段々わかって来た。自分のために生きられない人のうんざりするほどの怒りは他人にとって重い。

習い事だとか趣味だとか。オーラソーマだとか、学習していることを人に自慢してあげくの果ては巻き込もうとする人は自分一人では何も楽しめない。

そうして勝手に疲れた自分の心で引きこもりたいと言っても、しばらくすると、どうしても人に認めて貰うためだけに何かの説明したりひけらかしたり。

それは自分自身のことも他人様のことも疲れさせる生き方に他ならない。

そりゃ職場で注意されるんだわ。

自分の生き方を貫いている人の真似をしたところでどこかでそのうざったさが人に伝わってしまう。

『どうして私だけこんな目に合うの?』と言っている人の言葉をその昔『ほんとにどうしてだろ?』と聴いていたのだが。

自分がさんざんそれにつきき合わされた果てに分かる。

それはあなたが誰かをそんな目に合わせているからだよ。

働かない親が子に働けとけしかけたり、働かない人が配偶者の稼ぎを嘆き怒ったり無茶を言うように。

被害者だと言い張っている人が実は加害者だと言うことを。

楽をとろうとして苦労をして怒っている人と、必要な苦労をしつつすべきことを成して輝いている人。

そりゃ真似しきれるはずがない。逃げ続ける人戦わない人。そして向かって行く人。

悲劇の脚本が好きな人の思惑とは別に、世の中は平等なのだなあ・・・と教えて貰った出来事だった。

全ての物事には原因がある。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

笑顔の花と

クリスマスイブ&クリスマス。

素晴らしき地獄の連勤で内容も濃いもう勘弁して下さい的な感じだったのだけど。

夜はクリスマス気分を楽しめた。

昨年に引き続きハッピーなことが沢山あった。

いつもサンタクロースって身近にいる。

私はというと今年はあんまり自分がサンタになる暇がなかったな。ギフトを貰ってばかりの一年だった。

*****

落ち込んで年月を費やすことも、何かあれば旅行に行くとか。。。それのみで人生を費やして来た人の老後をよく目にする。

結局は落ち込むだけの人も職場を転々とするのみの人も逃避のみなんだわ。

乗り越えて来ていないので、結局は同じ苦情を受けるばかり。

50代、60代になっても周りに気を使わせたあげくに「溶け込めない。みんな冷たい。」と言っている人の滑稽さ。

けれどもそれですら理解できるほど発達していないので自分がどれだけ許されているかも分からない。

しかめっ面して愚痴っている地獄の花と、片や素直に傾聴して頑張っている人と。

どちらを採用したいか?というのは目に見えている。それは多分万人に共通することで仕事もプライベートも同じこと。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。❤
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

一言 言っただけ

色んなことが錯綜する中、正しいと思うことをした。

正しいと思うことをして職員に負担がかかるのは本末転倒なのだが、もしもそのまま正しくねーなーという状態をだらだら継続させたままでいると、もっと大きな負担がかかるというのならば・・・。

やはり正しいことをした方が良い。

そのことについてボスに謝罪して怒られるとか処分の程度を訊こうと思っていたのに、「了解!分かった!頑張って人材を入れて看護課を強化していきましょう。」とにこにこ顔で言われた。

Kが言うならば分かるのだけど、新人ナースさんも何故だか笑っていた。

いいの?みんな。

何故だかわからないけれど、私は変わり者だからなかなか人に分かって貰えないと思いきや、ごく普通の人という面が多大にあり、私が嫌だな許せねーなー!と思うことは人も思っているということも多々あるらしい。

『自分もあのセリフ言ってみたいよ。でも、なかなか言えることじゃないんだよね。凄いよ。』とまで言われた。

いや・・・。あんなこと、滅多にいっちゃいかん。

よほどのことがない限り。

そのよほどのことだったからではあるけれど、理解していただけたこと協力していただけたことに対して還元して行かなければならないものが沢山ある。がんばろうっと。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。❤
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

強欲

出来れば自由でありたいし自由でいて欲しいと思う。

ところが仕事となるとそうもいかない。

ルールというものが色濃く存在するから。

専門職ともなるとそれが浮き彫りになる。

でも、それは専門職に限ったことでなく仕事にはその人の生き方が出る。考え方も出る。

それが言葉になる。

そしてその人の姿形をも作って行く。

そう、出来れば何も取り締まらずやって行きたい。

それぞれに良いところがあるからだ。

ところが人間というのは年を取るごとに叱ってくれる人がいなくなるとおかしなことになる人が多数発生する。

自分が自分のことを見えていないのだが、他人ばかりをじっと見る。

そして自分と全然違う人が同じ土俵に立っていると思い込む。

自分を見つめなくなった人の独り相撲は文字通り相撲なので誰もが『一人でやって下さい。あなた要りません。』ということになる。

自分なりに合理化するのだけれど、心のどこかでつじつまが合わないということに気が付いて来るはず。

何故あなたが望むように人はあなたに寄りつかないのか。何故必要としないのか。何故大声を出さなければ聴いて貰えないのか。

それを全部周りや誰かが悪いせいだということにする人生は窮屈過ぎて誰も入れないほどの狭さ。

でも、それが大人の世界だ。

人は時々、寡黙な人への態度を間違える。

何も言われなければどんな態度でも良いと思うらしい。

気が付いたときにはもう遅いという出来事を多分その人はこれからも繰り返して行くのだろう。

多くのものを無駄にして。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

選択とチャンス

何だか大変だなーと思いつつ生活している人は多い。

そうそう、何だか皆自分が不当に扱われていると思いたがるのよね。私も時折そうですよ。(笑)

けれども本当のところ、どんな仕事でも大変なのだ。

無駄な苦労はあまりする必要はないと思うものの、あまりに逃げすぎている人には必ずつけが来る。

世の中、どこかで自分で乗り越えたり自分で戦ったりするということが必要になって来る。

おかしなことになるのは、それを人にやらせようとすること。

自分ではなくて人に頑張らせようとすると生涯被害妄想から抜け出れない。

その自分の代わりに頑張らせようとする相手は時に親かもしれない。恋人や友達かも知れない。配偶者かも知れない。

そして思い通りにならなければ恨む。

怠け者ほど人を恨む。全ての感謝を忘れたとき、人は奇妙な生き物になるなあと思う。

けれども喜怒哀楽やバイオリズムがあるのが人間。

そんなふうにしか思えないときもあるよ。

けれどもね。

ささっと自分に戻って来て見つめ始めないと、どれは癖になる。抜け出れないほどダメになる。

その世界に喜びはない。愛もない。

暖かさも幸せも愛も、自分が欲っするものと戦っていないと得られない。

怒りでは何一つ手に入らないどころか、喪失するばかり。

願いごとばかりの怠け者人生もいい加減にしておかないとね。

そこには思いやりのない化け物しか残らない。

そりゃ嫌われるんだよ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

いじめってやつね

人生の先輩たちから子供っぽいいじめを受けた。

けれども新しい集団に入って行くときには度々あった通過儀礼。私にとってはそんなもの。

やがて時が過ぎるとこっぴどいことをやった人々が後悔し始め、心無い人は元々文字通り心がないのであからさまにひれ伏したり持ち上げたりしだす。

なので慣れたプロセスなのだけど、物凄く忙しい最中でやらなければならないことが立て込んでいる時期だった。

私ですら多少嫌な気持ちになった。それでも凹むまでには至らないのよね。

うーん、そうか、そうか。やってくれたか。こんなことしなければならないほどあんたらの人生はまだ満たされていないのか。そんな歳になってもか。

でも、年上だからと言って間違っていること、あまりにダサいことは許さないよ。

というところで保留。

そんなことがあった数日後Yさんがカウンセリングにいらしてくれていて丁度いじめに関する話題が出ていたので自己開示。

自分よりショックそうなお顔を胸に手をあてる姿を観て、優しいのだなあと改めて思う。前から分かっていたけれど。

こんなふうに、同じ出来事でも人によって感じ方が違ってその人以上に心を痛めてくれる人もいる。

この人も私も、どんな立場になってもくだらないことはやらないだろう。

自分が満たされない理由は自分の中に探す。

そして行動するだろう。

ありがとうね。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

ありがとう

色んな事あり過ぎて、わーー!もうまいりました!降参!と言いたいところなのだけど。

そう思えば思うほど『あほか。成長するチャンスやん。』と思い直す。

自分に負けたくないのよね。

人と比較して井の中の蛙でパワーゲームやっている人にはわかりっこないだろうけど、それは壮大な闘いと癒し。

でも、自分と自分と関わる人々を愛している。

自分の中の敵も頑張っている。

そう思ったときには既にそれは敵ではなくなっているのだけど。

大事に育んで行こう。自分で。

そう思えたときには、いつの間にか周りも手を貸し育んでくれていることにも気が付く。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 21:06| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

溺れる狐

何かが思い通りにならなかったとき。

えーと特に人間と相対しているときに子供じみた心を持って『わかってくれない』を振りかざす人というのはどこの世界にもいる。

大事なときに大事なことを言えないのだけど、時間切れというときに皮肉を言って立ち去る。

イソップ物語の溺れている狐。

ぶどうの実が食べたいのならそのために努力をすれば良かったのに。

後味の悪い思いを残そうと無意識のゲームで嫌なことを言って少しでも相手の心に残ろうとしているのだけど。

その方法では誰にも分って貰えない。伝える努力をしなくては。

努力している人をはたから見て一生懸命おかしなところを探して生きている。そうすれば何もしないで済むと思い込んでいらっしゃるから。

批判してもすねても誰かのせいにしても何も変わらない。

自分を変えて行こう、進んで行こうとしない人の言葉はネガティブになってみたところで誰の心にも響かないから。

その人自体はノーではない。

けれども、その人がやっていることにはイエスと決して言わない。

私はそれ大嫌いですよ と示すのみ。

自分を見つめる人と自分のことしか考えていない人との差も大きくて。

それは年をとるごとに開いていく差なのかも知れない。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

化け物になる

看護の方では、それって私の仕事なんか?というようなことがよく目の前に現れるのだけど。

企業という団体家族の中ではある程度致し方ないことだったりする。ええ。私も世話になります故。


しかし、忙しい最中あちらこちらからわけの分からないストロークが飛んでくるとたまにどっと疲れる。

介護もそうなのだけど、別の課の方にもそういうお偉方が居て。

『ちょっと良いですか?30秒良いですか?』と話し始めるのでシンプルに済む話をシンプルに答えて終わらせようとするのだが。

『いや、それはいらないんです。それは自分は知らなくても良いんで。実はこれこれしかじか。。。』と口上長く、聴いていても要らない情報ばかり。果ては私が知らない人の人柄に話にまでなったり。

要するに人に質問するときは、自分が何を訊きたいかまとめてから声かけろや!って話。

で、一日経つと『私、それは要らない。』と言って聴かなかったことについて『あれを見せて欲しいんだけど。』と言って来る。

だからあの時見せたでしょ・・・。何故そのときキャッチしなかった?

何事においてもチャンスを逃す人というのが居る。

人と人とがいつでも自分の都合でキャッチボールできると思い込んでいるので何かに奔走している他人様に横からボールを投げつけるのだ。

大勢にそんなことをしているものだから結局皆を疲れさせる。

そして、自分の機嫌がよくなるとうるさいほどのハイテンションで親しみを表すときには、全員ひいている。

でも、その人は自分見つめのチャンスすら逃してしまった。

周りはせいぜい自分の仕事や時間や心を吸い取られないように適当に扱うという交流しかしなくなる。

思いやりがないって自他共に不幸なことだわ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

逃亡者

以前勤めていらした派遣さんで非常に仕事が出来る人がいた。

知識もあるし技術もある。

一見何も問題ないかのような話だが。

”私はナースなのだからちゃんとした仕事持って来い。面倒なことさせるな。”というストロークを方々に投げているのよね。

そうすると周りはむっとして、段々その人を頼りにしなくなって行った。

こうなると鶏が先か卵が先かって話だけれど、頼りにされないと、周囲の人に色んないちゃもんをつけるようになっていた。あれはこうすべきだ。これはこうあるべきだ・・・etc

そのせいでその人が関わる仕事は何一つ終わらなくなった。

要するに、皆さん曰く『めんどくせー人。関わりたくない。』

果てはどこからも呼ばれなくなった。

自分もやったことがあるけれど派遣稼業には気楽な面がある。

あくまで近辺で知る限りの派遣さんたちだけど。

責任が正社員ほど大きくないのでひょうじょうとある程度自由に仕事することも選べる。

知識や技術を発揮するのもあり。

けれども、若い人にふと言いたくなった。

派遣もいいわよなんて薦められて鵜呑みにする若い子に。

色んなことを体験した後は、本当はどこかの地点で責任を持って何かを本気で勤めるべきだ。

匿名には発言権はない。

そして責任が薄い人や、本当のその企業での本筋に協力しない人にも発言権はない。

それが気楽なのかも知れないが。

そのいい加減さは一生癖になって、年を取ったあと、どうしようもない人間の仕上がりになる。

大人になること、成長すること。そのためには何かを本気でやってみること。

井の中の蛙状態で威張っていて傷つかない人と、責任を負ってみて傷つく人との体験差は、そのまま人生の差になって行く。

そう。逃げたことは必ず目の前にまた戻って来る。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

心デブ

心理学の学生だった頃、当時としてはまったく意味のわからないワークショップに参加したが。

その中に、設定された大変な状況の中で死人を担いで移動するというのがあった。

もちろん本当の死人ではなく生きた人だけど死人の演技する人も死人らしくまったく身体のどこにも力を入れていなかった。

その死人の重いこと、重いこと。

どんなに軽い人でもずっしりと重い。

生きている人というのはどこか自分を担ごうとしてくれている人にある程度協力してくれているのだなと分かる。

なんもしない人間は重いよ。

どれだけ重いことか。

****

パートナーは働いて自分を食わせていくのはあたりまえ。それが成されないと『お母さんのくせに』とか『お父さんのくせに』などと思うあれは間違った概念の暴力なんだよね。

普通に考えて、何で自分に何もしてくれない人、理解してくれない人を背負わなきゃならないんだよ。

そうしてくれないと不安です、怖いです、私どうしてよいかわかりません、どうしましょう?ってのも凄い。

酷い人になると『生理的に嫌い。でも稼いで来てくれないと。』と言っているので、はい、これも暴力。

自分で動かない人はどんどん重くなって怒りやすい。それも理不尽な怒りになる。

はたまた心の体重もずっしり変な淀んだ水を吸って重くなる。

それを抱えろって言って断固動かない人が多すぎる。

あるいは『私がこんなに不安なんだから、あなたは私のために頑張って下さい。』という暗黙の了解を美化する人が多すぎる。

それを今時 ずうずうしいという。

せめて 感謝してもばちは当たらない。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

時間は平等

いつも言うのだけど、ところを変えても相手を変えてもだいたいいつも同じようなことが起こるはず。

自分が変わらなければ。

プライベートでも仕事でも同じことが言えて、「どうしたら良いですか?」と訊きまくるので相手が時間を割いて自分の考えを述べるのだけど、「でも、私は・・・これこれしかじか・・・。」と同じことを答える。

うん、じゃあ、そうすれば良いよねと相手も言うのだけど同じ方法をとっているのだから結果も同じ状況になるはず。

何年経っても、何十年経っても。

それはその人の勝手なのだけど、自分を変えて、素直に周りの人の考えを取り入れて努力して変わって行った人たちの持ち物をねたんではダメだよね。

そういえば「おしゃれするのは面倒くさい。みんなおしゃれする。」とわけのわからないことで怒っている人もいたなあ。

風呂にも入らず不潔にして人と会う。

不快感をもたれると怒る。愛されないと怒る。

面倒くさい!と言う気持ちはだれでも持っていてそう感じるのはとても自由なこと。

カウンセリングにおいてでさえ、面倒くさいの連続の人だとそこで話はストップする。

ガンとして、何もしないまま良い思いだけをしたいという人はそこで話は終わり。

それは何がお題になった話も同じことだと思う。

結局人が成長するときというのは、他人の頑張りに素直に目が向けることができたとき、ほんの少しの思いやりを持てたときだ。

何かを乗り越えなければならないのは、普通に平等なこと。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

究極のめんどくさがり屋

約束の日が近づいている。

そう、一回しばかせろ!と言った人との再会である。

でもね、しばかれても会いたいですか?

そして私はしばいてまでしてその人と和解したいですか?

答えは出ない。

微妙なところだ。

関係者を観る度心がザラザラして来る。

なんて思っていたら、今度は何の関係もないKと喧嘩してしまった。

なんてこった。

向こうは話したがっているのだけど、私は少し時間が欲しい。

話し合ってまで和解したいか?

そこも私には分からない。はい、いつも。

もう一ついつも同じくたどり着く結論は。。。

嫌いだったり、もしくはどうでも良かったらこんなことすら考えもしないということ。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

気流

台風が繰り返し来る度に追い風のことを思う。

そうだよなあ、人生には風というものがあるなあと思う。

どんなに頑張ってもダメなときはなかなか進まない。

けれども、その時期には筋肉がつく。踏ん張ればの話だけどね。

そこに追い風が吹けば付けて来た筋肉も手伝って凄いスピードで進んで行く。

良いことなのだけど人は時々それを怖いと思うかも知れない。

そしてまた、向かい風の時期に人のせい、環境のせい、親のせいにばかりして来た人は同じ風なのにあの人の方が進む!ずるい!と言ってはまた自分の歩を止めるかも知れない。

乗り越えなければならないこともある。

昨日と昨年と10年前と同じ選択をすれば、そこに来るのは同じ結果だけだ。

人生は結構平等だ。

でも、自分を見つめるのは嫌だからそこから逃げることもある。

それは単に自分が繰り返すことを選んでいるというだけのこと。

今は過去の自分の選択の結果でしかない。

そして未来は今の選択によって生まれる。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

複雑にしたいのだろうけど

ごく親しい人が友人でもあり同僚でもある子から毎日のように「話を聴いて下さい」と言われている。

もう2年くらいはそれを観ていたのだけど。

段々疲弊して来ているのが見て取れる。

いくら聴いても同じだから。

やがて一歩二歩と成長して行く彼女は段々その友人のことをおかしいなあ・・・と思うのと共に段々肩が重くなって来たそうだ。

で、よくよく聴いてみると彼女だけでなく他の同僚たちの時間も3時間4時間、5時間と奪い続けている。

でも、まだ話したりない。

そして人の話は一切聞かない。

そのうち「聴いてくれたっていいじゃない!」と彼女や周りに怒りをぶつけたり溜め込んだり。

よくあるゲームのパターンが進行している。

聴いてくれたっていいじゃない、冷たい人ねというセリフは決まり文句。

平井堅の”知らないんでしょ”って曲を聴きつつ、近しい友人は「彼女を思い出す!」と言って震えてしまうほどノイローゼ気味。

あなたはノー、私もノーを証明するゲームは時に命がけになって来る。

でも、それは何をかけても馬鹿らしい。

無意識の望み通り忌み嫌われるほどにまでなってしまう。

そして、それを本当に嫌だと本人が心底思うまでは止まらない。

人は皆避けて通るばかりになってしまう。

他人のせいではない。

普通のことを普通に”おかしいなあ”と思えるか思えないか。そんな単純な算数レベルの問題だ。

誰もそこに時間をかけたくないんだよ。かけたいという人が居ればその人もまた同じく利己的な孤独を抱えているだけ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

図々しさと無知の物語

もう浄化の旅は終わったのだろうとかなりの確信に満ちた思い込みを持っていたおよそ3年前。

いやあ、手放した、手放した。

元々人様が欲しがりそうなものを欲しがらないと言われていたので持っていたつもりはない荷物を下した下した。

それらは時を遡れば皆自分の身体の一部、自分の心の一部と思っていたもの。

なのでそれらを背負っていた筋力については自分を褒めたたえたい気持ちがないでもないが。

素直に言える。・・・・。無駄。

そういう筋肉は要らなかったし人に迷惑かけるわな。

で、依存していたものを手放すと、あれ?自分の手の一部と思っていた部分が妙に重い。

気が付き出すと早いものでそれはじっとり濡れた巨大な濡れ雑巾のように日増しに重くなる。

ぽろり。

ああ、やっぱり雑巾だったのか。知らなかったなあ・・・の繰り返し。

それは昔綺麗にするために役に立っていたものだろう。

でも単なる掃除の道具に過ぎない。

それを使って何をするか?何のために必要だったか?ということさえ忘れちゃうほどの長い話。

人の長話というのは、やたらとリンクの多いページみたいなもの。

もったいぶっていて本題をいつまでも見せなくて何回もクリックしてどうぞどうぞと迫って来るのだけど。

誰もそんなページには興味がないのよね。

本題はそこに書けば良い。

伝えたいことは伝えれば良い。本当のことはモノの数分もかからない。

けれども自分自身ですら本当のことを見たくない人ががむしゃらにそして当然のように人の時間と力を使い続ける。

時間というものの価値。

無頓着な人よ さようなら。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

ありがとう

暑くて忙しい日にふと思う。

私は人と人、物事と物事を比較することを覚えたなと。

特に自分と周りを比較することは良い意味で必要なのだなということを普通に学んだ。

それは色んな人を鏡にして学ばせて貰って来たことでもある。

物事には何でも理由があるから。

人の良いところ、得ているもの、現状。良いものも悪いものも、それがそこにあるのには原因がある。

その原因というのはその人の言動や生き方、考え方。

もしもそれが不服だったとしても、そこを変えなければ同じことが続くだけ。

そして変えられるのは誰か?と言えば本人しかいない。

短い間にたくさんのことを受け入れて沢山のことに幸せを感じた。

けれども長いスパンで見れば、最初からそうだった。

何かを望んでそのために努力をして、それにまつわる悩みがあり、そうして、今願いが叶っている。

これからもその流れにのって叶えて行こう。叶うのではなくて叶えるということが正しく、誰が叶えるのか?というと、それは他人には無理な話なのだった。

だから周りに感謝が出来る。

周りには感謝しかない。特に身近にいるあなたに。
****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

膿の匂い

ちょこちょこブログには進行状況や現状などを書いて来ましたが、改めてお伝えしますと、ざっくり言ってまだです。

まだセッション出来る状況には色んな意味で片付いていません。

出来たら言いますね。ごめんなさい。

*****

女性が多い職場だからかな?と思いきや、男性にもあり得る。ただいくつになっても女性の方に多い傾向。

望まない三角関係というやつ。

それがプライベートなら仕方がないなあと思うものの、仕事上で、あくまで仕事の話をしているというのに「2人でばかり話してる」という怒りを持つ人。

あほかと思う。

それには理由がある。やきもちとかいう可愛いレベルものじゃなくて、嫉妬心が人一倍強い人というのは、極めて怠け者で努力しない人が多いのも事実。

文句たれが多い。どんな状況でも不平不満ばかり。

やる気がある人がいるというのに、どこの世界にそんな嫉妬深い怠け者のご機嫌をとってまで「お願いです。これを一緒にやって下さい。」と頭をさげる人がいようか。

そりゃあ気持ちよく仕事してくれる人の方に頼むに決まっている。

恋愛でも仕事でもなんでもそう。

口をへの字にして人の愛情を試す人よりも、素直に「好き」と表現してくれたり思いやりのある言動をとってくれる人の方にひかれるのが常。それに腹を立てるのはずうずうしいことなんだよね。

けれども、嫉妬深い怠け者というのは、自分が明るいところへ行こうとする努力よりも、明るいところへ行こうとしている人の心を暗くすることへの努力に力を費やすので始末が悪い。

「あそこに出かけて良いよね。」

「仲が良くて良いよね。」などと言いつつ幸せな時間を過ごした人を責めたり罪悪感を持たせようとする。無意識レベルでやっていることも含まれるけれどね。

そうすると、誰もがその人には良かった出来事を話さなくなるよね。誰も楽しんだことを責められたくないし、いちいち言い訳したくないしね。励ましても変わらないのももう分かっているから。

必然的にその人のところから人が遠ざかるシステムをご自身で作っているのに「なんで私には言ってくれなかった?」と悲劇のヒロインになっていたりもする。付き合いきれないんだわ、そりゃ。

ある時自分がどんなに不幸かということを語っているラインが来た。まあ、その人はいつもそうなのだけど。

持っている限りの想像力とその人を肯定的に見る努力を費やして返信をした。

絵文字一つないただの一言の暗い一言が返信されて来た。考え続けて来たあげくに冷水を頭からばしゃーーっと被せられる感じ。

やるんだよね、こういう人は。それでいて『どうして?』と人間関係を嘆いているんだよね。

目を背けて来たけれど、今まで何度もこれをされて来たのよね。

もうやめようー♪と誰もが思う。笑ってしまうくらいに、この気持ちを知る人は言う。

根本は幼稚園や小学校でやってたことと変わらない原始的なレベルのゲームだから。

その人たちは大人になるまで不幸なことや病気のことで人の気をひき、幸せそうに見える人を裁くという技術、努力をしないでいじけるという技術を身に付けて来たプロのゲーマーだから。

何一つ話せない。そりゃあ、いつまで経っても唾を飛ばして喋る側なはずなのだわ。

状況は自分自身を映す鏡である。それをどんなに長いエピソードで喋り倒しても、世の中も世の人々もバカではないのでそれを知っている。

最大の不幸はそれを受け入れられず人のせいにする手段しか考えられない脳みそに育て上げた自分自身の生き方。

******


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

言い訳の技術

カウンセリングに限らずとも、よう女性間で「結婚するとか子供を産むってことだけが女の人生じゃないと思う。」というような話を聴く。

もう耳タコなのだけど「え?そうですよ。」と答えて終わらせる。

もっと言えば女性に限らず人生には色々ありますよ。

けれども、そういう方々というのはそれで終わらせてはくれない。

何度も何度も同じ言葉を言い続ける。

そして自分とは違う環境にある人たちのことを妬み嫉む。そう、長い長い話を聴いた後に”なんだ、それだけかよ。”となるわけだ。

どれだけの本を読んでも、どれだけの策略を練って良い年齢になるまでかわいこぶったり難しいことを言って人に自分をよく見せて来ても。

でも、この人はきっと違うんだろうなあ、人それぞれみんな人生は違うだろうなあーと思う人に時々会う。

ところが、本物、正真正銘自分で考えて生きている人たちと話すと前者に「あれ?」という違和感を感じるようにもなる。

何かが違うなあ・・・、なんか、痛いなあ・・と。

そうしてある時、好きな人がいるけれど結婚はしないと言う人に「え?!どうして?!」と前者は言う。

びっくらこいた。

いやいや、あなたが結婚だけが人生じゃないって言って来たのに、なんで?と逆に訊き返したいわ。

本当の本当はその人の中で言う俗に言う本当の幸せは結婚や出産だったらしい。

人それぞれ価値観や生き方は違うから、それはそれでとても良いことだ。

けれどもひとつだけ変で醜いところがあるのだとしたら、そのこと、つまりは自分が望むことのために努力を怠り、多くの時間を人を批判することに費やし。。。さらに言うと、多くの他者をそこに付き合わせて来たところだろう。

何を望んでいるのか?そして望むものがここにないのは自分のどこに原因があるのか?

そんなシンプルなことを多くの人がしっかりと向き合い生きている。

多くの人の日常が普通に働きつつ、人のせいにせず毎日何かを続けている。ただそれだけのわかりやすい素晴らしささえ分からないほど自分の目を曇らせ心を太らせたのは、誰のせいでもないよね。

今日は夏日だった。

皆汗をかいていた。

でも、心からの笑顔だった。

誰もが誰かの隣で。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする