2017年06月12日

いつも”Do not worry”と言われる

昨年末の頃、私はまだ派遣ナースで、喫煙所も今のように屋上ではなかった。

裏口の外にベンチが置いてあるだけだけど、それなりに人が集っていた。

そういう習慣なのかどうかは知らないけれど、どんなに人が多くてもナースというだけで席を譲られた。

その頃もそれなりにIちゃんやHさんと言葉を交わすことはあったけれど、まだまだ余所者だった私。

それだけではなくて、Hさんはまったくもって目を合わせて話してくれないなあと思っていた。

さらにある日、私の隣に座っていた人がIちゃんとHさんに席を譲ると二人が私の隣に座るわけだが、私の真横に座るように仕向けられたHさんが「なんだよ!」と他の二人に怒っていた。

あたかも私の隣に座るのが嫌だ!と言わんばかりに。

あらま。余所者というだけでなくHさんには嫌われているわけかーと思った。

長く勤めていらしてボス的で、これはよくあることだけど私は第一印象でこの手のクールな人に嫌われる。ほんとによくあることなので慣れているのだけど、大抵「チャラチャラしている。」とか「女女しているわ。気取ってるわ。」というふうに見えるらしい。

そういうのにも慣れているので、「私はあなたみたいな人、大好きなんだけどねー。仕事の仕方も性格も、その感覚も。まあ、仕方ないわ。」と内心思いつつ、おかまいなしにしばらく勤めていた。

そういう人には迷惑だろうから仕事上だけでもコミュニケーション取ってくれるのをありがたく思い、他は一切話しかけない。嫌だろうから。

ところが数か月も経たないうちに人となりが見えて来るせいか「ねえねえ、尾崎さんってさ・・・」とあちらから話しかけてくれるようになり、ある日二人きりになったときには、目を合わせずそっぽを向いて喋るというのは同じなのだけど「あのさ。色んなナースを見て来たけど、いいナースさんだと思うよ。」と言う。

え?と顔をあげて見つめた。こちらを見ない人だから見られるのも嫌かと思い、こちらも目を合わせないでいたのだけど。

なんか、赤くなっていらした。

「だから。派遣で去ってしまわないで、ここに居てくれることになって、こちらとしては嬉しい。」

それだけ言うと、タバコを水入りの灰皿にジュッ!と投げ込んでバタンとドアの向こうに去って行った。

かっこいいなあ、かわいいなあと思った。

つい最近のことなのにとても懐かしい思い出になっている。

結局、それから色んな話をした。

唐突に「今日は母の命日だった。急に思い出した。」とお風呂の最中に話してくれたり。

逞しい娘さんをお育てになったのね。で、何で思い出したの?と慌てて受け答えするとか。

はたまたある時は「えー?子供いるのー?晩御飯作ったりするの?あなたには良いお母さんでいて欲しくなかった。飲んだくれていて欲しかったなー。」とか言ってくれるし。どういうこっちゃ。

そしてつい最近、体調の話をして来た。人が引けた後、屋上の階段をタタターーっと降りて来て私の前に座ったかと思うと数年前から危惧しているという症状を話してくれたので「いやあ、それは病院へ行こう。婦人科だよね。」という話をする。

「だよねー。手術になるかなあ?こういうのをIに話すと『だから!早く病院行け!』って怒られるんだよね。」

そりゃ大事な相棒だもんね。そう言いもするわ。

・・・・・・・・。行くまで言い続けたいけれど、それはうるさいだろうから、一つだけお願いがある。強要しないけど、もしも病院へ行ったときには報告して。安心したいから。

そんな約束をして一か月ほど経ったある日。

「行って来たよ。来週詳しい検査結果が出るけど、多分オペだって。どうしよう。オペ後は事務職の人でも一か月療養するんだって。この仕事じゃ、どんだけ休まなければならないんだか。」と。

そうだよね。すげー、力使うし動くもんね。そうなるともはや私の知識では相場が分からない。

そんなわけで、身体の面では治療の手立てが見つかってホッとする反面、仕事のことを気にしている。

無理もない。

入浴係は他にもいるが、要となる人物はIちゃんとこのHさん。他の人も頑張っているものの、別格に状況を切り盛りし任せられる人二人だから。

でも、仕方ないよね。身体が大事。何とかなるさ。(た、多分)

そして、Hさんが喫煙所を後にしたあと、Iちゃんと私の二人きりになったときのこと。

それまで黙って聴いていたIちゃんがぼそりと言う。

「Hが休む間、やつの出勤日は全部あたしが出て来る。だから何も心配しなくて良い。」と。

短く一言言って後は煙を出しているだけ。

以前、あっちの仕事はそんなに疲れないけれど、こちらの仕事はお金が安い上に「くそ疲れるわっ。」って言っていたのに。

それにあちらの仕事だって好きだろうし。

さらに言うと、Hさんの前では「病院行けっつうのっ!」ときつい物言いしかしていなかったのに、居なくなると「あたしはカバーできるから心配要らない。」と私に言って来る。

頼もしいやら優しいやら・・・、でも・・・。

と、言葉を失っているとそれが伝わったかのように「そういうのは気にしなくていい。」とキッパリ言われた。

この「そういうのは気にしなくていい。」と強めに言われたことは他のことも含めて三回目くらい。

ここでグチグチ「でも・・・」なんて言えない。

特にこの人だとそう感じるのだけど、”あたしを信頼しろ”と言っている相手に対して失礼になるだろうから。

そして多分、Hさんにも同じように言うんだろうな。

Hさんが治って復帰した後も、多分「たいしたことなかったよ。」と言うんだろうなあ。どんなにヘトヘトに疲れても。

キャッチボールのとき、暴投したボールのキャッチの仕方、かっこいいけれど。おしゃれでかっこいいのはキャッチボールのときだけじゃないんだね。

「でしょ?」と返って来た。

後は煙が漂っているだけ。

何の補足もない。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

何も投げないけれど受け取る時期

ホームナースでの仕事中、時折新しい職員さんに出くわす。

時には喫煙所で。

初日に「●○です。隣接の施設に先日から勤務しております。看護師さんですか?」と挨拶された。

ああ、隣には喫煙所がないからわざわざこちらに吸いに来ている方々のお一人か。

それから4〜5回くらい遭遇することがあったが、まだ入職なさってから1〜2か月しか経っていない。

それでも初めての遅番や初めての夜勤の様子をほんの数分の間に話して下さっていた。

やはりきついようだ。体格良くて力もありそうだけど、神経的にきついもんね。職種が違ってもよく分かる介護職員の苦労。

「もうダメだなあ・・・と思って・・・。夜勤の回数は減らして貰おうと思っているんです。あーあ、あと数日で連休取れるから野球でも観に行って来ます。」

あ、野球好きなんですね。

という会話から始まったのだけど「見えないー。野球好きなんですか?」と訊き返される。たまたま胸ポケットにあったのがこれまたIちゃんがある日ロッカーに貼っておいてくれた丸選手のカード。

「カープ女子ですか?!」

いえ、そうじゃないんです。これこれしかじかで野球そのものが好きなんです。と分かってくれそうな人にだけにする説明をする。

彼女はカープ女子とのことでキャンプまで観に行く人らしい。

出たよ と笑うと彼女も爆笑していた。

そして昨日、昼休みが終わる10分前、Iちゃんと三階まで昇るべく一階のエレベーターの前で待っていると、相談員のSさんが向こうの方から「尾崎さーん、また転ばなかった?」と笑いながら早歩きですれ違ったかと思うと、一旦事務所に戻りすぐにこちらへ戻って来た。

「いつも疲れてるから、これ、飲んで。」と何かを渡して去って行った。

見るとそれはアサイーベリーで作られた健美酢というものだった。わざわざ綺麗に包装してある。

彼女とは互いの苦労が分かる故よく共感したり苦笑いしている。

独立職でそれぞれ違う立場でありながらも同じメンバーに関わる苦労の質が理解し合えているのでしばしばこんなことがある。

目を合わせただけとか、廊下をすれ違っただけで互いの疲れた様子や表情を観て吹き出し笑いを同時にしつつ「お疲れさまです。」とすれ違ったり。

きちんとお礼を言わないうちに去ってしまわれたのだが、それを横で見ていたIちゃんが「何、それ。」と言う。

「え?」

な、何か気に入らないんですか?

瓶ごと手渡しつつ「スーパーフードのアサイーが入っている御酢みたいだよ。多分水やお酒で希釈して飲めるやつ。」。

Iちゃんは一瞬手にとって眺めたが「けっ。女子が飲むものだ。」と投げるように返して来た。

あなたも女子でしょうがっ!
それに、人がプレゼントされたものをばっちいものに触れたかのように返すとは何事か。

まったくこの人と話していると、私はついつい声を大きくしてしまうことが多い。

そこを課長が通りかかって「あー、疲れた。今こそチョコラBB飲むわ!」と笑いかけて去って行く。

エレベーターを待っているほんの2〜3分の間だったのだけど、色んな人と色んな話をするというよくある場面。

お、思い出したのだけど、そのうちの最もくだらない数秒は、kyoneが通りかかり私を見ながら「ちっちぇーなー。ずいぶんちっちゃい看護師だな!」と去って行く場面。

なっ!

同じ身長のくせに!一まわり以上年下のくせに!しかも、私があんたに何をした?と反論する間もなく去ってしまわれるし、次の瞬間には他の人から別のストロークが飛んで来たり。

エレベーターがやっと空いてIちゃんと屋上で昼休みの最後の一服をするために乗り込んだわけだが。

その様子を不自然なほど至近距離で立ち止まって観ている人が居た。

急いでいる人々と短い間に色んな言葉を交わした故に、その人と一言も話せなかった。それが例のカープ女子だった。

誰がどこで何をしているか把握しているという魚眼な職業病なのでその人のこともずっと気が付いていたのだが。

最初はジャージ姿のIちゃんと私がグローブの袋を下げて二人でエレベーターを待っているのを不思議そうに見ていた。「何、この人たち。何で職場で汗かいてるの?同じ袋引っ提げて。どんな取り合わせ?」という感じでガンミ。
目は口ほどにものを言う。

本当は挨拶したかったし、「あ、これはね・・・」とか、実はキャッチボールをやっていてね・・・等、一瞬目が合った際に話したかったのだけど、先述のように慌ただしくて話せなかった。

エレベーターが開いても何故だか一緒に乗り込んで来なかったので「???」と不思議に思っていたが。

翌日である今日、喫煙所で会った。

そう言えば前日のその時、目の下に隈が出来てるな、元気ないなあとそれも気が付いていたのだが。

「夜勤はもうやめようかと思って。正社員を止めさせてもらえればしなくて済むかな。あたし、病んでるんですよ。」とタバコをくゆらせながら未だかつてないほど気落ちした様子で話す。

そして病院にかかって以前にもかかったことがある心の病が再発したことや仕事をセーブする話、親御さんの話をしてくれた。

考えてみればしっかり聞けば5分くらいでこんなにたくさんのことを聴けるのだなあと思う。もちろんそれは、この人の心を開く能力に寄るところが大きいのだけど。

私は、その対処の仕方や判断に「知識があって素晴らしい。良い判断が出来ていて偉いと思います。」と称賛を送った。

残り5分で内服薬についての話もしてくれて、それについても「良いと思います。命が大事。」と伝えることが出来た。

そして、必ず良くなるということ。

「うっ。」と声がもれていらした。

物凄く頑張っていらしたんだ。

弱いんじゃないよ。誰でもどこかが病気になることがある。その上で良い判断をなさった。

もっと早く話せれば良かったのだけど、何分仕事中も休み時間もこの喧噪。

ただ、出会ってからの逢瀬の時間を合計したとしても30分にも満たないこの短い間に、「話しても良い人間」と判断してくれたことが助かったし、自分自身も知ることが出来て良かったと思った。

今は何も言わないけれど。

そのうち治って来たら、キャッチボールしましょう。

今はこちらからはふらないけれど、あなたの気分が乗ったとき、また野球の話をしましょうよ。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

夢つくり

Iちゃんに野球のチケットは二枚で良いの?誰か誘いたい?と訊くとkyoneの名前が出たので「来月のこの日、野球に観に行く?」と訊いたところ、「あ、Iさんに聞いた。」と。

で、「行くのか、行かねーのか?!」とkyoneに言うと「行くに決まってるじゃないですか。」と例の口を尖らせる表情。

野球のチケットが郵送されて来たときには、とある危惧が。

私、こういうの、失くしそうじゃん。。。と思っていた頃、エレベーターの中でkyoneと遭遇したので「失くすかも知れないから・・・」と言った途端「私はもっと確実に失くすタイプ!ダメ!」と。はやっ!まだ何も言ってないのに。

これから頼もうと思っていたのに。

それじゃIちゃんに頼もうと意見が一致したのですれ違いざまに渡したのだが、後程会うと「ファールボールが取れるかも知れないよ!」と珍しく表情豊かに言っている。

そか。グローブ持ってってまうか。

「いやあ、哲人のボールは取れないだろうなあ。反対側に飛んでいくことの方が多い。」とか互いに違う方向に行きつつも話が尽きない。

まあ、とにかくIちゃんは封を開けて席順を想像して機嫌が良くなったらしい。

どうでも良いけど、またしてもkyoneが人のロッカーにいたずらをしていた。いったい何のコミュニケーションなんだ。いったい何のために。

********

ショートステイの利用者様の傷だらけの身体。

「風呂からあがりました」という報告を受けて処置に降りるわけだが、身体中の皮下出血がいたましい。傷も痛々しい。

この人が自宅でどうしているのか?ということにまでは介入できない。

ただ、「全部治してやるかんね。」と耳うちをした。

何も分からないと思われがちだけど、確かにその人には通じていた。

ふと見ると、Iちゃんは無言でその人の紙の毛を撫でていた。いつまでもいつまでも撫で撫でと。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

真っすぐさ

とあるスター球団のとあるスター選手が好きじゃなかった。

打ち損じてもへらへらしていていつも笑っているような顔を崩さないイメージ。

エリートで苦労知らずという勝手な印象があったのよね。才能や体格や運にも恵まれて。

ホームには野球好きが多いのだけど、その中でご意見番の中年男性はその典型的なその球団のファン。

口うるさい方なのでてっきりああいう態度は嫌いな年代だろうと思いきや「いつも彼はあんな感じですよ。でも、良いんですよ。」とほめている。

その球団だからか?とその時は思っていた。

が、ある時昨年のVTRを偶然目にしたことをきっかけにその選手のちょっとした歴史を知った。

それまでその球団にもその選手にも全く興味がなかったのでおそらくは多くの人が知っているであろうその歴史を私は知らなかった。

すると恐ろしいほどの泥臭い努力と負けん気の強さが垣間見えた。

そしてスランプを抜けたり、記録を達成したときの涙。

その年代には優秀な人々が固まっているのだが、皆自分の自信と戦っている。

「私なんて」というのが美徳だとされていた時代の気質はもはや醜いなあと思えるくらいに。

調子が良くてうまく行っている最中でさえ変わろうとする彼ら。

その理由をインタビュアーが尋ねた。「どうしてそんなに熱心に先輩方に質問するんですか?どうしてトップレベルの技術なのにフォームを変えるんですか?」

そう訊くのも無理もない。何か一つ変えると、今まで出来ていたことが全部崩れて途端に出来なくなってしまうものだから。

それは野球以外の世界にも言える。

その時、この若い選手はニコニコして「自信がないからです。自信があったら人の話なんて聞かないんでしょうけどね。」と言った。

衝撃だった。

まずは単純にその選手が自信満々の人にしか見えなかったからビックリしたということ。

そして、自信がないのに人の話を聴かない人間の方が多いから。

さらに言うと、苦労したり切磋琢磨したりすることと、笑顔でいることはまた別の話なのだなと理解した。

ニコニコして楽しんで、それでも努力は出来る。

出来ない自分と向かい合うことは出来る。

「私には何もない。」
「私なんかダメだ。」

そんなことを言えば優しい人たちが『そんなことないよ。』と言ってわざわざ時間と労力を費やして褒めてくれるよね。

自分で自分を支えないって一見とても楽なことのように思える。人に支えて貰い褒めて貰って自分を保つ技術ばかりをじっとりと育てて来た人種が多すぎる。

私も時には無意識にやってしまうのだろう。

でも、問題を自分に据えて自分を見つめ、自分を変えて行く人が結果を出すのだろう。

それはちっとも「いいなあ。」なんて思われる筋合いのない誰も知らない本人だけの戦い。

でもそれが積み重なるとやがてそれは内側から溢れ出て多くの人に分かる輝きになるのだろう。

「絶対泣くもんか」と空を見上げて涙を零さないようにして切り替えるシーンが本物だった。

多分彼は決して人に見せるための涙は流さない。

人に見せるための涙なんて存在するんだろうか?と人によっては思うのだけど、時と場所、相手を変えてそんなことをする人は確かにこの世に存在する。

とあるカウンセラーさんの教育分析で色んな話をしたのだけど、私はよく彼女たちの本当の涙を観る。

自分で立とうとしている人の涙と、人の気を引く涙では、同じ涙でもずいぶんと成分が違うのだなあと思う。

自分を裏切る人は人を裏切ることを繰り返す。

けれども他人は自分を裏切るな、本当の愛が欲しいと言う。

それは無理な話だよな。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 格闘技とかスポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

君の名は

とあるカウンセラーさんの教育分析をしている際に常日頃思っていることが言葉になった。

野球選手を始めとするアスリートの成長の仕方や生き方と、カウンセラーなど心理学をやっている人のそれは酷似しているなあ。。。と。

野球を見たり語り合ったりしていると、心理学に携わっている人々のことを思い出すし、逆にカウンセラーの教育分析をやっていると「この人やY選手タイプだな。似てるな。」と思ったりとか。

全然違うじゃんって知らない人は思うだろうけど、そっくりなのよね。

山田も金子もすらりと細くて野球選手らしからぬ。(まあ遠目にしか見えないのであくまで印象だけど。)

で、どちらも勝つためにとことん分析している。

怪我をすれば痛いから考えるし、怪我をしないで成長して行くにはどうしたら良いか?を考える。

目の前の人も何度も心の怪我をして同じ傾向や癖を自分の中に見つけ出してはそこを脱しようとする。

時にはある選手のように何か月も怪我の治癒に時間がかかることもあるのと同じで、この世界の人々も起き上がれるまで時間がかかることもある。

そう言えば、先日のカウンセラーズトレーニングの会で感極まった一人のカウンセラーさんが泣きじゃくりながら言っていた。

例えたエピソードを私が話している途中からその涙がポロポロこぼれていたのだけど。

「K選手はたまたま有名人だけど、ここに居る人たちも凄いんだよ。」と。

そうなの、私、それが言いたかったの。

誇り高き人々は、時に自信が無くなったり挫折したり、

しかし、それより何より大切なことを次のシーズンや次の場面で取り戻す。

凄いなあと思う、

この界隈は、すあ
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする