2017年04月18日

こうなるのか

介護職員のkyoneちゃんの苗字は非常に硬い音をしている。小説家の苗字みたい。

小柄で細いのだけど職業柄筋肉質。

私が初めてこの職場に派遣で来た当初、まあ、凄く可愛い顔をしている素敵な子だけど・・・無表情な子だな、きつい子だなあと思っていた。

真面目で発言が非常に厳しいからかな。

多分互いにむっとすることもあった。要するに私も傍から見ると負けず劣らず毒舌に思われるからだろう。

しかし、勤めて1〜2か月経ったあたりから「あの。ご相談があるんですけど。」としょっちゅう話しかけて来るようになった。相変わらず単調な声音だったけれど、その相談内容というのが毎回興味津々なことばかり。

「○○さんの背中の褥瘡についてなんですけど、こういったものを作りたいと思うんですけどどうでしょうか?」とか、「介護ではこの時間に起こして、この人の場合はこの時間に排泄に入っているんですけど、この時間帯にもう一回増やした方が良いでしょうか?」とか「●●さんの臀部がこんなふうになっているんですが・・」とか。

それまでの看護業務を覚えるのも必死だったのだけど、覚えれば覚えるほど、ここは間違っている、ここはこうして行かなければならない・・・と課題が山ほど出て来ていた時期で、実際今もそれは続いているのだが、その傍らでkyoneちゃんはその周辺の介護職員数人の情報提供が無かったら、もっと状況が分からなかったことだろう。

しかも、訊いてくれることが、まさしくこれまでの経験や知識、またある時は新しいアイディアを生かさせてくれる内容ばかりだった。

そして月日が流れた。

今も私は私でkyoneちゃんはkyoneちゃんだが互いに突っ込み合って笑うことが多くなった。「はじめは優しかったし礼儀正しかったのに、なんでそういうひどいこと言うようになったの。」と。

そして後から分かったことだけど、うちの娘たちくらいかそれよりもう少し上なのかな?と思っていたのだが、30代後半で既に子育て中だったということ。

なんだよ、言うこときいて損したよ。と言うのも、私は若い女の子でちょっと毒舌な子を見るとすぐに娘たちを投影してしまって、気が付いたら笑顔にしようとしてしまうし期待に応ようとしてしまうから。

しかし結局年齢が分かった今でも挨拶しているときの表情一つで「何、何、どうした?何が不満なの?」となってしまう。

時にIさんとキャッチボールをやるようになってから発覚したことだったのだけど、皆口々にソフトボールをやっていたとか野球をやっていたとか。kyoneちゃんもそのうちの一人だった。

細っこいのに。。。そうは見えないね。

「尾崎さんこそ。」

いや、私はそういう部活はやったことないですよ。遊びでやっていただけ。

「その割にはなかなかだけど。」

そんな軽口を叩いている折、kyoneちゃんが昼休みに外に出て来た。体調不良のK姉さんのグローブを借りて。

おお、来たか。

午前中に入浴場でIさんに会った際「この間はどうも。」なんて話をしていて「あの翌日にバットを買いましたよ。でも、重いやつを売ってくれなかった。だから重りでも買うか。」と言うといつも静かなIさんが珍しく爆笑していて。

「尾崎さん、あたしは通販でこういうバッティングの器械を買おうかと思って昨日必死で探していました。」と言う。

すると、常日頃、何事にも無関心という感じのkyoneちゃんがカーテンの向こうから入浴介助用のエプロンをつけたまま出て来て「二人で何話してるんですか?!」と言う。お、居たのか。今日はお風呂係だったのか。

その会話を聴いていた後、私が看護業務に戻った後、Iさんから詳細を聴いて「あたしも昼休み、キャッチボール行く。」ということでやって来てくれたらしい。

もっとも職種が違うので昼休みの重なり具合が少ししかないのだが。

その少しの時間で「やばい。楽しい。」と無表情でつぶやきつつキャッチボールをしていたkyoneちゃん。

それから忙しく仕事をしていての夕方頃、後ろから「尾崎さん!」と声がする。

あ、kyoneちゃん。お風呂、全員入れ終わったんだ。

「あたしもグローブ持って来ますよ。」

忙しくて、ハハハと笑うだけで振り返って表情を見る暇もなかったのだけど。

意外だなあ、楽しいなあと思った。

Iさんは「明日居ます?それとも休み?」と訊いて来る。「あたし、今週だけ、明後日が休みで明日が出なんですよ。だから、明日できますかね?(キャッチボール)」。

ああ・・・明日は恐怖の往診日第三回目なのだ。昼休みが取れそうにない。

なんて悲しいんだ。

でも良いだろう。また今度出来る日まで体力を温存して仕事をきちんと終わらせるようにしておこう。

人というのは不思議だ。

出会い立ての頃、一番不愛想だった者同志がキャッチボールなんてしながら真面目に深い話をするようになったり、互いに毒をはいて突っ込みをいれるようになっている。

何にも知らないしあえて訊かないのに気が付いたらぽつりぽつりと自分の話をしたり、自然に互いを知るようになっている。

考えてみればいつもそうか。

出会い立ての頃、ぐいぐいずかずか色々訊いて来たり、訊いても居ないことを説明して来たり、ペラペラ喋りかけて来る人よりも、そして、何もしなくともそういう人たちとの縁が深くなる。

そういう人たちの方が相手や周りをよく観ているせいかも知れない。言葉よりも行動を見て何かを互いに感じ取っているらしい。

見る人が見ないと分からないKちゃんの「やばい。楽しい。」というかすかにウキウキとした顔やIさんの機嫌の良い静かな笑いや。

相反してパン!と音がする強い球。

これは確かにやばいわ。

仕事のメリハリにもつながっている。

取り損ねた球をすぐに取りに走るような、あきらめない心に通じている。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

桜の花びらとギターのピック

事務のK姉さんが「三人でバッティングセンター行こうよ。」と言った時、私とIさんは「そ、そうですね。」と生返事だった。

おそらく私と同じくIさんもそういうの大好きなのだけど、いったいいつ行けるんだ?という気持ちや、つい最近親しくなったばかりの相手とプライベートの時間を過ごすのか?という思いなどがあったんじゃないかな。

しかし、その生返事に対して日にちをおいて3プッシュ、4プッシュとされるうちにIさんが「じゃ、行こうか?」となった。

その上、三者三様の職種が違う上での勤務表を照らし合わせ、K姉さんが「尾崎さんはここでの仕事の日は疲れるから飲みにも行きたくないって言ってたよね?じゃ、尾崎さんが休みの日にしよう。」と仰り、Iさんは、「O駅にあるバッティングセンターに行こうと思ったけど、立川にも店舗があるから立川に行こう。」と仰る。

何と言う気遣いの人たち。O駅ならバスで10分くらいなのに。

勤務の日でも行くし、O駅の方でも大丈夫だと主張したのだけど、心配そうになさるので「じゃ、両方行きましょう。まずは近隣のO駅の方で!」ということで話が決まった。

しかし、「楽しみだわ!」とK姉さんが一番喜んでくださっていたのに、何と当日になって発熱と体調不良で休んでいらっしゃったので、あららら!

心配は心配なのだけど、Iさんと笑ってしまったのだ。あのはしゃぎぶりと寝込むという対比。

そして、わずか数十分とは言えキャッチボールがハード過ぎて弱ってしまったんじゃないか?という予想。

今度から「はい、休んで。」とマネージメントしなきゃね。と笑うのだけど、私もIさんも取りやめにする気が全く無くて二人で仕事帰りに行くことになった。無言だけど。

自転車で通勤なさっているIさんに「私、バスで追いかけますから先に行っていて下さいよ。」と言ったのだけど「O駅までブラブラ歩いて行きませんか?嫌なら良いけど。」と言われる。

嫌なものか。

それで自転車を引っ張っているIさんと桜絨毯の住宅街をゆっくり歩いてO駅まで散歩した。

何だか、「歩くの、早くありませんか?早かったら言って下さいね。」とぽつんと一言言ったり、必ず車道側を歩いたりと、何だか凄く優しい。ってか、それ、女の優しさとちと違うような。

駅についてお薦めの巻きタバコの材料と巻く器械を買って、「巻紙はプレゼントする。持って来たから買わなくて良い。」と言ってくれたり。

それから目的のバッティングセンターに行ってIさんのスゥイングを見て、やっぱすげーなーと思う。

しかし、二人とも何十年かぶりだったのですぐに手が痛くなる。一番遅い80キロの球より100キロの方がよく当たった。

いい加減疲れたあと、エアー何とかというゲームがあったので「懐かしい!これやろうよ。」ということで興じる。めっちゃ怖いほどムキになっていたけれど、唯一Iさんに勝てたゲームとなった。

ベンチに座って「いててて。」と手を押さえる私たちだったが、「・・・・。もう1ゲーム振ろうか。」ということでまたバッティング。

それから少し夜の街をふらふらして飲み屋さんに入って三杯ほど飲みつつ色々な話をした。

この駅まで来る途中歩きながら「休みの日は何やってるんですか?」と言われたので自然に「心理カウンセラーなんですよ。あんまり休まないんです、私。」と話していたのだけど、そのせいか、Iさんが珍しくホーム以外での仕事の話を饒舌に語ってくれた。

そしてかつて夢見ていたことが叶わなかったことや、それでもそれを福祉に生かしている話や。

好きな音楽や映画は不思議とシンクロして盛り上がった。

おもむろにギターのピックを「これ、あげるよ。」と下さった。

「わー、これ、Iさんが使っていたやつ?」と訊いたら「いや、新しいやつ。」と言われたので「使ったやつを下さい。」とずうずうしく言ったところ、少し笑って「じゃあ、はい。使い古したやつ。」と言って二つともくれた。お気に入りのやつだったろうに。

飲んでいるときから駅までの帰り道、Iさんがホーム以外で接している方々の話を聴いた。

「皆、あの方々のことを何も分からないとか言葉を持たないって言っているけど、言葉を持っているんです。誰も信じてくれないけど。」と私の掌を引き寄せて指文字を書いてくれた。「こうやって、ちゃんと意志を伝えているの。でも、誰にでもは言わない。分かって欲しいけど、誰にでもは言わない。信じてくれる人はいないけど。」

夜の街を歩きながら思わず泣きそうになった。信じるも何も絶対そうだもの。

もったいなくてべらべらは喋れないからいつも寡黙なのか。

大切なライブの日時を教えてくれて、そして大切な本をくれると言ってくれた。

それと同時進行でバッティングやキャッチボールについて「課題が浮き彫りになりましたね。」と笑い合っていた。

「私には心理カウンセリングとか分からない世界だなあ。」

全然良いですよ。分からなくて。私もIさんの世界に感動するけれど、自分には出来ないことだもの。

とは言いつつも、自分では使うことも出来ないピック二枚を大切な宝物だと感じて握りしめた。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

青空

事務所まで夫が送ってくれる道すがら少し寄り道をしたのだが。

寄り道と言っても偶然その道を歩いて出くわしただけ。

車内からフロントガラスに映る街の光景を目にしていたときから思っていたのだけど、ピンク色の雪のように無数に降りしきる桜の花びらが美しくて美しくて。

そして至るところのアスファルトに敷き詰められた桜の花びらの絨毯が美しくて美しくて。

少し強めの風が吹けば地面から渦を作って舞い上がり、そしてまたひらひらと落ちて行く。

今年は結果的に桜が咲いている時期が長くなった。

実はこの葉桜になりかけの光景が一番好きだったりする。

柔らかに太陽が照らしているこの世界はまるで地上の天国みたいに美しくてため息が出るほどだったので写真か動画に収めようとしたのだけど。

ダメだね。肉眼で見るのと全然違う。

だから心に写し込むことにした。

*******

メールカウンセリングを返信できないうちに電話カウンセリングを受けることになって申し訳ないなあと思いつつのセッション。

またある人などは返信できていないうちに面談を三回も四回もやっていたりとか。

なのだけど崩せない順番。そして少々の息抜き。

力を入れると余計に遅くなってしまのでコツコツと行こう。

******

先日のヒプノトレーニングの会も今日の電話カウンセリングにおいてもふと考えさせられる。自己肯定感と独りよがりの差。

あくまであらゆる文献やマニュアルに目を通したりそれに触れたりしてみた後の話だけれど。

知識を入れたら、さっと捨てるか取っ払うことも大事。

そして直に口に出した言葉は「私はあんまり自分のこと好きじゃねーなー。」ということ。

ごく自然に見つめていると、「へー、こんなところでこんな感じ方をするんだ。」とか「こういうことが嫌いでこういうことが好きなんだ。」と普通に見える。

変わったやつだなあと思うこともある。

こういうところは凄く単純でこういうところが凄く複雑なのかあ・・・と知れば知るほど発見がある。

よくものの本には”自分を好きになりなさい。”と書いてある。

それはもちろんここに書いてあるような意味で書かれたわけじゃないものがあると思うが、やみくもにその言葉を繰り返す世の風潮には落とし穴があるなと現実の臨床では思う。

ある意味、鬱やその他のメンタル的不調をきたす人の多くは自分のことが大好きだから。

自分が好きだからやり方をあれこれ理由をつけて崩そうとはしないし、あらゆる人に意見を求めたり説明してアドバイスを受けたとしても「それは分かっているけど」と”はいでもゲーム”を続けている。

自分が好きだから、自分が関心があることや気にしていることを他人が気にしないと激しい孤独や怒りを覚える。

自分が興味のないものに惹かれている人を見ればけなす。

あまり他人のことは考えない。気にするのが他人にどう思われているかどうかということくらい。

その場合は、この世に自分と他人しか存在しないという思いこみが出来上がっている。一言で他の人と言っても何億もいるのだけど、自分対大勢という雑な見方しかしない。

その人が丁寧に関心を持つのはあくまで自分だけだから。

それは心理学でいう自分を見つめるという作業とはずいぶん違う気がする。

そこで思いやりという概念が登場する。

もしも他者も自分と同じように色んなことを恐れ、色んなことに悩み、それでも生きているのだとしたら?

そんなのそうに決まっているじゃないか、人間なんだから・・・と通常は思うものだけど、何故だかその人たちは違う。「いや、あの人はこれこれしかじかだから恵まれている。自分とは違う。」という見方をするんだよね。

自分は唯一無二のものだと思うが、他者もそうだろう。逆に言うとどんなに優れた人でも自分一人では何もできない。幸せにも不幸にもなることが出来ない。

だから他者のご機嫌を窺うのではなくて、他者から学ぶというのはキラキラしたギフトなのだと思う。

人は人と関わるときが一番手っ取り早く成長する。

なんてことを葉桜の季節に思う。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

彼女が寡黙な理由を知った夜

屋上での昼休み、柔らかいおもちゃのボールでIさんとキャッチボールを気ままにやったのは一度切り。

グローブを持って来るようになってからもそのまま屋上でやろうと思っていた。

何せIさんが上手いので相手がどんなに下手でも取り損じることがない。それはキャッチャーという名のゴールキーパーと言った方が良いほどで。

そこに事務のK姉さんが参加することになった際「屋上では怖いから無理。地上で、施設の駐車場でやろう。」と。

確かに屋上よりずっと広いし良いかも。

と思ったが昼ごはんを食べたあと、何せ喫煙所も兼ねている屋上でとりあえずIさんと一服している際「かったりーなー。」とIさんが言った。

あれ?!と思った。

私もそう少々そう思っていた。屋上から地上に降りて喫煙できない場所へ行くのが。

K姉さんはまだIさんのキャッチボールを見たことがないから屋上が怖いんだろうな、大丈夫なのになあーとかツラツラ思っていたのだが、それは言ってはいけないことだと思っていた。

それをあんまり簡単に言うものだからビックリしてしまった。

でも、まあ、広いところも楽しいでしょうから行きましょうということで半分は車の通りが少ない道路、もう半分くらいのスペースは施設の敷地内という状況で三人で始まったキャッチボール。

結果、屋上よりも怖かった。

K姉さんはパワフルで肩が強いがコントロールが。。。。

だが、やがて、そのK姉さんのその剛速球とコントロールの無さが私たちを鍛えることとなった。

最近はゲッツーの練習が始まったりしている。

とは言うものの、K姉さんは気を使っているのか本当に疲れてしまうのか分からないがすぐに休憩する。

そこがまたK姉さんの面白いところ。

で、結果、Iさんと私とで二人でやることが最も多い。

身体が出来上がっているはずのIさんが「なんか、私たち基本を固めてうまくなってるよね。さすがにここが痛いわ。」と言う。

確かに。基本ね、基本。

オペ室ナースで言うと盲腸のオペを何度もやっているみたい。

最初の2回目くらいは身体を動かした後の独特な筋肉痛があったが今はもうほとんど無いし、気が付けば筋肉がついている。

たかだか数十分のキャッチボールでそんなになるもんかと思いきや、始めてから一か月も経っていないうちに身体に変化が。

仕事での変な身体の痛みは依然としてあるけどね。

Iさんの出勤日が隔日なもんで、結果48時間ごとにやっているってのが良いんじゃない?と言いつつボールを投げると「そうだね。」と返って来る。

仕事中は互いに敬語なのにこの時間だけは互いにため口。

それどころか、回を重ねるごとに仕事中の敬語がなおさら丁寧さを増した敬語になっていっていることに気が付いた。

相手はどうだか知らないけれど、私の方はおそらく知れば知るほどその凄さが分かって尊敬してしまうからおのずとそうなってしまっているらしい。

仕事中よそよそしいのにいつもグローブの袋をさげて昼休みの終わりに一緒のエレベーターで三階へあがり、屋上への階段を一緒に登り、そしてそこまで色々しゃべくって、一服した後にはそれぞれの部署へ帰る。

その様子がいつの間にか色んな人の目につくようになったせいか「Iさんと仲良いね。メールやラインでも話すの?」と訊かれたのだけど、「メルアドも電話番号も知らないし、ラインやっているかどうかも知らない。」と答える。

相手が不思議そうに色々尋ねて来るのだけど「それも知らない。何にも知らない。」と答える。

けれども、ある日、とある計画にて一緒にバッドを振り回した夜、ラインを交換することになった。

その日の夜は色んなことがあった。

色んなものを見て、色んなことに出会った。

街は桜のじゅうたんが至るところに積もっていた。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

仕事も遊びも真剣だし

週の初めの方の内科往診。というか週の初めに変わった新しいシステムの往診二回目。

先週の初回よりはましに終わった。

というのも、先週第一回目が終了した後の一週間が地獄で。

当日だけで疲れている場合ではなかった。

処方箋の訂正願いを山ほどファックスして分かって貰うべく勤めた。嫌われるけどね。

リーダーは嫌がるけれど横から何か叫びたくなる大御所様のお一人にも一週間通して昨日やっと真意が伝わった。

これこれしかじかで、こういう方法で行くつもりなんです、こうでもしなければ何も変わらないのだということを直接的な表現ではないけれど、触りだけ伝えた際、一瞬の「ああ、そうつもりなのか。そういうふうに考えていたのか。」という表情を見て”よし、伝わった。”と確信。

電話の横にはいつ折り返しの外線がかかって来て問い合わせられても良いようにファックス送信済みのコピーの山を置きっぱにしておいた。”これはここにあるものです。片づけないでください。”というメモを残して。

案の定問い合わせが何十回となくかかって来たのだけど必死で取った。

やがては私にしか分からないと思われて敬遠されていたことも一人二人と理解してくれるようになった。

そんな流れでの二週目だったせいか、来て下さったドクターも時間をほぼほぼ守って遅刻しないでくれたし、耳も開いていたし、その後処方箋の訂正も半分くらいに減った。

先の大御所様が「先週よりましだけど、まだ道半ばですね。」と呟くのを聴いたとき、「そう!」と心の中で叫んだ。そうなんです。そういう状況です。分かって貰えて嬉しい。道半ばってことが分かるということはどんな状況を目指しているのか?ということが分かるということだから。

いやあ、また痩せてもうた。

*********

週の初めの往診が終わっての翌日。Iさんの出勤日。

久々にきっちり取れる昼休み。

Iさんと誰かが屋上の上の方で話していて、私と大御所様は階段の下の方で一服しつつ談話していた。

するとIさんの相棒がタバコを消して立ち去った瞬間のこと。

「今日はやらないんですか?」とIさん。

私はいつでもやりたいですよ。でも、毎回やると決めるとIさんがうざいんじゃないか?と思って。(何せへたくそだからな。退屈させてしまう。)

「そんなのは全然気にしなくて良いです。」とキッパリ言われた。

じゃあ、外へ行こうということで久しぶりにキャッチボール。グローブも大分柔らかくなって来た。

「コントロール、またよくなりましたね。」

いつもいつも冷静で静かな声の調子を崩さず褒めてくれた。

バン!シュッ!バン!という音だけが響く中。距離が離れているのに、時々聞こえる静かな、ささやくほど静かな「ナイスボール。」という声。私のボールを取った瞬間に表情一つ変えないIさんがかすかに言うときがあるのだが、私はそれが嬉しくて。

そしてある瞬間、ボールを止めてグローブを自分の顔くらいの位置にあげてこちらへ向けて言うことには、「○○選手がPL学院に居た頃、後輩に投げさせるとき”俺はここに来たボールしか取らないよ。”って言ったんだって。」。

それだけ言ってグローブをその位置から動かさない。

「!!!!それはまるで私に必ずそこに投げろと言っているようなもの。いや、他ならない。」という気がしてビビった。

滅多に何かが怖いっていうのは無いが。凄い圧だった。

ところが何度投げてもちゃんとそこに行く。

投げる度にIさんが「すごい。ボールが吸い込まれるようにここに来る!!」とIさん的にはハイテンション気味になっている。

「すごい。見て、ほら!凄い!」と繰り返すのだが・・・・Iさんは私にヒプノをかけたことに自分で気が付いていない。

よく笑った昼休みだった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする