2020年02月11日

動作確認

先日は渋谷周りで駒大へ行って、事例研のパワポ原稿の動作確認。Kに付き合ってと言われたのと、もう一つは自分が作ったものだから・・というよりも、私にも責任がある。

いやあ、同じPCが施設にあるのだから、わざわざ本社に来させてこういうことやるの止めて下さいよと最初は思っていたのだけど。

で、まあ、それもその通りなのだけど、そこで初めて会った人に出会えてよかったということ。Kが管理者研修でお世話になっていて、その方のお話を何度も聞かされていた。

その人に会えて得するとか何かが進むとかそういうことではなくて、ただただこの人に会えて良かった、Kが言っていた通りの方だなということ。

無駄足じゃないかーと思っていたことが実はものすごく重要で意味あることに変わるのは、この日ばかりではない。こういうことは多々あって、それは行って見なければ分からなかったことだし、やって見なければ分からなかったことばかりだった。

今までもいつまでもそうなのだな。それでも、面倒くさがってしまうのが正直なところだけど(笑)

というわけで世田谷までの人混みに疲れた後だというのに、そこからKと二人井の頭線に乗って吉祥寺。お目当ての店でスーツをプレゼントしたいとKが言うので言ったのだけど・・・。

そうそう、たまたまスーツが二着しかなく、その片方がものすごく古くなっていたので、最近こちょっと探していたところ、Kが「あの店のはいいよ。是非。」と。

スーツの方が良い場面が増えて来ているので色々持っていても良いとは思うのだけど、それにしても気軽に選べない。

が、最近はジャケットがノーカラーで、パンツの裾が締まっているものが流行っていて、どうしてもそれが好きになれない。

結局買わなかったのだけど、何故だかKががっかりしていて申し訳なかった。とりあえずのものでも選べばよかったかな。

その後は立川の美容室へ行って、10年ぶりくらいの老舗でステーキを食べた。

ほんのり酔った状態でモノレールと西武線でのんびり杉並区に帰る間、色々なことを思った。

ずいぶん歩いたなあーという一日。とても楽しかった一日。

何がほっとさせたのか?というと動作確認が終わり、主旨を話せたこと。

とても疲れたけれど、その後、二人で色んなところを散歩して美味しいものを食べれたこと。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 11:27| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

多分わがまま

19、20日くらいの頃に住んでいた町を電車の中から眺めていた。

あたりまえだけど、地形は変わっていない。

その日は会議で遠方まで足を運んでいたのだけど、もしも早くに開放されたら、懐かしいその町を歩いてみようかな?と思っていた。

が、目的地でいらっとすることがあり。

正確に言うと管理者ならそれくらいするよなーと思ってのコメントに対しての思いやりのない答えが返って来たときにいらっ。

それで、さーてどうしようかな?スルーしようかな?それとも青臭く〇〇すべきだと思います!と普通にコメントしようかなあ?と色々思ったが。

どちらも選ばなかった。

言ってあげない。

が、間違っていることに関しては従えない。

元々役割を果たしていないグループラインをさくっと退会してスマホをバッグにしまった。

かつては本会議のときにラインをポンポン鳴らされたときにもむかっ。

会議中にこそこそラインを見ろという行為も気に入らない。大事な話を顔突き合わせて大勢でしているというのに。

はたまた長時間かけて、ええ、途中で雑談に流れたりして決めた日時を自分の都合で変えてその後連絡しないことも終わっている。

看護師さんでしかも上の方なら時間が如何に大切か、この人生が如何に大切か痛感しているはず。していないのだとしたら、それは日常で看護を仕事としていないからだ。何か別のことを頑張っているのだろう。

その方ではなくて関係のない他の方々が個人的にラインで招待してくれたり謝る必要ないのに謝って来られるのには申し訳ないと思ったが、ラインは入りません。社内メールできちんと情報収集して仕事していきます。クビにならなければの話ですけど。

自宅の駅までゆっくり揺られて帰るといつもの職場から質問事項の電話。

現場は大変なんだよね。その現場での時間をつぶして行く意味があったとはいつも思えない。

私も悪いと思うし、退会する前に考えたよ。3秒くらいは。

何はともあれ、今日も自分には逆らえなかった。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

有意義なことと無駄なこと

どうしようかなー?と頭をよぎることがある。

それは結論として人や環境を無理やり返るくらいなら自分でやっちゃった方が早いという法則。

いやあ、いいんですよ、別に。目的が違っただけでいろいろ学ばせて貰いましたというのがいつもの私のまとめ。

しがみつく理由が何一つないのよね、いつも。IMG_2134.jpg

相手や他人は、サバイバルをしていて、がつがつ生きているので、自分の何かが私から奪い取られると勘違いしている。

それでパワーゲームしたくなったりヒソヒソ無意味なことをする。これもいつものパターン。

多少いらっとすることもあるし、時にはカーっとなることもあるのだけど、ある瞬間どーーでも良くなるのよね。

要らないものを取り合う流れになるのは馬鹿らしいし、その方々が永遠に自分を守ってくれると思い込んでいる立場や庇護がどんなにもろいもので、どんなふうな自分を作っているのか?ということが見れなくなる。IMG_2138.jpg

「数字は質についてくる。」というKのシンプルな答えは、真実なのだけど、誰もが怖くて人の顔色を見たり牙をむいたりしていることも分かる。

でも、隣で同じ光景を見て、同じことを感じている人間が二人いると、「うーん、ダメだね。いくら言っても仕方がないね。」という話になって来る。

大事なものは人それぞれ。

ただ私もKも、お飾りに騙されないし質を見る。だから、その大事なものを見失わない。

旅をすると色んなことを振り返る。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

箱根

事例研とか昇進とか事業計画発表会とか研修とか・・・そして実地指導とか。

結局立て続けに来るわけだよな、ここにいる限り。

それは初めてのことばかりだったから大変だったと言うことで後から思えば良い経験なのだろうけど。

気が付けば一般職員の人々の待遇がちっともよくなっていない。IMG_2118.jpg

私は元々酷いスタートを切っているので仕方がないのだけど、これはいかんなあ・・・と思う。

色んなことが分かって楽しく働いて貰い利用者さんがもっと笑顔が多くになるにはどうしたら良いんだろ?

そう考えるとやっぱり目の前のことを片付けなければならない。IMG_2121.jpg
それは良いとしてKの誕生日のプレゼント、もうええっていうくらいお祝いしていただいているのに旅行に行こうと言う。

やりかけのことがあると旅行するのがただの逃避のような気がして、そういうのが好きじゃない。結果滅多に出かけない人生を送っているのだけど、Kがごり押ししてくれて一年ぶりに箱根へ。

でも、利用者様がうんたらかんたら・・・と言っている私に「どこかで切りましょ、それ!」と言いとっとと予約されたロマンスカーと宿泊。

川の流れや魚や鳥や温泉、自然に癒されて帰って来た。IMG_2128.jpg
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 19:26| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

おめでとう その2

インドネシアの結婚式の日、頭にヒジャブあるものを被らなくてはいけなくて、慣れない作業でやるものだからほっかむりをしているねずみ男という状態だった私。

しかし皆は美しかった。良い笑顔だった。IMG_1957.jpg

宗教的なタブーとか式のしきたりとか知らないのでこんなに信仰深い人々の集まりに行って迷惑かけるんじゃないか?と思いきや、ところがどっこい。和気藹々な会だった。

仕事しているときとは大違いで皆ハイテンション。陽気でパワフルな国の人々。IMG_1945.jpg

写真を撮るのは好きだけど撮られるのが嫌いなので、度々隠れたが名前を大声で連呼すること数人。

薄いから隠れてもばれないと思ったのに。(顔も存在も)

しかし、ふと思ったのだけど。

礼拝堂や何でもないホールの飾りが可愛い。IMG_1967.jpg

何だか、懐かしいようなほっとするような。

ソファーがちょいと日本の柄のようであったり、器の配色が有田焼に似ているものだったり。

青い小花が焼かれたツボもまるで日本製のようだ。

よく観ると、いかにもインドネシアという顔の方々だけでなく日本人ににている顔の人もいる。

ポンと置かれていた幾つかのイスはまるで日本の寄せ木細工のようでもあったし。IMG_1969.jpg
どこか古で繋がっていたのだろうなあと懐かしく思える。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

どこまでも行ける

この街、つまりは当時のKの家にしょっちゅう招待され始めていた頃、折り畳み自転車をプレゼントされた。

やがてその自転車はこの上ないほど乗りまわされ摩耗していった。

それでも私はその黒い小型の自転車を気に入っていて新しい街をこの一年間乗り回していた。

ガッコガッコという変な音を鳴り日々かせて走っているとKが何十回と『どこをどう直してもダメだったね。新しい自転車を買おう。』と声をかけてくれていたが、とにかく私はその黒い自転車を気に入っていたので「やだ」と拒否。

『走っているときにバラバラになったらどうするのよ。怪我したらどうするのよ。』

と言われても「やだ。」

しかしとうとうKは新車を購入してくれてしまった。

同じく小型だけれど今度は目が覚めるような水色。

わーん!前の子が気に入っていたのに!という想いと目の前の可愛い自転車を嬉しく思う気持ちと。

ところがこの自転車、坂道が早い。

私はギアというものが面倒くさくてできれば自力であがりたいと思う人間で、一度もギアなるものを使ったことがないが。

これはギアチェンジしなくてもスイスイ進む。

かくして師走の朝の道を少々遅くに飛び出して行っても無遅刻無欠勤の毎日が続く。

ああ、これをアップするころにはもう秒読み段階だね。

皆も身体壊さないで乗り切ってね!
****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

冬の多摩

急にどこかに一泊しようとKが言ったのが12月に入ってからだった。

私が夜景が好きだから都内のホテルにでもと思ったらしい。近場ならば仕事に響かないだろうと慮ってのこともあった。

でも都内なんてもうどこもいっぱいだよって話から思いついたのが多摩地区。

案の定まだ空いていた。

同じ京王プラザでもまだまだ沢山空いている。

しかも小高い丘が多いので夜景も綺麗。

八王子や立川や多摩をぶらつく小旅行。

綺麗な夜景を見て非日常で上げ膳据え膳。

二日目は昭和記念公園でやったことあるようでなかった二人乗り自転車でのサイクリング。

これが漕ぎにくくてゲラゲラ笑った。でも、冬の木々や景色が美しかった。

八王子のあの美味しいお店では20年ぶりくらいに見た大将。お互いふけましたね。

休暇のつもりが遊び疲れての仕事始め。

来年も遊ぼうね・・・と言いつつ、山積みの仕事にため息をついては苦笑いする今日この頃。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

冬の小旅行

「事例研究の二回戦が終わったらどこかへ泊りに行こう。例え遠出はできなくても。」とKが言っていた。

私はというと目の前に大きなものが立ちはだかっているとその先のことを想像することが困難。

しかもクリスマスの時期だしホテルがどこもいっぱいだよと後ろ向きなことを答えてた。

ずっと以前に私が綺麗な夜景が見たいと言ったのを覚えていて都内中の高層ホテルを探してくれていたらしいが案の定いっぱいで。

何日経ってもKが携帯にかじりついて探していてがっかりしているのでとうとう口を開いた。

「郊外ならきっと空いているよ。」と。

そして値段も格安でイルミネーションが綺麗なところが沢山ある。

で、すぐに「ここはどう?」ということで予約が取れた。

あと2〜3日後にはそのあたりでぶらぶら遊べる。

今年も仕事づくめだったもんなあ。

でも、夏に一泊だけ旅行も行けたなあ。

まだまだ片づけなければならないことが沢山残ってはいるものの、楽しみにしている。

気になるのは・・・多分現在Kに私の風邪がうつっていることだけ。
****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。❤
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

思い出の地

Tと築地へ行ったのは初夏くらいだったっけ?それとも春か?

海鮮丼 美味しかったなあ。

ここが無くなるなんてなあ。

買い物も楽しかったし、もっと近くにあれば良いのになんて贅沢なことを思うくらいだった。

鰹節や出汁用の煮干しも買った。

それからしばらくしてKにその話をしたら『行ったことない』というので、じゃあ、無くなる前に一度行きたいねと言っていたのだが。

Tとまた久々にあった日に『築地が一昨日で無くなっちゃったね。』と。

あー、Kよ。遅すぎたよ。場外でもぶらつくか、それとも嫌だけど豊洲を視察にいくか。

しかし、あれだけの人々が築きあげて来た土地を更地にするなんて、、、、、一軒の立ち退き命令でもむっとするのに。

国って凄いことするのね。やんわりとした軍事国家やん。自由ではないなあ。

それはともかくとして今日はTと大事な時間を過ごした。

離れ離れになった後も仕事の様子とか、音楽の話とか。

そして互いに謝ることがあったりと。

夕方、いつもの道を歩きながら、ぽつりぽつりと少しだけまじなことも言う。

この物語はもう少し続くらしい。

あの日、あの遠い遠い夏の日にあなたに缶コーヒーを薦められたその日から。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

旅の中の旅

いやあ、しかし。

箱根から帰って来てたった二日働いただけなのに肩がバリバリ。

けれどもやらなければならないことは着々と片付けて行っている。

出来るかどうか分からないけれど、とりあえずやってみようで発進することの繰り返しなのだけど。

ずっと続けていればどんなことでも成果があがる。逃げなければね。

でも、それって自分でやるしかないのだ。

自信は人に貰うものじゃない。

それなのに人に貰おうとするばかりの人がなんと多いことか。

人脈もお金もこねも時間ですら、どんどんどんどん人から奪おうと思っている。

その生き方や考え方がもろ本人を苦しめているし、それ故に怒りっぽくなっているのだけど、自分を見つめない人は一生気が付かない。

そして私もそういうモードをよーーく知っている。

若い頃、特にレイキに出会う前はしばしばその醜いサバイバルモードにはまったから。

鳥の声がする。

あ、箱根で鳴いていた鳥と同じ声だ。

人生自体が旅なので、道中は楽しいにこしたことはない。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

近いわー

翌日は朝から庭でアヒルのガーコの集団と遊んだり、不思議に人懐っこい鯉が池から頭を出して来るのでナデナデしたり。

神社にご挨拶をしたり。

朝のバイキングを楽しんだり。

でも一番良かったのは一晩中聞こえていた川の清流の音。

そして朝の光。

ずっと一日中お天気雨が降ったりやんだりしていて不思議なお天気だった。寒くもなく暑くもなく。

これからどうしようか?ということを何一つ決めないで行った旅だったのだけどランチの後、ベタに登山鉄道に乗ってロープウエイ。

仕事のことが頭から離れるのに二人とも時間がかかったけれど、やっぱり自然は凄い。

何の制約も無い、人生で一番楽しい旅だった。

新宿までのせっかくのロマンスカーだったのにグーグー眠って、それもよし。

荻窪から自転車で帰っても、まだまだいつもの仕事が終わる時間にすらなっていなかった。

また行きたいな。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

夜汽車はスピーディー

何とかギリで夜のロマンスカーには間に合ったが。

ビールを買い忘れた!

一拍とはいえ、もっとゆっくりしたかったのになんだって夜からって言ったんだ!とKを責める。IMG_1810.JPG


けれども夜景が美しいのでノンアルコールでお弁当食べて心が落ち着いて来る。そう社内販売すら夜はないのね。

箱根湯本についても静かな街。

こんなに寝静まったこの街を観るのも初めてだった。
IMG_1809.JPG

しかし、さっそく中庭を散歩したり温泉に入ったり川の音を楽しんだりして過ごす。

少しだけと老いところに来たんだね。

IMG_1818.JPG

二羽の散歩中に見つけた足湯に入ったりアヒルのがーこちゃんたちと遊んだり。あっという間の二日間だった。IMG_1825.JPG

美味しいものいっぱい食べてもう帰るのも嫌になるくらいにほっこり。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

箱根

明日から夜のロマンスカーに乗って箱根へ行く。

仕事終わりから行くという試みは初めて。

箱根は何度行っても深い。

何度行ってもあきない。

どうやって時間をあけようか必死だったのだけど、なんとか行けそうだ。

気ままに楽しんで来よう。

およそ一年前、Kと町田に住む人のお見舞いに行った際「このまま遠くへ行きたいね。」と言っていた。

いつか箱根でも行こうか。

何故だかKが口にしたことは必ず短期のうちに適う。今回が一番遅いくらいだ。

どんな旅になるのかは分からないけど、とにかく楽しみ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

ありがとう

新潟 → 栃木。その途中の会津磐梯山。

すごーく昔、トンネルを抜けたら雪国だった。

あの頃は孤独だった。

そして今は旅する人、一緒に行く人、そして待っていてくれる人。IMG_1780.JPG

世界は美しいなあ。

あの日は雪国。

遠い昔。IMG_1781.JPG

でも今は、夏真っ盛り。

そして過去も今も未来も今ここにある。

人に言われる度に「あ、そか。」と思い出す。

そうだ、誕生日だったと。

51歳になりました。

今までで一番楽しい一年でした。

ありがとう。心をこめてお辞儀。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

看護PJ

複数の施設が合併して行われる看護PJは、いちおうその月の第何曜日というふうに日取りが決まっているのだが。

そこはやはり自施設の諸々を担っている施設長さんやら統括課長の方々なので、誰かの都合で結構な近々な時期に開催時間が変更になることがある。

それでその前の日からカウンセリングに入っていた私は変更がないか心配だったのだけど。(そう、職場のメーラーでしか見れない設定になっている)

夜勤入りだったKから夜中に連絡が来て「変更ないみたい。」とのことだった。私のアカウントでログインして見といてあげると言ってくれていたのだ。

介護の夜勤もまたかなりハードなので、当日は家で夜勤明けらしく寝ていれば良いよと念を押したのだけど、早朝帰って来たあと少しの仮眠を取って、やはり一緒に出掛けるKだった。

PJに来てみればやはり来て良かったなあと思う。

他施設のやり方が勉強になることはいつものことだけど、その他にもその人個人の考え方や様子が聴けるから。

困ったスタッフが居て夜中に「こっの野郎!」と叫んで飛び起きる人とか、雇用上で常識のない勤務の仕方をしている人の派遣会社とのトラブルとか。

皆人間だから、それらを解決しなければ、なかなか利用者様のところへ良い看護や看護を提供するのが難しくなる。私だけじゃないのだなあ。

*****

帰りに三茶へ寄った。

懐かしかった。

予想通り行きつけのスープカレーの店や串揚げ屋さんは無くなっていた。

世の中どこに行っても、どこにでもあるファーストフード.点やフランチャイズのお店だらけになって行くのね。

とても良い個人店が淘汰されてしまうというこの残念さ。

目当ての店が無いと何だか途方に暮れる気持ちになるものの、気を取り直して個人店である焼肉屋さんに入ってみたのだけど、二人とも納得の味。

この店に入る前、街をぶらついているときに、Kが目を輝かさせていたアイスクリーム屋さんに寄ろうと言うとめっちゃ喜んでいた。

テイクアウトもして、そこからまた少しの旅をして電車で帰った。

*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。❤
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 10:12| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

長い一日

またまたお久しぶりにTと会うことが出来てそれだけで楽しかったのだけど。

色んなお誘いに「いやいや、なかなか時間がないんだよね。」と涙をのんで断る場面もある。

でも、凝りもせずまたしてもナース業を始めた約2年前。いや、その前も結局訪問系に手を出していたから結果的に途切れたことはないのか。

それでもやはり48くらいでナース業の中でも新しい分野に手を出したもんだから、そしてやりだすとどうしても本腰が入ってしまうものだから・・・。

今の企業に入ってから夜にご飯を食べに行くとか飲みに行くということすら滅多なことではなかったし、行けば行ったでその後の調整が大変だった。

だから今はごくたまに昼間でもこうしてTと遊んだり、ある時はKとキャッチボールに行けたり・・・すごくよくなったんじゃないかなあ・・・。

という話をしている渋谷で、あちらこちらへ行くバスターミナルをじっと眺めながら笑い合っていたが。

その行く先を見て『ああ、そういえばこの間看護PJで○○へ行ってね・・・。自由が丘がすぐ近くにあったんだよねえー。』と呟いたところ。

それまで私の顔をじーーっと見ていたTが「行こう!それ行こう!自由が丘。なんか、やっぱり良くなったと言ってもどこか不満なんだよ、きっと。自分のために行こう。遠いの?それ。」

行こうと言った後に遠いのって訊くところが面白いなあ。あとから場所訊くんかい。特急乗っちゃえばすぐですけど。

かくしてたった二駅先の自由が丘に来たものの、あなた全然面白くないでしょ?

「いやあ、面白いよ。初めて来たけど。かおるが行きたいところを歩いてよ。」

かくして色んな雑貨屋さんを渡り歩き、調理器具専門的へ行き、偶然見つけた鰻屋さんで鰻を食べてビールを二人で一本飲み。。。Tはほんとは酒一切飲まない人なのに。(ここの鰻、美味しかった!)

そして数時間後に渋谷に戻り「ちょっとしか離れていないのにずいぶん街の空気が違うね」と再確認。

しかもその後「じゃあ、今度は自分の街へおいで。」と再び電車に乗って。

阿佐ヶ谷の商店街やTの自宅や、そしてまたお店に入り。これもまた不思議だった。

少しは駅周辺を歩いたことがあるけれど、Tの生活圏内を散歩するのはとても不思議な感じがした。

ここに住んでいるんだ〜・・・。こんなカーテンをつけているんだ・・・等なんでもないことに感動。

雨が降る頃、深々とお礼を言いたい気持ちになった。

たった半日の間にずいぶん色んな景色を肌で感じて、好きな雑貨をたくさん見て、まるで長い旅行をしたみたいだった。

凄く不思議な一日だった。

Tは一日中、私の荷物を持ってくれて。何回取り上げようとしてもクソ重い荷物を離さなかった。

「微力ながら幸せにしたいです。絶対したいです。」

いや、幸せですけど。

「うん、知ってる。でも、もっと幸せにしたい。」

うん、知ってる。そう思っていることが。いつでも実を伴っているから。

でも、あなたが思う以上に私は幸せなんだ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

身近な類型論

野球観戦の前の日にIちゃんが「〇駅でKと待ち合わせして一緒に来ると良いですよ。あたしは二つ先の〇駅で待っているから。」と色々手筈や時刻を考えてくれていた。

ありがとうとお礼を言いつつも、それからしばらくした後に「何だっけ?〇駅でKと合流してから新宿行けば良いんだっけ?」と言う私。

「新宿じゃない!〇駅!」

あ、そかそか。

じゃ、〇駅に14時ですよね。

「違う!それはKと会う時間でしょ。」

あ、そかそか。

「もういい。」と冗談で怒ったふりをしていたIちゃんだったが、当日Kと会って聴いたところによると「あの豪胆なIさんですらかおるさん、本当に来るかな?大丈夫かな?って心配してましたよ。」とのこと。

来ましたよ。現に30分も前に着いたし。

それであまりにも早いのでその辺をプラプラ散歩したりタバコ吸ったり、10分前にまた改札に入って待ち合わせ場所であるホームの一番前にしゃがんで再びぼーーっと一人の時間を楽しんでいた。

すると携帯がふるえているのでふと見ると、「今どこですか?」というメッセージがKから沢山入っている。

え?と思って慌てて時計に目をやったものの、間違いない。まだ10分前だ。

あたかも遅れて来たかのようなメッセージだったのでビックリしたが。

ほどなくKが現れて「もう!着いたなら着いてるってライン下さいよ!だから、あのIさんだって心配するんですよ!」と怒られた。

いや、何時にどこと決めてあるわけだからそれさえ守れば良いんじゃないのか?せっかく10分ぼーっと過そうと思っていたのに。

その後何だか怒られつつも無事に二人で電車に乗って、Iちゃんが待っている駅に着こうとしているとき、Kが「Iさんにラインしよう。」と言うので。

なんで?もうすぐ着くじゃん。

「心配してると思うから。」

いや・・・いらんと思うよ、それ。何かで急いでいるときとかかえって邪魔じゃん、そのライン。

あまりにも私がキッパリ言ったせいか、Kが「そ、そうですか?」と携帯をひっこめた数分後にその駅に着いた。

Iちゃんの姿が見えた。

するとKが慌てふためいているので「どした?」と訊くと「いや、乗ってるよってIさんにお知らせしなきゃ!」。

え?なんで?Iちゃん、乗って来るでしょ。一番前の車両ってあらかじめ言ってあるんだから。

と言ったのだが「違う。」と言って電車のドアから「Iさん!ここです!」と顔を出して叫んでいる。

ほどなくIちゃんが乗って来たところ、Kが「もうー、この人・・・これこれしかじか」と私の言動を話し出す。

すると揺れる電車の中で、あいからずどっしりと立っているIちゃんが「。。。。私もどうにかなるさと思う方だけど・・・、さすがにそこまでじゃないですよ。」と。

何だか二人に挟まれて怒られている。

そして千駄ヶ谷まで行く道のりを知ってるか?自分はよく覚えていないとIちゃんが言うので「大丈夫だよ。」と答えた私。

新宿から西武線を降りてJRに乗り換えてしばし喋っていたのだが、目的地の千駄ヶ谷というアナウンスを聴いた際、思わず私の口をついて出た言葉は「あ。ここだ。早かったね。何で着いたんだろ?」だった。

二人とも瞬時に声をそろえて「知ってるんじゃなかったのかっっっ?!」という怒号。

いや、大丈夫とは言ったけど知ってるとは言わなかったし。まあまあ、無事に着いたんだし降りましょうよ。

そういうやり取りが実に多かった道中だった。

三者三様。人って皆違うのね。← そういう問題か。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

過去からの新作

先日、とある人とブルーハーツの曲を一緒に聴いたり動画を観ていた。

二人とも記憶が繋がっていく。

特に”ラブレター”とか”チェインギャング”の詩が染みる。

当時も存在するだけで注目していたし確かに聴いていたのだけど、意味がまだ分からなかった部分が多かったのだと気が付く。

逆に言うと意味が分からない若すぎる時代の私たちですら捉えられていたのだから凄い。

しかし、約30年も前かー。

それ繋がりで動画を観ていたら、2009年に矢沢永吉と氷室京介とマーシーとヒロトさんが四人で”黒く塗りつぶせ”を歌っている動画を観た。豪華なメンバーだな。そして子供の頃、とても好きだった歌。ほんの8年前にこんな素敵なことがあったんだ。

さらに、甲本さんの名言集というのがヒットした。

頷く人は頷いてしまうだろう。数々の言葉。

”ジョー・ストラマーに憧れました

ジョーのようになりたいと思いました

ジョーのようになる

それは彼の音楽やファッションを真似ることでなく

誰の真似もしないことでした”



”もし 憎しみや苦しみのない世界があるなら

おまえ、来ないか?と言われたら

俺は行かないって言うわ”



”楽しいと楽は違うよ

楽しいと楽は対極だよ

楽しいことがしたいんだったら

楽はしちゃ駄目だと思うよ”


ってな言葉が沢山出て来る名言集。BGMには”ヒマラヤほど〜の消しゴム一つ〜♪”が流れている。

なるほどなー、魂を揺らしてくれるはずだよなあ。あの若さで既に色んなことの真理をその瞳に映していたんだ。

私はと言うと、齢50を前にして、「なるほど、楽しいのに苦しいんだけど、なんでだろ?と思っていたけど、そうか、そういうことか。」と納得した。

今を生きているんだなあ。

”ダイヤモンドの行商人がやって来て
このダイアモンドは永遠の輝きを
どうのこうのって言うとるけど
せいぜい100年しか生きられん人間に
永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ
俺らが欲しいのは今だけです”


ってなことも名言集に出て来て、まあこれもなるほどーとは思うだけど。

そんなこと言う人の一瞬一瞬が結構永遠に残っていたりする。今でも歌声や詩や存在そのものがつい昨日のことのように。いや、まるで今のことのように。

今を救い、今導いてくれているほどだから。


”幸せを手に入れるんじゃない

幸せを感じることの出来る心を手に入れるんじゃ”

*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

多分 天に届く声

カウンセリング、カウンセリング、レイキの後、新宿を目指す電車に乗る。

Iさんがとある法人でライブを開く日だったから。

誘ってくれたのがつい先日バッティングセンターで一緒にボール叩いた日だから半月と経っていない。

それまでIさんがそういう活動をしていることすら知らなかったのだから。

「30日は休み?来て下さいよ。」

休みではあるがカウンセリングデーだった故、逆算しても後半の部を少し観れるくらいだったけれど、行くと答えた。

あの約束の後のこと。

二人ともある意味馬鹿だからバッティングやキャッチボールの後、妙に不調な日があって「・・・。Iさんも筋肉痛?私も今日はふるわない。。」と言っていたのだが、実は筋肉痛というよりも二人とも肩やら腕やら肘を痛めているということに気が付いた。

何で痛めるほどやるんだか意味不明。大人なのに。

その時もキャッチボールをしているときで、ボールのやり取りをしながら「ねえ、ライブ前にこれやってて大丈夫?ギター弾けなくなるんじゃない?」と心配して言ったのだが。

「関係ない。」と強いボールが返って来た。

それを近くで聴いていた人が「え?Iさん、何をやってるの?何かやってるの?(ここ以外の日)」と訊いたところ、Iさんが「何でもない。」と答えつつ、少し嫌な顔をした。

しまった。そうか。うかつに大声で訊いてしまったから他の人に訊かれた。で、誰にでもは話したくないことだったんだ。

それから仕事中にその話をするのは止めた。

当日、立川から新宿方面にかけて出発したが、着いた頃終わってしまうかも知れないとハラハラした。丁度来た特急かいじに乗るほどに。

会場に着いたら、関係者の方々が「え?」という感じで見て来る。

やっぱりなあ。なんか、異物なんだろうな、私。

こっそりと入り口付近で立って観ていようと思ったら、「もっと奥にどうぞ。」と追いやられたので、さささーっとお客さんの前を横切って奥の端っこに行った。

Iさんはバンドの中心で仕切っていた。

仕切ると言ってもホームに居るときのテンションと全く変わらない。つぶやくような声で観客に話しかけたり、親し気なバンド仲間の長い解説に「良いから早くして。」と静かに突っ込みを入れて皆を笑わせている。

忙しそうなので最初は私に気が付かないのでほっとしていたのだけど、真ん中付近にかつてホームで働いていた方がいて「尾崎さん。尾崎が来たみたいだよ。」と言うので、マイクを持っていたIさんが一番右端の私を見つけた。

ええっちゅうに。

「何、そんな端っこに居るんですか。もっと前に来て。」

いえ、とてもよく観えます。ここで大丈夫です。(話しかけないでー!)

「丁度後半をこれから始めるところですよ。」

良かった。丸々半分観れる。

演奏された曲は既存のヒット曲とオリジナルが半々くらい。

子供たちが書いた詩にIさん作曲の唄もあったし、作詞作曲共にIさんの唄もあった。

驚いたのはそのクオリティの高さだった。ギターも凄いけれど、何て声しているんだろう。

そして曲の合間に観客の子供に話しかける。「何が良い?ゲゲゲの鬼太郎?今度練習しておくね。」

多分その子がゲゲゲの鬼太郎好きなんだろうな。

いつか話しつつ、道端で私の掌に書いてくれた指文字。あの光景が至るところで見られた。同時通訳かテレパシーのように心を伝えている技術。

それはそうと、歌も声もギターも凄いと思ったのだけど、実は一番ビックリしたのはその前の話だった。

Iさん以外の他のバンドマンが歌っているとき、Iさんはギターではなくて、菓子折りの空箱を片手に持って掲げた。

え?何、それ?

ただ箱をゆっくりと動かしながらリズムに乗っているだけ。

その箱から海の音が聞こえていた。よくある手法なのだけど、その箱を動かす手つきと身体のリズムが凄く美しかった。

どこにでもあるお菓子の空箱から聞こえる砂の音。海の音。

その紙の箱すらIさんが持てば素敵な楽器とダンスになってしまうのか。ゆっくりゆっくりと動いていて、普段ボーイッシュに見える人なのだけど、その時だけは巫女が舞っているように見えた。

参加者の方々を見ていても素敵でパワフルな団体だなあと見て取れる。皆、皆、笑顔だった。少し泣いた。

最後に「みんなで写真を撮りましょう。」ってのが聞えたので、部外者としては気まずい。するりとさりげなく抜けて会場を後にした。

駅の喫煙所で電車に乗る前。

つくづく「やばい。かっこよすぎる。」としみじみ思った。ミスチルがちょっと入っている歌い方。

いや、でも多分、さんざん音楽の話はしたが・・・何かに似ているって言ったら怒られるだろうな。

良いもの見せて貰ったと感謝した。

考えてみれば私は、何も知らない頃だったのに、あの夜、こんな人から愛用のギターのピックをかつあげしたのか。練習やライブの仕上げに影響しなかったのかな。

キャッチボールといいバッティングといいピックの無心といい、邪魔ばかりしているな。

でも、多分本能的に貴重なものだと分かってしまったんだろう。

いや、待てよ。楽器も歌もダメだと言っている私にピックを出して来て「あげるよ。」と言ったのはIさんの方だった。

もっとも最初に出して来たのは新品の方だったけれど。

「新品じゃなくて使い古したやつをくれ。」と言ったら、二つもくれたんだ。一つはビールのグラスの横に、もう一つは手渡しで。

銀の斧も金の斧も欲しがった私だが、そのまま与えられた。もっとも、どちらが金だか銀だか、さらにいうと銀と金の価値も人間が決めるものだからたいしたものではない。

むしろ、それ以上の何か。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

いい酒

あれしなきゃ、これしなきゃの日々も良いのだけど、ふと思い出す。そう言えば、また結婚式の招待状が来ていたなーと。早くお返事を送らなくちゃ。

で、開封してみたら、招待状だけでも充分なのに、わざわざ可愛いカードに暖かいメッセージが別途手書きで書かれてあった。IMG_1163.JPG

”尾崎さんも忙しそうで大変だとは思いますが来てくれたらとても嬉しいです。あまり無理せず体調を崩さないように・・・私 尾崎さんに何度も救われましたから。”

あー、何でもっと早く開封してさっさと送らなかったんだろう。なんだか申し訳ない。うちの長女くんと同じ年の元気印のヘルパーさん。”職場の人間は○○さんと○○さんと尾崎さんしか呼ばない”と言っていた。恐縮だなあ。一緒に仕事出来て楽しかったのはこちらなのに。

それはそうと、式場はどこだ?と観てみると、なんと、立川だった。それを観た途端引きこもり色が強く遠出が大嫌いな私は「いいやつだ!」と叫んでしまう変わり者。多摩地区というだけでもありがたいなのに立川なんて、ほんとに近いじゃない。

近隣で絶世の美女の花嫁姿を観れるのね。お祝い出来て嬉しい。IMG_1164.JPG

******

と、そんなことを言っていたら夫が近づいて来たので「聴いてよ。今度式をあげる人もご近所だよ。彼女が住んでいるの、立川じゃないのに!」と喜びいさんで伝えようとしたら、向こうの方が要件言うのが早かった。

「明日の夜の予定、忘れてないよね?」

もう、あのなー、だからさー・・・。いつも言ってるけど、なんでもかんでも人との約束で女房も一緒に来るって勝手に言わないでくれる?で、どこでの飲み会だっけ?

「両国だって言ったでしょ。」IMG_1165.JPG

後ろにひっくり返りそうだった。なんで、私が両国までいかなきゃならないんだよ。

「だって、ほら、マー坊の職場の近くだし、土俵のある例の店でって約束したじゃない。」

・・・・。マー坊の名前を聴くと「分かった。行く。」と即答。

猫居酒屋さんのTちゃんマスターの親友で、私、この子のこと、とても好きなのね。素朴で面白くて大人しくて、顔が面白い。喋り方がとっても優しくて。。。。でも、凄く喧嘩っぱやい。

長い付き合いのTちゃんとマー坊が喧嘩した話を聴く度にいつもゲラゲラと笑ってしまう。

そんなわけで人込みと23区内の都会めいた場所がが嫌いな私も夜になって両国へ。

はー、行くだけで疲れた。

とは言うものの、楽しかった。まあ、大抵、初めてのところや遠いところへのおでかけは渋るくせに行けば行ったではしゃぐという変なやつなんだけど。

本物の土俵の前で美味しい料理を食べれる。さすがにまだ暑いのでちゃんこはよしてお刺身を中心で。

土俵の上では三人組の大御所が相撲甚句(すもうじんく)を披露してくれたり、最近時々TVで見かける芸人さんが関取の物まねショーをやったり大盛り上がり。

ちなみに後者、数日後にはアメリカでも芸を披露するそうなのだけど、お相撲さんの物真似なもんだから、本当に大変そうで、湿布だらけだった。飾りじゃなくてしっかり四股を踏むので文字通り体を張っているのだろう。もう、ゲラゲラ笑った。IMG_1166.JPG

で、物真似でダンスを踊ったりとか。

************

そこでもだいぶん夫とマー坊は出来上がっていたのだけど、なんと地元へ帰ってTちゃんとRちゃんママの店へ行く。ああー、ああいうのもたまには珍しくて楽しいけど、やっぱりここはほっとするね。

一週間前か、もうちょっと前ぶりかで行ったら「かおりんのために考案したあれね。」と言うたこ焼きを出して下さったTちゃん。

もう両国の時点でお腹いっぱいなんだけどなーと思ったのだけど「ほら。たこ焼きに餅とチーズ入れてみようか?って言ってたやつ。」と聴いた途端パクパク食べる。で、激ウマ。

今までも全然コンセプトじゃないのに「チーズ買っておいたよ。」とか言って出して下さっていたのに、これはまた好きなものだらけ。

それは良いんだけど、夫とマー坊の酔っぱらい方が壮観。

私だけ帰っているねーも通じなかったし。

それでも、楽しくて笑い声が絶えなかった。

コロちゃんまでもが「ねえねえ。。。」と言う感じで店に顔を突っ込んでいた深夜だった。IMG_1168.JPG

マー坊は「面白かったー。僕は楽しかったー。声をかけて貰ってそれも嬉しかったー。」と酔いが回るとそればかり言うので、私たちも「いやいや、こちらこそ、じじ&ばばと遊んでくれてありがとうね。」とその度に返していた。

そんなマー坊を観て親友のTちゃんは笑っていたし、Rママは「ほんと、憎めない子よねー。」と。

久々に長丁場で遊び過ぎたなー。でも、まあ、いいか。

忙しくてなかなか行けないこともあるけれど、出会えて良かった人ばかり。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする