2017年09月09日

初日の修羅場

何はともあれ。

今日はよう頑張った。

としか言いようがない。

往診医が変わることによってシステムを最初から作り出さなくていけなくて、課長不在故に私に何度もかかって来る電話。

沢山先生と話した。意気込みが強すぎててんぱっていらっしゃる様子。

「私にはこういうポリシーがあるから。」

これ、よく聞く言葉なのよね。

でもポリシーは実は誰でも持っているので、むしろそこを主張されても邪魔なのよね。

これだけ多い人数の利用者様を4グループに分けて毎週1グループづつ処方して貰うとしても相当な人数だ。

「大変だ。大変だ。周り切れない。でも、診察しない人に薬を出すわけには行かない。特にこの薬は今まで何にの病名で飲んでいたのか?とか・・・あと・・・」

この会話は今日が来るまで何度も交わして来た会話だったので「はい。全員診察して下さい。お顔を是非見て下さい。」ときっぱり言った。

音楽療法だの入浴だのおやつだのと色んな理由で散らばっていてどこにいるか分からない人を一人一人迅速に探しあて先生を連れまわした。

その後をぞろぞろと薬剤師さんが付いて来る。

提携している二か所の薬局の方々なのだが、今日は初日ということでいらして下さっていた。

私一人で回しているのだが回診車とカルテワゴンとを押さなくはならくて、いつの間にかそれを薬局の人や介護の人まで手伝ってくれていた。

途中で先生が根をあげる。

「お、終わらない。」

そうですね。でも、終わらせましょう。先日もさっきも言ってたじゃないですか。顔を観ないと薬は出せないって。

「・・・・。」

はい、次の方はあちらです。

さらにナースを一人連れて来てみえていてかなりの人数の採血をするつもりだったらしいのだが。

先生の大名行列を進める背後で何度も採血を失敗したらしき声が聞こえる。

そうです。これが90、100歳の人々の血管です。皮膚です。

だから色々やってみなきゃ分からないって言ったじゃないですか。

しかし、全てを終えたあと、自分も廃人になっていた。
********
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

大好きだよ

日常の業務の最低限のこともままならないのに会議だとか委員会だとか事例研究発表会だとか。

本当は嫌。

でも、もしも少しでも余裕があったら好きなんだよなあ、こういうの。

と気が付くのはいつもやり始めてからのこと。

何かが私に喋らせる。何かって言うか、自分か。

自分が誰の何を、どんな成果を見つめて来たか?ということ、それがどんなに素晴らしいことか?というのを喋り出すと、自分でも「ああ、私、こんなところを観て来たのか。この人のこういうところを尊敬しているし広めたいと思っていたのだなあ。」と思い出す。

忙しいのにやめてくれと思う自分も、面倒だったはずのことに熱くなる自分も全部自分なのだな。

*****

性に合わないことをした。

何か、これだけは無理しているなあと思う。

けれどもせざる得ないこととか。

果たしてそれが本当に性に合わないことなのかどうか疑問に思う一面もある。

全てのトラウマが無かったら、もしかしてまんざらそうでもないのか?

と一度は問いかけては観るものの、ああ、やっぱり違うなあ。性に合わないなあ。自分じゃない。

そんなことを思っているときに届いたメッセージを読んで泣きたくなった。

ずっと泣きたいんだろうなあ。

でも、涙は出ない。

事の始まりを覚えている。

自分がどんな気持ちだったのか?ということも。

傷つけているのはどっちだ?

間違いなく私だろう。

泣く権利はないなあと思う。

でも、あまりに暖かな優しい言葉過ぎて、やっぱり泣きたくなる。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

ガイダンス

黙々と黙々と仕事をした日だった。

そうしなければならなかった日とも言える。

それでも帰り際仕事を残して帰った。

とりあえずの人命に関わることとか最低限のことのみを終わらせて。

そうして午前も午後も過ぎたのだが、心が無かった。

全てに距離を置いていた。

感情って馬鹿だな。なんでこんな簡単なことが分からないのだろう?と自分に問いかける。

最初から分かっていたはずのことなのに、どうして今頃気づくのだろう。

ある人のことを”何故そこまでしているのに心が満たされないの?”と思うのだが。

もしかすると自分もその類の人間かも知れない。

そういった似た者同士が上手くいくはずがない。

だって同じことを思っているのだもの。

無理をして疲れてダメになる。多分きっと。

とものの本に書いてある。

しかし他の本には”流れに任せなさい”と書いてある。

デイリーガイダンス以外の本でもパッと開いて目に飛び込んで来る言葉を拾うというレイキがある。

無作為にとって開いた。

”天命に任せるしかありません”

・・・・。なんか自分で出した答えと似ているな。

あたりまえか。自分のハイヤーセルフなのだから。

任せるって言葉も行為も好きじゃないのだけれど。

どうやらそれしかないらしい。

しかし、現実的な仕事へと戻る。

仕事は自分で動かせるんだよな。

疲れるったって、こんなに楽なものはない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | レイキヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

コツコツと続くもの

カウンセリングの日、件数はごく少なかったのに、あっという間に一日が終わった。

早いなあ、もうこんな時間かと思いつつ、人の成長に感じ入る。

自分では薄々分かっていてもどうにもできないことってあるんだよね。

でも、それに気が付くと案外どうにか出来たりする。

カウンセリングや心理学を使って自分の無意識と対話する。

それは同じ過ちの繰り返しをストップさせるきっかけでもある。

*****

うっかり座椅子に座りつつPCの前で寝てしまうってことを何とかしなければいけないな。

朝方ベッドに慌てて入るものの、疲れの取れ方がいまいち。

そんなわけで最近は体力というのが課題。

目の前に人を五感を駆使して向き合うという姿勢そのものは保たれているものの、もっと強靭さが欲しい。

そんなとき、またラインが鳴る。

別段凄い用事というわけでもなく。

何のために続けてるの?と思うくらい言葉少ななライン。

でも、同じくらい疲れているはずなのに、そんなことの些細な繰り返しに強靭さを観る。

実のところ、人との交流こそが仕事以上に疲れることのように思えるので余計にタフさを観てしまう。

そして自分の弱さと臆病さをまた知る。

******

まだスケジュールを書き直すに至っていないが今月お会いできるお顔が浮かんで来た。揃って来た。

一瞬一瞬を大切にして行こう。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

素直

耐え忍んで行こうーっと昨日言っていたのだけど、ほんとに耐え忍んだ一日だった。

やることが山盛りあるし、色んな外線を繋いで来るし、しかしあまり遅くまでは残りたくないので必死にこなす。

色んな意味で耐え忍んだ。激務と会いたい人たちに会えない辛さとか。

短くて長ーーい一日だった。

けれども放棄するわけには行かないので、本当に懸命にやる。

ゲームを請け負っている暇もない。

夜勤ではなくて昼間の勤務帯にKが居る日は、いつの頃からか、ひょこひょことナースステーションへとやって来て、いつものけだるい動作で、いつの間にか手伝ってくれているのだが、今日は現れないなーと思っていた。

しかし、午後のほとんどを私が事務所で書類と向き合っていたからかと気が付く。

人は、”介護の人間が医務課に気軽に自然に入って過ごしているってのが前代未聞。信じられない。しかもKちゃんが。”と言う。

ほんとに自分が来る前のことは知ったことではないのだけど、看護と介護はなんとなく敵対するのが常らしい。

で、そのKが現れなかったのは自分が医務課で過ごすことが出来ない一日だったからかと気がついた夕暮れ。

新しい往診医の回診のための準備を一人でやっていると、ふらふらとKが入って来て、目の前に座りデスクにおでこをつけて伏している。

「あーあ。」

どした?と手を動かしながら訊くと、ぽつぽつと家庭の事情を話し出していた。顔をあげないままで。

そうか、そうなのか。頑張っているのだなあと色んな意味で思う。

「あー、それと、あなたは忙しすぎてかまってくれませんよね。あーあ。」とあーあばかり言っている。

一昨日野球行ったばかりですよね。

「飯連れてってくださいよ。」

ええ、行くとも。またそのうち行こう。今この時期は無理だけど。

「またイライラさせちゃいますけどね。またどうせ怒号されるんでしょうけどね。連れて行って下さいよ。」

イライラしてないよ。怒号しているつもりもないよ。

それはそうと、掌は大丈夫?Iちゃんのボールを受けて腫れたところ。

しかし、そこは小柄ながら介護の人間。あんなに凄い皮下出血がたった二日で消失していた。逞しいわ、やっぱ。

なんか、この界隈、毎日アスリート的だなあ。薄給な方なのに、決して仕事の手を抜かない。

で、如何にして強くなるか?ってことを無意識に考えているような。

真面目で、どこか不良で、頭も身体も心も使って生きている人々。

******

あの人もまた甘え上手。

何か知らないけど色っぽいなあ。

別の手段で心理学を学んで来た人のよう。

違うのは言語だけ。

そして、ただただ素直なだけ。

無駄なものを省くと素直になるってのと、本気だと無駄なものを持ってなど居られないという思考の原理。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする