2018年05月12日

原因と結果

いつも明るくて腰が低い人生の大先輩であるナースさんが時折打ち明けてくれること。

それは大御所ナースさんとの人間関係の悩み。

さんざんやられてきた自分なので凄く分かる。

お察ししますで済まされない立場になったので真剣に聞いて対処するのだけど、難しいんだよね。

世の中は表面的に見えていることの何十倍もの真実が隠れている。

それが見えるようになるまでには色んな経験が必要だった。

でも「わかりますよ」ととりあえず分かることを答える。

人は些細なことに思えることでも、そこに喜怒哀楽が生じるもので、もう一つ忘れてはならないのが”誰でもそう”というところ。

自分だけにしか同情出来ない人、自分のことしか考えられない人ってのは最終的にどうしても冷遇されるのよね。

つまりは周りの人の反応・世の中の反応というのは、自分が周りの人へやって来たことの結果、世の中をなめていたことの結果に過ぎない。

人生はそんなに甘いものじゃない。

それでも人のせいにしたい、自分を正当化する言い訳をしたいならそれはそれで仕方ない。ただしその結果を引き受ける覚悟が必要というただそれだけの話で。

今日も良い天気だ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

事業計画

やばい。

ここに来てまたインフルエンザが流行りだした。

幸いまだ利用者様にはうっていないけれど。

今年の2月の悪夢が再来するかと思うとぞっとする。

人を守るって難しいなあ・・・。

あの時は汗だくでベッド移動したり検査したり予防投与に治療。挙句の果て自分がかかって終焉したのよね。

しかし有事のときほどその人の人と成りが見える。

もう見えたんで、どうぞもう二度とあんなことになりませんように。

発症者ゼロを目指していたところをどうか命を守れますようにと目標を下げざる得なくなって幸いそれは守れたけれど。

*****

時に今日はKが事業計画発表会に出かけている。

ポジティブなこと、ネガティブなこと。両方あって学んだり新たに生まれるものもある。

私のスーツを着て出かけるKは私なんかよりずっとそのスーツが似合っていた。

やる気のないことばかり言って笑わせてくれるけれど本番が始まったら、きっと誰よりも本領を発揮して帰って来るのだろう。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 10:14| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

カレーの日

5月5日。

下の子どもが保育園を卒園したので、ひとまずお迎えに行かずに済むようになったKが初めての遅番勤務。

私は日勤なので先に帰ってカレーを作る。

イカをさばいてエビを向いてアサリも入れて、例によってニンニクとショウガとオリーブオイルを熱してのシーフードカレー。半端なく玉ねぎもじっくり炒める。

お風呂に菖蒲を入れて沸かしたり。

それから23時にKが帰って来てから仕事のことで喧嘩になる。

ほんとによう喧嘩する。

多少力比べ的なことになると私が楽生だったのに、最近は手強い。←ってかそんなことすんなよ。

歴代の恋人と同じで相手が優しくて手加減してくれているだけだってば。ええ、きちがいで残虐非道なのはいつでも私。

仲直りをしてカレーを食べて絶賛してくれた。

その翌日は、そのカレーを元にドライカレーを作る。筍の煮物が残っていたので刻んで歯ごたえもよく。

おかずにはジャガイモと人参のきんぴら。そして、ピーマンの肉詰め。

その夜になるともうそんなにカレーは残っていないが、スープカレーを作る。

骨付きチキンを煮込む傍ら、玉ねぎの皮やらトマトのヘタ、ニンジンの皮などをフライパンで焼いて水を注ぎコトコトスープを作る。

20分くらいで両者を混ぜて、バジルを入れてカレーも混ぜる。ブラックペッパーを入れる頃には美味しいスープカレーになっているけれど、それだけでは寂しいので具材を作る。

シャトー型に切った人参やジャガイモやカリフラワーや残り野菜を何となく格好よく切ってキャベツも住まいあり。

それをコンソメで煮ても良いのだけど、蒸して、別途焼いたサイコロステーキにガーリックとバターを効かせて一緒に盛り付ける。

前回はグラタンやコロッケに変身したのだけど、最近はカレーをとっておくことが出来ない。

何故なんだ、食べる人数は減ったのに、色んなバリエーションに変身させている途中で大鍋いっぱいのカレーがあっという間になくなってしまう。

・・・・・・。よし、よく働きよく遊ぼう♪
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

美容室

そろそろ美容室に行かねばなー・・・と思っていた。

自分がそれなりに綺麗にしていたいと思うのもあるのだけど、それとは別に昔から思うことがある。

化粧もヘアメイクも普通なのだけど、それは人のためやら異性のためにするものではない。

職種にもよるけれど例えば固い職場や結婚式などのお祝いの席にジャージで行く人はいないだろう。

就職面接にパジャマで行く人はいないだろう。

それは着飾らない云々を超えて、相手に失礼だからだ。

「まあ、大変ねー。私は面倒くさいから化粧なんてしないの。」と得意そうに言う人は老いも若きも古今東西いらっしゃるが・・・何でそんなに何回も言うのだろう?とよくよく聞いてみれば「私はそんなことしなくても良いの。」とか「本当はそれやれば綺麗になれるんだけど本気出してないだけなの。」と言っている人もごくたまにだけど、いらっしゃるのだ。

その言い訳は良いのだけど、どちらにせよそれは景色を汚す人に他ならない。

そして自分が特別扱いされなければ「外見ばかりで判断して男(女)って嫌ねー。」と心も体も膨らんでいる。

こんなところにさえ、いちいちょっとした努力をしない人ってのは他人に危害を加えているらしい。いや、努力ってほどのことでもないし。

と言っている自分が忙しさにかまけて酷い姿になっている今日この頃だった。

元はともかく少しでも失礼のないようにしたいものの。

美容室というと立川が思い浮かぶのだけど、そこまで行く時間がないのでこちらの駅の方へ急遽予約した。

そこには滅多に行かないので久しぶりにお会いした美容師さん。お元気そうだった。食べ物の話ばかりしていたような。

そしていつの間にか仕事の話になったりする。

こちらが何の仕事しているかなんて言ったことがないのに、何故だか概論的に同じ話になっていた。

帰り際「新しい店を出すので今度はそちらの方に来て下さい。」と教えて下さった。

ただ美容室へ行っただけ。

それだけなのにKが「今どこ?終わった?バス停まで迎えに行くけど。」とラインをくれて、買い物がてら色んなことを話した帰り道だった。

GWも終わって行くね。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 美容&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

誤魔化しようがないこと

ナースの応募者2名の面接が終了した。

いやあ、しかしよく応募が来る。

人が来なくて派遣さんばかり使っていたという歴史が長かったらしいのだけど。

そして私が欲しいと思う人とボスがそう思う人が違っていたり、はたまた私が「ん?」と危惧する人とボスが不安に思ったり危惧することも違う。

基本的に毎回ボスに決めていただくのだけど、色んなことがあると、「あなたの言う通りだった。」という結果が数回あり、最近では「決めて」と言われることがある。

その結果思うのは・・・。

「正社員ではなかったけれど、正社員と同等、いや、それ以上に働いて来ました!」と言う人もダメなのだよなあ。高齢になるまでプライドだけで責任を避けて来た人はすぐにボロが出るし青臭いことを言い出すので利用者を守るどころじゃない。

「正看護師がいばっていたけれど私は准看護師でも負けてはなかった。」と高齢までおっしゃっている方も後々困る。事実上准看護師さんで素晴らしい方は山ほどいらっしゃるのだけど、それとは別に准と正が話題の中に異常に登場する人ってのはダメなのだ。

資格云々の問題ではない。要するにその年になるまでそのコンプレックスを克服して来なかったということが大問題なわけで、それは仕事にもプライベートにも出る。人付き合いにも卑屈さが出る。

既婚だの未婚だのにこだわっている人と同じ。

太り過ぎだとご自身で思っている人が「デブって言われて傷つく!」と何十年もメラメラ怒っているのもひく。何十年人を恨むならば・・・何か出来たんじゃないか。泣くほどだったり人を恨むほどだったら少しは努力できたんじゃないか。

最終的に公的な場で愚痴を抑えられないほど吹き出して来る人生を送っている人、職場の人に家族だの親だのと勘違いしているかのような怒りや不満を出す人というのは、どうしても自己管理能力を問われてしまう。

プライベートならばそれで良いし面白みとなるところでも、何かを真剣にやっている真面目な企業となるとやはり雇う人を考えるものだと最近になってしみじみ納得。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | アンガーマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする