2017年05月03日

間違ってますよ

出会い立ての頃はつつましく可愛く敬語で話しかけていたKちゃんが今やすれ違い様に「元ヤンですよね。」と言って来るので「ちげーよ。ってか、仕事中に何それ?!」と反応したことがあり。

彼女と仲が良い介護仲間の一人である男の子に「ひでーなー、Kちゃん。こんなことを唐突に言って来るんだよ。」と共感を求めたところ「元ヤン?そんなの皆思ってますよ。何でわざわざ口に出すんですかね?」と冷静に言われたので絶句。

ひどっ!ふざけるな!真面目で大人しい子供だったかも知れないじゃないか!見たんか?そもそもあなたに至ってはその頃生まれてもないくせに!

しかし、その後会う人会う人に「●●ちゃんもそうだって言ってましたよ。違いないだって。」とか言われていてげんなり。

で、元ヤン、もといヤンキーに何故反応してしまうのか?ということを考えてみたら、自分の中のヤンキーという定義が、仲間とつるむことで気が大きくなっている人たちということになっていたからだと気が付いた。

そうすると、皆一緒がお好きな多くの普通と呼ばれている人たちの方がよっぽどヤンキーじゃないか。

「ああ、なるほど。じゃ、一匹オオカミなんですね。」

オオカミをつけなくていい!

そもそもこんなに怖がられなくて突っ込みをいれまくられたり絡まれたり馬鹿にされるヤンキーがどこにいますか。

「いいや、怖いですよ。」と言う人、皆の顔が本気で笑っている。

もうあんまり反応しないでおこう。嫌だって言ってるのにどんどん皆を調子に乗せてしまうようだから。

*****

そんなことを思った後、一つ下のフロアで普通に仕事をしていた。とある利用者さんの貼るタイプの薬剤を交換してあげていたら、Mちゃんがめっちゃ至近距離に来た。座っている利用者さんを挟んで、ほとんど顔すれすれに。

何?とビックリしたのは、これまでさほど話したこともない娘さんだったからだ。

体系はスポーツやってました!という感じのスレンダーな子なのだけど、無駄口叩かずいつも真面目に仕事をしている人。でも、どこか明るくて快活。

その仕事以外はほとんど喋ったことのないMさんが顔を近づけて来たかと思ったら「昨日、スポッチャ行って来てめっちゃ筋肉痛なんですよ。」と言う。

あ、ああ、そうなん。(自分のことを話して来るのって珍しいなあ。)

で、にやりと笑って「で、そこで握力を測ったら、68もあったんですよ。」と得意そうに言う。

・・・・・・・・。何故に今?で、でも凄いね。68って。多分私なんて30も行かない。でも、何で今?

突っ込みどころ満載なのだけど、後から「あれ?威嚇されたのか。」と思った。お外の世界でもこのホームでも頻繁にあることだから。

しかし、あんな大人しい子にまで何故威嚇されるのか。

その階の介護ステーションに立ち寄るとMちゃんが椅子に座って、せっせっと書類を書いていたのだが、思わず斜め前に座って「どれ。68の感触だけでも味合わせて貰って良いっすか?どうせ負けるけど。」と腕相撲の姿勢で腕を出すと私の二倍くらいある筋肉の腕が出て来た。

それでも細い。痩せているというよりはしまっているという感じ。私が貧弱するぎるのだ。

それで腕相撲をしたら、私の外観によって激しく油断していたせいか、私が勝った。

「え?!何?あーー、そうかあーー。やっぱりな。ずっと前利用者さんを二人で抱えたときにも『あれ?』って思ったんですよ。ああ、そうかー。ちっ!もう一回!」

え?もう一回?

なんでだよと思ったのだけど二回目は瞬殺されて私の負け。

はいはい、わかりました。あなたは強いです。

そうして立ち去ってしばらくした後の休憩時間。

喫煙所でIさんと一緒になったので、握力68自慢事件と腕相撲事件のことを話した。まさかのIさんの強敵がいましたよと。

するとIさんと隣にいたHさんも『Mさんって、あのMさん?!あのおとなしい?』と何度も訊き返して来る。

そりゃ無理もないんだわ。その一連の言動が全然イメージじゃないから。

何で私、皆に威嚇されるのかしら。元ヤンだと誤解されてるから挑戦して来るのかな?

するとIさんがマジな顔で「・・・・・。誤解?」と言う。

・・・・・・・。もう良いです。皆、いくら言っても分からないんだから。

そしてその後、事態はちょっと面白い展開になった。

ここの女子はほんとに皆負けず嫌いだなあーと改めて思った出来事が。

でも、長くなったのでまた今度。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

深呼吸

カウンセリング2時間とレイキをお申込みして下さった方。今月も小さな可愛いブーケを持って来て下さって。

この小さくて大きな心尽くしを、私は毎月二回も三回もいただいている。幸せなことだなあと思う。

目に刻み付ける。そして心にとっておく。

よく食べてよく動いている人の心身はレイキの通りが良かった。まあ、色々悩みはあるけれど、誰だって悩んでいないわけじゃないから。

それはともかく終了した後に「かおるさんにもレイキを流して良いですか?」と言って下さる。この方、以前にも何度もそう言ってレイキを返して下さった。何てありがたいことなんだろ。

しかし、この日は時間がなかった。

目をキラキラさせて(見返り頂戴のギラギラではなく、あくまで純粋なキラキラである)前のめりのエネルギーだったのでお断りする雰囲気ではなかった。

では、時間がないので少し肩をもんでいただいても良いでしょうか?とお願いすると、「揉むのは慣れていない。」と言いつつ一生懸命揉んで下さった。

「なんでこんなに凄いんですか。」という肩こり。

それは仕事で昔からこうって言うのもあるが、最近は究極のキャッチボールしたり素振りしたりもしているので、もはや何の硬さか分からなくなっている。

凝りつつ鍛えられているのは確か。

5分くらいだったけれど、優しさが身に染みた。

********

余談だけど、ホームでは自分が居ないところで名前を出されて笑われているらしい。

四方八方から「○○さんもこう言ってましたよ。」と聴くので結果的に誰と誰と誰が集まって何を言っていたのか?ということが分かる。

仕事上「お伺いしたいんですけど。」とか「どうしたら良いでしょうか?」と真面目な質問して来る人々なのだけど、仕事以外では滅茶苦茶私に突っ込みを入れて来たり、ちょっとでも暇になると毒舌でからかって来たりする。

自分も毒舌だと思って来たしそう言われて来たが、あまりにも色んな人からふいうちで来られるので咄嗟に返せない。

「○○さんもこう言ってましたよ。」と笑いながら、「みんな、尾崎さんが好きですね。」と言う子。

馬鹿にされてんなー。でもフォローされているし意見は真面目に聴いてくれる。

きついし誰も分かってくれないなと思うことが多々あれど、しばしば「これをこうしておきました!」と介護の方々からの助けが入ると、「ああ、そうか。結構見ていてくれるのだな。」と感動してしまう。

ナースと介護が繋がるなんてあたりまえのことだと思うのだけど、色んなところでも同様に「こういう雰囲気、初めてなのよ。こんなことってなかったのよ。」と言われる。

それが嬉しい。

******

いつも皮膚の処置をする利用者様の閉めきったカーテンの内側。

点眼をしつつ「大丈夫?今日はお風呂の日でもないから疲れるイベントはもう無いね。大丈夫?休めている?」と訊くと、その人が言った。

「一度尾崎さんに悩みを聴いて貰いたいの。今日でなくても良いから。それに誰にでも悩みがあるってのは分かっているんだけど・・・」と布団の端を掴んで言うその人。

そうですね。確かに誰にでも悩みはあるけれど、○○さんはお身体が痛くて他の人たちより発散しにくいですよね。近日絶対に時間を作って話しに来ますよ。処置とか介助でもなく純粋に聴きに来れる時間を頑張って作るからね。

そう答えたら、その人の目から涙がこぼれて「まだ話してもいないのに泣けて来ちゃった。悪いけど、お言葉に甘えます。よろしくお願いしますね。ここにいらして下さいね。」としゃくりあげる声。

去り難いのだけどこのベッドサイドから去らなければならない。

大変な処置をすることよりも重い。

やらなければならないこと というよりも、やりたいと思うことが沢山ある。

こんなときこど大きく深呼吸しつつレイキを流す。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

多分 天に届く声

カウンセリング、カウンセリング、レイキの後、新宿を目指す電車に乗る。

Iさんがとある法人でライブを開く日だったから。

誘ってくれたのがつい先日バッティングセンターで一緒にボール叩いた日だから半月と経っていない。

それまでIさんがそういう活動をしていることすら知らなかったのだから。

「30日は休み?来て下さいよ。」

休みではあるがカウンセリングデーだった故、逆算しても後半の部を少し観れるくらいだったけれど、行くと答えた。

あの約束の後のこと。

二人ともある意味馬鹿だからバッティングやキャッチボールの後、妙に不調な日があって「・・・。Iさんも筋肉痛?私も今日はふるわない。。」と言っていたのだが、実は筋肉痛というよりも二人とも肩やら腕やら肘を痛めているということに気が付いた。

何で痛めるほどやるんだか意味不明。大人なのに。

その時もキャッチボールをしているときで、ボールのやり取りをしながら「ねえ、ライブ前にこれやってて大丈夫?ギター弾けなくなるんじゃない?」と心配して言ったのだが。

「関係ない。」と強いボールが返って来た。

それを近くで聴いていた人が「え?Iさん、何をやってるの?何かやってるの?(ここ以外の日)」と訊いたところ、Iさんが「何でもない。」と答えつつ、少し嫌な顔をした。

しまった。そうか。うかつに大声で訊いてしまったから他の人に訊かれた。で、誰にでもは話したくないことだったんだ。

それから仕事中にその話をするのは止めた。

当日、立川から新宿方面にかけて出発したが、着いた頃終わってしまうかも知れないとハラハラした。丁度来た特急かいじに乗るほどに。

会場に着いたら、関係者の方々が「え?」という感じで見て来る。

やっぱりなあ。なんか、異物なんだろうな、私。

こっそりと入り口付近で立って観ていようと思ったら、「もっと奥にどうぞ。」と追いやられたので、さささーっとお客さんの前を横切って奥の端っこに行った。

Iさんはバンドの中心で仕切っていた。

仕切ると言ってもホームに居るときのテンションと全く変わらない。つぶやくような声で観客に話しかけたり、親し気なバンド仲間の長い解説に「良いから早くして。」と静かに突っ込みを入れて皆を笑わせている。

忙しそうなので最初は私に気が付かないのでほっとしていたのだけど、真ん中付近にかつてホームで働いていた方がいて「尾崎さん。尾崎が来たみたいだよ。」と言うので、マイクを持っていたIさんが一番右端の私を見つけた。

ええっちゅうに。

「何、そんな端っこに居るんですか。もっと前に来て。」

いえ、とてもよく観えます。ここで大丈夫です。(話しかけないでー!)

「丁度後半をこれから始めるところですよ。」

良かった。丸々半分観れる。

演奏された曲は既存のヒット曲とオリジナルが半々くらい。

子供たちが書いた詩にIさん作曲の唄もあったし、作詞作曲共にIさんの唄もあった。

驚いたのはそのクオリティの高さだった。ギターも凄いけれど、何て声しているんだろう。

そして曲の合間に観客の子供に話しかける。「何が良い?ゲゲゲの鬼太郎?今度練習しておくね。」

多分その子がゲゲゲの鬼太郎好きなんだろうな。

いつか話しつつ、道端で私の掌に書いてくれた指文字。あの光景が至るところで見られた。同時通訳かテレパシーのように心を伝えている技術。

それはそうと、歌も声もギターも凄いと思ったのだけど、実は一番ビックリしたのはその前の話だった。

Iさん以外の他のバンドマンが歌っているとき、Iさんはギターではなくて、菓子折りの空箱を片手に持って掲げた。

え?何、それ?

ただ箱をゆっくりと動かしながらリズムに乗っているだけ。

その箱から海の音が聞こえていた。よくある手法なのだけど、その箱を動かす手つきと身体のリズムが凄く美しかった。

どこにでもあるお菓子の空箱から聞こえる砂の音。海の音。

その紙の箱すらIさんが持てば素敵な楽器とダンスになってしまうのか。ゆっくりゆっくりと動いていて、普段ボーイッシュに見える人なのだけど、その時だけは巫女が舞っているように見えた。

参加者の方々を見ていても素敵でパワフルな団体だなあと見て取れる。皆、皆、笑顔だった。少し泣いた。

最後に「みんなで写真を撮りましょう。」ってのが聞えたので、部外者としては気まずい。するりとさりげなく抜けて会場を後にした。

駅の喫煙所で電車に乗る前。

つくづく「やばい。かっこよすぎる。」としみじみ思った。ミスチルがちょっと入っている歌い方。

いや、でも多分、さんざん音楽の話はしたが・・・何かに似ているって言ったら怒られるだろうな。

良いもの見せて貰ったと感謝した。

考えてみれば私は、何も知らない頃だったのに、あの夜、こんな人から愛用のギターのピックをかつあげしたのか。練習やライブの仕上げに影響しなかったのかな。

キャッチボールといいバッティングといいピックの無心といい、邪魔ばかりしているな。

でも、多分本能的に貴重なものだと分かってしまったんだろう。

いや、待てよ。楽器も歌もダメだと言っている私にピックを出して来て「あげるよ。」と言ったのはIさんの方だった。

もっとも最初に出して来たのは新品の方だったけれど。

「新品じゃなくて使い古したやつをくれ。」と言ったら、二つもくれたんだ。一つはビールのグラスの横に、もう一つは手渡しで。

銀の斧も金の斧も欲しがった私だが、そのまま与えられた。もっとも、どちらが金だか銀だか、さらにいうと銀と金の価値も人間が決めるものだからたいしたものではない。

むしろ、それ以上の何か。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 趣味&ちょいと小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

ダラダラではなくのびのびと

一昨日だったか。

大御所ナースさんに依頼して具合が悪い利用者様を大きな病院へ連れて行って貰った。

本当は自分が行きたいけれどリーダー業務なので留守に出来ない。

この日は大御所様と1人と私。+課長。

つまりは計三人で課長は課長で私の何倍も大きな総括をしているので医務課は私一人になる。

文字通り大変な一日だったのだけど、介護の方々の思わぬ助けで一日を終えることが出来た。

そしてその翌日。

とある方を皮膚科受診へ連れて行って貰った。

というか、この皮膚科受診が気に入らない。褥瘡委員会の委員長もしている故、段階を追って事細かに看ていたところにいつの間にか皮膚科受診が入れられていたので、どうして?そして、いつ受診することになったの?予約は私が取るはずなのにな。

ここで薬剤を変えられたらせっかくの治癒プロセスがだいなし。

要するに定期受診じゃないので皮膚科の先生も「悪くなっています。」と付き添いのナースに言われれば簡単に「はい、じゃあ、この薬。」となるわけで。

せっかく皮膚が形成されていたのに。

すると、私が2連休を取っている間に予約を入れたと聴いてげんなり。

前の状態を見るべくまめに足を運んでいるわけでもないのに「あ、なんだか悪くなっている気がする。」という思いつきで寝たきりの利用者様の体力を使わせるなんて。

以前から状況を事細かに説明して来たのだけど聴く耳がない相手には通用しない。

とは言うものの、気を取り直してやることをやる。この日は一人が受診に出かけても二人ナースが居る日だったし。

ところが・・・派遣ちゃんが昼頃、気になることを言う。

「・・・。数日前から耳に入る声がエコーみたいに響くし気持ちが悪いんです。」

そう言えばいつぞや、あと30分で彼女の勤務が終わろうとする頃「おざきさーん・・・何だか気持ちが悪い。」と言って来たことがあった。

以前から肩こりを訴えていたので数十分肩をもんであげてその時は治ったのだけど、耳の中にエコーが・・・と言われると、そりゃ突発性難聴の症状の一つのような気がして。

「でも、難聴というより音が響くんですよ。聞こえないわけじゃなくて・・・」

彼女の勤務が終わるまであと一時間半の時点だった。そして、しかも週末。

彼女が住んでいるところの最寄り駅を聴いて耳鼻科を検索して電話をかけると土曜日でもやっているとのこと。

だから、明日は行くと良いよ・・・と言っている途中でその顔をじっと見ていると「あかん。今行って貰いたい。」という気がしてならない。

もう一度電話をかけて「新規なのですが、本日の受付は何時までですか?」と訊いて見た。

すると、今すぐ帰ればギリで間に合う時間だった。

帰るんだ。今すぐ帰るんだ。で、すぐここへ行って。と言いつつ地図をプリントアウト。課長に許可も貰った。

「いや・・・でも・・・今日、(尾崎さん一人で)仕事終わります?あの・・・。」

いいから行って!

青い顔をして「はい。」と耳鼻科へ向かうべく帰ってくれた。

思うに。。。激務だし特養独特の制限や困難はあるし、大御所様たちとやり取りしたり、私は私で強引な仕事のやり方しているし、彼女もナースなのに、ちょっと介護の人に質問されて答えを渋ると「もういい。あとで尾崎さんに訊くから。」と言われてばかりでショックを受けたという話もよく聞くし。

非常にストレスフルなのだと思う。申し訳ない。

耳は消耗品ではないので、耳だけの話ではないので、明日も休んで欲しい。課長にも報告したことだし。

それにしても・・・。結局またしても身体一つで地獄の留守番勤務となったわけで。

それでも一日の業務の終わりにゴールイン。一時間オーバーしたけれど。

色んなことがあるなあ。

気楽に行きたいのだけど、油断すると滅茶苦茶変なことが起こるし、説明しても、意見を聴いても話が二転三転する先輩もいる。

比較的にの話だけど、年齢がやや近い私でもきついのだから、若いナースさんや介護の子たちはもっとしんどいだろうな。

今私に必要なのは、冷静な心でスタッフや利用者様を守れる強さ。

そして、心からの笑顔で過ごせる強さ。

せっかく良い介護をしている人々だから、のびのびとやっていただきたい。

そのために私ものびのびと考え、動いて行こう。休みを取りつつ、一日一日をきちんと切りながら。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

またね

2月あたりまで一緒に働いていたナースさんが居て、今その方は有料の老人ホームで頑張っていらっしゃるとのこと。

その方が退職する当日に別フロアーの介護の女性と栄養士さんと四人で飲んだ夜があった。

てっきり送別会的な心持ちで行ったのだけどYナースさんとはあまり話ができず。

と言うのも各部署色々なストレスが溜まっているせいなのだろう。特に介護側のSちゃんが。

それからずいぶん長い月日が流れた気がしたけれど、そうでもないのか。

二か月くらい前にSさんが居るフロアーに降りて仕事をしていると突然「何?」と言われた。何って何?・・・・。

「あ、さては溜まって来たんでしょ。飲みに行きたいんでしょ?」

いや・・・私はお酒は好きだけど、好きだからこそ、飲み会は溜まっているものを発散する場所にしたくないのよね。というよりも、第一溜め込まないし。

「Yちゃんにも連絡しておくよ。」

あ、Yさんには会いたいな、確かに。

「いつにする?ライン、交換しよう。」

ああ・・・じゃあ、来月の勤務表が出来てから皆の休みの前の日が一致するところを探しますか?と提案してその場は終わった。

で、4月に入ってからも相変わらずバタバタしていた。

顔を合わせると「尾崎ちゃん・・・、ライン。早く都合の良い日を教えて。」と通りすがりに声かけ。

ああ、そうだった!とその時は思うのだけど、またしても忙殺されていて、とうとう3プッシュ、4プッシュとさせてしまい、とうとう先日「尾崎ちゃん!もう4月が終わっちゃうよ!」と強めに言われた。

ちゃん付けで呼ぶ人ってこの施設ではこの人だけだわ。しかし。
多分、年下だと思われているんだろうなあ。

「今日こそラインちょうだい。」

で、ですよね。と答える。

ほんと、まじで会いたいんだけど、何、この忙しさ。

しかし、とうとう今夜叶った。

栄養士さんもYちゃんもとてもユニークで良い人。好きな人。

多分皆世界観が違うけど。

遠くの駅でも会う価値あり。

栄養士さんとYさんにはまた会おうねと、そしてSちゃんにはまた明日ねと言って駅で別れた。

思うに、私は話が合う合わないにこだわり過ぎるところがあるみたいだ。

皆それぞれだから、互いに言っていることの意味が通じ合えないこともあるだろうに、つい「どう言ったら噛みあうかな?どう聴いたら理解出来るかな?」ってなことを思うらしい。

でも、最近は、全然違うことを楽しんでいる。

これで荻窪も4〜5回行ったな。Iさんとのバッティングセンターの夜も含まれる。

ところで私の伝達ミスで翌日も仕事の日が飲み会になってしまった。

明日きついだろうなーとこれを打っている夜。

はよ、寝よ。
*****
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。あなたにとって良い一日でありますように。

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| Comment(0) | 恋愛・友情・仲間とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする