2018年01月03日

初売り

2日の日、待ちに待った朝寝坊。

もう、ほんとに久しぶり。

しかも正月にこんなことが出来るなんて!

初めてかも知れないと思うほどリラックスした正月を過ごして、これまた初めてかも知れないけれど、自分自身が行きたいと思って初売りなるものに出かける。

そして一緒に出掛けた相方もこれまた「こんな正月初めて。」と楽しんでいた。

そりゃいったいどんな人生だったんだ?ってな話なのだけど、とにかくそうだったのだ。

まだまだ片づけたりけりをつけなければならないことは残ってはいるものの、その一方では、今までやって来たこと、積み重ねて来たことの集大成が自分を味方してくれている。

その時代には何だかよく分からなかったことであっても、逃げずに向き合ったり取り組んだりして来て良かったな、ほんと。

なのでどんなに大変そうに見える仕事や雑事がその先に見えていても今を楽しめる。

相変わらず怒るときには怒り、泣くときには泣き、笑うときには大笑いするという喜怒哀楽も自由でしたい放題のままで。

仕事とプライベートが繋がっている。

人生が日常が愛しい人と繋がっている。

そうしてよく眠りよく食べて、そこから先のことはこれからに全てある。

2日目のハッピーニューイヤー。

私はもう誰かのための私ではないけれど。

不思議なことにそうなればなるほど誰かのためになっている。

これも初めてと思える福袋購入。

欲しいものが沢山入っていた。

人生もある程度の時期が来たら買える福袋に似ている。

沢山色んな楽しいものが続々と出てくる。

その時には着ないと思った服ですらいつしか流行っていたりして。

肝心なのは、いつまでもいつまでも「もしもこうだったら、もしもああしてくれたら・・・それだったら良かったのに」とブツブツ言っては何もせず

人生のくじにはずれたと嘆き続けるのをいい加減やめることだけ。

そりゃあ、ほんとに変な根気だよ。病気にもなるわ。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
   ↑
ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 09:55| Comment(0) | 交流分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

具材の他に入っているエッセンス 雑煮編

お正月いかがお過ごしでしょうか。

お正月らしいお正月を過ごしている人もいれば働いている人もたくさん居るんでしょうね。

いずれにしても二度と来ない今年の正月。

楽しんで下さいね。

私はと言えばクリスマス以降年末年始通常通りに働いていますが2日の日、やっとゆっくり出来ます。

初売りなるものにあまり行ったこともないし行く気もしなかったのだけど今年は相方と一緒に行って来たいと楽しみにしています。

ところで、みなさんのおうちのお雑煮ってどんなお雑煮なのでしょうか。

私は東京の家に嫁入りしてからシンプルなお雑煮しか食べていませんでした。

澄んだスープ、あるいは味噌出汁に葉っぱやお芋がちょこっと入って四角いお餅が入って、はい終わり。

それはそれで美味しいのですが、少なくとも「お雑煮食べたい!」という気持ちにはなりませんでした。

今年は何十年かぶりに熊本で食べていたお雑煮を作りました。

昆布とかつおとしいたけで出汁を取り、具材の中にスルメも入っているというあれ。

サトイモにごぼうに人参、大根、ここでかつお菜と行きたかったのだけど、こちらに来てからかつお菜というものを観たことがないので代わりに水菜をたっぷり使いました。

お餅は丸餅です。

元旦の朝、具だくさんの懐かしいお雑煮を食べて笑顔で過ごしました。ちなみにスルメは出汁の役割だけでなく出来上がった頃にはとても美味しい状態になっています。

何で今まで作らなかったんだろうなー。しきたりみたいなものに治まっててさ。

あ、そか。作る気も食べる気もしなかったのか。

皆さんもおいしいお正月を過ごされていますように。

Happy New Year!!!

今年もどうぞよろしくお願いします。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
   ↑
ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

よろしくお願いします

新年あけましておめでとうございます。

昔は何で新年があけるとおめでとうなんだよ!!と思っていたけれど、最近その意味がひしひしと伝わって来るような。

今までよく頑張ったね。

だから今日この日、新年を迎えることが出来たんだよ。

無事で良かった。

新しい年も新しい人生も今日から作ることが出来るよ。

長年の癖のある考え方で「でも・・・」とか言い考え出すとその流れはストップしてしまうけどね。

今年は願いを口に出し続けてね。

願うことからそれは動き始めるから。

あなたを辛くすること、悲しくすること。そんなことがあったらまず疑ってみてね。

それにどこまで時間を費やす価値があるのか?ということを。

ただ、一つ言えるのは、どんな生き方をしても間違いはないということ。

今年はどうか思い切り行ってね。

自分のままで。

*****

旧年中はお世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願いします。

愛をこめて。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキング
   ↑
ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

ありがとうございました

昨日は2017年最後のカウンセリングの日だった。

一年で大きく変わる人々。

長い付き合いの方々ばかりだった。

年末まで色んなことをこなしつつ、心をさぼっていない。

ふと思う。

何で看護とカウンセリングなのかな?と自分の道を。

それは思うに、嘘のない世界だし、嘘があると大きくずれてしまってお話しにならない世界だからだろうなと思う。

逆に言葉で誤魔化そうとするとものすごく不自然なことになるので悪目立ちする。

要するに嘘ではやっていけない世界だから。

でも、時には嘘の方が楽に感じることがあるものだから、人は自分に、自分の人生に嘘をついて生きることもあるのだろう。

だからそれを全否定はしない。ただ、自分はもう嘘に関わる時間も労力もなくなったというだけで。

本気で笑ったり怒ったりする日々の中つくづくそんなことを思う。

*****

これを書いているのは31日。

何十年も迎えたことのない・・・いいや、多分今まで過ごしたことのない年の瀬の迎え方をしている。

初めてのことばかり。

嫌なものは嫌。好きなものは好き。

正しいとか悪いではなくて、ただそれだけを大切にして、自分自身のまま。

もうこのことで考え込むことはない。

今年一年のことやこれまでの人生のことを振り返ることが多かった年末だけれど、今は何と表現して良いのか分からない。

ただただ、周辺の関わった人々の全員が懸命に生きていて、私もその中の一人。

そうして気が付いたら皆で笑っている。

******

今年も一年こんな私的な長文を読み続けて下さりありがとうございました。

とっても感謝です。

長く続く御付き合いの方々、そうして今年新しく出会って下さった方々、本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 10:01| Comment(0) | 振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

太陽と月

まだ今年が終わったわけではないというのに。

相当の負荷が掛からない限り片付かない大きなものを残したまま年を越しそうだ。

自由と罪悪感との両方が舞い降りたとき肩の力が抜けた。

それでもやはり自由が好きだし人にも自由でいて欲しい。

看護の仕事上では利尿剤に思うように反応してくれない利用者様に悩んだり、進めなければならない指導に悩んだり。

一方プラベートでは不思議なことが起こっている。

自由が好きだと思ったものの、自由でない人の中にも真実はある。

100%本当だとか100%嘘だとかそういったことはこの世に存在しないと思うので。

かつてとても大切な心と実際の行動を持って色んなものを与えてくれた人に私は年がら年中「まったく体裁ばかりきにしちゃって。」と悪態をついていたことを思い出す。

「違う。体裁じゃなくてあなたが大切だからだ。」という言葉も嘘ではなかったが、私はその嘘ではない言葉に混じったわずかな体裁を不純物のように敵視していた。

そこを指摘すると相手は黙るしかない。

こう言ったらこういう誤解を受けるだろうな・・・等の危惧がある時、賢い大人は黙る。

そうやって多くの賢い人々が世の中を渡って来たことだろう。

確かにそれは賢いことだと思うし多くの大人たちの中で生き残る術でもあるのだろう。

が、私は黙っていることは嘘をついているのと同じことだという考えがあるらしい。

向き合っているのに沈黙っておかしいだろうと。

その姿勢でいる限りは何万年経っても肝心の部分が繋がらないから。

世間一般で言うとおそらくは常識の範囲内であることを私は許せない。

変わろうと思ったけれど、どうやらそこは変われないらしい。

そこで何回もサインを出したり意思表示をしたりしたものの、普段饒舌な大人の人でさえ肝心のところはやはり沈黙だった。

けれども最後の始まりがやって来る。

その決定的な日、やっと口にしてくれた。公衆の面前で泣くような人ではなかったのに、「飯食いながら話そう。訊きたいことがあるから。」と言って連れて行ってくれたレストランで。

その人は私の答えを聞いて涙し『ごめん。体裁がゼロだったと言えばウソになる。あなたは自分の自慢の人だったから。』と絞り出した。

いくつかの提案をその人らしくない必死さで訴えられたが、もう時が遅すぎた。

けれどもその心尽くしを忘れないだろう。

****

さらにその一方で新しい道が何本も見えている。

真っ正直な人たち。

自分の気持ちに嘘をつかない人たち。

特に特定の人相手のときはそれを最優先させる人たち。

私はそういうのに弱い。それはもちろん相手の人間性にもよるし唯一無二を感じさせられる存在のときに限ってだけど。

多分このままだと何一つとして拒めないだろうと思う。

けれども自分一番肝心の大事な部分に嘘をつかない人は、私から何一つ奪わない。

不思議なことだ。

奪わないどころか自分を生きることで、人間らしさを見せることで色んなものを教え与えてくれる。

*****

暗闇の中に居るのに、以前がもっと暗闇だと、それが暗闇だと気が付かないことがある。

体裁という生暖かくて暗い世界にいると特にそう。

けれども私は今確かに日の光、太陽の下に存在していて、夜になればその美しさが分かる人と共に月を見ている。

今年は凄い年だった。

自分のままで居て良かった。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする