2018年03月28日

鍵が開いた(色々な)

キャッチボール中に鶯の声を心地よく聴いていた。

(この話すると事務の人に「あの剛速球のやり取りで心地よく鶯の声って!どうやるんだよ!」と怒られる。)

しかし、その鶯の声に混じって時々ぎーこーぎーこー!と異音が混じる。

何の音だろう?と気になるのだけどボケボケして取り損なうと非常に危険なボールを投げて来るので集中して取るしかない。

しかし、ほどなくIちゃんのボールを取りそこなった。

最近めっきり無かったことなのだけど寝込んでから耄碌したんだろう。

そのボールを取りに行こうとした途端低いフェンスの傍の自転車置き場の一部を観てギョッ!とした。

人が座っている。地べたに。

見慣れたエプロンからしてベテランのお掃除のおばさん。

ビックリしたなあ、もう!何やってるんですか?

見るとおばさんは座り込んで自転車の施錠の部分にのこぎりをかけているじゃないか!

「この間の雨の日から鍵がないのよ。今日こそ乗って帰りたいの。」

おばさんは足が不自由なのだが、普段お掃除しているときには一切それを感じさせない動きをしている。

でも、施錠された自転車をお店まで運ぶとなるとさすがにきついし、来て貰うにはお金がかかるので嫌なのだとか。

のこぎりは金属の支柱にわずかに傷をつけたばかりだった。あんなにずっとぎーこ、ぎーこ!やっていたのに!

どれ、貸してみ!とIちゃんが言うのと私が座り込んでのこぎりをとりあげてかけるのと同時だった。

しかし、こんなもんじゃ切れない。だが、選手交代してから大分切り込みが深くなった。よし。

うーん、でも、じれったい!Iちゃん!あとはその馬鹿力でへし折ってくれ!!!

というわけでIちゃんも頑張ったのだが、なかなかそうは行かない。ダメか。

おばさんが「もう良いわよ。二人ともせっかくの昼休みなんだから・・・」と言いかけて口をつぐむのはおそらくIちゃんと私が鬼の形相になったいるからだろう。

ええーい!じれったい!ということで玄関に飛び込み事務室の工具から約に立ちそうなものを探した。

事務に偉い人も「・・・・。」となっているのが分かる。白衣着たままガッシャんがっしゃんやっているので。

しかし、電動ドリルとかノコとか、そういったものが一切ない。

金槌とまたしても細すぎるノコギリだけを持っておばさんとIちゃんのところへ駆け戻り「はいっ!!」とIちゃんに渡したのだが。

ハンマーの方はIちゃんが2〜3回思い切り叩いたところでヘッドが取れて壊れたし、ノコギリも折れた。

・・・・・・・・・。

再び事務所に駆け戻り工具箱三個を持って来た。

うーん、万力とかさ・・・もうほんとに必要なものがないなあ。

急に気が付いたIちゃんが「これが邪魔だ!」と隣の自転車をどけている。

そうだよ。何でこんな狭いところで三人でかがんでるんだよ。

というわけで隣の自転車を少し離そうと動かしている気配を感じつつ施錠に顔を近づけて観ていたのだが、その私の側頭部から顔にかけて凄い痛みが走る。

じ、自転車を人の顔に倒しやがった!

いってーっっ!何してんだよ!

「あ、わりー、わりー。」

起こった出来事の大きさと謝り方のテンションの軽さがおかしい!

が、目的があるので再び取り組んでいるうちにタイムアウト。

もう、ここに工具は置いていく!もし時間があったら少しでもやりに来る!

「うん。」ということで解散したのだが、仕事中に来れるはずもなく。

頭の中では「この辺で工事しているおっさんたちいないかな?」などと時折考えたりもして。ええ、何か良いでも借りようと思って。

しかし、あっという間に夕方で。

その頃私は一階の仕事をしつつ新人さんにレクチャーしていたのだが。

自販機の前にIちゃんとお掃除のおばさんを観た。

あ!やべ!工具置きっぱなしで忘れてた!

すると「あ、いた!」と言う二人。

結局ほとんど施設の目の前とも言える場所にある板金屋さん的なところのおじさんに頼んで切って貰い、それは一瞬だったのだとか。

・・・・・・・・・・・。何で早く気が付かなかったのだろう・・・・。

おばさんはお茶を買ってくれた。「ありがとうね、本当に。」

おばさん曰く私はつんと取り澄ました冷そうな子!と思っていたそうだ。そう言えば、Iちゃんとおばさんは仲良くしゃべっていることが多い。

そんな理由だったのか。

「違うのね。ほんとは違うのね。ありがとうね。」と言われ、それはよく分からない。

とにかくよかった、よかった。

夕方、その出来事をKに話したところ「多分仕事中の顔と変わんないおっかない顔してたんだろうね!」と何度も爆笑ばかりしていた。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | ??? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

何としてでも確保したい昼休み。

と言うのは最近さほど多くはないIちゃんと勤務がかち合う日の昼休みだから。

運が良いと週に三回出来るキャッチボール。

でも、大抵は精神科の往診日にかち合ってしまったり、業務が終わらなかったりと諸々。

けれどもこの一年間、疲れているからとか暑いからとか寒いからなどの理由でやらなかったことは一度もない。

でも、ただ一度、Iちゃんが屋上で日向ぼっこしつつ昼寝していたので階段の下で介護の人と共にタバコを吸いつつ何かの話で盛り上がっている際に、Iちゃんが降りて来て横を素通りしてドアを開けて出て行ってしまったことがあった。

階段の音からして下に行ったようだった。

あれ?今日は体調でも悪いのかな?そんなこと一度もなかったのに。

あるいは機嫌悪いのか、突然やりたくなくなったのか。

謎のまま介護の人と会話しつつその日の昼休みは終わったのだが。

後から仕事中にすれ違うとき「今日は疲れてたの?」と声をかけたら「いや。一人で壁に向かって投げてたよ。」と言うのでビックリして「いくら無口でも一声かけてから降りてや!」と言った。

すると「いや、お話し中だったからさ。」。

Kとも言っていたのだけどIちゃんは出会ってからこれまでの間にどんどん素に戻っている時間が多いのか、怒っているときには怒っている顔をするし、嫌なことは嫌だというようになった。

実はそれがKにとっても私にとっても嬉しい。

今度は声かけてよね!と言ったその日から「やるよ」と必ず声をかけるようにしている。

そんな今日この頃、ポカポカと良い天気。

無口なIちゃんの剛速球を受けている際、ボールを投げる手を緩めないままでIちゃんが言う。

「耳澄ませてごらんよ。」

え?と言っている間にボールが飛んで来るので続けながら耳を澄ますと。

ホ〜ホケキョ!ぴよっぴよっぴよっ♪

鶯だ!

Iちゃんが頷いている。

毎日ではないけれど週に三回続けて来たキャッチボール。あれ?そう言えば違う。インフルの前後は長いこと出来なかったんだった。

早期にやろうとして「やめなさい。」と諭されたのだった。

でも、今はこうして、下手すると前よりも凄い剛速球が飛んで来る。

体重が戻った。

「良かったよ。」と静かな声が聞こえて来た。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 格闘技とかスポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

簡単に出れる世界

珍しく恋愛のことなんかを書いたりするけれど。

男女問わず、常に誰かが居ないといけない人種が居る。

もちろん人間は一人では生きていけないし誰もが多かれ少なかれさびしがり屋。

ここでいうのはそれが病的と言える人たちのこと。

寂しがり屋と言えば聞こえが良いけれど、ちょっとの隙間時間も我慢できないとか。

人間はそれぞれの人生や生活のひきこもごもがあるので、そんな自分で作った孤独を他人である異性に埋めて貰おうなんてことは不可能なわけで。

それで必然的に連絡を取り合ったり付き合ったりするのが複数になる人たち。

あるいはパートナーが居ない人の場合はお気に入りを見つけると心理的ストーカー、あるいは最悪リアルストーカーになったり。

酷い人になると仕事時間のふと時間が空いたときですら寂しさに我慢できずにコンタクトを取る。


相手が喜びそうな言葉を並べ立てる。


その人にはそんなつもりはないのだろうが、自分の隙間を埋めるために異性をポータブルトイレみたいに使うという結果になる。

けれども同じく自称寂しがり屋の人はそれが嬉しいと感じてしまうので受容と供給が一致する場合もあるのだが。


その言葉はとても軽い。どこまでも軽く。多分どこまでも空しい。


そういう人の特徴としては友達がいない、一人でご飯が食べられない、常にスマホを離さない。というわけで、そちらの自己満足を得る技術というのはどこまでも発達していくわけだけど、自分の中に何も残らない。


時折そんな人に出くわすのだけど「それくらいは我慢しろよ。」と思うわけである。依存症も良いところだ。


と恋愛の側面から例えたのだけど、実は友人関係にも仕事にもそれは出る。


何も誠が無い。ぺらっぺら。


大声を出さなければ人に聴いてもらえないと思っている。喋り続けるしか人に注目を浴びる方法がない。中にはそのために怒鳴り続けているとか。


何も知らない頃は仕事熱心な人だなと思うのだけど、よくよく見ているとそういうこと。


例えば私は新しい恋愛が始まったときなど、今まで続けていたことを投げ出す人を信頼しない。


あるいは、その自分で作った孤独のせいで人に迷惑をかける人を信頼しない。


一人は嫌だ、一人は嫌だ、捨てられたくない、忘れられたくない。しかし、その部分だけを頑張り過ぎる人は、結局捨てられるし忘れさられる。

友情も恋愛も仕事も全ての世界で起こる現象。

けれども、誠実さとか、優しさとか愛というのは、すぐには目に見えないのでそんな人々にはわかりにくく、インスタント的に満ちることを選ぶのだろうけど。

そこはどこまで行っても闇が続く世界。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 10:21| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

齧っちゃった

可愛いパンケースの中に夜半に焼きあがったブリオッシュをしまう。

先日立川で見つけて来たパンケースだ。

明日のパンが無い!ってことで急遽夜に仕込んで4時間後に焼きあがったパン。

凄く可愛く美味しそうに出来たので嬉しくて夜中途中で起きたときにケースの蓋を開けたら・・・歯形がついている!!!

やりやがったな!と相方を責めようとしたその時。

ちょっと待てよ・・・と思う。

何で口の中が美味しいの?

鏡を見るとパンのくずが唇についているし。

わー!寝ぼけて齧ったらしい!!!

いくら疲れているとは言え、動物かっっ!

驚愕のあまり騒いでいる私の事情を聴いて相方は爆笑している。

******

ショッキング(?)というかよかったこと(?)な出来事の後二日・三日と経っている。

でも、やっぱりこれで良かったらしい。

色々あるけれど、やるべきことを進めなくちゃ。

マックス頑張っていた状態で、ある日突然のインフル事件を経て思う。

普段あんまりやり過ぎているとほんとに良くないのね。

ロスタイムのあれこれを未だ片付けられておらず。

が、徐々に巻き返している日々。

少し違うところは喜怒哀楽そのまま、自分のままでというところ。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

甘い匂い

自分にかけた呪いを解けるのは自分自身でしかない。

でも、人はその呪いをかけたのが自分であることを忘れているし、いつどんな理由でかけたのか?も忘れている。

この場合でいう呪いというのは、いわゆるトラウマと呼ばれる体験をきっかけに自分や他人に制限をかけることなのだけど。

制限どころか、徹底的な禁止令を与えること。

そう、禁止令って他人に与えられるものじゃない。

でも自分にそういうことしている人は平気で他人にもそれをする。

ただ大人になって色んな体験を重ねたり、日々色んな人に会ったりしているうちに沢山のヒントが舞い込んで来るので徐々に気が付いて行ったりする。

ほうほう、なるほど。こういう理由であの時、自分にこれをかけたのか、こうして自分を縛り付けて来たのかと。

気が付いてしまえば糸口が見える。

でも、その呪いを他人がかけたものだと思い込んで被害妄想に陥っているうちはとけるわけがない。

親か環境か境遇なのか、はたして容姿なのか、運命なのか、経済なのか。

何でも良いけど自分以外のせいにしているうちはその鍵のありかだか呪文を見つけられるはずがない。

自分の背中にそれをくっつけたまま誰かに依存して突っ込んで行っているだけだから。「鍵ちょうだい!!!」と。「呪文教えて!!!」と。

いつまでもいつまでも人が逃げていく。

寄って来るのは同類の「鍵ちょうだい!私は自分を見ないけど脱いでみせて!べたべた触らせて!土足で入らせて!お宅の部屋の模様替えさせて!改築させて!」と言う狂人ばかり。

そろそろそういうのにもあきた30代頃、呪文のとっかかりを自分に見つけた。

するすると縺れたものがほどけて行ってそこにありのままの自分があった。

軽快。

余分なものや嘘は何にもない。

つまらないことにこだわらないし他人にそれを強いることもせずに済む。

嫌なことをされたら嫌だというただそれだけ。

そして好きな人がやっぱり好きだというただそれだけ。

現れたガラス戸はキラキラ世界を映し出し、今日はブリオッシュが焼ける匂いが立ち込める。
*****


ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります。黒ハート
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする