2017年09月14日

信頼

昨日、教育分析を使って下さったセラピストさんから久しぶりに足つぼをやって貰った。

非常ーーに助かる。

と、いつも思うのだがこの感謝度が回を追うごとに更新されて行く。

レイキで流しても手が届かない部分は人の助けが必要。

そして私我儘でやかましいもので誰でも良いというわけじゃない。

とにもかくもデトックス出来て深く眠れた夜だった。

*******

幼い頃から転校が多かった私。

そのせいか知らない集団の中にポンと入れられたときの、その集団の反応の経過に法則を観ていた。

どこに行っても、最初にわーーっと近づいて来て、わーーっと仲良くなろうとしたり、はたまた近い距離で大声で話して見せたり大きな声で笑って見せたりして注目を集めようとするタイプの方々がいる。少ないけれど、派手目でリーダー的な人々だ。

でも、数か月経ってその人たちが私のことを思い通りに出来ないと分かると怒りや噂や欠点探しや様々なことぶつけて来る。

そうしてその後、そんな話など聞いていないよ的な雰囲気でぽつりぽつりとコンタクトを取って来てくれる人たちが居る。これも少ないのだけど、個性が強い。

どちらかと言うとこうして時を経てからの出会いの方が深く付き合うようになるという法則。

何故ならいきなり自分をアピールしつつ相手を不躾に観たり触ったり踏み込んだりする人たちとは違って、私の反応や動向や発言やパーソナリティをずっと見て来た人たちだから。

その法則というのは幼子の頃も今も変わらないなあと思う。

人の原点らしきものが既に出来上がっていた。変わろうとしない限り自分がどこに位置するのか?楽しいのか、退屈なのか、幸せなのか空しいのかが固定されている。変わろうとしない限りは。

それは誰のせいでもないのだなと思う。

******

半年以上経って時々喋るようになったあの人は、ある時から雄弁になった。よく喋った。

二本目のタバコに火をつけるところを目にするようになったのもその頃。

「ちょっと前まで全てに興味を失っていたからな。辞めようとも思ってた。」

色んな話の合間にそう一言言って黙りつつこちらを見つめた。

ああ、そうか。”今はそうじゃない。”と言っているんだなと分かった。

「人なんて信じないからね。」

「神なんて信じてないからね。」と、やたら信じてないワードが多かったあの頃。

濃い数か月だった。

時が流れたのだな。

全然違う個性。

でも、分かり合えることがあり、やがてあの人は何かを信じている人間の顔になった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

面白いっすか?

心の美しさに老いも若きも関係はないのだなあと思う出来事に時折出くわす。

何となく私が出会って親しくなる若い方々はピュアな人が多かったのだけど。

うちの娘たちと同年代くらいのとある男の子が人のプライベートを根ほり葉ほり聴きたがるのは今始まったことではないのだが。

そして仕事をしに行っているというのにあらぬ噂を立てられるというのも慣れっ子なのだが、彼を含む若い方々が勝手に私ととある人が関係を持っているという想像をしているとか。

複数の人間が集まって「こういうところを観た。」とか「あんなに笑顔だった。」とか色んな証言を持ち寄れば、無いこともあることになってしまうという恐ろしさ。人は立体的に噂を作って行くのだな。

そしてそういう方々に限って誰とも一対一で向き合っていない。向き合っているようでも、自分自分なのだよな。要するに傾聴力ゼロ。話すことばかり。自分の説明ばかり。

それで勝手に作られた妄想を元にして人の家庭状況をニヤニヤして複数で知りたがっているという。

人の表情や動作を歪んだままの視点で見つめるし、携帯を開けば人のラインを覗き込む。

誰のラインを知っているか?などなど。

何でこんなにうんざりするのかな?と思ったら、その根底にはやはり自分が如何に優れているか?自分が如何にもてるか?という主張も付録で込められていて。いや、付録というよりメインか。

あなたはノー、自分はイエスって証明に必死。

何せ自分が一番なのに、自分以外の人に想いを寄せている人間が許せないという想いだった。

しかも、その想い自体が妄想で、何とか噂話のネタを作ったり吊るしあげようとしているのだと分かった際、そりゃ不快になるわけだと納得。

非言語にも出るよな。目つきにも出るよな。

そういう部分ばかりでなく良いところもある人たちだから余計に不快。

恋愛のことしか考えていない人間は面白くない、嫌いだと若い頃から思っていたのだけど、よく考えてみたら彼らのそれは恋愛ですらないのだなと分かった。

本当に人を好きになるってそういうことじゃない。

愛したり愛される喜びってそういうことでもない。

噂話の相手を意中に思っているのだか、実際に付き合っているのだか知らないが、とある女の子は何とも言えない目で私を睨みつける。

向き合わないって怖いなあ。

人に向かって来れないって卑小であさましいなあ。

そんな折、当の相手が私に言う。

「まあ、仕事上でもそうだけど。誰も俺に直接言って来ない。」

そうなんだよね。私も直接的には言われない。でも、何かを含んだ言い回しだけが横行しているんだよね。

しかし、それはどうにも出来ない。

たまたま相方になったその人も私も普通に仕事に向かって行く日々を重ねて行くだけなのだろう。

いつでも何でも言って来い。その正面意外からのボールは、受け取らない。

人にはそういう自由があっても良い。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

大好きだよ 2

仕事で体力及ばずやり切れないことがあった日。

忘れもしない約三日前。

日にちが経過しても相変わらず皆優しくて胸が痛い。

特に約二名が圧倒的に。

仕事と言うよりうんとプライベートに褒めて来る。

大好きだよ、大好きだよ、大好きだよと。これこれしかじか、こんなところが良いんだよと。

褒められるのはあまり居心地が良くないのだが、何とか元気付けようとしてくれているのが伝わって来る。

はたまたある人はすれ違いざまに「仕方ないでしょ。いったい何日オンコール引き受けてるんですか。」と切れ気味。「無理しないでください。」

無理だと思わなかったんだな、これが。

しかし、仕事上で好き嫌いとか同情私情を交えて良いの?皆。

そんな中、Iちゃんは全てを知っていつつの、独特の優しさ。

そう言えば、これも知っているのか知らないのか、そのxデーの日にも海からの写真を送って来てくれた。

海辺でラーメン食べてる写真。

そして昨日は「いつものようにやるよ。」とグローブを持ってやって来る。

いつものようにということは知っているんだな、やっぱり。

Iちゃん自身は何一つ人のうわさとか、何が起こったとか話さないけれど、周りはIちゃんに話すもんな。

そしてボールを放りながら他愛のない話をして来る優しさ。

そしてあの人は「もっと自信をもたなきゃね。自信持てるまで、信じてくれるまで何回でも言います。」と。

中には、周りの、特に主要人物の私への態度を観て「こいつを粗雑には扱えない」と状況判断して優しくしている人もいるみたいだけれど、中でも力いっぱい精一杯本心からの愛情表現が心に染みる。

すぐどうやって返そうかな?とか考えてしまう性分なのだけど。

大切なことは笑顔でいることだと分かった。

そうでないと、ずっと周りに励まさせてしまう。何度も同じことを言わせてしまう。

そんな手痛い学び。

けれどもよりあなたの気持ち、皆の気持ちが分かったありがたい学び。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 10:06| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

何かのプロセス

今日の夕方から先のご予約いただいていた方々、ごめんなさい。

何でこんなことが続くのか。何で今この時期に。

しかも先日も会えなかった人も居たのでこれで二回目。

考えても分からないのだけど、少なくとも表面的には調子が悪い。しかも、相手があることだから。

で、やっぱり考えても分からないので右脳に頼ろう。

深夜になって落ち着いてからレイキをかけたところ使用中のブレスを総取り換えした方が良いというひらめき。

とは言うものの、閃きが発端かどうかは分からないまでも、まだまだオーダーいただいているブレスやらネックレスも出来上がっていないしなあ。

それも今日というわけには行かなく、特に今日はダメみたいだ。

振り返る時間どころか、ハプニングによって予定も押せ押せになってしまったので通常のことも出来ない一日。

仕方ないな。今日は何もできないんだ。

人に迷惑をかけておきながらふてぶてしいのだけど、もう一度レイキや深呼吸やって少し好きなことをして寝てしまおう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

十字架

どうしてもやり遂げたいことがあったとして。

例えばそれが誰か個人や集団を守り切ろうとすることだったりしたとして。

それが出来なかったことを悔しがっていた今朝。

大抵の物理的不可能は可能にして来たので余計にガッカリ。

しかし、特に自分は意図せずとも周りが全状況を分かっていたりして「それは失敗とは言いませんよ。誰も失敗と思ってませんよ。無理しないで下さい。皆心配しています。」と方々から言われる。

「ほんとに凄いと思いますよ。でも、無理なこともあります。」

どこに行っても怒られないキャラがここでも炸裂している。

でも、私は何故だかそうして優しくされる方が辛い。

「あなたも人間なんですから!」と今度は思いもよらぬ人からも言われて絶句。
しかも皆非難するわけでもなく迷惑がっているわけでもなく心から労ってくれている。

人間なんだからってワードを聞いて「いやあ、超人になりたかったな。」と言うと何故だか色んな人に大笑いされた。
こっちは真面目だったんだけど。

そうなのよね。自分で言っていて思った。そういう意識だったのか。

どうかすると普通の人がやっていることすら出来ないのに。(仕事以外は)

結論として、特に語調を強くしてこの件に口を出して来るkにだけは「分かった。kにだけは細かいことまで説明することにする。今のところ、後先考えずにすぐに飛び出して行って上に改善しろと騒ぐのはあんただけだから。」と言うことにした。

「人を鉄砲玉みたいに言わないで下さい。誰のためだと思っているんですか。」

そう言いつつもkの顔が笑っていた。

私は人間だ。分かってはいるけれど。

頑張るところは頑張って、時には人にも頼って行こうか。

難しいな。

私にとっては。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする