2017年04月23日

楽しくもハードな缶詰デー

ヒプノセラピー、カウンセリング、心理学、教育分析。長丁場だけど仕方がない。看護も合わせて好きなことをやっているわけだから。

そしてこちらの心理の世界も始まってみれば新しい発見の連続でガチで楽しい。

真剣勝負だなあと思う。その真剣って言う意味がその文字そのもの。

竹刀や木刀でもなくて、真剣なのだ。

かちんこちんの緊張状態で脳の動きが鈍くなっていると怪我をする。しかし、力を抜き過ぎてももちろん怪我をする。スパッと切れてしまうのだ。

それで先日ヒプノのクライアント役をやらせていただいたとき、あの掛け軸の文字を思い出したのか。

大鷹の小雀を狙う心なりってやつ。

もちろんこれは私の記憶の中の映像が浮かんだので多少違った言葉だった可能性もあるけれど。

*******

長くやっていると段々「もう5年ぶりです。」とか「10年前に一度・・・」と言って訪れる方もちらほらいらっしゃる。

それだけの月日が流れれば先方の雰囲気なども変わっていると思うし、ましてや一度や二度のセッションをやったきりとなれば忘れていそうなものだけど。

不思議なことに玄関を開けてお顔を見れば「ああ。」と思い出す。

そしてエピソードを聴いているうちに段々ところどころのパズルが繋がってさらに思い出す。解けていく謎も多し。

そんな10年ぶりの方とのヒプノセラピー。

人の心は深い。

そして自分一人では分からなかったことや思い込みや誤解も解けていくことも多い。

特に今日は一つの誤解と解釈について明かして下さったので面白かった。

人は自分の欲する方向に交流を運んでおきながら傷つくことがある。傷つく方向へ持って行ってしまっているというのか。

けれども、その無意識の交流が実はありのままの自分らしくない場合、真実を知りたいと願う側の心が再び引き合わせてくれる。

心の作業はとても疲れることだろう。でも、何かが分かり進むこともある。

*******

一件、急なことでキャンセルが出たとき、それはそれで互いにある意味好都合な状況だった。何も心配なさる必要はない。

むしろ、その空いた2時間、カーペットに転がってグーグー寝てしまったほどで。

そして一日の終わりの夕方、カウンセラーさんの教育分析にて一緒に吸う巻きタバコ。

浄化の雨が降り始めていた。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

チキン&タイガー

思い通りにならずコテンパンな一日を過ごした翌日。

どうせ今日もコテンパンなのだろう。やることやってダメならなるようになれ。あと、調子が悪いときもあるさと昨日よりは力を抜いて動いた一日。

が、自分で課した制限の中から抜けられない。とても自由じゃない。

誰にも分からないけれど恐れていることがある。避けていることがある。

だからそこにぶち当たらないように動き、ぶちあたりそうな場所を避け、時間帯を避け、しかもそれがまかり通る立場に居ることが余計に辛い。

やることが山ほどあるので避けても充分それに充当する仕事がある。誰も逃げていることに気が付かない。知っているのは自分だけ。

やれば出来るのに嫌だから置いておけば他の二人がやっておいてくれる。

それが気持ち悪く自分らしくないので打ち破ろうとするのだけど、やっぱりこのことに関してはチキンになる。

そしてチキンであることが気取られず、しかも許される。

というような一日を終えて思う。

許そう。とりあえず今は許そう。チキンなのならしょうがないじゃないか。そういうところ、あるよねという話。

******

一昨日、富士山の写真がラインで送られて来た。お休みの日のIさんからだった。

唯一自分とのチキン戦争から抜け出せる昼休みのキャッチボールのとき、お礼を言って、Iさんが行って来た旅先の話を聴く。

それは良いのだけど、どうしたの、ボールの切れが一段と良くなって来ている。受け止めると左手が痺れるくらい強く速い。あんなに軽く投げているのに剛速球でとても良い音がする。

「ネットである人の投げ方を見てイメトレしたんだ。人って成長するんだね。(幾つになっても)」と言う。

で、そのイメトレしてから練習したの?確か最後に一緒にキャッチボールしたのはほんの三日前くらいだけど。

「してないよ。イメトレだけ。指でこういうふうに押す。指を最後までボールから離さない。」と説明しつつもばしーーん!というボールを投げて来る。

イメトレだけでこんなに変わるなんて凄い。

その速球だけに限ったことじゃないが、「Iさん、強くて良いね。私も強くなりたいよ。あと、背中が逆三角形なんすけど。私もそんなふうになりたいよ。」と到底無理なことを口にしてみる。

そんな話をしている間キャッチボールを終えるタイミングが来て一緒にエレベーターで三階にあがり、それぞれの場所に背を向けている頃だったのだけど。

去り際にIさんが振り返って強めに言った。

「逆三角形になんてならなくて良い!まったくネガティブなんだかポジティブなんだかわかんない人だな。」と。

ネガティブなんですよ。とブツブツ言いつつ医務課のドアを開けて、その頃にはもう大分互いの背中は離れていたが、ぽつんと聞こえた。「ネガティブってハッキリしているなら良いんだけど、ほんとにわからん。」

バタン!とドアが閉まる音がした。

ネガティブだってば。

そして騒がしい。

でもまあ、これが自分か。

見捨てないでいよう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アサーショントレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

こんな今日も思い出になっていく

何だか今日はいまいちな日だった。

というのはやっぱり仕事がらみになってしまうのだが。

自分がやらなければならないと思うことについて半分も出来ていなかった。

誰も気が付かないかも知れないし誰も何も言わないのだろうけど自分が見ているので非常に居心地が悪い。

また自分らしくない自分勃発。

もちろん思い通りになる自分が必ずしも自分らしいのだとは思わないし、このダメっぷりも私らしいのだろうけど。

それでも、何だか違うなあと違和感を感じる。

今のこの感じってどんな意味があるのだろう。

何だかたゆみなく続けて来た何かを失っているような気もするが、そこまで考えてまた新たな発見。

また奥底の自分を発見したのだろう。

上澄みだけのペラペラな安っぽいかっこつけじゃなくて、自分をよく見せようとするのでもなくて、不格好だけれど生身の自分が出て来ている。

じゃあ、どうするのか?というと、これまたやって来たことを続けて行くしかないなと思う。

何故新しいものはこれまでの積み重ねがあって初めて生まれるのだから。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

青嵐

今朝カウンセリングへ出勤するために身支度をしていると、非常に暑い。

ベランダを開けて見ても今日はずいぶん暑いのだなあと思った。

もちろん事務所へ向かう際も電車の中も暑かった。

ところが、夕方になるにしたがってどんどん涼しく肌寒くなって来た。

一般の方々もホームの利用者様たちも具合いが悪い人が多いのだけど、無理もないか、この気温差では。

*********

もう何年ものお付き合いになる方がクライアントさん。と言ってもこの数年間はあっという間に過ぎて、彼女も激変して来た。

それでも今でも尚初めてここに来た日のことを度々回想しては話して下さる。

「この椅子に座れるようになって嬉しい。」と。

そうだよね。初対面からベッド広げるパターンだったもんね。それくらい弱っていた。

今日の本題はそれとはまったく違う人間関係のことだったし、とても重要なことだったのだけど、やっぱり懐かしい回想はセットでついて来る。

同時に悪夢を見たという話しも聴いた。

人は安全になってから過去対決不可能だったことに関しての夢を見る。

悪夢は嫌なものだけれど、もう表出して良いよと無意識が言っているのだろう。

この場所で何度目かの青嵐吹く季節がやって来たね。

もっともっと望んでいいんだよ。

あなたらしく。そして私らしくも大切に。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

言葉が空に溶けて行った

ある人と一緒に居ると、これまでとはまた違った意味で自分自身を振り返ってしまう。

ニュートラルな人、ナチュラルな人と接していると、余計に自分のおかしなところが浮き彫りになるからなのだろう。

それが自分なのだから仕方がないのだが。

人に静かだ、落ち着いている、クールだと言われることが多いけれど、その人に比べれば私は物凄くおしゃべりだ。

自分の発言がぺちゃくちゃぺちゃくちゃ喋っているように感じられたのは初めてかも知れない。

もちろん比較論に過ぎないのだけど、その人がそういう私を引き出す。引き出される。

それは悪いことばかりではないのだけど、どこか何かを失ったかのようにも感じる。

もったいなくて大事で、おいそれとは喋れないようなことをどんどん手放して汚して行ってしまったいるような気がするのだ。下手するとその人の世界まで。

多分これは考える価値があること。

一人の自分を色んな意味で感じる。

ところで、「これやって見て。こういうふうなやつ。」と、とある指示動作を提示された。

左足を前に出したまま屈伸した姿勢から簡単に立てる。でも、右足を前に出して左足を軸にすると立てなかった。

「それでも片方出来るだけでも凄いよ。」と近辺の人は言うけれど、あの人は両方とも同じようなテンションで普通に立てる。

剣道の理屈と行くと左足の方が強かったはずなのに、いつの間にこんなに軸がずれたのだろう。

現実的な身体の足と同様、心理的にも両足で立ちたい。片方づつでも自分を支えられるようになりたいと思った。

******

Aちゃんが「グローブ、持って来ようと思ったらなかったんです。買おうかな。」と隣の介護のステーションから声をかけて来る。

うちに昔のやつがあるけどそれでよければ持って来ようか?とこちらも少し遠くの彼女に声をかける。

すると「あの、知ってるかも知れないけど、うち、離婚してるんですよ。」とかるーーく言って来る。

・・・・・・・・・。いや、知らないし。しかも、今の会話の流れと関係ある?(たじたじ)職場だし、結構離れたところで声張って喋ってんのに、良いの?そんなプライバシーに関わること。

「いや、ちょっと我慢して離婚相手のところにグローブ取りに行こうかな?」って話ですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・。なるほど。

時に、Iさんと一緒に居る時の自分のしゃべくり加減に嫌気がさすと言うのに、何故にAちゃんが訊いてもいないことを喋るのは小気味よく可愛いのだろう?

まあ、それは・・・多分あんまり自分が好きなわけじゃないからだろう。あいかわらずね。

けれども、だからこそ考えるし成長出来る。
*****

今朝、私のロッカーの扉、しかも私の身長での顔の位置に菊池選手のカードが貼ってあったので笑った。よく彼の物まねをするので大ファンだと言うのがありありだったのだろう。Iさんだろう。

昼休みに会った際「いつ貼ってくれたの?昨日は無かったのに!」と嬉しくて訊いたら。

「今朝。」と一言。

・・・・・・・・・・。終わりかい。

持ち歩くのと貼っておくのとでもう一枚頂戴。

「菊池はなかなか当たらないんだよ。」

????何?くじ?

「プロ野球チップス。」

どうやらお菓子らしい。

・・・・・・・・・・。また終わりかいっ。

まあ、いいやと勝手にしゃべている間に気が付けばまたキャッチボールしていた。

*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする