2017年03月16日

原点

喧噪の最中、バイタル回りに出かけた一番下の階で。

本当は値を測りに来たはずなのにその人の爪の伸びキリ加減が気になり、ついでにパチパチと爪を切る。

そうすると久しぶりの感覚がどっしりと落ちて来た。

また別の日には介護の主任さんが「ちょっとお時間いただけますか?」と医務課へ駈け込んで来て遥か彼方のTVの前の車椅子に居る人を指さす。

「ちょっと私には切れないほどの巻き爪なので・・・」と案内されて言われるがままに爪を切り出す。

何と言うのか皮肉なことに、私はこういう爪切りだの食事介助だのオムツ交換が、看護処置より好きなのかも知れないと思う。凄く心が落ち着く。

けれども、「どうしたらこの褥瘡が、掻き傷や発赤疹が治るのか?」と思いつつ自作の軟膏をミックスしては塗布し、日々の経過観察をすることも同じくらい好き。

これはヘルペスに似ているけれど、違うなと思いつつ該当する薬を考えることとか。

皮膚科の先生が教えて下さった「こういう場合にはこれ」というノウハウ。

ただ、後者は慌ただしいし緊迫感がつきまとう。

それで日々息切れしているのはあれもしたいこれもしたいのエンドレスな心のせいなのだろう。

第一、一階から三階まで全ての人を毎日看れるわけでもないので、結局は積極的に言って来てくれる介護の人がフォーカスして来た人中心になってしまう。

それはともかくパチリパチリと爪を切る。

そうか。両者は繋がっているのか。でも、これは多分基本。

その基本の上の方には吸引だとか処置だとか人に嫌われるような仕事が乗っかってはいるものの。

お世話することと看護はどこか切れ目のない繋がりがある。そうそう、行きっぱなしの線ではなくてメビュースの輪みたいに繋がっている。

多分この人生で今これをやっていることもどこからか始まって、どこかへ向かっている。

なので爪をパチリパチリと切るかけがえのない時間も大切にする。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。❤
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

ダム決壊の朝

とある出来事のオンコールの夜が担当だった課長に、今朝一番にお疲れさまでしたと挨拶をすると、まさかのさらに悲しいお知らせが。

人の命はいつか燃え尽きる。

分かってはいるのだけどなかなか割り切れない。

それでも気を取り直して目の前のことを頑張っていたら、まさかのご家族がわざわざ三階まで挨拶にお見えになったものだから大変。

一番身近な介護の方々だけにで良かったのですよ。私のところまで来なくとも。

「いえいえ、二回も受診に連れて行って下さって・・・」

ダムが決壊してその場で涙が怒涛のように溢れた。やばいです。色んな意味で。

本当に可愛い人だった。

エレベーターの場所まで廊下を一緒に歩きながら見送るのだけど、二人とも同じくらい涙がポタポタ溢れる。

この娘さんがまたお母さんにそっくりな可愛い人なものだから余計に止まらない。

問題はまだ午前中だということ。

それで一旦喫煙所にいってしばらくしゃくりあげていた。自分を落ち着かさせることを頑張った。

Iさんに貰った手巻きのタバコを最後に吸って、急いで医務課に戻るとお薬を作りつつ、大御所様がわざと笑わせて来るので、それが余計に優しく感じて一分だけまた奥に引っ込んだ。

泣くということも疲れるのよね。

おかげでむくむくパンパンなまま一日の仕事をこなした日だった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

golden eggs

今日のセッションの中にとある方の上級コースの一コマがあった。

それはとある課目でのミニセミナーを開いていただくという試みだったのだけど。

そしてまだまだ上級の三分の一の地点の一コマでもあったのだけど。

あたかも卒業式のようだった。

何かが変わったのだ。またしても。

身の回りで起こった変化も確かに影響しているのだけど、そのことに対しての向き合い方があきらかに変わっている。

皆、そして私も何かの途上であることには間違いないのだけど、何かを卒業なさったのだなと思う。

ちなみにこの方が上級を受けるとは思っていなかったくらいの時期があった。

仕事や家庭や距離などの事情で、長い時間をかけてゆっくり進む人は沢山いらして、彼女もそのお一人であることには変わりないのだけど、それ以上に、「そんなことやらなくて良いもん、私。」と思っている種の方だとある時期まで誤解していた。

良い意味で力が抜けた人だったから。

色んな人間に会って来たのだけど、そのスタイルが面白い。

何でも形から入るもので、機会の数と質は比例する。

それ故初めてのセミナーは初々しいたどたどしさがあったのだけれど大きな可能性を秘めていた。それも独特の可能性を。

*****IMG_1324.JPG

先日事務所のご近所さんである依頼人さんが面白いおみやげを下さった。

毎月三人で開いているこのトレーニングの会でも色んなお菓子やカフェ的な飲み物が展開されるのだけど金の卵は面白かったわ。IMG_1323.JPG

それを思い出したのは、訪れる人が皆、何かの金の卵だなあと思った日だったからかも知れない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

苦しくありませんように

ああ、ちょっとだけメールカウンセリングが進みました。まだお待たせしている方々、本当にすみません。

直に聴いたり話したりすれば伝わるニュアンスも文章にすると難しいですね。わかってはいるのですけど。。。

がんばりまーす。

******

ホームと契約してからのナース稼業では初の回診日のサブ。リーダーではない。何だか気が楽だわー。

なんて思って始めた一日だったのだけど、確かにそれは間違っていない。

なのだけど、一度知ってしまった仕事というのは手を出さずにいられなくて、しかも利用者様の疾患や癖、食事量や事情など、その他諸々個別性に詳しくなったものだから、結局は口を出し手を出し。

大御所様に悪いかなと思いきや、むしろ度々こちらの顔を見たり「・・・で良いですよね?」等言われるので結局はツートップ状態の往診日となる。

一人じゃ疲れるものね。

往診の仕事が落ち着いた後、すぐに「じゃあ、私はバイタル回りして来ます。」と仰るのですかさず「いや!一服しましょうよ!まずは!」と言うと「うん!そうよね!昼休みも取れていないし。」と良いお返事が返って来る。

まじで緊張と緩和のバランスは大切。

あとは、サポートしてくれた派遣のナースちゃん、本当にありがたい。

*****

昨日の真夜中にまた他界した方が居る。

ぐっとこみ上げて来るものがあるのだけど、喉を詰まらせて涙をこらえて仕事をする。時にばれてしまいそうな人には背中を向けて。

一階の介護の女の子も悲しんでいるんじゃないか?と思って軽く声をかけると、やはり並々ならぬ思いがそこにあった。

一人で耐えているわけじゃない。

そして皆かいがいしく利用者様に尽くしてくれている。

分かっているけれど、やっぱり家に帰ると泣いてしまう。

場所や状況は変われど長い職種なのに、未だに「もっと何か出来たんじゃないか?」という思いばかりがあふれる。

あなたがもう苦しくありませんように。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

疲れを残さないという戦いもある

一番新参者で、偉い人でもあるまいに、ナースのお一人には骨折疑いの方を受診に連れて行って貰い、もうお一方のナースには病院から退院して来る利用者様を迎えに行って貰い。

課長までもが気を使って下さって「なんか手伝うよ。言って。」と言って下さり。

ナース陣の中では一人取り残されたので色んなことをフル回転でやり、漸く夕方になった。

まだ何にも記録してないーと思ってやっとPCの前に座ったら介護の女の子、そうこれがもうとても真面目な女の子からピッチが鳴って利用者様のスキントラブルについて相談あり。

今、空けてるところ?と訊くのは、何度も着せたり脱がせたりするのは利用者様に申し訳ないので空いているなら観るために降りて行こうという魂胆だったのだが「はい。空いています。」と。まあ、この子が呼ぶときってだいたいそうなんだよね。気が利くというのか。

それから処置をして二人で頭を悩めているうちに互いに「なんか、頭痛くなってきましたね。今日はもうやめましょう。」と話しがつく。

大きな問題のうち一つの打開策が出たので今日はそれでよしとする。

結局その打開策もマンパワーであり特定の人物にゆだねるという方法。ほんとに、人が足りない足りないって言うけど、結局は量より質なのだ。

そして夕食後に絶対吸引をしてから帰りたい人の食事介助をしていつもより30分遅くに終わり電車に乗っていたら「誰々さんがこういうふうになりました!」という報告が入る。

そか。今日はオンコールの日だったか。

とりあえずの指示を出したものの、何だか家に帰っても緊張が取れず肩がバリバリ。

しきりに「なんかありますか?何かありますか?」と他のナースさんに訊いていただけるのだけど、どう考えても自分でやらなければならないことばかりなんだな、これが。

なのだけど、とりあえず、やはり今日はよしとしてなるべく休もう。明日の勝負がある。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする