2017年11月08日

人生脚本

何となく、何をしてもうまく行かない日というのがあって。

で、最初は何となくだったレベルの不調だったのに、いつの間にか「うわ、ほんとにダメだな、今日!」というくらいになると逆に力も抜ける。

楽になるわけだ。

元々無意識の脚本の中に「どうせダメだ」ってのがあるので、「ああ、じゃあ、頑張らなくて良いや。」というところに落ち着く。

どんどんダメになって行けば良い。状況がこなのだから仕方ないという言い訳。

もちろん意識でしっかりこんなふうに思っているわけじゃない。あくまで無意識レベル。

でも、最近はそうは行かない。

ぐわーーっと抱きしめるかのようにして「どしたの?!」というストロークが来るから。

「それだと自分も困るんだよ。」と。

かと言って笑顔を強制されるわけでもなく。

人は無意識の中に自分の人生脚本というものを書いていて、大抵の人はそれに気が付いていない。学んでみて初めて思い当たるふしがあり、ストーリー改善のチャンスが来る。

チャンスは来るもののほとんど習慣化したネガティブな考え方や行動は変えがたく皆さん最初は難しいと感じるものの。

実は幸せになりたい、こうなりたい、ああなりたいと本気で思うだけで事態は良いほうに傾いて行く。

何故なら本気でそう思っていると周りも無意識でそれを察知して手伝ってくれるからだ。


・・・というのは分かっているのだけど、捨て身のバックアップやわかりやすい愛情に戸惑う今日この頃。

そして色々思うに・・・。

そりゃそうだよなあ・・・と別件で思う。

愛されない怒りを抱える人がいたとして。

そりゃあそうなんだよね。人は愛してくれる人を好きになる。

それだけではないけれど、同じくらい好きな人がいたとしたら、そりゃあ素直に表現する人の方に惹かれるに決まっている。

それはそうなのだけど、まだまだハッピーな脚本に戸惑う瞬間がありつつも、誰でもなく、自分がこうなりたいと思う幸せや心地よさに向かっている。

仕事を頑張ってプライベートで人と会っても、どこから入っても、同じ着地点に向かっている。

流れに任せるしか術がないことがあるが、その流れを作り始めたのは自分自身の心だったりする。
****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 11:54| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

勘弁な

その昔、掲示板を使ったコミュニケーションサイトを運営していた頃の話。

そこは無料相談所のような様相を呈していて、ほとんど毎日のようにレスしていたが。

プロのカウンセラーになりナースの仕事と両立して行こうとする頃、運営が不可能になった。

ので、掲示板を閉じる旨をお知らせしたところ、怒ってしまう人が何人かいた。

中でも「そこがないと困ります。自分のことばかり考えないでください。閉じないで下さい。」と仰った方には驚いた。ど、どっちが?

ここまで直接的に言わない人の中にもそんなことを思っている人がいたかも知れない。

やってみて良かったサイトではあったが、カウンセラーになる前でさえもレスを返すために結構寝不足していた。

そして履いているわらじが一枚増えた後だとさらに寝れなくなってしまうだろうと判断しそんな声を後目に閉鎖。

そこがあるのがあたりまえだと思っていた人にとっては「なんてことすんだ」という話だったかも知れないけれど、私にも自分の好きな人生を生きる権利があり、身を粉にしてまで続ける意義は見いだせなかったのよね。

自分が使っている場所なのだから、あんた寝ないで続けなさいよ、優しくないなという怒りをぶつけられた。

こういった一連の出来事には、その人の普段の悩みのパターンが分かりやすく現れているなと思った。

人や環境が自分の思い通りにならないと激しく怒るのだけど、例えば自分で掲示板やろうとかは思わないわけで。

こう言ったことは時と場所を変えて多々ある。

プロのカウンセラーになったばかりの頃、「自分にだけは無料で続けて下さいよ。」と当然のように言った人。

はたまた最近で言うと私は特養老人ホームのナースにもなったのでカウンセリングの枠がぐんと減った。

その時は「他のことなんか始めたら事務所にいないことが増えるってことですよね?いつでも行けるようにしてくれないと困ります。」という人は沢山いた。

いや、うちはコンビニじゃないんだよね。

中には親しすぎて何度か無料でやった人も最初のうちは居たが。

そういうタイプの人って無料だと分かるや否や、恐ろしいほどの回数人をこき使いまくる。しかも黙っていればそれを何年も続ける。

遠隔レイキだのカウンセリングだのその他諸々。

「あんたは元気なんだから弱い自分に尽くしなさいよ。」という非言語的メッセージ。

そして一番最近は月末にスケジュール発表をすると予約枠が少しづつ埋まっていくのだが、そこは既に埋まっているよと先方に言うと「何で予約が早い者勝ちなんですか?!」とのこと。

いや。。。世の中、予約と言われるものの全ては大抵先着順の早い者がちじゃなかったっけ。

それも思い通りにならないと失礼な言動を取って来る人を観ていると、やはりこの場合もその人の悩みのパターンが垣間見える。

そこで怒るということはこの世の全てのことのおいて自分の思い通りにならないと鬱になったり激怒したり。

そして全ての人に対して自分だけが関心があることについて「あなたも私のように私の体調を気にかけなさいよ。」という人になってしまうだろう。

自分を愛することと他者を愛すること。それらは本当は同じこと。

愛のない人生、愛のある人生。それを選択しているのはいつでも自分自身だ。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

鏡の法則

自分も変わらなければならないよ。

相手や環境・企業を変えようとするばかりでなく。

自分も変わらなければならないよ。

彼や配偶者や仕事仲間を変えようとするばかりでなく。

「どうしたら良いと思う?」というアドバイスを求める問いに、とあることを答えたら「あーあ、皆すぐそう言う!」というため息。

どうして皆、うんざりするほど同じことを言うのか?

それは、あなたがうんざりするほど同じことばかり言い続けているからだよ。

それは自分を見つめなければ分からないことであり。

自分を見つめること=自分を責めることじゃないよ。

自分が何言ってるのかも分からないのに相手の言うことがわかるはずはない。

「欲しいものを取られちゃった。ずるい。」

違うよ。それはその人があなたより努力したからだよ。あなたよりいっぱい考えたからだよ。後ろ向きな想像に費やす時間を少しづつの努力に換えて来たからだよ。

世の中全員が、あるいはあなたの大事な人が、全てあなたが考えることに興味を持つわけじゃない。

同じものを観ろ、同じことを感じろ。

それは結構立派な暴力だよ。

何故自分がこんな目に合うのか?

それはあなたが人をそういう目に合わせて来たからなのかも知れない。

誰でも生身の人間であなたと同じように痛みを感じるし、あなたと同じように怖いものがいっぱいある。

この世界に生きているのはあなただけじゃない。

それに気が付かなければいつまでもいつまでも同じところを回り続け、同じことを言っては人をうんざりする人間になってしまう。

「ああ、もううんざりだ。」

そう思うとき、もしかしたらうんざりをあえて選択しているのかも知れないし、誰かをうんざりさせているのかも知れないよ。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

満月を何度でも

一緒にご飯を食べようと約束した日の夜。

と言っても、同僚やらプライベートの友人やら飲み仲間と外食することにも飽きている年代。

私はこの人と会うときにはいつも台所を借りて自分の好きなものを作らせて貰っている。

どうでも良いのだけど、この人は仕事に関しての頭脳・知能に優れていて頭の中でも現実的な事柄でも整理整頓するのが特意。

「でも料理と縫い物が出来ないんだよなあ。食器は洗うからお願いします。かおるちゃんが作るものは本当にいつも美味しい。」と、普段は感情の抑揚が感じられないのに、心から美味しい美味しいと言って食べてくれる。

炊き込みご飯や白菜と豚バラ肉のミルフィーユやその次の日のチャーハン、シチューにトマトカレーに焼き餃子にエビの水餃子。

数え上げたらもうずいぶん晩御飯を共にしている。

そして、まあ通常の友人関係ではありえないような喧嘩をよくする。

熱い話や冷めた話をする。

私のマイノリティの中には男性性も女性性も存在するのだが、この人もまたそれを幅広く持っていて、私よりも極端だ。

美しい女性の姿をしているのだが、大概知っている男性の中でも最も男らしい。あのIちゃんですら叶わないだろう。

比べれば多少女性よりの私が何かを心配したり危惧していると「いいじゃん。」とよくこの人は言う。

それを聞くと、ああ、そうか、良いのかとほっとする。

満月の夜。

あれ?もう一周して満月なんだねと呟いて晩御飯を共にした翌日、またどうしても泊まって行って欲しいと言われ躊躇する。

仕事はちゃんとしているものの、いちおう主婦みたいなもんだしな、まだ・・・。

「いいじゃん。幼子を置いてふらふらしているわけじゃあるまいし。旦那さんだって大人でしょう。」

そして気が付けば一緒に日本シリーズを観て盛り上がっている。

不思議だなあと思う。

非常に不自然なことのはずなのに、なんだかもっとも自然なことかのように感じてしまう。

激しい感情と穏やかな感情。笑い、涙、怒り。

過去の話をしてくれて「あの時もこの時もどうして生きているんだろう?私って思ったけど、今は生きていて良かったよ。」と私との出会いに素敵な意味づけをしてくれている。

嬉しいことだ。けれども、思うに。

あなたと私。

とてもよく似たような関係がもう一つある。

多分あなたのツインはあの人ではないかと。

でも、そんなことはどうでもよくなるほどに。

色んなことを学ばせてくれて共に成長させて貰っている。

力いっぱいの素直をぶつけてくれる。

静かで激しくそのままに。

これで良いのか?と思うほど自然なこと、自然な関係というものが世の中にはある。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 10:21| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

市民講座

東京保険医協会の催しの一部に”気軽に学べる市民講座”というものがある。

今回は早6回目ということになるらしい。

そして今回のタイトルは「3.11を忘れずに 向き合っていくために」。

どうして知ったのか?というとうちの施設のご近所にとある医院があって、つい最近そちらの先生にうちの利用者様たちがお世話になることになった。

それまでの経緯は本当に色々なことがあって、本当にこれで良いんだろうか?何故前医ではダメだと思ったのだろうか?私が頑固すぎるのか?と色々考えた。

新しい先生が見つかるかどうかも分からなければ早く見つけなければというプレッシャーもあり、仮に見つかったとしても果たしてその先生がどんな先生なのかも分からない。

けれども、出会ってすぐに「正解だ!これこそドクターだ!」と思った。選択は正しかった。悪しき習慣や妥協に甘んじなくて良かったと。

それは徐々に納得して行ったことだと思ったのだが、後から振り返ると一瞬かのような出来事で、その後も色んな分野で指示を仰いだり、勉強させて貰ったり、その他施設独特の不都合や事情を説明しつつ何かをお願いする度にも、確かな実感を持って手ごたえが返って来た。IMG_1425.JPG


実に他分野に渡って色んな話をひっきりなしに語る先生なのだがその合間にちらしを出して「そういえばこういうのもやってるの。忙しいだろうから来なくて良いんだけどね。ただ知って欲しくて。」と置いて行った。

そして数日が経ち当然行けないと思っていたし先生自身も忘れてるだろうと思っていたのだけど。

全日は無理でも先生が一席ぶつ一時間だけなら行けるかな?と新宿へと短い学びの旅に出かけたのだった。

予定より少し早めに着いたのだけど、本講演以外にも先生は大活躍して喋っていた。

某会の理事長もやっておられるのだということもこの時分かった。IMG_1423.JPG

被災地のドクターや歯科医の方々もいて、傷病や保険も含めて災害時に困ったことなどがリアルに、真剣に、でも親しみ深く面白く語られていた。

小さな物産展があり、ランチタイムは非常食の試食会。これが結構美味しかった。IMG_1426.JPG

会場がまあまあ広くて、人も非常に多いのでこっそり参加できると思ったのだけど、1分もしないうちに見つかった。

まんまるい目を大きく広げて驚かれた。「よく来てくれたわね。」

そう言って隣近所の方々に紹介して下さるのだが、これもその時初めて気が付いた。

ほとんどの人がどこぞの医師やないかい。場違いだったなあ。

と思ったのもつかの間で、みなさんとても親切かつ対等に扱って下さり色んなことを教えて下さった。

色んなことがあった一日だった。

ナースだのカウンセラーだのというのは、不測の事態に備えていて、不測の事態に対応することが多い仕事だ。

そして、この人生に不測の事態というのは必ず起こり得る。IMG_1424.JPG

その時のためにすべきことというのはただただバカみたいに不安になっているばかりでは時間がもったいない。

具体的にどうしたら良いのか?どうして行くのか?ということを考えて行く師にたくさん出会えた日だった。

先生。感謝です。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 10:30| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする